「創成川」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 創成川とは

2019-07-18

安田侃作品ワープできる能力者なんだが

札幌駅にある安田侃作品東京ミッドタウンにある安田侃作品とは色違いで、やっぱりワープ穴を造りやすい。

この能力者の中で最も頻繁に用いられている径路だし、初めて能力が花開いた奴を教導するときもここを使うこと多い。

自分ワープ他者ワープがあるんだけど、自分ワープ自分エネルギーを掴みやすいから先ずは自分でやるのが良い。

お腹の減りには注意だが。

他者ワープは逆に人選の方が大事で、同質量か同思念量か、その公約接続でいけるから、コツさえつかめ結構楽。

スマホで連絡取りながらやればいい時代になった。昔は大変だったらしいぞ。

ただ、用もなく遠距離人間を入れ替える意味は薄い。

固定のクライアントを持ってるやつがいる。特定の二人と契約結んで位置を入れ替える商売している訳だ。

そのクライアントの二人ってのは厳密な契約結んでて、相手要望があればなるべく答えなくてはならないらしい。

展示ディスプレイ業者のやつと、文具の卸のやつ。まぁ、こういう仕事だと東京札幌とか需要があるんだろうな。

俺はそんな連中探すの面倒だからしないけど。急に連絡くるみたいだし。

最近、天秘ワープ問題点解決された。

あれやると、たまに行方不明になるやつがいる。中級者に多い。

俺もちょっとこの問題は気になっていて、安田侃作品の中でも天秘だけは手を出さないでいた。

これやれば、東京札幌駅創成川を経由して香川とかイタリアとか新潟に行けるんだよね。だから結構事故起こる。

上級者によれば(といっても俺の知っているのはSNS技術論語ってるいつもの3人だが)、天秘ワープに入る時に通常以上に吸い込まれ感覚がある場合即座にやめた方がいいらしい。

通常以上の吸い込み、なんてものはなってみないと解らないし、帰ってきたやつ一人もいないから、やっぱり怖い。

それくらいの警戒の情報しかなかったんだけど、能力者の中に天文学をやってる院生がいて、どうも小惑星帯に天秘そっくりの石があるみたい。

宇宙空間放出されちゃうわけだな。

それで、その小惑星帯の石が天球にある状態ワープすると事故が起こる可能性あるから、それぞれの天秘に二次元コードつけて、スマホアクセスして可能かどうかチェックできるアプリを開発した。

その院生はさっき言ってた商売してる能力からしこたまバイト代をもらえたらしい。

芸術作品勝手バーコードつけんなよって思うが。一般のお客さまに迷惑だろうが。

まぁだがよ、今は何でもスマホよ、スマホ。便利な世の中になったもんだなぁ。

2015-10-11

北海道増田投稿歴史

北海道江別市西野幌にある「道立増田投稿者養成センター」の歴史は古く、明治2年に開拓判官島義勇が建白した「匿名筆録掛創設ニ関スル建白」にその淵源が求められる。

その後、初代北海道庁長官岩村通俊の時代にその必要性が認められ、明治20年に「庁立増田所」が札幌創成川沿いに設置された。

当時は札幌農学校講師教授役を務めた。吏務員としての素養を高めるとともに人の気をひく匿名文章を如何に作るかについて、北海道開拓というプレッシャーの中、日々を研鑽を積んでいた。当時はインターネットは無く、増田専用の文書回覧し、開拓使に勤める吏員印鑑を押下することによってブックマークとしていた。有名な職員の押印はやはり注目を集めた。岩村も自らが創設した部局とあって積極的ブックマークを行ない、出身薩摩ネタ(「何言うちょっかわかりもはん」かが決まり文句)が職員の笑いを誘った。

ブックマークを多く集めた文書は翌日以降の函館新聞(のちの函館毎日新聞)や小樽新聞掲載された。現在と同じく、文書にはウケ狙いのもの政治社会に関するものがあり、それに対する道吏員コメント新聞読者の注目を集めた。時に道政の指針となるような匿名文章ブックマークがあり、北海道における増田は、開拓を進める上で次第に重要性を増していった。

明治44年の後の大正天皇行幸に合わせて「庁立増田所」は発展的に解消。「庁立匿名記事錬成所」と改められ、その機能が増強された。すなわち、道庁以外の要人にも押印の権利が与えられたのである現在雨竜町に大農場経営した蜂須賀茂韶しげあき)や、清水町に広大な土地を所有した渋沢栄一ら、北海道土地を所有したり工場経営する政府要人ブックマークが認められるようになった。このように北海道開拓傾向性と同じく、北海道における増田についても官の強力な資本投下により推し進められた側面が強い。

大正年間の北海道庁長官宮尾舜治もまた名物ブクマ家であった。ほとんどの記事ブックマークしたため、彼の部下が空気を読んで同じくブクマ。その結果糞増田が多くエントリされ、増田の質が多いに低下した。これは第一次大戦好景気経験した道民デモラティックな感性を大いに刺激し、増田改善運動が各地で起こった(釧路での原勝治の運動が著名)。これに対する宮尾の名言「糞増田もまた増田」は、今でも道民記憶に遺されるものであった。

戦時中は統制政策のもと増田文章は時の第一次東條内閣により圧力をかけられた。しか増田家やブクマ家は当局面従腹背うまいことごまかした文章ブクマを行ない、ネタ時局批評を織り込んだ。こうした官製でありながら反体制的な場としても機能したことについては、言論の自由を考える上でも高い評価を得ている。

戦後民主化により、昭和23年に「庁立匿名記事錬成所」は解体野幌現在地民間資本による「北海道匿名記事養成所」が設置。講師以下執筆者、多くの職員に至るまでを公選とすることで、増田さらなる民主化が図られた。残念ながら諸般の事情資金面での苦慮により昭和29年増田執筆者公選制度頓挫北海道重要性を再認識し、再び道立への移管がなされた。戦後北海道では漁業鉱業が盛んであり、そうした労働者に関する増田文が多くを占め、時代の潮流になった。時の社会党党首佐々木更三をして「北海道労働者あり増田あり」の評言は、現在でも北海道増田左派を中心に語り草になっている。近年では現北海道長官高橋はるみ萌えネタが多くを占め、歴史の長い北海道増田界隈にも、萌えの波が押し寄せていることは今更贅言する必要性もないだろう。また北海道十一区中川侑子代議士スキャンダラスネタ増田小説えっちな)も定番になっている。「増田所」設置の明治20から130年の歴史が経過しようとしている。北海道匿名世界リードした増田。これからさらなる飛躍を祈ってやまない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん