「判断力批判」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 判断力批判とは

2010-04-18

文学部によくあること

ハードゲイ」で連想するのはミシェルフーコー

サリンジャーは好きだが読んでる奴は大体嫌い

村上春樹を貶すのは素人臭いので、むしろ褒める。

ex「非常にテクニカルだよねぇ」

中島敦梶井基次郎は大好きだが、熱く語るのは恥ずかしいと思っている

ドゥルーズ理論をフォローするのはイヤだが、どうしてもレポートがまとまらない時の最後の手段として良く使う

純粋理性批判は読んだが判断力批判は読んでない

ポストモダン(笑)とかいいながら、自分自身が相当ポスモ寄り

ドストエフスキーラノベ」とか言われると「そうかもな」と思う

イタロ・カルヴィーノポールオースターといったポスモ作家に憧れるが、同時にイラつく

「巧いとは思うけど、小手先だよな所詮」

東洋哲学をいつかやらなきゃと思いつつ、絶対やらない。

イスラム教には比較的好意的

安部工房が嫌いな文学部生なんていません!

カフカカミュについて論じるのは恥ずかしい

サルトルは見下しているが、実は尊敬もしている

レヴィ・ストロースフーコーならレヴィさんが格上

しかし、ストロースについて論じるのはニワカ臭いのでヤコブソンについて話したがる

ゲイレズに限らず、ド変態に詳しい

変態を論じ過ぎてて、並の変態プレイでは驚けない

記号論が具体的にどんな学問なのか説明できない

脱構築って言っとけばなんとかなると思ってる

カルチュラル・スタディーズの全体像がわからない

ソシュールについて語るが、原著は無論読んでない

ソクラテスよりディオゲネス

ベルグソンって・・・読まなきゃダメ

共産主義については理解しているが、むしろ資本主義をわかってない

故に、経済論議をすると恐ろしく不毛

院行きたいね、は文学部で「こんにちは」の意

しかし、実際の院生を見ると同情を禁じえない

この世で一番ムカつくのは、講談社学芸文庫の値段設定

河出文庫チョイスの意味不明っぷりが大好き

就職活動を始めると、むしろ疎外感を味わう

ホモが嫌いな文学部生なんていません!

2009-10-29

美と娯楽の違いって何だろう

これは単純に俺の興味で訊くのだが、美や芸術と、娯楽の違いって何だと思います?

カント判断力批判』では快適と美について論じていて、快適は感覚的、美は感覚から抽象化されたイメージパターンに関するものだと言っている。

イメージパターンの背後に当初考えていなかった法則があって、それに気付こうとすると美を感じる。

あるいは最初に目的概念があって、そこからイメージパターンを膨らませて、当初の目的概念を越えたものになると芸術になる。と言っている。

イメージパターンと、法則目的概念の行き来が美をもたらすというのがカントの考え方だ。これは一見もっともらしい。

その他色んな見方があると思うけど、どんな見方があるのか知りたい。

今までの話にも出てきたけど、権威というのも確かに一つの関連事項のように見えるね。

2007-02-15

道徳形而上学原論』が読みやすいと思いますよ?

だから「カント嫁/とは言わないが」ってかいてあるじゃん

流れで読まないと意味がないので本田透の『喪男の哲学史』読んでからの方がいいかも。

両方フツーにおもしろい

あとハンナ・アーレント経由で『判断力批判』とかな。

http://anond.hatelabo.jp/20070215174124

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん