「公権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公権とは

2017-05-20

やっほー痴漢人生ぶっ壊された女だよー

http://b.hatena.ne.jp/entry/mubou.seesaa.net/article/450015727.html

>id:Hiz22J

>偽善者痴漢冤罪人生が狂うのは有り得るが、痴漢被害人生が狂うのは考えにくい。「精神的に害される」被害について痴漢のみ特別扱いする理由が無く、痴漢冤罪という公権による被害と同列に語るのがおかし

痴漢被害人生が狂うのは考えにくい

痴漢被害人生が狂うのは考えにくい

痴漢被害人生が狂うのは考えにくい

痴漢被害人生が狂うのは考えにくい

すごいね。「自分には一切想像力がありません」ってでかい声で触れ回るのって楽しいのかな。

中学の頃に細かい描写をしたくないような痴漢被害

警察に行っても「現行犯でないと捕まえられない」「君にも隙があったのでは?」呼ばわり

・ショックとトラウマで数か月外出出来なくなり、その後もいじめられるようになって不登校気味に

・完全な男性恐怖症になり、男性が数メートル以内に立つだけでも過呼吸パニック障害を起こす(今でも継続)

男性とろくに会話できないので就活でも失敗しまくり、派遣女性ばっかりの職場に配属してもらってなんとか働いている

・当たり前だが結婚彼氏もとっくにあきらめている

くらいじゃ全く「人生狂う」になんか該当しないってことなんだろうね。

記事の人も「痴漢冤罪比較しても意味ない」って言ってるから比較する気はないけど、私なんか全然特殊な例じゃないと思うよ。

2015-06-16

 以下便宜国鉄の例をとり、両者を対比してみる。

(一) 国鉄国家行政組織法に定める国の行政機関ではなく、したがつてその職

員も国家公務員ではない。これに対し林野庁は言うまでもなく、右組織法に定める

国の行政機関であり、その職員は一般職に属する国家公務員である

(二) 国鉄職員に対しては日本国有鉄道法(以下国鉄法という。)第三四条第二

項により、国家公務員法適用全面的排除されているが、林野庁の職員に対し

ては前述のとおり公労法第四〇条により、一定範囲国家公務員法規定適用

排除されているのみで、一般的には同法が適用されている。

(三) 任免について国鉄職員の場合には国鉄法第二七条において、その基準の大

綱を示すにとどめ、その具体的規律については国鉄の定めるところに一任している

のに、林野庁職員の場合には、前記のとおり国家公務員法第三章第三節および人事

規則八-一二によつて、職員の採用試験、任用手続等がきわめて詳細かつ具体

的に規定されており、林野庁に一任されている部分はきわめて少ない。

(四) 降職および免職事由についてみると、林野庁職員の場合には、国家公務員

法第七八条第四号において「官制若しくは定員の改廃又は予算の減少により廃職又

は過員を生じた場合」と規定されているのに対し、国鉄職員の場合には国鉄法第二

九条第四号において「業務量の減少その他経営上やむを得ない事由が生じた場合

と、ことさら私企業的色彩の強い降職および免職事由が定められている。

(五) 懲戒事由についてみると、林野庁職員の場合には、国家公務員法第八二条

第三号に「国民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合」と定めら

れ、林野庁職員の公務員たる性格を明らかにしているのに対し、国鉄職員の場合

懲戒事由を規定した第三一条第一項にかゝる規定を欠いているし、その他の点で

国鉄法にはその職員を「国民全体の奉仕者であるとは規定していない。

(六) 一般服務関係については、国鉄職員の場合には国鉄法第三二条が職員は法

令および業務規程に従い全力をあげて職務遂行に専念すべき旨を定めるにとどま

るのに対し、林野庁職員の場合には国家公務員法第九六条において「すべて職員は

国民全体の奉仕者として公共利益のために勤務する。」ものであるとの根本基準

を明らかにしているほか、上司命令に対する服従、信用の保持、秘密の厳守、職

務への専念、政治的行為制限私企業から隔離、他の業務への関与制限等(国

公務員法第九八条ないし第一〇四条国家公務員として特殊な勤務関係に応ずる

ものと解される詳細な規定が設けられている。

債務者見解については裁判例として参照すべきものに次のものがある。

(一) 東京地方裁判所昭和三〇年七月一九日判決

行政事件裁判例集第六巻第七号一八二一頁)

(二) 東京地方裁判所昭和三八年一一月二九日判決

判例時報第三六四号一四頁)

 以上のように債権者らが全く同質的ものであると主張する三公社職員の勤務関

係と、林野庁職員の勤務関係との間には、実定法規の上で本質的差異が認められ

るのである

 しかして、債権者らに対する本件配置換命令は、すでに述べたとおり国家公務員

法第三五条人事院規則八-一二(職員の任免)第六条にもとづいて行われる公権

力による一方的行為であるから、いわゆる処分性を有し行政処分としての性格を有

するといわなければならない。(公労法第八条第二号は各種の人事事項に関して当

事者自治による決定を認めているがこれはあくまでも所定の人事権行使に関する基

準について団体交渉等を認めたものであつて、その基準適用して具体的、個別的

に行われる人事権行使一方的行為であることに消長をきたすものではない。)

四、(一) 債権者らは、林野庁職員に労働基準法適用され、同法施規則第五

条に就業場所に関する事項等を労働条件として明示することを規定していること

を挙げ、林野庁職員は私法的労働契約関係にあると主張するが、同条の規定労働

条件に関する事項(基準的事項)について、使用者にその内容の明示義務を課した

ものであつて、このことと個別的、具体的措置がいわゆる共同決定事項であるかど

うかとは別個の問題である

 ところで任命権者ないし使用者が、個別的具体的人事を決定する最終的権利を保

有することは、公務員関係である私企業における労働関係であるとを問わず一般

是認されているところである労使関係運用の実情及び問題点労使関係法研

会報告書第二分冊一一四頁)。

 これについてみると、国家公務員として任用された以上は、任免、分限、服務お

よび懲戒等の勤務関係の具体的内容は国家公務員法によつて任命権者が一方的に行

いうるのであつて、個々に職員の同意を要しないものであり、また配置換命令につ

いていえば、任命権者が国家公務員法第三五条の欠員補充の方法として、その権限

範囲内で職員をいかなる官職に任命するかは自由裁量であつて、それは任命によ

つて勤務官署が異ると否とを問わず、任用関係本質および内容からいつて改めて

個々的に同意を要しないのである。そしてこのことは、例えば労働基準法施行規則

五条第一〇号の休職に関する事項が明示事項とされているが、具体的な適用に当

つては、国家公務員法第七九条により職員の同意をうることなく本人の意に反して

も任命権者はこれを行いうることからみても明らかである

 それゆえ、就業場所に関する事項が労働基準法にいう労働条件明示事項であつた

としても、林野庁職員の個別的、具体的な配置換命令は、職員と任命権者との間の

合意によつて定めるのでなく、国家公務員法適用によつて任命権者の権限によつ

て行われるものである。したがつてこのような行為は、同意をうるための労働契約

上の労働条件の変更を求める私法上の意思表示ではなく、公権力による一方的行為

であり、行政処分といわなければならない。

(二) なお債権者らのあげる地方公営企業職員の解雇に関する裁判例は本件事案

に適切でない。すなわち地方公営企業職員と公労法の適用される五現業職員との間

には、その性質に関し法律上明確な差異がある。

 その一例をあげれば、地方公営企業職員については、政治的行為制限もなく

地方公営企業法第三九条第二項による地方公務員法第三六条適用除外)また、

行政不服審査法適用もない(地方公営企業法第三九条第一項による地方公務員法

第四九条および行政不服審査法適用除外)。

 したがつて、地方公務員法による処分に対して人事委員会または公平委員会に対

する不服の申立をすることができず、これらに対する審査請求は一般私企業と同様

裁判所あるいは労働委員会へすることが許されるにすぎない。これに対し五現業

職員については、すでに述べたように政治的行為制限国家公務員法第一〇二

条)があり、また不服申立に関する規定(同法第九〇条ないし第九二条の二)もそ

のまゝ適用され、不利益処分としての審査請求は、国家公務員法所定の要件を備

え、公労法第四○条所定の範囲内で人事院に対し申立てることができるのである

このことは五現業職員の勤務関係公法関係であり、これにもとづいてなされる任

命権者の措置行政処分であることと切離して考えることはできないのである

五、以上の次第で、本件配置換命令行政庁処分にあたり、民事訴訟法による仮

処分をすることは許されないから債権者らの本件仮処分申請は不適法として却下

るべきものである

第五、申請の理由に対する答弁

一、申請の理由一、の事実は認める。および二、の事実中(一)の事実は認める。

二、(二)の事実債権者a・bが組合分会執行委員であつた事実組合青年婦人

部が債権者ら主張のとおりの役割を果すべきものとされていること、債権者aが債

権者ら主張のとおり採用され勤務していたこと、債権者bの学歴および勤務歴は認

めるが、債務者債権者らの組合活動嫌悪して不利益な人事移動を行い支配介入

したこと、および債権者らに転任できない事情存在することは否認する。その余

事実は知らない。

 申請の理由(三)・(1)の事実中、農林技官e・f・m・i・j・kがそれぞ

れ主張のとおり配置換えになつたこと、農林技官gが債権者ら主張の事務所に配置

換えになつたこと、は認めるが、右fが当時執行委員であつたこと、および右gの

配置換えになつた日は否認する。その余の事実は知らない。右gが配置換えになつ

た曰は昭和四〇年三月二五日である

 申請の理由(三)・(2)の事実中、配置換を行うに際し、昭和三六年以降ほゞ

隔年職員調書をとり、これに転勤希望一の有無を記載させていることは認めるが、

その余の事実否認する。

 同(3)の事実中、債権者ら主張の会議において、主張のような討議事項が提出

されたことは認めるがその余の事実否認する。右討議事項は一署長が提出したも

のにすぎず、当該会議においてもその後の会議においても全く討議の対象とはされ

なかつた。討議事項については、署長側から提出された討議事項は、そのまま会議

資料にのせ、これを配付する方針であるために討議事項として登載され配付したま

でのことであるしかも、右討議事項には債権者ら主張のような事項が含まれてい

たにも拘らず、これを秘密文書として取扱うことさえしなかつたことは、債務者

してこれを全く歯牙にかけず、まともに問題としようとする意思のなかつたことを

裏付けものである。また、実際においても、その後の配置換において、学習運動

考慮された事実は全くないのみならず、すでに二年以前の出来事で本件とはなん

らの関連もない。

 申請の理由三、(一)・(二)の事実中、総務部長会見および署長会見の席上に

おいて債権者ら主張のような発言があつた事実は認める。債権者ら主張の大会の準

運営債権者らが不可欠の存在であること、および事務引継ができないことは否

認する。その余の事実は知らない。

 同(三)・(四)の事実中、債務者債権者らの希望があれば組合青年婦人部大

会において新役員が改選されるまで赴任を延期してもよいと言明したこと、および

本件配置換命令債権者らの家庭生活破壊するものであることは否認する。その

余の主張は争う。

二、本件仮処分申請ば必要性を欠き、却下を免がれない。

 すなわち、債権者c・bは昭和四二年四月一七日、債権者aは同月一九曰それぞ

れ新任地に赴任し業務についている。

 従つて本件は本案訴訟において争えば足りるのですでに仮処分必要性は消滅し

ている。

 債権者らは、新任地への赴任が臨時的ものであることを保全必要性の要素で

あるかのように主張するが、保全必要性は、本件配置換命令効果として形成

れた権利関係によつて結果的に生ずる不利益、すなわち、著しき損害等が生ずる場

合に認められるもので赴任の異状性は仮処分必要性の要素とはなり得ない。

 また、債権者らは、本件配置換命令の結果組合活動自由が阻害される旨主張す

るが、組合活動は新任地においても行いうるものであるし、債権者らが主張する前

任地における組合活動に関する整理等の残務は、もともと債権者らとは別人格の組

前橋地方本部福島営林署分会および白河営林署分会に関する事情であつて、債権

者らについての仮処分必要性判断するための要素とはなり得ない。

 仮りに右残務整理に関する主張が、債権者らについての仮処分必要性に関する

ものとして可能であるとしても、本来組合活動は勤務時間外に行わるべきものであ

り、とりわけ残務ということであれば限られた業務であるから、新任地においても

時間外に処理することは可能であるしか組合執行機関は数名の執行委員をも

つて構成されその業務も特殊専門的業務でなく、共通性を有するものであるから

執行委員一名が欠けたゝめ余人をもつて代え難い業務が残存するとは考えられな

い。よつて他の執行委員に残務を引継ぐことは任期中途で異動した場合通常行われ

ていることであり、本件のみそれが不可能であるとする理由は見当らない。

 右の理は組合青年婦人部の役員についても、また妥当するところである。加えて

以上によるもなお債権者らが組合残務を処理しなければならないという特殊事情

あるとしても、必要最少限の日時について業務上支障のない範囲で新任所属長の許

可をうけて休暇によりその事務を整理することも可能であるから右主張もまた主張

自体失当である

第六、疎明関係(省略)

昭和四三年三月一二福島地方裁判所判決

2011-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20110302202019

あぁ、そうだね。

人殺そうが、物盗もうが、起訴されて裁判で有罪にならなければ犯罪者じゃないよね。

ゴメンゴメン。

えっ、目の前で人が殺されたら、殺した奴は犯罪者だろって?

そんなことはないよ、犯罪者と断ずることが出来るのは、裁判官だけなんだから

そう。

私刑を排除することは法治国家として当然。

仇討ちなんぞされてはたまらない。

そこで国家が刑罰権を独占している。

また、あなた自身「起訴しない理由なんていくらでもある」と言っているが

犯罪についてもその通りであって、たとえ人殺そうが、物盗もうが、無罪になる理由はそれなりにある。

その点からも、勝手犯罪者と断ずることはできないし、また私人にそのような権限もない。

ロス疑惑での一連の訴訟も関連するか。

そのどれかも、「はっきりしない」、判断されなかったからね。

正直な話、いっそ裁判した方が被告に有益だったよね。

はっきりしないのであれば、無罪と解せばよい。原則だろう。

あなたが、「いっそ裁判した方が被告に有益」と思うのは、はっきりしなければ有罪という偏見があるから

そしてそのような偏見がある限り実のところ裁判をしても無意味

刑事裁判は黒か否かを判断するのであって、白も灰色無罪となるのだから

 

さらに、裁判所は「起訴猶予処分」なるものに特別の意味を認めず、要するに不起訴処分としている

起訴猶予不起訴処分の理由に過ぎず、ことさら意味があるものではない。

http://anond.hatelabo.jp/20110302203531

検察官の独断だから一個人の意見に過ぎないとでも思ってるの?独任ってのは権限を認められてるけど個々の判断が組織としての判断なんだよ。意見担当が交代されても引き継がれるもの。検察官が業務として行った判断は特別な問題が無い限り検察庁の判断だ。検察官に独自に判断する権限があるだけ。それは一個人の判断ではなく委譲された権限に基づく組織の判断だ。

まず、処分庁の誤りは単純に間違いだということ。

不起訴処分の処分庁は検察官である以上、権限は検察庁より委譲されたものではない。

さらに、検察官同一体の原則等から、その判断に上司(決裁官)など組織意見が反映されることはあるだろうが、

検察官の名で処分をしている以上は、その一義的な責任は当該検察官にある。当然の理屈だろう。

もともと、犯罪の嫌疑というものは、犯罪を犯した疑いにとどまるものであつて、確定的に犯罪を犯したことを意味するものではなく、それは単に有罪判決を獲得する可能性として公訴提起の要件となるにすぎないかなり漠然したものというべきであり、しかも、起訴猶予処分における犯罪の嫌疑は、その存在公権的に確定されたものではなく、捜査にあたつた当該検察官が嫌疑ありと思料して起訴猶予処分にしたというにすぎないものであつて、もとより裁判所その他の国家機関のレヴユーを受けた、犯罪の成立についての公権的な判断ということのできないものであることは明らか

繰り返しになるけど、地裁判決をもう一度引用http://anond.hatelabo.jp/20110302160544

これを「組織の判断」とことさら強調するのは、悪意をもって氏を貶めるものではないか

 

また、逆に言えば、たとえ嫌疑なしの不起訴処分がなされたとしても、たいした意味がないことがわかる。

嫌疑なしの不起訴処分は、「捜査にあたった当該検察官が嫌疑なしと思料した」にすぎないわけだ。

たかだか検察官の思料、それも内部的なものにどれほど意味があるのか。

だいたい起訴猶予処分にたいした意味がないことを強調する方がLibrahack氏の利益にもなると思うが。

今回の件は、弁護士だって見直されるべきと言ってる。

この反論は正直幻滅。

2011-03-02

http://anond.hatelabo.jp/20110302151135

やっぱり刑事手続についてわかってないんじゃないか

嫌疑不十分でも嫌疑無しでもない起訴猶予は、犯罪は犯したけど反省してるから裁判にかけずに許してやるって意味だぞ

ダウト

捜査機関としての検察庁内部的な事務処理」に過ぎない。

東京地裁平成元年11月16日

3 次に、原告が、本件処分の取消しを求めることについて、法律上の利益を有する者であるか否かについて判断する。

 本件処分は、不起訴処分として、原告について公訴の提起という不利益な処分をしないということを確定し、捜査の対象である被疑者という地位を消滅させるものであるから原告にとつて利益的な処分というべきであり、原告は、これを取り消す法律上の利益を有しないものというべきである原告は、起訴猶予を理由とする不起訴処分である本件処分は、そのほかの理由による不起訴処分と異なり、犯罪の嫌疑があることを前提としてされるものであるから被疑者であつた原告にはこれを取り消す法律上の利益がある旨を主張するが、しかしながら、起訴猶予処分において処分理由として犯罪の嫌疑ありといわれるのも、捜査機関としての検察庁内部的な事務処理としていわれることであつて、それ自体によつては何ら特段の対外的な法的効果を生じないものであり、したがつて、起訴しない処分である限り、他の不起訴処分起訴猶予処分との間に処分の法的効果に差異があるものではないというべきであるのみならず、もともと、犯罪の嫌疑というものは、犯罪を犯した疑いにとどまるものであつて、確定的に犯罪を犯したことを意味するものではなく、それは単に有罪判決を獲得する可能性として公訴提起の要件となるにすぎないかなり漠然したものというべきであり、しかも、起訴猶予処分における犯罪の嫌疑は、その存在公権的に確定されたものではなく、捜査にあたつた当該検察官が嫌疑ありと思料して起訴猶予処分にしたというにすぎないものであつて、もとより裁判所その他の国家機関のレヴユーを受けた、犯罪の成立についての公権的な判断ということのできないものであることは明らかである。このように、捜査機関としての検察庁内部的な事務処理として、公権的に確定されたものでないかなり漠然した犯罪の嫌疑があるとされたことによつて、被疑者であつた者が何らかの不利益を被るとしても、それは単なる事実上不利益であつて、法律上の不利益はないといわざるを得ないから、被疑者であつた原告には本件処分の取消しを求める法律上の利益がないものといわなければならない。

起訴猶予を理由とする不起訴処分取消訴訟起こした人に下された判断。

結局近視眼的な技術オタクが法制度も見ずに偏見ぶちまけてただけ。

だれも何も言わなかったら、そのまま犯罪者レッテルをはられたまま、迷惑なIT技術者というレッテルを貼られたまま生きていかなければならなかった所だぞ。

逮捕犯罪者レッテルとかどうみても偏見じゃないか

逮捕の要件すらわかってないんじゃないか

手続の意味を正確に理解しようともせず、合理的に考えもしない

技術者が合理的な思考するってのは全くの幻想だったな

2009-02-19

http://anond.hatelabo.jp/20090218234753

四方八方の藪に蛇が居そうなのですが、何かしらつつかないと住処が危機にさらされることになりそうなんですよねぇ…トホホ

公権力が介在してくれるとよいのですが…。

2008-11-20

キーワード住基ネット

わたしはある都道府県の職員です。わたしはある仕事をしているのですが、市民の方から、毎年定期的に、その方の現状を報告してもらうことになっています。

対象物が身体障害者のために使われている場合、その年の使用料を減額することになっています。でそのご家族の状況確認を本人からの申し出によって行っているわけです。

ところが、まれにその身体障害者がなくなっているにも関わらず、なくなっていないと虚偽の報告がなされることがあります。

そうした理由もあり、上司はこの制度の利用者全員を毎年「住基ネット」でチェックし死亡の有無を確認しようとしているようです。

このような「住基ネット」の使用方法は、憲法違反と言いきれるでしょうか? みなさんの御知恵を拝借したいです。ダメに決まっているという感情論は不要です。

参考 * 憲法13条は、国民私生活上の自由が公権力の行使に対しても保護されるべきことを規定しているものであり、個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、個人に関する情報をみだりに第三者に開示又は公表されない自由を有する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%9F%BA%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88#.E4.BD.8F.E5.9F.BA.E3.83.8D.E3.83.83.E3.83.88.E3.81.AB.E5.AF.BE.E3.81.99.E3.82.8B.E5.95.8F.E9.A1.8C.E6.8F.90.E8.B5.B7

キーワード住基ネット

2008-10-17

http://anond.hatelabo.jp/20081017133333

直接困る困らないというか間違ってると思うから間違ってると書いているんじゃないの、みんな。

公権力の間違った行為を止めるのに市民が動くってのは極めて健全なことだと思うよ。

2008-09-02

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080827/313571/

マスゴミの特徴的な言動がちりばめられた文章なのでイジって行きたい その1

マスゴミ」と呼ばれ続けて:ITpro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080827/313571/

ここ数年,筆者は友人たちの間で「マスゴミ」と呼ばれ続けている。

まぁないとは言わないけど冗談めかしてでもなく「公権力の犬!」とか「税金泥棒!」なんて言って来る奴がいたら

それは世間一般では友達じゃないです

普通に考えればネットでぼろくそに言われてることへの反論なんだろうけど

素人と対等の立場で言葉を交わすのはプライドが許さないのか

反論だと言ってしまうとその反論に反論が帰ってくるのを恐れているのか

マスゴミという言葉を使っている人たちは友達に罵声を浴びせるような常識知らずというイメージを植え付けたいのか

それが事実であっても読者に共感の得られないエピソードを盛り込む習性が彼らにはあるとしか思えない

次に

筆者の感覚では,マスコミが同じマスコミに対する報道で筆力を緩めることはない

の関連リンクとして

毎日jp」が自社広告だらけに、ネット上に深いつめ跡残る:ITpro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080708/310423/?ST=ittrend

が張られて

事実と異なる記述をした際などは即座に訂正をして謝罪する

と続いて、以上で「マスゴミは同族に甘い」「マスゴミは謝らない」への反論は完了となっている

簡単にまとめなおすと「批判者の勘違いである ソース記者感覚

この筆者に感じる言葉の通じなさ具合は毎日の謝罪とよく似ている

もし不二家の時くらいマスゴミが毎日をバッシングしていたら

ここまで毎日を批判する人間は出てこなかったと思う

そうでないから同族に甘いと言われ、ダブルスタンダードと言われるのにそれへの反論が

自分の感覚ではそんなことはない、これだけとは

イジりどころが多すぎるので残りは別枠

2008-08-14

http://anond.hatelabo.jp/20080813093417

「嘘しか書いちゃいけない掲示板」なんてのを作っても、

やっぱり予告とかって通報されちゃうもの?

小説の中とかで(あるいは昔流行った一行小説とかの中で)、

「明日東京駅爆弾を仕掛ける」

とか書いても通報されないでしょ?

最近明らかに嘘ってわかる書き込みに対しても公権力の魔の手が伸びてくるから怖いわー。

2008-08-10

http://anond.hatelabo.jp/20080810015016

それはそうだ。しかしお前らが言ってるのは、主観のために患者を見殺しにすべきということだ。それはいくらなんでも暴論だ。

どこでそんなことを俺が書いたのか具体的に示して見ろよ。

俺はトリアージ残酷だと言っただけだぞ。

残酷だけど、それをしなくては仕方が無い状況がありえる。残念ながら。

そのような状況がもし仮に事前の対策があれば人為的に回避可能であったとしても、そのような状況に彼らを追い込んだ政治社会の不作為の責任社会を構成する市民全員にあるのであって、彼ら当事者に集約されるべきものでは絶対にありえない。

そのような状況でそのようなことをした人たちに対しては俺たちは敬意を払うべきだし、そのような人たちが心を病んだりするのであれば、それは状況の被害者だ。

公権力が絡んでいるかどうかは余り問題ではない。たとえばタミフルとかはしかワクチンの話はどう考える?

表現の話はどこへ行った? 飛躍が激しくてついていけんが。

あれだって、副作用残酷に決まってるが、実際に病気にかかる方がもっと残酷だ。

トリアージの話とはまったく違うように思えるが?

トリアージを叩く論法からすると、そうでなければ論理整合性が合わないはずだぞ。

ト リ ア ー ジ を 叩 い て る 奴 が ど こ に い る ん だ ?

これはひどいブーメランですね。

まったくだな。論及せずに済むならしたくないものだ。

まして、経営判断正当化に持ち出すなんてもってのほかだ。

http://anond.hatelabo.jp/20080810014323

心を傷つけられるというのは多分に主観だろうが、主観だからって無視していいものではないだろう。

それはそうだ。しかしお前らが言ってるのは、主観のために患者を見殺しにすべきということだ。それはいくらなんでも暴論だ。

本当に公権力が絡んでない倫理自主規制ならなんの問題も無いだろ。

公権力が絡んでいるかどうかは余り問題ではない。たとえばタミフルとかはしかワクチンの話はどう考える?あれだって、副作用残酷に決まってるが、実際に病気にかかる方がもっと残酷だ。そして、副作用が出るかでないかなんて事前には判断できない。だったら、タミフルワクチンを投与した方がよいに決まっている。まして、ことは伝染病だ。非合理的な副作用恐怖でワクチン接種を忌避したら他人を殺しかねない。それでもお前らは「副作用残酷だ」といってタミフルはしかワクチン規制すべきと考えるのか?トリアージを叩く論法からすると、そうでなければ論理整合性が合わないはずだぞ。

お前は何も残酷さに耐えてなどいない。ただカウチポテトくいながらネットしてるだけだ。

そんな人間が、残酷だの残酷で無いだのという言説をもてあそぶな。アホか。

これはひどいブーメランですね。

http://anond.hatelabo.jp/20080810013222

俺の出した例示(元は有名なゲームデザイナーの話だけど)ははっきり人が落ちてくるものだから、そのグレーゾーンとは別問題ね。

で、例えば原作者が自ら触れ回ったらさすがにみんな連想すると思うんだ。中には抗議する人もいるだろうし、それはそれでまっとうだと思うよ。間違ってない。

心を傷つけられるというのは多分に主観だろうが、主観だからって無視していいものではないだろう。倫理的にも、時には法的にも。

あのユダヤ人の気持ちが傷つくのはあいつの主観でしかないんだから知ったことか、ってのは普通に反倫理的だと俺は思うがね。

あと、「規制」と書いたのは「公権力による規制」という意味ではない。自主規制あたりを想定していたつもりだ。

本当に公権力が絡んでない倫理自主規制ならなんの問題も無いだろ。

というか、実際はほとんどの作り手が自分の倫理観に照らし合わせて正しい意味自主規制してる。その辺リミッター外れてる人もいるしいていいけどな。

実際には「表現の自由」が機能不全を起こしているところで公権力による介入を避けるために「倫理自主規制」という触れ込みで実質公権力のごきげんを伺うような業界規制をしていることが多いわけで、そっちの問題とは論理的に別だな。

残酷現実を見なかったことにして、それで安心したいなんて駝鳥平和をどれだけ貪ってるんだ。

お前がトリアージをしたんじゃないだろ。

お前がPTSDを患ったわけでもないだろ。

お前は何も残酷さに耐えてなどいない。ただカウチポテトくいながらネットしてるだけだ。

お前がいつどこで残酷現実を見据えたというんだ。ふざけるな。

http://anond.hatelabo.jp/20080810011957

だって、人間を「駒」と表現するのが逆に非人間的だと言われてしまうくらい、抽象度が高いわけだから。

だからこそ、テトリスが発想段階ではガス室ゲームだったらどうなるのか、というグレーゾーンの話をしている。それは抽象度が高いのか否か。結局それは主観じゃないのか。

あと、「規制」と書いたのは「公権力による規制」という意味ではない。自主規制あたりを想定していたつもりだ。

行為自体が実際に耐え切れないほど残酷だから携わった人の中にPTSDを患う人まで出るんだろ。何言ってんだ。そんな理屈で切り離せるようならだれも苦しまんわ。甘っちょろい。

だったら、救護なんかせずに見殺しにしようか。そうすれば「耐えきれないほど」の残酷さを味わう人間は誰も出なくて済むぞ。

そういうことだ。甘っちょろいのはお前らだ。

いい加減にしろ。

残酷現実を見なかったことにして、それで安心したいなんて駝鳥平和をどれだけ貪ってるんだ。

その幻想の安寧が乱されたからって、たとえ話一つでこれだけ人を追いつめられるお前らの方がどうかしてるよ。

たとえ話を無神経無神経というのなら、ホロコーストなんかを安易に例として持ち出すお前らは何なのだ。

この偽善者どもが。

2008-07-17

http://anond.hatelabo.jp/20080717133112

この原文の予告をみて、俺は予告には程遠いとおもったんだが、、、

 逮捕とは、犯罪を行ったという疑いのある者(被疑者)の身体の自由をはく奪(拘束)し、引き続いて最長72時間、拘束を続けることです。


逮捕されることにより身体の自由をはく奪されているわけだが・・・。

この「予告」で嫌疑となる「犯罪」ってなんだ???

威力業務妨害が罪状としてよくあがるようだが、業務を妨害された人よる訴えがあったのか?

被害者のうったえもなしに勝手に動いて被疑者として身柄を拘束???

普段は民事不介入を盾にトラブルがあった際には出てこないのになんでこんなのだけ公権力を行使しているのか。

・・・。

小学校が応諾したから逮捕なのかな?

そこが知りたいな。

2008-05-05

裁判員に選ばれたらどうする?

本当に裁判員制度が始まりそうだ。

始まる前に潰せれば一番いいのだが、それは難しそうだ。

で、もし選ばれたらどうする。

関わりたくもない裁判に無理矢理関わらせられ、苦役を強いられるなどまっぴらだ。

そんなものが許されていいはずがない。

辞退が認められないことがある時点で、徴兵制と変わりないじゃないか。

もちろん辞退するつもり。

辞退理由には「公権力に苦役を強制されられてたまるか!

こんな法律作った奴は死ねばいいのに」とでも書いて提出する。

辞退が認められなくても当然行くつもりはない。

しかし、出頭義務違反だと過料が課せられるらしい。

苦役を拒否したことで金をとられるいわれはないから、

断固支払い拒否するつもりだが、どうやって取り立ててくるのだろう。

憲法18条奴隷的拘束及び苦役からの自由」に反するとして訴訟でも起こすしかないのか。

2008-03-13

http://anond.hatelabo.jp/20080313015330

ヘイトスピーチ、とくくって論ずる場合は、創作表現ではなく、実生活上の(特に公的な)言動や文書について言うことが多いだろ。ちょっと軸ズレてね?

差別的な表現を含む創作作品を公権力の摘発の対象にまでしてるところはさすがに少ないだろう。

日本は、日の丸については国旗侮辱罪を認めていないが、ついつい公権力で摘発してやりたくなるもので、世界でもそういう国は結構ある中、これは誇っていいことだと思う。

まあ、器物損壊とかで挙げれるし挙げてんだけどな。

ちなみに、外国国章損壊罪なんてのはあるんだが、これは外交上の国益を配慮した法律なんだろうな。外国政府からの請求がなければ成立しないし。国益表現の自由国旗を焼くのもパフォーマンスだろ)との兼ね合いの問題だが、俺はこの法律にも正直反対。

http://anond.hatelabo.jp/20080312232125

君がどう思おうが勝手だけどさ。ケーサツが取り締まるようなこっちゃねーだろ。

公権力が強制力を使って取り締まるということと、君の個人的な感情とは分けようよ。

まあ、俺の個人的な感情としては、別に普通に受け入れるけど?

2008-02-19

http://anond.hatelabo.jp/20080219055215

何のために?誰のために?

もう公権力が動いているのに?

社会がすべきことは別のことなんじゃないの?

2007-09-28

http://anond.hatelabo.jp/20070928211642

酔っぱらいにはしらふを。ジャンキーには公権力を。キチガイには冷めた対応を。

別に「目には目を」も、競え、比肩しろ、と言っているのではないからさ。

2007-09-01

http://anond.hatelabo.jp/20070831223410

犯罪者個人情報は暴かれていい、なんてルールどこにあるんでしょう?

つり?新聞テレビ見たことあるなら犯罪者個人情報暴かれない場合(少年とか)のほうが例外だとわかるはず。犯人の氏名や年齢性別住所職業とか報道されてるし、裁判だって公開されてる。むしろ暴いてはいけないというルールはいつ決まったの?俺様ルールでそれを脅迫だとか断罪することこそ私刑なんじゃないかな。脅迫かどうかを判断するのは司法がやることで増田がやることじゃない。

またブログとかで犯罪行為をほのめかした記述があるからといってそれでその人が犯罪者だと断定できるものではない、ということは同意いただけますか?

だからといって見過ごしていいなんてことにはならないでしょ。そういうこと言ってるから電車レイプが痴話げんかとみなされてスルーされたりするわけで。事実かどうか調査して関連機関にも知らせておかないと。

責任は別に刑事責任に限定した話ではないでしょう。書き込み被害を受けた人が書き込んだ相手を特定して抗議や賠償請求できる可能性が十分得られているとは私には思えませんが。あと犯罪予告での逮捕はイナゴとは別問題なのでは。

元の話はイナゴの行為に「間違いや行き過ぎがあれば個人として責任を問われる」かどうかだったはず。にちゃんの書き込みで逮捕者が出たり賠償請求されたりという現実を見ればネット内の行為でもネット外の行為でもやりすぎれば責任が問われるのは理解できますよね?もちろん100%できるわけではないけど、それはネット外でも同じ事。

質と量っていうのは罪の軽重にかかわらずイナゴの攻撃には事実上歯止めがない、という現状をどう捉えているのかということですよ。

イナゴかどうかに関係なく警察司法という歯止めがあるでしょ。

警察司法の判断と関係なく、俺様が気に入らないことは犯罪とみなして裁くならそれこそが私刑なっちゃう。自分がとめるべきと思うことを公権力がとめてくれないけど、私刑もだめなら、法を変えるしかないよね。当て逃げや淫行ごときでまつられるのはけしからんなら、まとめサイトや抗議を法で禁じて当て逃げや淫行を合法化するしかないでしょ。

2007-08-25

ケイ制度

インターネットが普及して10年程経った頃。その頃になってもまだ犯罪行為を自慢げに吹聴する輩が多数いた。黎明期ならまだしも、ネット人口が増え、巨大掲示板個人ニュースサイト、新興ニュースサイトソーシャルブックマークブログなどある程度まとまったネットワークが形成され、情報流通速度が格段に上がっていた時代であったので、彼らの悪行はあっという間に広まり、警察機関に連絡するもの、より認知を広めようと騒ぎ回るもの、彼らの情報を洗いざらい調べるもの、それらが各々刺激しあい、彼らに手痛い打撃を加える祭りと呼ばれる現象があった。

当初は純粋ネタとして正義の鉄槌を楽しむものであったが、時が経つ毎にそれは次第にベタとなり、公権力に対する不信感が高まっていた時機でもあったので、本当に正義の鉄槌としてのシステムができあがっていった。それが現在のシケイ制度である。

きっかけはある人物の書き込みであった。彼は最後まで名前を名乗らなかったので以降は仮に彼と呼ぼう。こいつの住所を調べたら金をやるよ。誰も信じなかったが、それがなくとも無償でそういった行為をする者はいたので、住所を調べてきてその掲示板に書き込んだ。周りは特定した人物を讃え、そして金をやるよと書いた人物にレスをした。

ほらwww早く払えよwwww。誰もがただの痛い奴だと思い嘲笑のレスが連なる中、数分後その人物はメール送金で払うからメールアドレスを教えてくれと書き込んだ。特定した人物も信じていなかったので「ほらよ。早く払ってくれよw」と先ほど取ったばかりのフリーメールアドレスを晒すとすぐにメールが来た。相手のメールアドレスフリーメールだったので、やっぱりなと思いながらも本文を見ると確かにメール送金を扱っているドメインURLが貼られていたので、そのサイトへ進み、言われるままに登録し、新しくできたばかりの口座を見るとそこには100万円が振り込まれていた。

振り込まれた人物は恐ろしくなったが、スレを見ると支払った人物に対する非難と自分に対する「嘘だったんだろ?w」というレスで埋まっていた。本当に振り込まれていることもそうだったが、それ以上に100万円という額に驚き恐ろしくなっていたので、スクリーンショットを晒して相談することにした。本当に振り込まれていたこと、そしてその額に驚く者が多数であったが、自作自演ではないのかと疑う者が少なからずいた。しかし、そんな疑問も次第に薄れていった。金を振り込んだ人物、彼はその後も何々をしたら金をやるよと書き込み、受取人が多数出たからだ。全てが自作自演の可能性がなかったわけではなかったが、スレはそのこと自体に盛り上がり、彼を讃えていた。原始的なシケイ制度の始まりである。

その後も祭りがある度に彼は現れ金を支払い続けていたが、いつしか彼の思想に賛同し、自らも援助したいと申し出るものが現れ始めた。

支援金は彼が新しく作った口座に振り込まれた。援助を申し出るものは彼の手助けをしたくて金を出したいと言ったのだが、彼は私服を肥やしてると思われるのを嫌った。そこで新しく口座を作り、そこに振り込んでもらい、そしてその際にはスクリーンショットを撮ってもらうことを頼んだ。彼は金を受け取るとクリーンショットを撮って、送金してくれた人と共に公開することで、できるだけオープンにしようと試みた。もちろん、送金した人間もグルである可能性は否定しきれなかったが、当時は彼が望むような誰でも口座にアクセスして共同管理できるような場所がなかったので、それが彼にできる精一杯であった。

支援金が集まり、懸賞金の額も膨らみ始め、それを職業として暮らせるものが出てきた頃、冤罪未遂祭りが起こった。制裁の直前にたまたま発見した人物がおり、それが無罪の決定的な証拠だったので、未遂で終わったが、その件を重く見た彼は無罪であることを発見した人物に一級額の金を支払った。それ以降は潔白であることを証明しようとするものが多数現れ、制裁前に発覚することとなった。

数年が過ぎ、支援金や、懸賞金の支払い、送られてくる情報などの数が増え管理が難しくなった頃。彼は作業員を募集した。会計、審理の補助(判定をするのはあくまでも住人だが情報が煩雑になり整理しきれなくなっていたので)、事務など業務内容によって求められる条件は当然異なっていたが、一つだけ共通していた条件が、他の会社では見られない変わった条件があった。それは祭られる覚悟がある人物。支援金を横領したり、審理を特定の方に有利に運ぶ資料を集めたり、書類などを改竄などした者は容赦なく祭り上げられる。彼はそういったシステムを作った。最早一大権力にまでなった強大な権力を行使する側で働くからこそわかる祭られる恐ろしさ。思惑通り、裏切る者は誰もいなかった。

システムが成熟した頃にはそれは私刑制度と呼ばれていた。以前は揶揄言葉だったのだが、その頃には褒め言葉と使われていた。そんなとき凄惨極まりない事件が起こった。その詳細を聞いた者のほとんどは死刑を願ったが、その3年前に死刑は廃止されていた。長くて10数年。早ければ10年で出てこられるなんて余りにも軽すぎる。そんな空気であった。そして初の懸賞金10億円が出された。内容は死刑を下すこと。驚きはあったが、それも熱狂とも言える空気に流された。2日後。あっさりと対象の人物は殺された。

前代未聞の事件に重い量刑が予想されたが求刑は極めて軽いものであった。初犯だから。凄惨極まりない被害者の犯行に義憤を感じたから。そんな判決内容だったが、誰もそんなこと信じなかった。皆は本当の理由がわかったのだ。重くすれば自分が祭られるからだと。

以前、警察にも潰されかけたこともあったが、すぐに復活した。ノウハウは完全にできあがっていたし、彼の身元はわからなかったし、働いてる作業員には罪らしい罪はなかったし、それに何より全国民かと思う程の人間に非難されたから。潰してもすぐに復活し、潰そうとすると祭られる。警察内部にも協力者、信奉者は多数いたので簡単に祭られた。そんなやりとりを数回した後、警察は完全に撤退し、システムを黙殺することになった。

そのような例があったので誰もがすぐに理解できたのだ。司法も祭られるのを恐れたと。

このように原始的な祭りと呼ばれる現象から生まれた私刑制度は晴れて死刑をも含めたシケイ制度となり今に至る。昔は危険性を主張する声もあったが、今ではそんなことを言うものはいない。言えば祭られるからという理由もあるが、それ以前にシケイ制度に疑問を抱く者が減ったからだ。幼い頃から当然のようにあったものに疑問を抱く者は少ない。それにこのシステムは確実に、そして着実に、悪を裁いて、正義の鉄槌を下している。そう考える者が多数であり、それが常識だったから。

かくしてシケイ制度は完成し、今も回っている。今はもう彼は携わっていないとの話もあるが、それでも順調に回っている。全てが公開されている運営の不正に対する懸賞金は高く監視の目はとても厳しい。祭りの恐ろしさを誰よりも知っていて、不正さえしなければ国内でも有数の給与・待遇職場環境であるその立場を捨ててまで不正しようとする者はいない。このシステムを生み出した彼は今どこにいて、そしてこのシステムをどう思っているのだろうか。彼がいなくなっても順調に、くるくると、狂々と回り続けるこのシステムを。

2007-08-13

http://anond.hatelabo.jp/20070813023421

同意。

こういう類の公の人達はきちんとした尊敬とそれなりの報酬がないと汚職に走る可能性がある。いくら政治力がきちんとしていて立法で締め付けをかけようとしても,けっきょく公権力を行使するのは公務員官僚だ。現場が崩れたらどうしようもないだろうな。

2007-08-12

http://anond.hatelabo.jp/20070812092352

昨日あたりからなんかもめてるけどなに?

ところで、裁判っていうと知識もないのに異常にリキ入る人いるよね。俺もだけど。

立件(名誉毀損罪+脅迫罪の併合罪

ひとつの行為で名誉毀損と脅迫を遂げたのなら併合罪じゃなくて観念的競合

告訴の時に気合い入れてそういうこと言うと警察官に笑われるな

懲役30日

懲役刑の下限は一月(刑法12条)、日数では数えない

民事訴訟人格権侵害で金銭賠償もしくは謝罪)でボロクソ

名誉毀損程度では、よほど多く取れたとしても100万円が関の山

よく知らないが、この程度の名誉毀損じゃ30万円行けば御の字。ボロクソ?

威力業務妨害罪に当たるわけない

正当な債権者だって、払ってもらう権利はあるけど、その行使の態様がアレなら犯罪を構成する

条理上の義務があるからといって、それをしつこく慫慂する行為はどうなるかねえ。

理論武装完璧だから裁判に持ち込めばほぼ100%勝ち

抽象的に未来に命令するという性質を持つ法律には、当て嵌めが不可欠

名誉毀損に当たるかはその当て嵌めが主戦場になる

主観的に「これは当たる当たる」というのは理論武装ではない

少なくとも俺にはどこが名誉毀損で脅迫に当たるのかよくわからんかった

契約書あるから、売買契約はあった、だから金払え、っていう単純な話じゃない

仮に理論武装完璧だろうと、ネット上のいざこざレベルじゃ刑事は不起訴だろうな

担当した警察官の苦い顔が見える

今回いろいろ調べたみたいだから、今度は起訴便宜主義ってことばについて勉強してみて

開成ネットワーク」の経歴に前科つけて正当に藻屑に出来ます

あーあ、自分で同じ表現使っちゃってるってことは、相手を脅迫してることに気づかないのかな

政府転覆なんだ言っておきながら公権力を頼るとかもそうだけど、自己矛盾じゃないのかな

訴訟ちらつかせるのは、害悪の告知になるから完全に脅迫

こういう泥沼状態になると警察はまず取り合わないと思う、けんか両成敗だから

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん