「余所余所しい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 余所余所しいとは

2019-08-27

追記した。「小さい子供いるから」という理由お気に入りの店を出

追記

昨日は寝かしつけをしながら寝落ちしてしまい、

今朝は娘を保育園に送り届け、息子に離乳食を与えるなどバタバタして

ようやくパソコンを開いたらホッテントリ入りしていてびっくりした。

たくさん慰めの言葉いただき本当に嬉しかった。

厳しい感想もあったけれど、仰るとおりのこともあるし、

言葉足らず(または多すぎるの)は私の非として受け止める。

たくさんの方に読んでいただきちょっと気が済んだというか気持ち区切りをつけられそう。

本当にありがとう

「奥様の嫉妬では?」というご意見をたくさんいただいていて、

もちろん私だって、ついそう考えてしまうことはあったのだが、

それを書いたら同じ土俵に立ってしまう、と自粛した。

自分で言うよりも、他の人に言ってもらうことで自分正当性を守りたかったのもある。

汚いやり口に巻き込んで申し訳ない。

食べログGoogleに書き込んでは?というご意見もあるが、

本当にいいお店で、2度と行けないのは残念だけど営業妨害をしたい訳ではない。

もし私の書き込みで店の経営に影響が出てしまったら罪悪感でかえって辛くなると思う。


以上です。

----------------------------------------------------------------------

話が長くて申し訳ないが、背景からお話する。

まもなく40歳会社員(育休中)。

5歳下の会社員の夫と、3歳1ヵ月の保育園に通う娘と、8ヵ月の息子がいる。

都内在住。

夫は結婚するまで実家暮らしでまったく家事能力がなかったが

(米の炊き方も洗濯機の使い方も知らなかった)、

結婚後に話合いや説得、懇願喧嘩を重ね、容赦のない現実対応しているうちに

今では料理以外の家事母乳を出す以外の育児は全部できる男になった。

料理は私が好きなのと、お惣菜冷凍食品もあるので何とかなっている。

私には30年以上続けている趣味があり、

20年くらい前からその趣味サークル活動をしている。

夫はその趣味をずっと応援してくれて、発表会にも必ず来てくれるし、

産後も「やめるなんてもったいない、続けなよ」と言って

毎週土曜の夜の練習の日は子供の世話を引き受けてくれる。感謝している。

※ちなみに夫の趣味は飲み歩きとひとり旅で、

 平日週1回は飲みに行っているし、年1回はひとりで旅行に行っている。

娘を産んですぐの頃は、終わったらまっすぐ帰宅していたのだが、

帰る時間には子供は既に寝ており、幸い一度寝ると朝まで起きない子なので

夫がある日「せっかくだから帰りにゆっくりご飯食べてきたら?」と言ってくれ、

以来、土曜の夜は私がひとりで外食をしてもいい日となった。

独身時代から飲み食いが好き(だから料理も好き)で、

おいしいものゆっくり食べるのが何よりも楽しみだったのが、

3歳と0歳の子がいるとゆっくりなんて絶対無理で、

2人の世話をしながら慌てて食べているから冷めてるし味もよくわからない。

それでも就業していれば昼休みがあるが、

育休中は残りご飯に、納豆缶詰をかけて立ったまま食べるみたいな毎日である

から夫の申し出は本当に嬉しくて、毎週どこで食べようかとても楽しみにしていた。

そんな中で見つけたビストロから先日出禁を食らったのである

なかなか本題に入れず申し訳ない。もう少し続く。

その店に初めて行ったのは2年前。

から少し離れているのに、食べログで好評価だったので行ってみた。

人のよさそうなシェフと、無骨な感じの店主の2人でやっていて、

料理がとっても美味しくリーズナブルで、店主のつかず離れずの接客も心地よく、

遅めの時間に行っても急かされることがないので都合もよかった。

帰省とか家の用事趣味練習を休んだりまっすぐ帰る日もあるので、

私が自由になるのはせいぜい月2~3回なのだが、うち1回は必ずその店に行くようになった。

別の日に友人を連れて行ったこともあるので、今まで20回以上行っていると思う。

何度も通ううちお店が暇な日は店主と話す機会もあり、

店主は私の3歳上なこと、私と同じ年の奥様と10歳の息子さんがいることを知った。

読書好きという共通点もあって本の話で盛り上がったり、

私も夫や子供の話を聞いてもらったりしていた。

そして昨年末シェフ転職することになり、

シェフの代わりに店主が厨房に入り、

店主の代わりにずっと専業主婦だった奥様が接客担当されるようになった。

奥様とはもちろん初対面だったのだが、最初から私に冷たいような気がして、

店主も以前は「味どうですか?」「お子さん元気?」くらいは声をかけてくれたのに、

奥様が入ってからは私からしかけてもなんとなく余所余所しい感じで

「気のせいかなあ」とモヤモヤしつつ通っていた。

そして7月、その店に行ってお会計した際に奥様から突然

「小さい子供を置いて来るなんて信じられない。早く帰ったほうがいい。子供がかわいそう」と言われた。

もちろん店にだって客を選ぶ権利はあると思うのだが、

酔って絡むわけでもなく、居座るわけでも金を払い渋るわけでもなく、

ひとりでおとなしく飲み食いして行儀よく帰るいい客だと自負していたので驚いた。

だいたい子を放置して出てきている訳じゃない、

もう片方の親である夫がちゃんと面倒を見ている。かわいそうと言われる筋合いはない。

カッとなって色々言い返したい気持ちも沸いたが、

行儀よく定期的に通って金を落として育ててきた居場所を失う方が痛かったので、

「私たぶんいい母親じゃないんですよ~」と相手の言い分を受けて流すことで

正面衝突を避けてその日は帰った。

とはいえ、その後さすがになかなかその店に行く勇気は出ず、

このままフェードアウトかな、居心地のよい店だったのに残念だな…と思っていた先週、

以前、その店に何度か一緒に行ったことのある趣味サークルの友人が

練習の後、久しぶりにあの店行かない?」と言ってきた。

実は先月こういうことがあって…と話したところ「2人で行けば大丈夫じゃない?」と言われ、

そうか、ちゃんと話せるかもしれないし、また行くきっかけになればいいな、と思い

私は他に少し用事があったので、先に店に入っててもらうことになった。

しかし、その友人が出禁を食らったのである

用事を済ませてその店に向かおうとしていたら、

友人から「店に入れてもらえなかったから別の店さがそ」とLINEが来て唖然とした。

友人の説明では、店はすいていて座場所がないという状況ではなかったが、

店に入った途端に店主が厨房から出てきて「ちょっとこっち来て」と店の隅に呼ばれ

奥さんが“増田さんは小さい子供がいるのに許せない。店に入れないで欲しい”って言うんだよ。

俺は“そんなの家庭それぞれじゃん”と説得したんだけど、

増田さんを店に入れるなら離婚する”って言うんだよ…だからごめん、帰ってくれる?」

と言われたらしい。奥さんはその様子をじっと見ていたとのこと。

趣味練習会場からその店までわざわざ電車に乗っていって追い返された友人にも申し訳ないし、

好きだった店に完全に拒絶されたということもショックだし、

だいたい何も悪いことをしていないのに悪意をぶつけられたことがしんどくて、

土曜からずっとその件についてぐるぐるぐるぐる考え続けている。

友人は「今後小さい子供のいる方が嫌な思いをしないように食べログとかgoogleに書き込んだら?」と言うし、

夫は「ひどいな!僕は面が割れてないからひとりで行って

“僕も小さい子供を置いてきてるのにいいんですか?”くらい言ってやろうか」と言ってくれたが、

そんなことをしても、私が再びあの店に行くことはできないし、謝罪されることもないのである

でもこの気持ちをどこかに吐き出さずにはいられなかったので増田に書いた。

長文失礼しました。読んでくれてありがとう

2018-08-02

スマホが壊れ、バックアップを取らなかった俺の電話帳はすべてが電海の藻屑と消えた

中学校あいつら。ギリギリ高校入学のお祝いに買ってもらえたガラケー(という呼び方もない時代)持って赤外線通信してメルアド交換しあったあいつら。もう何年も連絡をとってないあいつら。

高校あいつら。ケータイ持ってるのは当たり前。赤外線通信しあった友情入り口。まだLINETwitterもないときのお前ら。異性とのメルアド交換は部活の先輩が最初だった。ウブだった俺は先輩に童貞を奪われた。ような気がした。先輩は俺の恥部とも呼ぶべき「名字名前+生年月日」という佐藤太郎なアドレスを先輩同士で俺の断りなく共有した。恥部拡散であった。拡散先のアドレスには「彼氏Love彼女初キス(結合?)記念日」と思しきアドレスもあった。別れたらアドレス変えるのだろうかという俺の期待は虚しく卒業するまでその先輩のアドレスは変わらなかった。怒張した、あるいは豊満なそれを想起させかねない文字列を、その先輩が俺にメールを送るたびに見せびらかしてくるのであった。屈辱である。このような屈辱が、性の早期化に拍車をかけるである

大学あいつら。・・・は、Twitterやら始まりつつあったのであまりメルアド交換せず、TwitterIDの共有がご挨拶となったが、さすがにサークルの連絡共有では未だにメールが現役だった。とはいえ、そのメールPCからメールへと移行した。学生一人ひとりにメールアドレス交付されることで、学生講師陣との円滑なコミュニケーションが期待されていたわけだ。この頃にはGmailも本格的に使い出す。ゼミ飲み会などはこちらを利用する。つまり個人ガラケーメルアドなどは、この時点で大して知る理由に乏しいというか、極めてプライベートものになったのである。思い返せば私も自分から相手メルアドを聞くことはしなかったはずだ。聞かれることもなかった。ちなみにこの年リーマン・ショックである。私は内定先を得られずに卒業することとなる。ゼミの仲間も半数は内定できずに卒業留年、院進と歩を進める。

私がスマホを買ったのはこれから2年後の話である。長い付き合いだったが、昨日、突然再起動を繰り返すようになった。

・・・とまあ、このようにして蓄積されてきた私の青春の一部であったものが、昨夜、すべて失われた。厳密に言うとクラウドに移行しつつあった大学以降のメンバーアドレスは直ぐにわかるのだが、それ以前、ネットが普及しつつあった時期のあいつらのアドレスなどはすべて取り戻せない。本日キャリアショップに足を運び、考えた結果、データ復旧は無理という結論に達した。

基本的には、私が悪い。スマホを買った時点でバックアップを取るべきだったのだ。それを数年も疎かにした私のツケだ。

高校までに知り合ったあいつらもいい年だから、まあ半分以上は結婚し、出産もし、良い家庭を築いているのだろうし、当然俺の顔を覚えている奴は殆いないだろう。俺自身も、今町中であいつらを見かけても記憶と一致できる自信がない。近いようでいて、俺とあいつらはいつの間にかこんなにも遠いところまで来ていたのだ。あいつらも、俺に今更メール電話を送ることも掛けることも全員がしないだろう。できないやつもいるはずだ。例えば私と同じコトになってバカを見たとか、例えば津波に飲まれて死んだとか。

だいたい、小学校の頃に知り合った友達はどいつもこいつもケータイのケも知らなかった。電話帳だ電話帳。学校で遊ぶ約束したら準備して直行。その場には必ずあいつらが来る。そしてあいつらとゲームボーイで遊ぶんだ。いや、もちろんサッカーもする。サッカーもするが、ポケモンをするんだ。ゲーム男女平等小学生サッカーとなると既に体力差が見えるが、ゲームでモノを言うのはサッカーとは別なところ。女子ゲームもするけど男子サッカーしたがったから一緒に遊んだ。そこから女子の家にお邪魔したことも何度かある。

まったく、いい年していつまでこんなものに執着してるんだろう。新しい出会いの少なさもそうだが、社会人になってから会う者どこかみんな余所余所しいというか、皮を何枚も被ったかのような付き合いだ。いつしか私もそれを当然のこととして他人に仕掛けている節もある。こんな大人のなり方なんて、誰が望んだんだ?

正確には、そういう付き合いができる人がいないわけではないが、圧倒的に少なくなった。

また、あの頃のような付き合いがしたい。何もかもが瑞々しくて、眩しい。出会いばかりで別れのない幸運な日々。この生なら、飽きの来ない無限謳歌できる。

どうして俺たちは、かつてのような付き合いができなくなったんだ?

2018-01-18

どーしたらいいのよ

軽くご飯食べに行こうと誘われて休日2人でご飯にいったら好きになってしまった

ランチの後もちょっとショッピングしたり東京タワー登ったりとデートみたいに優しくされたからコロッと勘違いしてしまった

勘違いだとわかっているのに好きになってしまった

相手は去年した失恋の話とか好きな女の子タイプの話ガンガンするし全然わたしののとなんとも思ってないのに馬鹿みたいで悲しくて毎日辛い

相手は細くて大人しくてニコニコしてるような子が好きでわたしは100キロデブでどーしよーもないわ

今日職場で一緒になったらなんかめっちゃ余所余所しいし 家帰ってから「あーブスと休日2人で出かけるんじゃなかった〜勘違いさせたな〜」と思われてるんだろうなという感じでほんと悲しい

どーしたら好きという気持ちを捨てられるのかな

2016-11-08

いい加減ローマ字表記Rya, Ryu, Ryoは止めてほしい(追々記有)

仕事柄ちょくちょく海外に行くことがあるんだけども、自分名前をどう呼んでもらうかで毎回非常に悩んでいる。

タイトルの通り、名前の一部にRyuが入っており、一部の外人には大変に読みづらいらしい。

この「リャ・リュ・リョ」問題で指摘されている事柄自分が気付いたことをまとめる。

 

(A) 舌を巻く"R"の発音で「リャ・リュ・リョ」は物理的に発音できない

小学校中学校の頃に巻き舌の"R"の発音を習ったと思う。

舌を喉側に巻きながら「アール(アーゥ)」と発音するアレです。

これに基づいて"Ryu"の表記に従うのであれば、"Ryu"は、(1)"R"の巻き舌をしながら(2)「ュー」で舌の先を弾く必要がある。

まり、『巻き舌をしながら舌の先を弾く』というパラドックスが"Rya,Ryu,Ryo"に存在するために、スペル通りの発音絶対にできない。

ネイティブスピーカーうんぬんに関わらず、英語で"Rya,Ryu,Ryo"を「リャ・リュ・リョ」にように読むことはそもそも原理的に不可能なのだ

確かに昔、石川遼くんがアメリカ大会名前を呼ばれたときに、"Ryo"を読むのに非常に苦労しているアメリカ人おっさん動画を見たことがある。

ニュースでも流れていたので誰か覚えている人がいるかもしれない。

 

(B) 英語ネイティブスピーカーが"Ryu"を読むのなら「ライユー」になる

上記の通り英語に「リャ・リュ・リョ」と読む"Rya,Ryu,Ryo"の発音存在しない。

それでも無理やり"Ryu"を読むとするならば、"Ry"で「ライ」、"u"で「ユー」と読まざるを得ない。

これではもはや別物になっている。

 

(C) 日本語の「リャ・リュ・リョ」は"R"ではなく"L"に近い

厳密に言うと"L"は非常に難しい発音だが、それでも日本語のラリルレロは"R"よりも"L"に近い。

特に「リャ・リュ・リョ」は巻き舌の"R"を使うと発音できないのだから当たり前だ。

 

(D) フランス人は"Rya,Ryu,Ryo"が読めるらしい

フランス語勉強したことがないので何故読めるのかは分からないが、フランス人はこの表記を苦もなく読めるようだ。

フランス人に"Ryu"を見せて「これ読める?」と聞いたら普通に「リュー」と返ってきて非常に驚いた記憶がある。

サンプルが多くないので全員が読めるわけではないのかもしれないけれど。

日本人も含めて)非ネイティブスピーカーであれば読める可能性があるのは間違いない。

理由を知っている人がいればぜひ教えてください。どの国の人なら分かる、という事を知りたいので。

 

 

以上を踏まえて、私が個人的に講じてきた対策を紹介します。

もし同じ苦しみを持つ方がいれば、ぜひ参考にしてほしい。

 

(i) 名前ではなく名字で呼ばせる

幸い、名字比較的読みやすいので、一部の友人には自分名字で呼ばせている。

ただし、もちろん友人同士は名前で呼び合っているので、そこはかとない疎外感を感じる羽目になる。

しかも逆に「ホント名字で呼んでいいの?」と相手に気を遣われたりすることもあるので、この方法はあまりオススメしない。

ゴルフプレーヤー石川遼くんも「イシカワ」で呼ばれることの方が多いらしいが、意図的に呼ばせているのだろうか。

まぁ、プロスポーツ選手なら名字で呼ばれるのはそこまで違和感はないかもしれない。

 

(ii) 頑張って"Ryu"の発音を教える

存在しないのなら、教えればいい。ということで、何度か教えたこともある。

"Ryu"の発音を教えるときは、

『「ルー」と「デュー」のちょうど間くらいの発音だよ』だったり、

『これ表記は"R"だけど実は"L"っぽい発音からね』だったり、

若者相手ときは『ストリートファイターってゲーム知ってる?あの波動拳撃つ奴と同じ名前だよ』だったり、色々である

ストリートファイターで合点が行った友人には、なぜか「ドラゴン=サン!」と呼ばれるようになったが。

ただ、想像の通り非常にめんどくさい。

初っ端の自己紹介くらいサクッとやりたい。

まぁ、これでちょっと話の種になったりするのもあるんだけどね。

 

(iii) 呼びやすアレンジする

名字呼びも余所余所しいし、"Ryu"の発音を教えるのもめんどくさいときは、簡単名前で呼ばせることにしている。

何だかんだ今のところこれが色んな場面で一番便利。

具体的には、『正しくは「リュー」って読むんだけど難しいから「ルー」って呼んでね!※』と言っている。

これは、スタバコーヒーを注文したときに「名前なんですか?」と聞かれたときの非常に良い対策になる。

ルーです」と言えば必ず一発で通じる。"Lou"と書かれていることが多い。次点で"Lue"。まれに"Lew"。

これを"Ryu"の発音で言えば必ず聞き返されるハメになるが、この煩雑さを避けられるのは思った以上に楽である

クレジットカード表記と違いませんか?」と聞かれるようなことも経験上はなかった。

 

※一時は「デュー」と呼ばせたりしていたが、個人的には「ルー」をオススメする。

というのも、口語で"Dude"という英語があり、「気取り屋、しゃれ者、都会育ちの人」という意味から派生して、ラッパーが使うような"Hey, Men!"と似た意味合いで"Hey, Dude!"と使われるらしいのだ。

※参照:http://www.eigowithluke.com/2011/02/dude/

お察しの通り、ビジネスではあまり望ましい言葉ではない。

学生の頃は知らずにこれで呼んでもらったりもしていたが。

 

 

色々と実情と個人的対策を述べてきたが、私が一番言いたいのは、

とにかく「リャ・リュ・リョ」を"Rya,Ryu,Ryo"で表記するのは英語スペルおかしいし日本語発音にも合ってないという誰得な状況になっている、ということである

かといって国に対策を求めるのもなかなか難しい話なのかもしれない。

ローマ字表記を変更するのは簡単なように思えない。

仕方がないので私はルー大柴のように「ルー」と呼ばせながらブロークン・イングリッシュを使うことにしている。

追記

数々のご指摘ありがとうございます

文章の不備により混乱させてしまって申し訳ない。逐一整理していきます

(1) 日本語の「リャ・リュ・リョ」がそもそも英語存在しない問題

『舌を巻く"R"の発音で「リャ・リュ・リョ」は物理的に発音できない』ために英語存在しないんですが、

『"L"の発音での「リャ・リュ・リョ」』は存在します。

ブコメにもありましたが"value"が良い例ですね。

リャ・リョの例はまだ思いついてません。

記事問題提起をしたかったのは、

●「リャ・リュ・リョ」の英語表記において、"L"か"R"の2択でなぜ"Rya,Ryu,Ryo"が発音できない"R"を選んだのか?

●そもそも「ラリルレロ」は"L"か?"R"か?"L"の方が近いのでは?

  ならば"Rya,Ryu,Ryo"は日本語発音にも合っていないのでは?

という点でした。

後者については後ほど再度指摘します。

 

(2) 「リャ・リュ・リョ」はどう表記すればいいのか問題

(1)にもある通り、個人的には"L"を使うべきだと思います

次のステップは、"L"を使ってどうやって表記するか?という問題です。

ここも若干厄介な問題が絡んでいて、英語とは"value"を「バリュー」と読むくせに"Lue"は「ルー」と読む言語なんですね。

すなわち、表記と読みが一対一対応していない、ということです。

逆に言うと、「リャ・リュ・リョ」の表記を先に決めてしまって(例えば"Lya,Lyu,Lyo"など)、それを英語ネイティブスピーカーに「リャ・リュ・リョ」と読ませるように慣例化していくことが可能だということです。

もちろん、「リュ」1つとっても"Lyu,Liew,Liu"などの候補があり、議論必要だと思いますが。

ただし、"Rya,Ryu,Ryo"だと読みを慣例化していく以前に、「原理的に発音できない問題」が出てしまい、不適切だと思います

 

(3) 日本語の「ラリルレロ」ってそもそも"L"なのか問題

この件に関しては私が無知であり、"R"よりも"L"の方が日本語に近いと勘違いしていました。

音声学だったり色んな経緯があって"R"になったようですね。

詳しくは関連記事トラバに譲ります

ただ、例え「ラリルレロ」が"R"であったとしても、「リャ・リュ・リョ」は「ャ・ュ・ョ」が入ってしまう限り物理的に発音ができなくなってしまう"Rya,Ryu,Ryo"を用いるべきではないと思います

その場合は「ラリルレロ」は"Ra,Ri,Ru,Re,Ro"、「リャ・リュ・リョ」は"Lya,Lyu,Lyo"という不思議現象が起きてしまますが。

 

(4) そもそもローマ字って英語じゃなくて日本語じゃね問題

本当にそうだと思います

まぁ、どうせ英語ネイティブスピーカーが読む可能性があるのなら、読みやすくて発音が近い方がいいじゃないですか。

個人的にはそれくらいの感覚です。

(5) ワープロで"La"が「ぁ」になる問題

お前だけは絶対に許さな

追々記

書きました。

http://anond.hatelabo.jp/20161109143636

2016-04-24

人気も疎らな閑静なホテルロビーでのことだった。

久しぶり。元気にしてた?

偶然の出会いだったこともあり、私の口調は妙に馴れ馴れしく、それでいてどことな余所余所しいものになってしまった。本当はとても驚いていたはずなのに。胸裏を満たした懐かしさと感慨を、薄っぺらい声色で覆い隠してしまった。

唐突に、そして呆気なく別れてしまったあの日から、もうかれこれ十数年。過ぎ去った月日の分だけ大人になったのはあなただけで、私は私のまま、変わらぬ姿のままで、いま再びであなたと向かい合っている。

けれどもあなたは返事をしてくれない。大きなガラスの外壁越しに聞こえてくる小鳥のさえずりだけが私たちの間をとりなしている。

ふいに私は、今日まで旅をしていたのと口にした。海を渡り、赤茶けた奇岩がそびえる岩石砂漠を仰いだことを。空を飛んで、湖畔に浮かぶ水上の宿で猛烈なスコールに見舞われたことを。多種多様な人々が行き交う大都市の雑踏を前にしたことや、人っ子一人いない秘境の地で一夜を明かしたことまで、流れるように話し続けた。

ただじっと見つめられるだけの沈黙に耐え切れなかったために――そしてきっと互いの知らない時間を少しでも埋め合わせたいがために――語らずにはいられなかったのだ。

どれもこれもが壮大で美しく、圧倒される出来事ばかりだった。おかげで思いがけず国に戻ってきてしまうくらいに疲れてしまったのだと話の終わりに苦笑すると、あなたが腰を下ろしているソファースプリングが微かな音を立てたような気がした。

……ねえ、これからどこへ行くの。何か予定はあるの。

訊ねてみても、あなたは決して答えない。口を開く素振りさえ見せてはくれない。

私の衝動は、もしよかったら、と続けかけたところで行くあてを失ってしまう。ぺらぺらとした薄い小声は、今回もあなたの鼓膜を震わせることができなかったのだ。

十数年前と同じ。私の声は、今も昔もあなたの耳には届いてくれない。たった一度きりでさえ。

かなしい。さみしい。くやしい。

思いが溢れてくる。輪郭が滲んで、身体がふやけてしまいそうになる。

けれど、それでもいまは、たとえ僅かな時間だけでもあなたの側に居られるのなら――

私の表を見、裏を見て、少なからずの驚嘆が入り混じった息を漏らしたあなたは、やがて誰に聞かせるでもなくぽつん一言独り言ちた。

「久しぶりに見たなあ、二千円札

そうして私を財布に滑り込ませると、ソファーから立ち上がって足早に移動し始めた。程なくして小鳥のさえずりがはっきりと聞こえてくるようになる。春の陽気に誘われたのか、伸びやかな鳴き声は代わる代わるに響いている。突然、少し強く風が吹いたらしい。一瞬止まった靴音の合間を縫うようにして木々のざわめきがざあざあと降り注いできた。

私は再び歩き出したあなたの小気味良い足音を感じ取りながら微睡んでいく。遠くない未来に揺るぎのない別れを予期しながらも、束の間の安らぎに身を委ねてそっと目を閉じた。

2015-05-24

地域から大阪に来た人は大阪弁を話すべき?標準語を話すべき?

大阪弁を話す→「エセ関西弁うざい。馬鹿にしてんのか」

標準語を話す→「冷たい。余所余所しい。男が関東弁喋ってるのキモい

地域方言を話す→「田舎もん。ダサい。何言ってるかわからん

どうすりゃいいんだよ…

2014-06-28

元増田ですが僕は本気でアンビバレント女々さんとセックスがしたいで

http://anond.hatelabo.jp/20140627152631

みなさん茶化してますが僕は本気ですよ。

もしアンビバレント女々さんがOKしてくれるなら匿名をやめる予定です。

ただ、万が一アンビバレント女々さんがOKしてくれた場合、問題が発生します。僕がオフ会に言ったら「こいつはこの後セックスできるんだ」と男性陣に嫉妬されます余所余所しい空気になること間違い無しでしょう。

なので、良い事を思いつきました。はてな非モテ諸君勇気を出してセックスがしたいと叫びませんか?セックスがしたい知的はてな女子大勢いるでしょう。みんなセックスして楽しみましょう。不健全ですか?でもオフパコってそんなに悪いことでしょうか。結局のところ人間勇気を出して一歩前に行くかどうかですよね。イケダさん的に言えば「いつまで一歩前に踏み出さず非モテはてなで消耗してるの?」って話ですよ。あ、赤木智弘さんもセックスがしたいと一緒に叫びませんか?

ちなみに僕のスペックは28歳で性欲が強いフリーターです。好きなAV女優成瀬心美で、好きなアイドルももクロあーりんモー娘。譜久村聖です。この計画の問題点アンビバレント女々さんがOK出した瞬間に僕の偽物が複数名乗り出ることですね笑

なので偽物が出現した時は僕のアイドルグッズで本物と証明します。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん