「仄暗い水の底から」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 仄暗い水の底からとは

2019-01-20

anond:20190120010155

ノスタルジックで怖くてサイバーパンクで懐かしくてホラーで悲しくて優しい雰囲気」に浸ること。

シリアルエクスペリメンツレインが好きなだけじゃノスタルジック好き、ホラー好き、悲しくて優しいのが好きなところを共感できないし、初期Salyuリリイ・シュシュが好きなだけじゃホラーが好きなところや優しさやサイバーパンクが好きなところを共感できないし、仄暗い水の底からが好きなだけじゃサイバーパンク好きなところや優しさ好きなところが共感できないし、ノスタルジックものが好きなだけじゃホラー好きなところを共感できないし、帝國少年好きなだけじゃホラーサイバーパンクノスタルジー・優しさに共感できない。自分の中ではあの雰囲気単一のものになってるから、そこらへん全部合ってくれないと全然共感できない。

だって同じ作品が好きでも楽しんでいるものが違うんだから、「ここがこういう感じでよかったよね」と言われても、『そうなんだ…』ってなっちゃうから…。楽しんでいるとある雰囲気合致する人がいないと全然わかりあえた気にならない。

.

どうせlily chou chou好きな人って大抵ロキノン系ロックも好きじゃん。ガチャガチャうるさいから嫌だ。言葉も安いし。「病み」を安っぽく表現していて本当にいやだ。

どうせ玲音好きな人って初期Salyuきじゃないじゃん。仄暗い水の底からも好きじゃないじゃん。帝國少年きじゃないじゃん。

どうせサイバーパンク好きな人ってノスタルジックものや初期Salyuとか好きじゃないじゃん。

papa told me好きな人って、惨劇館好きじゃないじゃんどうせ。25時のバカンス知らないじゃん。不夜城きじゃないじゃん。伊藤潤二知らないじゃん。プラネテス知らないじゃん。それら全部とガンツとかエルフェンリートとかも一緒に好きな人いないじゃん。エルフェンリートの端正で怖くて神々しい圧倒されるオープニングの良さわかちあえないじゃん。papa told meが好きなだけじゃだめなのに

的な感じです

2017-09-13

仄暗い水の底から』を観た。

音でびっくりさせたりするホラーがあまりきじゃなく、(本当にびっくりしちゃうので)

精神的に追い詰められていくものを求めてこの作品を選んだ。

結論から言うと、ホラー初心者の私はホラーとして十分楽しんだ。

子供の霊ならではの理不尽さ、逃げようにも逃げ切れない状況などハラハラする箇所が多かった。

何度「もうそんなところ引っ越そう?」って思ったかは数え切れないが。

ホラーとしての演出でゾッとしたのはやはり最後エレベーターのところ。

部屋から娘が出てくるシーンは体が硬直した。

ありえなくもない事故(実際に似たような事件があったとか)が題材になっているから余計に怖かったなー、と観てから日経った今でも噛み締めている。

じわ怖映画とかあったら教えてください。

2016-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20160509000459

そんな君には映画仄暗い水の底から」と「セシルホテル」の2本がオススメ水道水の美味しさと魅力が溢れた良作ダヨ!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん