「井端」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 井端とは

2018-04-01

23から自分探し

からこの時間まだダラダラビールを飲みながら過ごす休日

すべきこともやりたいこともない、ここ最近は何事にも無関心で彼女電話するくらいしか予定がない休日が続く。

こうなったのは多分仕事のせいで、そろそろ入社して1年が経つがどうにもこの仕事があっていないと感じている。

残業が多いわけでもない、休みが取れないわけでもない、給料もそこそこだけど、どうやら仕事があっていない。

そもそもこの会社に決めたにも「この仕事社会貢献自己実現!」ってわけでもなく安定してそうだったから、

それなりの企業内定をもらった。

1年経って結局この会社では生きる気力が見つからないと気づいたときクルーエージェント登録をした。

例によって面談を行いヒアリングされたわけだけど、次の業界は?何がしたいの?の問いに答えられない。

あれ、、、俺は何になりたいんだっけ。

振り返れば就活時期からだったっけ。まわりが就活をし始めた流れに乗ってなんとなーく大学就職課に通い始めESを練った。

大学はそれなりの規模で就活解禁からの3週間は大学企業が来た。

就職からの教えに従って様々な業界を見たけれどどれもパッとしない。

説明を聞き受ける業界を悩むだけで時間が過ぎていった3月末、焦った自分社会的存在意義説いていたある会社説明

納得し業界を決めてしまった。

就活宗教だ、いか自分企業が素晴らしいか説明学生を募る、嘘ギリギリの謳い文句

無知だった自分適当業界を決めたし、面接では準備していた原稿を元にペラペラ話したら大体受かった。

それほど倍率の高くない業界だったしね。

でもある面接アイスブレイク的な質問で「なんでこの大学にしたの?」と聞かれた。あれ、、、なんでだっけ。


「せめてMARCH以上だな」と親に言われたのが高2のとき

その時から僕の目標MARCH合格になりその数カ月後に部活をやめ、同時期に部活をやめた友人と図書館に篭った。

平均8時間/日、多いときは10時間くらいだろうか。

ただでさえ高校猛勉強して入った自分にとって勉強は得意ではなかったから量でカバーしようとした、

今思えば効率が悪すぎるけど。この時の目標大学合格だけで、それ以外のことには目もくれなかったし、

辛い時は2ch受験スレなんか見たりして自分を奮い立たせて継続していた。

ただその時の熱量は本当の自己実現ではなかったんだ。当時の自分には大学に入ってあの先生のもとであの学問を学びたい、

社会をどうしたいなんて考えたことがなかった。


親を失望させたくない、親の世間体を守らなきゃ、親が喜ぶ顔を見たい。


自分のためではなくて全部親のためだったんだ。遡ってもそう、

自分がしたくてやったことが思い出したくても思い出せない。

思い出すのは親に勧められて始めたことが多いし、

しろ自分がやりたかたことを言うと否定され気づけば別のことをやらされていた。

サッカーだってそうだ、僕は野球がやりたかった。父親の影響で野球はよく見ていたし、

井端の下敷きを使うくらいには中日が好きだった。

でもサッカーをやれば母親が喜んでくれた。



そう、僕は何も自分で考えていなかった。

進学まで親に従い、満足する顔を見るための頑張りだった。

大学合格目標がなくなった、親のために入ることが目的だった大学では適当に授業とサークルバイトで過ごした。

大学3年も冬に差しかると就活が始まった。あれ、、、、自分がしたいことってなんだっけ。


親のために入った大学、焦って適当に選んだ会社、そこに合わない自分


今になってようやく自分人生を歩んでいなかったことに気付かされる。

俺は何がしたいんだろう、何が好きなんだろう、何者なんだろう。

生きがいもやりがいも何もない、そんな23の春、明日から社会人2年目らしいよ。


23歳、実質5歳くらいだぜ!!!明日も頑張って死なねぇように生き抜こう!!!

2018-01-20

デスマーチからはじまる異世界狂想曲」は大沼心監督作品ではない

※以下の内容は全て個人もやもやを解消するための主観的推測です 決して内部告発でも事実でもないことをご了承ください。


要約

デスマ」は渡部高志監督ベースとなる部分を作った作品である可能性が高く大沼心監督作品ではないと私は考える


2018年アニメに「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」という作品があります。(以下デスマ) この作品制作担当しているスタジオシルバーリンク監督大沼心さんです。

私は昔から大沼心監督ファンで古くはぱにぽにだっしゅ!最近作品だと落第騎士の英雄譚などが特に好きで前クール妹さえいればいい。も含め今までほとんどの大沼心監督作品を見てきました。

なのでデスマもオンエア前は楽しみにしていたんです。しかしこの作品1話を見てて明らかに何かがおかしい。端的に言えば大沼心監督のらしさが1ミリたりとも感じられないぞと。(面白いまらないとはまた別の話)

大沼監督の画作りはとても特徴的なので見ててすぐ見抜ける自身があるのですがその特徴が全く画面に出てなかった。うーんと思いつつEDスタッフクレジットを見たところそこには絵コンテ渡部高志文字が...

ん?これはどういうことだ?...頭がパニックになりました。大沼監督は初監督efから一貫して必ず第1話絵コンテ担当して作品の指針を示していたのに...と(大沼監督の右腕的存在である玉村仁さんがシリーズディレクターを務める作品は除く)

アニメの第1話とは作品の基本となる極めて重要ものなので監督絵コンテを切る、というのはごくごく当たり前の話で実際ほとんどの作品はそうだと思います

クール妹さえいればいい。監督担当していたので忙しくてコンテ切れなかったのかな...?ととりあえずその時点では思いました。しかしそうであっても監督映像面に手入れするのは当たり前のことでありならもっと大沼監督作品っぽくなっててもおかしくないよなと

そして1週間後の第2話 相変わらず映像的にはう~んという感じだったのですがこの話数のクレジット絵コンテ渡部高志 大沼心でした。これを見て私はある1つの考えが思い浮かびました


この作品は当初渡部高志監督作品として進んでいたんじゃないか


そう思った根拠複数あります

監督でもシリーズディレクターでもない人物1話と2話の絵コンテ担当するのは決して一般的でない(無論例外あり)

②本編映像過去監督作と比べてあまりに別物すぎる

③前クールの「妹さえいればいい。」、さらに言えば8月公開の劇場版プリズマ☆イリヤから連続大沼心監督作が放送される異常なスケジュール


これらより私はデスマ本来渡部高志監督作であり大沼心監督は諸事情降板したあとの現場作業を引き継いだだけにすぎないと考えることにしました。

まり映像ベースとなる部分を作り上げたのはほぼ全て渡部高志監督大沼監督はそれを完成形に導く作業担当しているにすぎないというわけです。

2話で大沼監督が連名で絵コンテクレジットされているのは渡部監督絵コンテに対して修正を加えているからで1話で同様のことをしていないのは降板時点ですでに1話作画が始まっていて大沼監督修正できなかったと

このような解釈をすると私のデスマに対する違和感、疑問はすべて解消します。


これらの理屈は強引な部分もありそれお前の妄想にすぎないだろうと思う人もいるでしょう(実際妄想ですが) しかし実際アニメ業界ではこのようなことって珍しくないんです。


最近作品だと『うどんの国の金色毛鞠』がこれとほぼ同じ状況が発生していた作品です。

この作品は元々井端義秀監督を中心として制作されていましたが現場プロデューサー方針の違いで揉め、最終的に井端監督が降ろされ宅野誠起氏が監督としてクレジットされた(井端氏は絵コンテ以外ノンクレジット作品です。

2016年年末には井端氏が降板に至る経緯をFacebook告発たことにより一部で炎上しました


今回の状況との共通点は以下のとおりです

降板した監督1話絵コンテとしてそのままクレジットされている

降板した監督絵コンテ以外ではクレジットされていない

・後任の監督はそのスタジオ所属している監督所属しているので社内の案件を頼まれやすい)


また、2017年には『魔法陣グルグル』でもこれに近い事案が発生しています。(こちらは降板したげそいくお氏はアニメーションコンセプトデザインとしてクレジットされている)


このようにアニメ監督のオンエア前の途中降板というのはあまり珍しいという話でもないのですがそれに対して私は「前任者が作品の土台を作り上げたのにその人をクレジットせず現場の後処理的な部分を任されている人を監督と呼ぶのはどうなんだろう」と感じるのです。

そういう観点ではグルグルは後任者を「シリーズディレクター」とし降板した人を「アニメーションコンセプトデザイン」とクレジットしたのは実情にあったスタッフクレジットにしようという配慮が合ったのではないかと思います

アニメにおけるクレジットというのはその人の名刺にもなる極めて大事ものなので実情にあったスタッフクレジットというのはとても大事だと私は感じます


以上 デスマはおそらく大沼心監督作品ではない。そしてこのような作品大沼心監督作品として記録が残るのはファンとしては嬉しくないという心の叫びを綴らせていただきました。

2017-01-01

「流れもわからんし、興味もない。」

http://b.hatena.ne.jp/entry/314318150/comment/toronei

じゃブコメせずスルーしとけや。

この手の「言いたがり」って頭おかしいのか?っていつも思うんだが

2013-12-06

巨人打線中日打線阪神打線広島打線 比較

巨人

捕手 阿部

一塁 ロペス

二塁 片岡井端寺内中井藤村、脇谷

三塁 村田

遊撃 坂本、(井端)(寺内

外野 矢野高橋松本長野亀井橋本鈴木

中日

捕手 谷繁小田

一塁 小笠原、新外国人

二塁 荒木

三塁 森野、ルナ

遊撃 堂上直、高橋周、岩崎

外野 平田和田大島藤井、堂上剛

阪神

捕手 藤井清水日高

一塁 新井

二塁 西岡

三塁 新井良、坂

遊撃 鳥谷

外野 今成、大和マートン俊介福留

広島 

捕手 石原、倉、會澤

一塁 キラ

二塁 菊池、東出

三塁 堂林、木村、小窪

遊撃 梵、安部

外野 エルドレッド赤松、丸、松山廣瀬岩本

単純に打線だけ見ると、エライ違いに思える。

2013-08-23

花巻東千葉選手はヒットを打とうと思っていない


花巻東千葉くんは洗脳されていると思う

http://anond.hatelabo.jp/20130822194506


↑これは馬鹿釣りしかないけど、例の花巻東選手に対する審判団の判断について異を唱えている人の中で、「プロもやってる、厳しい球をファウルで延々と粘ってピッチャーが甘い球を投げるのを待ってヒットを狙うことのどこがいけないんだ」と怒ってる人がいた。これは斜め上の勘違いすぎる。今からでも動画サイトで見てくればいい。


鳴門戦でのカット

https://www.youtube.com/watch?v=5uiciscn20Q

彦根東戦でのカット

https://www.youtube.com/watch?v=fB20ulaX86c

済美戦での三塁打

https://www.youtube.com/watch?v=qPU-PHoK2WI


上3つの動画見ればわかるけど、カット打ちの時とまともに前へヒットを打とうとする時で打撃姿勢が全く違う。上2つの時では、「甘い球が来たら打つ」なんてことを一切考えていない。甘い球でも延々とカットファウル。フェアゾーンを狙う気ゼロ。本人もフォアボール狙いと言ってるしな。(得点圏ランナーいる時とかはカット打ち姿勢で前へゴロ狙いで落としたりするけどね。)その辺、井端みたいなプロ選手カット打ちとは質が違う。で、そうした遅延行為について3バントアウトの特別規則に当てはまっちゃうこともあるからと、審判団が注意したわけだ。まあ、この辺りの事実勘違いしてる人の多いこと。


審判団の判断については、試合後の注意なんてせずに試合中に注意すれば良かったのにとは思う。ピッチャーの投球フォームボーク判定はいつも試合中にいきなり注意するのにな。地方大会からそのフォームで勝ち抜いてきたのに急に二段モーションの指摘とかwそれで調子落として打たれた投手だっているのに。千葉選手の時も、その場で注意してアウト判定にするべきだった。

2013-08-20

通算守備率.980以上の遊撃手メジャーでも活躍できる

松井稼頭央西岡剛中島裕之メジャーおい遊撃手失格の烙印を押され(押されかけて)、一方、川崎宗則はそこそこ評価されているのだけれど、なぜこういう事態が起こったか考察した。

その結果、通算守備率.980以上の遊撃手メジャーでも活躍できるであろうこと、そしてそれ以外の要素は判断材料足りえないことが分かった。

直感でいえば、NPB時代、前三者の守備は華があるけどどこか不安定であり、川崎うまいのだけれど目立たないという守備であった。

そして、メジャーおいては、NPBで華のある守備とされたもの日常光景であり、不安定さだけが目立ち、結果ミスのしない川崎けがポジションを維持できるという事態が生まれた。

これを現在NPBに当てはめると、鳥谷井端は間違いなく守備ではそこそこ以上と思われる。一方、坂本今宮は論外となるであろう。

2013-04-19

高木覚悟を決めてジョイナスしようと思う」

高木「あんまり負けているので連敗したらチンポを1本ずつ折ろうと思う!覚悟の現れ!いいだろう?」

荒木「こんななら落合さんの方がマシだ!(ヒヒーン」

高木「黙れ素人が!お前が落球してゲッツーとれなかっただろ!チンポ折れ!井端お前もWBC並に打たないとチンポ折れるぞ!」

浅尾「また高木さんがとんでもないことを言い出した!田島のチンポは僕が守る!ジョイナァァァス!」

おはD「キャー!浅尾きゅんが完全受けに!」

坂井高木君の覚悟は素晴らしい!(ガッツポ」

吉見「なんてことだ…なんてことだ…」

アナウンサードラゴンズ開幕ダッシュ失敗!」

高木・・・・(ポキポキポキ(チンポを折る音」

・・・・」

2013-03-21

WBCのあの判断はどうやら橋上戦略コーチをはじめとするコーチ陣に責任がありそうだ。

橋上はストップウォッチ片手に、

投手のモーションが1.9秒、3盗の目安は1.6秒 → 走れる!

という判断を下したようだが、「完璧スタートが切れたら」「捕手メジャー屈指の強肩」という重要な前提を見落としている。

試しにストップウォッチで0.3秒を測ってみればどれほどわずかな差かわかるだろう。

絶対に失敗できない局面で3盗を決めることがどれほど難しいか。少しでも迷いがあればスタートは切れないし、切っても成功する可能性は低くなる。

モーションが大きい → 走れる

という確信は橋上にはあっても、井端にはなかったのだろう。だから井端は踏みとどまった。

フェイントなどではなく、選手としての経験から刺される可能性のほうが高いことを瞬時に悟ったのであろう。

台湾戦での鳥谷盗塁成功してしまったことも伏線となっている。

マネー・ボールきっかけに野球においてデータがより重視されるようになったが、データを信頼し過ぎると今回のようなことが起こる。

昨シーズン、巨人日本一になった背景にはデータ分析があったとも聞く。推測の域を出ないが、橋上らも巨人での成功体験があるからこそデータ野球を持ち込んだのかもしれない。

そもそも、プエルトリコ戦の敗北の原因を内川だけに背負わせるのはあまりに筋が通らない。

あの盗塁失敗をきっかけに反撃のムードが萎んだことは確かかもしれないが、チャンスは8回裏以外にもあったし、あの場面だって、内川が打たなければそもそもチャンスが生まれていなかった。

阿部が単打でも出塁できていれば打線がつながっていた。

ま、もう終わったことだからペナントレースに切り替えて次回の大会で雪辱を期すしかない。

駄文を垂れ流してしまった。そろそろ寝る。

2013-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20130318174142

まり井端スタートした瞬間に内川もスタートするのが鉄則。

いやまさにそういうスタートだぞあれ。

井端スタートした挙動を見て内川も走った。

ところが内川は下を向いて全力疾走してしまった。おそらく気持ちが高ぶりすぎて冷静な判断力を失っていたのではないか

ここはその通りで、井端が塁に戻った(つまりスタートフェイントだった)のを気づかなかった。


さすがに井端スタートを見ずに走り出したことにされると

内川がキチガイってことになっちゃうので一応

2013-03-18

内川の飛び出しについてピーコの指示は間違ってない

http://anond.hatelabo.jp/20130318161726

落ち着いてよく考えてくれ。

盗塁というのは投げる前の一瞬のモーションを盗んで行う。

そのタイミングはそのときそのときで違うし、ベンチから一球ごとに走ってよいかダメなのか指示を出すことは難しい。

(もちろん逐一出すときもあるが、基本的に若い選手場合であり、経験値の高いベテラン選手になるほど選手に任せられる)

からタイミングがよければ走ってもよい」という指示は別に間違っていない。

ではなぜああいうことが起きたか

率直に言えば内川に責任がある。

あの場面、1,2塁でランナーは2塁井端1塁内川だった。

2盗より3盗のほうがずっと難しいのはみなさんご承知の通りだと思う。

なので、ダブルスチールをするならば主導権は2塁の選手にある。

まり井端スタートした瞬間に内川もスタートするのが鉄則。

ところが内川は下を向いて全力疾走してしまった。おそらく気持ちが高ぶりすぎて冷静な判断力を失っていたのではないか

試合後、ピーコ井端も内川をかばった。内川本人は号泣

内川に責任はあるが、責めるのは酷だろう。

ぶっちゃけ負けたの能見のせいだからな。

2012-11-01

http://anond.hatelabo.jp/20121101133858

最初からレーシック難民の話しかしてないんすけど…

あと井端視力が下がった程度なのか視界が滅茶苦茶なのか話がコロコロ変わってるし。

結局話盛り過ぎでレーシックヤバイらしいって妄想が独り歩きしてるよね。

http://anond.hatelabo.jp/20121101131626

ついに井端は視界が滅茶苦茶になったという妄想書き始めたか

結局レーシック難民の話の行きつく先は妄想で終了。

井端視力が戻らないまま何度も再手術して

角膜の厚みがほとんどなくなった上に炎症もちになったわけだが

これでまだまともに見えてるとか、手術前より良くなってるとか思うのか?

お前がそう信じたいって言うだけじゃんそれ

http://anond.hatelabo.jp/20121101131442

ついに井端は視界が滅茶苦茶になったという妄想書き始めたか

結局レーシック難民の話の行きつく先は妄想で終了。

http://anond.hatelabo.jp/20121101121121

それネットに書かれてる奴そのまま記載してるだけじゃんw

俺が引用した部分は「著名人が」「自分ブログ等の確認できる手段で公表した」ものに限ってるよね?w

しかマギーとか0.01→0.5でしょ?

元々レーシックは強度近視には効かない可能性があるって元から言われてるだろうに。。

事前に医師約束された数字が出てないんだよね。

医師に「無理ですよ」っていわれたのに強行に手術した、とかじゃねーんだけど。

しか時間経過とともに視力が落ちちゃってるわけだ。


どれも真偽は不明だが。。とか書いてあるしw

「どれも真偽は不明だが、」っていうのは

どれも真偽は不明だが、なかには「失明した」「後遺症仕事を辞めざるをえなくなった」といった書き込みまである

という全く別の部分、事実確認できないネットの書き込み部分(お前がさっき得意げに書いた「安全である証拠」と同じく)にかかってる言葉だよね?www



・都合悪い部分は読まない

・別の話をつなげて誤読してから反論する

というお前の必死さは良くわかった。


で、井端の話なんかには全く触れないと。



お前みたいなのがネットで支離滅裂なレーシック擁護してる時点で

あっぶねーものなのがよくわかるよねw

http://anond.hatelabo.jp/20121101111803

えっ

本当に実例を知らないの??

有名人の利用者では、女子プロゴルフ東尾理子選手マジシャンマギー審司が手術後に視力が落ちたことを公表。

中日ドラゴンズ井端弘和内野手は、08年から計3度のレーシックを受けたが効果がなく、

度重なる手術で角膜がほとんど無くなり、炎症によって視力が落ちる症状に悩まされた。

現在レーシックによる回復をあきらめてコンタクトレンズ着用に戻した井端選手だが、

好調時とは比べものにならない低成績になって心配されている。

http://news.livedoor.com/article/detail/6790833/

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん