「不定愁訴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不定愁訴とは

2017-11-11

うつだと思ったら発達障害と判明して体調不良が劇的に良くなった

小さい頃から体力がなかった。

体力がないというのは例えば長距離走が苦手というのではなく、オールライブカラオケが出来ない類。

休憩や睡眠時間をある程度取らないと、どうにもならないやつ。

小さい頃から掃除機の音や高い声の女の人の怒鳴り声が苦手だった。

実際にはやらなかったけど、本当はその場でうずくまって耳をふさぎたかった。

小さい頃から運動神経がなかった。

ドッチボールはいつもぶつけられる側で、恐怖の時間しかなかった。

逆上がり死ぬほど努力して、やっと出来るようになったけど、死ぬほど努力しなきゃできなかった。

小さい頃から手が遅かった。

ノートうつすのが遅くて字がめっちゃ汚かった。

学校勉強は反復作業から何とかなったし、むしろ成績はいいほうだったけど、地頭は悪い方だという思いが常にあった。

二十歳の時に人間関係で色々あって、ひどいめまいで動けなくなったことがあった。

心身症だと診断された。

でも、そこから体に無理が効かなくなった。

肩こりが酷い。頭痛が頻繁に来る。腰痛にまでなってぎっくり腰にもなった。

睡眠時間と休憩をある程度以上取らないとどうにもならないのも、余計ひどくなった。

学生生活、色々したかったのに、あれもこれもできなかった。

それでも何とか就活では内定を取れた。

だけど二十五の時、人事異動で(体力のない自分にとっては)オーバーワークになって、三ヶ月でぶっ壊れた。

眠りたいのに眠れなくなって、ひどい疲労感で動けなくて、体中の筋肉ガチガチになって、ものすごい自己嫌悪に苛まれた。

神経内科に駆け込んだら『典型的なうつですね』と言われた。

そこからうつ治療が始まったのだけど、一向に良くならなかった。

基本的に鬱の治療は投薬・休養で、調子が上向いてきたらリハビリ→復帰なんだけど、体調が本当に良くならなかった。

どんな薬を出しても中々効かない。副作用ばかり出る。

会社休職期間はあっと言う間に過ぎて、リハビリもしたのだけど頭も体調もうまく働かず、結局退職になった。

もう薬も効かない仕事もできないとなって、精神病院入院して脳に電気を通すことまでした。

電気けいれん療法でググればわかるけど、理由はよくわからないながら鬱に確かに効果がある本格的な治療方法

それで精神面ではだいぶ良くなって、就労行事業所(民間委託復職支援みたいなの)に通ってスキルつけつつ体力をつけていこうということになったんだけど、それでも体調不良と体力不足がついて回った。

とにかく頭痛い。肩こりが酷い。腰痛がひどい。

それと、一部の事業所利用者女性)の声が耳についてたまらなかった。

養護学校に通ってたような人や性格的に難があって仕事が続かなかった人も多いんだけど、そういう人の突拍子もない高い声や変な咳払いがたまらなく嫌で、本当にその場から逃げ出したかった。

事業所スタッフはできるだけ対応してくれたんだけど、やっぱり我慢できなくて、むちゃくちゃ就職活動して就職先を見つけ、事業所から逃げるように去った。

そのころ通っていたカウンセリングで、「あなたひょっとしたら発達障害じゃない?」と言われた。

何だそれは。

信頼できそうな著者のわかりやすそうな本を幾つか探してみたけど、当てはまるような当てはまらないような、と言う感じで、結局その場では保留にしてしまった。

そして就職先での生活が始まった。

けど就職先でも体力不足体調不良がついて回った。

ついでにノート取りの遅さも足を引っ張った。

自分なりに頑張ったんだけど能力不足とみなされ、三ヶ月で別の部署に異動になった。

異動で引っ越して、別の病院を探すことになった。

前の病院で『発達障害の疑いあり』と書かれた紹介状を持って。

地域の大病院で紹介された個人病院。そこの先生紹介状を見て、色々聞いてきた。

「苦手な音とかある?」

頭痛ひどい?」

頭痛くなる前に、視界の周りにキラキラした物が出るとかある?」

「色彩が痛いとか、そういうことある?」

「苦手な作業とかある?」

他にも色々聞かれたけど、だいたいそんな感じ。

色々に、はいかいいえで答えて、何の質問だこれと首を傾げていると、先生は言った。

「ウェクスラー人知検査とか受けないとちゃんと診断しちゃいけないんだけどね、あなたは確実に発達障害だと思います

え、でもADHDアスペも当てはまるようで当てはまらない感じだったんですけど。

「今のはね、発達障害によくある感覚過敏について色々聞いたの。あなた聴覚過敏が強い感じだねー。人より騒がしい中で生活してる可能性あると思うよ」

そう言われると反論できなかった。苦手な音は確かにあるし

頭痛とかは感覚過敏な中で生きてる反動過緊張で出てると思う。今でてる薬(サインバルタ60mgと補助にエビリファイ3mg)がシンプルでちょうどいい感じだから、その効果を高めて、さら偏頭痛リラックス効果がある薬出すね」

半信半疑ながら処方箋を受け取って、薬局でもらった追加の薬(デパケン400mg、クロナゼパム2mg)を飲んでみた。




上半身に乗っていた重石が消えた。



今まで自分はこんなに頭が痛くて重かったのか、今まで自分はこんなに肩が凝っていたのかと初めて気づいた感じだった。

つまるところ、めっちゃ効いた。

しっかりした診断はでていなかったけど、その時確信した。

自分発達障害なのだと。

そのあとウェクスラー人知検査のWAIS-Ⅲを受けて、言語理解(高い)>作動記憶≧知覚統合(平均)>越えられない壁>処理速度(平均よりかなり下)と言う結果が出た。

これは個々の検査の数値を見てどうこういうより、折れ線グラフを作ってみてその凸凹具合を見るのが正しいらしいんだけど、グラフにしても処理速度の凹具合はひどかった。

これを持って、発達障害自分場合自閉症スペクトラム障害にもADHDにも微妙に当てはまらないので、とりあえず非定型)の診断がついた。

で、本当はADHDに処方されるものなんだけど、今はストラテラ80mgを毎日飲んでる。

これは並行作業の処理が多少マシになる薬。

今の職場ではまだ研修間中で、失敗して怒られることも多いんだけども、薬の効果が出てき始めるっぽい今週は少し作業がうまく廻ってきて、今の生活はまあまあだと思ってる。

現在28歳。

20歳で診断がつけば人生違ってたかなあと思うけれど、20代のうちにわかってまだ良かったとも思う。

何がいいたいかというと、なかなか治んないうつとか心身症とか不定愁訴の人は発達障害特に感覚過敏とか)由来の二次障害可能性があるので、一度発達障害に詳しい病院で診察受けてみて下さい。

劇的に変わる可能性あるよ。

2017-07-26

https://anond.hatelabo.jp/20170726182531

基準が緩すぎ〜。BMI24でも相当デブに見える。

そもそも「病弱」の定義がよく分からない。

難病とか癌とかガチ病気持ちの人はあまり病弱アピールしないよね。

医者に行って検査してもどこも悪くないのに執拗体調不良を訴えるような不定愁訴ちゃん、いるでしょ。

そういう人が自称「病弱」のイメージ

体が病弱なんじゃなくてメンタルが病弱なゆえに不定愁訴に悩まされてる人っていうのかな。

あと、血液検査もせずに起立性低血圧迷走神経反射があるだけで貧血アピールする人もいるよね〜。

ちなみに私は痩せてようが太ってようが病弱アピールする人はウザいから嫌い。

2017-07-12

https://anond.hatelabo.jp/20170708211354

私も10代のころから30代前半の今まで婦人科と付き合ってきたけれど、この人の気持ち分からん

10代のころに婦人科に行ったのは、摂食障害体重が減りすぎて無月経になったからだし、PMS生活に支障をきたすほど酷いけれど生理痛病院に行くほどでもない。

先生の言う通りにして治らなかったら、それは仕方のないものとして諦めて受け入れて、症状と付き合っていく方法を考える自分からしたら、なんとかしようとあがき続けるから民間療法にハマるのでは?と思えてならない。

西洋医学的に治療して治らないものを、効果実証されてない民間療法に頼って治る可能性は低いでしょう。

治らんもんは治らん。分からんもんは分からん

ただそれだけなんじゃないかと思うのだがねぇ。

まあ、そんな私の婦人科ライフから言えることは、婦人科先生って漢方薬好きな人が多いよなあということ。

月経受診したときも、PMS受診したときも、つい最近不正出血受診したときも、「西洋医学検査・診断・治療 + 漢方薬」という組み合わせだった。

いま大学病院婦人科にかかってるんだけど、大学病院先生がマジメな顔して「証」を診たりするんだよね。

あれは、女性のほうが西洋医学的な治療対象にならない不定愁訴が多いからではないかと推察しているのだが、どうだろうか。

2017-06-06

自律神経失調症、だったとしたら分かる気も。

正式な病名じゃなくて不定愁訴みたいなものから自分説明するまでもなく、患者がてきとーにググっても差し支えないと考えたのかもしれん。

あるいはここに書かれていない、医者の神経を逆撫でするような何らかの発言元増田がしてしまっていたとか……?

まぁ、クリニックの開業医って、王様気取りのえらそーな人が多いから気にすんな。

精密検査しなきゃならんような病気なら紹介状だけもらって総合病院大学病院にかかろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170605213154

2017-05-26

anond:20170526043146

ここにこんな風に書いてる時点で不定愁訴なんだろうけど、

増田さん、小さい頃、細いってことで嫌な言葉言われたような記憶ない?

あと、幼少期とか思春期自分を好きでいてくれるような人がいなかったと感じてなかった?

体型なんて人それぞれだかど、それも増田さんを形作ってる一つの天分豊かな特性だと思うよ。

細いってことが世間的にうらやましがられることだとは分かるけど、自分なんかがそれに当てはまるのが認められないってことだよね?

自分自分が愛せない、というか。

たぶん、努力して頑張ってきた人なんだと感じたけど自分のもってるものを活かすっていいことじゃない?

まるっと受け入れてみたら?

2016-12-29

カジュアル体罰絶滅たか

俺が中学生の頃は教師に殴られたり蹴られたりで全治一週間以上の打撲傷とか

不定愁訴的な後遺症が残るみたいなのは日常だった気がすんだけど。

今の時代だと、ニュース記事になるぐらいの体罰はそんなに珍しくなかった。

2016-04-08

上火って生理前の症状にソックリなんですけど

「“上火”って概念がないからからない」ってブコメで盛り上がってたけど、いやアレ生理前の状態じゃないですか……。

イライラするのに動けない、吹き出物ができる、口内炎ができるとか。全身に軽度な炎症が起きてる(もしくは免疫が低下してる)感じ。

病気とまでは言えないけど心身が不調になる、おそらく医療的には不定愁訴に分類されるであろう症状。

ブコメには更年期障害と書いてる人もいたけど、要はホルモンバランスの乱れですかね。

あれって女性であればけっこう分かる人がいたんじゃないかと思ったんですが、男性だとそんなに「分からない」もんなんでしょうか。

2016-01-04

はなれて暮らしてる家族とのコミュニケーションはそうなりがち

anond:20160104005500

話題共通点がもうないんだ。

世代ディバイド

50歳以降の同窓会はそれぞれの病気自慢でもちきりになるという。

だって会社仕事の話できないだろ、出世自慢かっつっていやがられるか、

セキュリティ問題になるだけだ。会社ポリシーとかは政治問題にも似ている。

なかなか出せない話題

 

で、自分の息子娘が相手だと会社どころか本当に話題がない。

自分の体の話をしてもグチにしかうけとられない。

気を使わせまいとおもうと本当に他人客観的評価くらいしか入っていける話題がない。

「あそこの娘さんは良くできてて美人で」というのも間接的に自分の娘をクサしてるみたいだ。

他人sageに見えるが、普通に杖をついて歩くようになりたくない(お前に世話はかけたくない)という望みを

子供に話すのはそんなに悪いことだろうか。

 

という気持もよくわかるんで耳遠い両親相手にうなずき人形してたけど(たまにそれちがうっていってもどうせ聞こえてない)

まりにも脳みそ側の「聞く耳」まで遠くなったような言動がひどかったので

今年はかえらなかったらさっぱりした。おすすめ

帰ってきてくれそれもなるべく頻繁に、

っていうなら居る間のこっちの居心地もやっぱ考えてほしいんだけどなー。

こっちはお笑い芸人じゃないんだ、いつまでもテンションあげてられねえよ…

ちなみに便乗でこっちが落込むうちの親のグチリストもあげとくわ

・本人の体の辛さ(不定愁訴、手術数回。それはすすめられてもやっちゃダメな手術とか前に教えたのに、

         言ってもきかずにやってしまったあとの副作用の話とか)

昭和初期の医療では病気じゃなかったものが今は病気

・親類の介護状態、経済破綻状態教育がうまくいかない(うちもこうやって余所にたれながされてるんだろうなあ)

郊外大型ショッピングセンターに買い物いこうか(ずっと車中でグチ)

相方(もう一人の親)を懲らしめたくてしょうがない

遺書をかかせた。片親がしんだだけでは子供には遺産が行かないようにした。←子供disってる気持は毛頭ないらしい、やけに自慢げ

・たいした価値がないアクセサリーは孫ちゃんにあげて(だからもう片方の親に全部残るようにしたんでしょうが…)

・孫にあいたい孫マゴマゴ(孫ちゃんはいやがっています

 

たまーにパソコン相談とかふるさと納税とかよその孫の子守とか旅行とか

やっててくれてそこだけ正気っぽい会話ができる。

客観的によくやってくれてるとおもう。うちが介護しないだけでも。

でも精神サンドバッグはすごくイヤ。

2014-05-14

退職後5ヶ月が経った

しかしま就職していない。

SIerで身をすり減らすようにして辞めてから、ぼーっとしているだけで過ぎた日々。

そろそろ、と思い転職エージェントなどに登録してみるが、

職歴を記入するところで手が止まる。

思い出したくない出来事の数々。

そのうちに訳の分からないことばを漏らしながら涙をこぼしていた。

嗚咽。

IT業界というくくりは出ずに、SI業界を出ようと思っていたけれど、

まだコードを書くこともままならない。

業界を変えるしかなさそうだ。

その前に精神科に行ってみようかしら。おくすりで不定愁訴が抑えられるなら安いものだ。

2013-11-27

身体が怠い。不定愁訴

20代前半。

ここ数年、ずっと、身体が怠い。体力がない。

出かけていても、立っているだけで疲れちゃってすぐに帰りたくなる。

首と背中のコリが酷い。

整骨院に通ってるけど、行った後の半日しかもたない。


運動した方がいいかとも思うけど、

身体が怠くて、運動なんて出来たもんじゃない。

家にいてゴロゴロしていても、

身体が凝って辛い。

近所の内科血液検査してもらった事もあったけど、

なんの異常もなし。

凄く痛い!とかそういうのはないけど、

毎日毎日ずっと怠くて辛い。

どうすれば治るんだろう。

2012-11-21

生保患者診たくないんで、内科医辞める。

※※補足エントリ追加したよ!http://anond.hatelabo.jp/20121123003130※※

 

最近ジェネリック義務付けとか話題になってるけど、そんなのは小さなことだ。

問題は彼らの受診行動。病院でみる生保患者の素行は、とにかく目に余る。

 

生保患者時間外に来る

俺の働いてる市の生保受給者は人口の1.5パーセント前後。うちの受診患者無作為に調べてみても、大体そのあたりの数字に落ち着く。

ところがこれが夜間だと、その割合がぐっと跳ね上がる。ちなみに先月の3連休は5/36、2/29、3/25(人)であった。

「日中の外来に来てくださいねー」と言っても無駄。次にお会いするのはやっぱり時間外。

 

生保患者未明に来る

午前1-5時あたりは元々患者の少ない時間である生保患者はなぜか、この時間を狙ったかのように集中する。

ちなみに一般人で変な時間に来る人は、ホンモノ(本当に病気がある場合)が多く、こちらも身構えてアドレナリンが出るのだが、

生保だと軽症であることがほとんどで、仮眠時間を取られ体力が削がれる以上に気力が萎えること甚だしい。

 

生保患者救急車で来る

時間外のうち救急車で来る人は1-2割だが、生保に限れば4-5割程度になる。

救急から入電「○○○さん、△歳、男性、自宅で気分不良…」

スタッフ間に漂う、ああまたあいつか、という空気

自宅で気分不良?たいがい酒酔いか過量内服、それかいもの不定愁訴である。酔って転倒する奴も多いな。

 

生保患者は軽症・無所見者が多い

救急車から歩いて降りてきたって、それどんな冗談ですか。

 

生保患者は何回も来る

週に3回とか普通。日に二回もたまに。

「あそこじゃ十分診てくれなかった」と日に複数施設をハシゴする者も。もちろん全部時間なのは言うまでもない。

 

生保患者入院を迫る

残念、それを決めるのはセンセイたちの仕事です。

きついか入院させてくれ?だってあんた検査も診察所見も全部正常ですやん。

 

生保患者勝手退院する

以前救急外来から引き取った生保患者、次の日には勝手に帰ってやがった。

病室に仲間を呼び込んで苦情が来たり、トイレ煙草吸ったりする者も。

 

生保患者は何箇所も受診する

生保が診察券を出すところを目にしたことがあるが、財布の中は「○○整形外科」「△△ハートクリニック」「××内科」…と診察券でパンパン

方々で鎮痛剤や向精神薬を過剰に処方されてるのは明白。

以前、生保医療費が3倍というニュースがあって、怪我や病気が多いからそのくらいは普通なんて言われてたけど、

これだからお花畑は困るんだよねー。

 

 

ここで、困った人が普通よりちょっと多いだけか、一部の人間が極端な悪さをしているだけで多くの生保患者は日中普通に受診してるんだろ?

という声が聞こえてきそうである。そうであればよかった。

 

俺の通常外来に来てる生保患者の大半が服薬もきちんとしてないし、予約した時間に来ないし、とにかく病気に対する意識が薄い。

それを指導するのがお前の仕事だろ、って?ええ。頑張ってましたよ、これまではね。でももう飽きた。

いままで何してたの、って感じの人ばっかだし。慎ましい難病患者貧困患者高齢者、なんてのは幻想

 

もうこいつらに必要医療といったら、疫病の感染源にならないとか、不慮の事故で死なないとか、その程度っしょ。

Y本病院みたいに囲い込んでカテーテル実験台にしたとか、いいじゃん。もうどっかで囲い込んでくれ。そして外に出さないでくれ。

 

俺が助けたいのは善良な人間なんだ。ちゃんとした人たちのためなら、当直明けの勤務だって頑張れる。でももう無理。

てなわけで今年いっぱいで辞める旨を院長に伝えてきた。病理放射線臨床検査などの、診察のない部門での再出発を考えてる。

 

俺自身最初は戦おうとしたこともあった。

こっちにきてからも三人、悪質生保ブラックリスト送りにしたけど、物凄く大変だった。

殴ってくれたら無条件で受診拒否なんだが、奴らその辺は上手いんだ。

 

今の職場には世話になったし、感謝している。だから最後にもう一仕事、今も続く不逞の輩の受診をなんとかしたいと思う。

最近、悪質生保受診行動を福祉事務所民生委員通報すべく、資料集めを開始したところ。

 

最近ニュースになってる、受診回数の制限は是非実施してほしい。救急車有料化、施設の指定も併せてね。

俺が踏みとどまるのには、ちょっと遅かったけど。

2012-06-19

糖質制限ダイエットについて

一日8キロウォーキング糖質制限を行い、2ヶ月で16キロ痩せました。

血液検査をしても、痩せる前は脂肪肝ぽい数値や、尿酸中性脂肪など、病気ではないけれど、

注意しましょう、といった範囲の検査結果だったのが、すべて正常値内に収まり

健康になったと喜んでいたのですが…

痩せたのは良いのですが、欝の症状が出始め、目眩耳鳴り、足裏痛など、体が絶不調に!

勿論、仕事が忙しかったり、別の理由もあるのでしょうが整形外科耳鼻咽喉科心療内科など、

検査をしてみても、特に悪いところはない、という不定愁訴の状態になってしまいました。

その後、首コリ痛から右手の痺れが発生したことからカイロプラクティックに通う事になったのですが、

反射区の反応などを見ていると、科学的な検査でも異常がないかもしれないが、

内蔵がひどく弱っているように感じ、それが原因で全身の筋肉がずっと緊張状態になっているようだ、

とのアドバイスを貰いました。

内蔵などの機能障害機能不全が、人によっては起きてしまう可能性も捨て切れません。



重篤な糖尿病患者が、壊疽下肢切断、失明人工透析の切羽詰まった状態に藁をもつかむ思いで、糖質制限の江部医師や、糖質ゼロの釜池医師に駆け込み、医師の下で糖質制限糖質ゼロ治療する信者は少なくない。

2012年6月17日TBS番組でこれらの部員映像を見た。そもそもが不健康な彼らの身体は、不健康バランスの悪い外食で、腹一杯食べて飲んで、運動もしないで、更に不健康になっていく。炭水化物を抜いているから一気に体重は減る。しかし問題は彼らが良しとする外食居酒屋メニューだ。毎日肉だ刺身だと言い、体重が20kg、38kg減ったと無邪気に喜んでいる。しかしあの生活習慣なら今後・・・・・書くのは止めておこう。



私も糖質制限ダイエットを4ヶ月ほど続けて6kg痩せたけど、ここで断念した。

体重に注意しながら2kgだけあえてリバウンドさせ、そのあとは

食事と運動バランスを取りながら痩せ続けている。

引きこもりとか主婦とかみたいに、日中ハード仕事とかない人以外は、ガチ糖質制限ダイエットおすすめできないと私も思う

2012-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20120322155444

やっぱ話が通じねえなあ。

鬱病になるようなになるような人間と俺とは違う、とか、そういうことじゃないんだよ。

要するに何らかの症状なり不定愁訴があるわけだよ。そのことは、まあ疑わない。

それに「化学物質過敏症」なんて名前をつけて納得するのがおかしい、心身症自分勝手カテゴライズして、つけたラベルを疑問に思わない知性の貧困が「化学物質過敏症」という病名に現れてるって言ってるの。わかんねえかな。

それから統計有意に違うとお前は書いてるが、みんな大好きNATROMの日記あたりを浚うと(http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050328)、ちょっとそうとは思えない記述があるぞ。無作為に選んだ4000人中回答があった2851人のうち21人とか。これ統計有意に違うと言えるのか。

2010-09-03

なんでホメオパシーみたいなのに惹かれるかっていうと

今の医療は、症状の明確でない不定愁訴QOLが下がっている人にはほとんど効果がないから。

極端な言い方をすると、大怪我とか難病の人を救うことにお金とワークロードを費やすより、なんだか何年も調子が悪いことに対処する方が社会全体の厚生は大きいと思うが、そういう需要に応えるものがほとんどないということ。

あと、稚拙ホメオパシーを否定して鬼の首でも取ったように得意げな人たちって結局メンタリティホメオパシー信者とあんまりかわらない。

2010-07-02

電磁波過敏症...

病院電磁波過敏症の人向けにオシロスコープの測定とかできるようになったらいいのにね。精神科とか心療内科とか不定愁訴おおそうなところでやってくれないかしらん?業者の人も、ホルター心電図みたいな持ち運び可能な計測器作れば、数年後に確実に大ヒットする予感。投資にも良さげ。

2010-06-21

引きこもりなんだが、俺は自律神経失調症だったのかもしれない

いや、知的障害者なのかもしれない。

不定愁訴が常にあって自分でも手足や首の動きがおかしかったりうまく動かないのが分かる。

ただ今まで散々病院に行ってきたのに「あなたは知的障害者です」とか「自律神経失調症です」と確定的に診断結果が出たりはしていない。

少なくとも俺に直接そう言われた事は一度もない。

人生で何人もの医者に診てもらったがみんな同じ様に曖昧に話すから特別薮に当たったとは考えられない。

何なの?軽度も含めて知的障害持ってたり自律神経がおかしかったりする人には診断結果を話さないほうが良いみたいな方針でも出回ってるの?

自分の状態が分からなくて適切な行動を考えられず、かなりつらい。

2009-05-26

今から5年ほど前、自分がまだ学生だった頃。

自宅の風呂場で立ちくらみを起こして、壁に頭をぶつけた。

当時は、大学に入って間もなく、自分にしては柄にもなく意気込んでいて

丸1日集中して講義を受け、テストで高得点取ろうと帰宅してからも躍起になって勉強していた。

今から思うと結構ストレスを溜め込んでいたんだと思う。

その疲れが出たのか、自宅の風呂場で立ちくらみを起こして、壁に頭をぶつけた。

痛かったのも痛かったが、頭をぶつけた直後から凄く吐き気がした。

頭をぶつけて吐き気を催したのは、初めてのことだった。

自分は、軽い脳震盪だと思い、その日は病院にも行かず普通に就寝した。

そして、次の日、朝起きるとまっすぐ歩けなくなっていた。

客観的にはまっすぐ歩けているんだろうが、自分では足元がふらふらしているような気がした。

次に、集中ができなくなった。

テスト勉強をしようと思って、机に向かい集中しようとすると吐き気がした。

次に、本が読めなくなった。

自分がどこまで本を読み進めていたのか忘れる。

既読箇所を20ページ近く読んで、やっと自分が同じページを読んでいたことに気づく。

次に、言葉が出なくなった。

「あれ!そうあれだよ!」と物の名前がすぐに出てこなくなった。

思考してから目的の単語を頭から引っ張り出すのに時間がかかる。

出てこないことも多くなった。

その段になって、ようやく何か重大な問題が自分に起こっているのではないか?と思い立った。

そして頭をぶつけてから1週間後に病院受診し、頭部CTスキャンを撮ったのだが

診断で特に異常は見つからなかった。

その後も不定愁訴のような下記のような症状が出たり消えたりした

偏頭痛

・光が眩しい

・顎が鳴る

・立ちくらみを起こす

下痢が続く

・集中力低下

記憶力低下

・感受性が希薄になる

肩こり

それから病院には行っていない。

5年経って、社会人になった今でも症状が入れ替わり立ち代り出ている。

正直、仕事が上手くできているとは思えない。

1度病院にかかって正常診断を受けているためか、今の自分が駄目なのは

何か別の病気が原因なのか、それとも自分自身が堕落したのか、自分でも分からない。

ただ、昔は理路整然と何事も出来ていた自分を知っているだけに

今の自分の低スペックさを嫌でも自覚してしまい、事あるごとに死にたくなる。

自分の症状をキーにネットで色々調べてみるものの、難病や誤診が多い病気、はては鬱病まで

様々な病気がヒットし、不安感が煽られる。

誰にも相談できないし、病院に行くのも怖い。

このまま、ゆるゆると昔の自分を回想して年をとっていくしかないのだろうか。

何のために生きているのだろうか。

どこへ行くのだろうか。

分からない。

2009-04-01

20年来のつらさがほぼ消えたことについて

学生のころからつい最近まで、僕は生きるというのは基本的につらいことだと思っていた。ところが、そのつらさの大部分が簡単に消えてしまったのでこんなこともあるんだという意味で伝えてみたい。長いので興味があったら読んでください。


中学生のころから、いつも体のだるさを感じていた。お腹も弱く、何かあると下痢してばかり。当然元気なんかあるわけなく、高校生のころもあんまり前向きな人間ではなかった。でも頑張ればなんとかなると思える若さもあり、インスタントコーヒー砂糖をぶちまけて勉強をしたら大学には合格した。大学では典型的怠惰学生で、起きるのはデフォルトで午後、授業には半分も出ていないと思う。無気力で今にして思うと鬱状態だった。

何とか卒業してIT系就職したが、そこでの仕事の仕方も追いたてられてやっているような感じで、いつも綱渡りをしているような気分で全く余裕はなかった。それでも20代のうちはなんとかなったし、結構業績もあげたので30前半も20代貯金でなんとかやっていけていた。けれど30半ばになって全く新しい仕事をやらなくてはならなくなり、そこでクラッシュして休職した。復職してから自分の頭や体の調子を冷静に見るようになって、ヘビースモーカーだったのを禁煙したり、ランニングを始めたり、食べ物に気をつけたりしたところ、少しずつだけど調子は上向きになっていったけど、根本的に何かおかしいと思っていた。以下ここまでで出ていた症状。

  • 朝はどんなに寝ても起きるのがつらい(体が痛かったり、悪夢を見たり)
  • 弱いお腹煙草をやめたらずいぶんましになったがラックビーは手放せない)
  • どうでもいいことで怒りっぽい
  • 夕方過ぎの焦り、無気力
  • 突然やってくる自己嫌悪発作
  • お腹がすきやすい
  • お腹がすくと頭がふらふらして働かなくなる
  • なので甘いものが異常に食べたくなる
  • 特に疲れていなくても昼食後異常に眠い
  • 関節のだるさや痛み
  • 走ると膝が怪我しやすい
  • 蕁麻疹
  • アレルギー
  • 疲れやすい
  • 集中できない
  • どうでもいいことに緊張する
  • どうでもいいことに傷ついて落ち込む
  • 寝つきが悪い
  • シニカルもの見方
  • 反・非社会的言動
  • ランダムなおしゃべりを楽しめない
  • 飲み会最中に寝てしま
  • 食事をしてもだるくて楽しめない
  • 性欲亢進

(追記)

  • たちくらみ(常時)
  • 耳詰まり

仕事は、失敗するのが怖くて異常にワークロードをかけてやる。だからうまくいくときはいいけど、失敗すると目も当てられない。うまくいってもうまくいかなくても疲弊してしまう。うまくいった仕事は、人の手助けとか責任がなくて気軽にやったものほとんど。

こういう状態だから、とても悩んでいろんなメンヘルの本や啓発系の本を読んだけど解決にはならなかった(違う意味で色んな示唆は受けたけど、特に瞑想とか)。ある時アメリカ人の書いた本を読んだところこんなことが書いてあった。

炭水化物を減らす

炭水化物は"全粒"がキーワードです。白いパンや白いご飯、白いパスタなどの精製された炭水化物血糖値を急激に変化させ、気分をコロコロ変えてしまます

「脳にいいことだけをやりなさい」マーシーシャイモフ、三笠書房


アメリカの啓発系の本は説教くさくなくプラクティカルなので好き(追記:個人的にこの本全体を評価するわけではありません。最後のほうにはカルトっぽい記述もありましたし。要は部分的にでも役立てばなんでもいいということです。)なんだけど、早速玄米ライ麦パンを試してみたところ、頭がすっきりした感じがした。のでさらに調べてみたところ「低血糖症」のキーワードにたどりついた。特にこの本には驚いた。


低血糖症精神疾患治療の手引き」マリヤ・クリニック院長 柏崎良子、イーグレープ


この本によると、低血糖症患者(反応性低血糖症場合))は食後の血糖値が急激に上昇するために、インスリンが出過ぎてしまい3-4時間後に血糖値が異常に低くなってしまうとのこと。血糖値が低くなりすぎたりすると、血糖値を上げるためにアドレナリンノルアドレナリンが分泌され、

分泌されたアドレナリンノルアドレナリン情動を司る脳の分野(大脳辺縁系)を刺激し、感情的興奮(怒り、憎しみ、敵意、焦燥感、恐怖感、落ち込み、悪夢、不眠、自殺観念)を引き起こすため、脳全体の機能バランスが悪くなり、感情コントロールできずに「キレる」症状を起こす原因の一つともなります

とのこと。症状はより詳しく以下のものリストされている。

攻撃的行動、うつ衝動性格の異常化、感情抑制ができない、判断の統合ができない、引きこもり自律神経失調症完璧主義になる、健康認識基準が低い、自責の念が強い、過度に目的志向型になる、幻聴幻覚の症状、不眠と悪夢、「キレて」止まらない症状、ストレスへの対応感情表現の欠如

また、コルチゾールも分泌されるが、血糖値を上げるためだけに使われてしまい、アレルギーや炎症が出るとのこと。これも症状ぴったり。

極め付けはこの文章。

青少年から低血糖症患者は、低血糖の異常状態に慣れていて、それを通常の状態であると誤認していることもあります低血糖症がもたらす他の症状のために来院し、検査の結果、低血糖症であることがわかり、治療して後、体質も性格も変わり、自分健康状態、正常な状態を知って驚くことも多くあります

これだけ言われたら試すしかないと思い、これで駄目だったら田舎にでも引っ込んで低位安定の人生を送ろうと決心して食生活試行錯誤の末こんな風に変えてみた。


朝食:ライ麦パン、生野菜、卵、カフェイン抜きコーヒー果物少し、ジュースなし

間食1:コンビニのミックスナッツを150kcalくらい

昼食:肉か魚でご飯は2口くらい、玄米が選べたら茶碗半分くらい

間食2:ゆで卵

間食3:プロテインとナッツの残り

夕食:妻の作るマクロビ料理+肉か魚、糖質ほとんどなし

間食4:寝る前にナッツとプロテイン

(追記:最適な食べ方は人によって違います。低GIで少量頻食にするのがポイントですが、ミネラルバランスを気にして、内臓疾患がないか検査は必要でしょう。)


ポイントは、お腹半分でまでしか食べないことと、空腹のタイミングを作らないことと、ソースも含め砂糖ブドウ糖果糖液を徹底的に避けること。食べるものは基本的にマクロビオティクスに肉と卵を足したものだと思えばいい。最初SoyJoyも食べていた(症状が重くなければ十分効果があると思う)。酒は翌日に残っていたのが残らなくなったのであんまりセーブしていない(追記:飲む種類は蒸留酒赤ワインメインになりました。ビールを飲むととたんにおかしくなるので)。むしろ野菜と肉と魚で飲むと眠くならないし飲むのが楽しくなってきた(甘いつまみは厳禁だけど)。ちなみに、頭が働かない時にブドウ糖や甘いものを、と宣伝されているけど、あれは砂糖業界陰謀だとしか思えない。その一瞬はいいけど、すぐに悪循環に入ってむしろ悪化する。たんぱく質だって脂肪だって時間はかかるけどブドウ糖に分解される(追記:厳密に言うと糖新生ですね)ので最終的な効果は一緒で、いきなり吸収されないぶん血糖値を上げず安全だったりする。だから泰葉みたいに砂糖を食べてはいけなくて、ふらふらする前にたんぱく質低GI食品を食べるのが正解。


効果は笑っちゃうくらいすぐ(2-3日で)出た。まず仕事集中力が圧倒的に戻ってきて、いい資料は作れるし、ミーティング効果的な発言はできるし、客に嫌味を言われてもこたえない(冷静に指摘としてとらえる)ようになった。寝る前に食べるせいだろうけど、朝は気持ちよく目覚めるし、いらいらすることがないか性格も丸くなった。なによりうれしいのは、以前だったら調子のいい時に思いついたアイデアプライベート仕事を問わず)が、昼食をとるとリセットされて全然進展しなかったのが、継続して発展させられること。結構ややこしい問題に関する説明資料を1ヵ月かけてつくって客のお偉方に説明したりなんてことが簡単ではないにしても充実してできるようになって、もしもう少し若い時に同じことができたら、高給取りのコンサルになれたのになと思ったりした。今や仕事の企画を考えるのが楽しくて仕方がない。

ランニング調子よく、以前だったらハーフマラソンに出るたびに怪我をしていたのが、今回はフルマラソンを走っても3日後には練習が再開できるくらい。胃腸については、お腹を壊すことはほぼなくなり、肉を大量に食べても難なく消化できるようになった。

おまけに、インスリンダイエットプロテインダイエットを同時にやっているようなものからいい感じにやせてきた。(追記:もともとやせていましたが、体型は良くありませんでした)

一応病院にも行って、保険適用外の5時間糖負荷検査というのを受けた。検査最中から慣れ親しんだ嫌な身体的心理的症状が出て、結果は見事に反応性低血糖症(200以上に上がった血糖値が4時間後に50近くまで落ちた)だった。念のためこれも保険適用外のサプリ結構高い)も買ったけど、なくても食事だけで十分効果があるのはわかっているのでいつでもやめられる。低血糖症治療することでうつ病だけでなく、統合失調症も良くなるらしいとのこと。統合失調症になったことはないのでよくわからないけど。ただ、不定愁訴系はかなり治るような気がするし、いらいらしてキレやすい犯罪者DQNは、自分もそうだったか治療可能だと思う。


今の典型的仕事のやり方はこんな感じ

何をやったらいいかからなくて無為時間を過ごして、無力感と自責感にさいなまれながらだらだら遅くまでいた以前とは大違い。一日集中できるということがいかに素晴らしいか痛感する。マネージャーだったころに人系のぐだぐだでとても疲れたことがあったけど、そういう仕事も懐深くできるような気がする(あくまで気がするだけだけど)。

プライベートでもランニングがこれまで以上に楽しくなったほか、もともと好きだった音楽映画も心の底から楽しめる感覚が本当に久しぶりに戻ってきた。今はドアーズを聞きなおして曲の良さにほれぼれしているところ。味覚も鋭くなって、豆や野菜自然なおいしさがよくわかる。自然のおいしさを理解して生かしている料理を食べると嬉しい。二度とチェーンの居酒屋なんか行けないけど。妻や友人と過ごす時間も増え、こんな簡単に幸せになっていいんだろうかと思う。経済的な不安はまだまだあるけど、幸せっていうのは結局自分の状態のことなんだなと実感した。

ともかく空腹感や満腹感で良くも悪くも気分や体調が変わってしまう人は試したほうがいいかも。症状が治まった目で見るとそういう人がとても多いように見える。アメリカでは保険適用で、4,000万人くらい潜在患者がいるとのこと。日本普通治療になったら、長期のうつ病や進行した結果としての糖尿病メタボ過去ものになるかもしれないと思う。


(凄い久々の追記)

基本的に同じ食生活を続けていい調子ですが、最近もしかしてセリアック病なんじゃないかと考えだしました。セリアック病による自己免疫不全でお腹の具合が悪く、小腸から栄養が吸収できないということなのかもしれません。糖尿病の併発も多いようで、結局は低血糖症で言われているのと同じ現象が発生し、治療法もほぼ同じとのことです。将来的にここらへんが統一的に説明がつくようになるのかもしれません。


またまた追記)

セリアック病のテストではネガティブでした。ただセリアック病を疑うのと前後して、ハーフマラソン後に誤って飲んだオレンジジュース炭水化物30g)で体が発狂(痙攣と胃腸障害)したので炭水化物不耐性なのだろうなと思います炭水化物不耐性→現象としての低血糖症という感じです

2008-02-10

http://anond.hatelabo.jp/20080209195532

>病院に「患者」として行くわけだから、そりゃ何らかの(不定愁訴だか、自律神経失調症だか、病名ならぬ病名。絶対死ぬことはない、はしかみたいなもん)「病名」を告げられる。

だよねー。うつ病は死なない病気

>薬剤師さえ居れば、精神科のお医者いらねんじゃねー。

糖尿病や高血圧やその他多くの病気も、「薬の処方を試してる。AとBの組み合わせを、AとCに変えてみましょう、とか」だから、薬剤師さえ居れば、内科のお医者いらないよね。

あたまよすぎ。病院来るなよ。

2008-02-09

精神科医の精神分析

結論からかくと、精神科へは行くな!

病院に「患者」として行くわけだから、そりゃ何らかの(不定愁訴だか、自律神経失調症だか、病名ならぬ病名。絶対死ぬことはない、はしかみたいなもん)「病名」を告げられる。そうしなきゃ医者としてもメンツがたたんもんね。

さらにタチの悪いのは、半年とか1年とか通わせる。その間何をやるって、薬の処方を試してる。AとBの組み合わせを、AとCに変えてみましょう、とか。アホである。薬代全額患者持ちを棚に上げてなにを悠長なことをいっとんのか。ふつうの小売業でそんな商売成立するとおもっとんのか!まさか気が変になってないだろうね。

で、結局、薬なわけよ。良い精神安定剤90年代に多く開発されたからね。科学者薬剤師のおかげ。そう、薬剤師さえ居れば、精神科のお医者いらねんじゃねー。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん