「リトル・チャロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リトル・チャロとは

2018-01-20

anond:20180113115321

元増田です。1週間ぶりですが、みなさん本当にいろんなご意見ありがとうございました!

1週間経ち、「リトル・チャロ」での勉強を休む日もありつつも続けています

リトル・チャロ」なんて意味ない、って反対意見も多かったですが、英語アレルギー並だった自分には、「思ったよりわかる!聞き取れる!」ってくらいの平易さがアレルギーを克服するにはちょうどよく感じてます

なんとなく、こういうことを言いたい時はこの言い方を選べばいいんだな、ということがわかってきたような気がします。

英語勉強に近道はないのだ、と思ってここからぼちぼちやっていこうと思います

ちなみに、あの日記を書いた後に駅で中国人英語で道を聞かれるというイベントが勃発したんですが、

地図を指し示しながら「This here! Turn,and turn left!」みたいな超雑返答しかできなかったんだけど、それでも拒否せず答えれたというだけでもちょっと自信になりました。

目標は「TED」の英語を聞き取れるくらいを目指してがむばります

2018-01-13

anond:20180113115321

リトル・チャロとか時間無駄。あの速度、あの内容で大人が得られるものなんて何もない。

読みに時間がかかる原因は

単語がわからない

文法がわからない

文法はわかっているのだが、反射的に理解できない

文法はわかっているのだが、反射的に思い出せない

文章が長くて情報を整理できない

そこそこの大学に行けたなら、最後の3つが多いはず

この問題は例文暗記と反復でクリアできる

時間のかかる文に出くわしたら、時間がかからずに読めるようになるまで何度も読む

その際注意するのは以下の二点

・一度にたくさん読まない。一文、二文くらいを繰り返すこと。(余計な情報に脳を使わないで、焦点を絞る)

・三回読んだら、目を閉じて英文を思い出す。冠詞(a、the)、複数形場所時間助詞熟語など全部の情報意識しながら思い出す。

 すぐに思い出せなければまた繰り返す。

速度の目安はTEDネイティブがしゃべっている速度を目指す。

ネイティブはそれより速い速度で英文理解し、思考しているのだ。

向いている教材の条件

・例文がたくさん載っており、文法的に難しい言い回しが多いもの

日本語訳が別冊ではなく下や横に書いてあるもの

がんばって

語学物理で殴るしかないのか

中3で英検3級の面接試験で落ちて以来、英会話への苦手意識が刷り込まれていた。

5年くらい前に仕事英語出来るに越したことないとなってきて、真面目に勉強し始めようとした。

英会話スクール体験レッスンに行ったり、先輩に連れられて英語カフェに行ったりしたが、あまりにもな自分英会話力に絶望して続けられる気がせず、買ったテキスト三日坊主に終わっていた。

必要に迫られたらやろう、とそれからまた避けていたのだけど、結局できない奴にはそういう仕事が来ないだけなので、やっぱり出来るようにならないとな、と新年からまた気負わない程度に英語勉強を始めることにした。

勉強を始めて徐々にわかってきた自分の現状を分析してみる。

曲がりなりにも受験戦争突破してきたので、読みは時間をかければだいたい意味は把握できる。

絶望なのは、「ヒアリング」と喋るための「作文力」だ。

英会話レッスンの時、英語質問されてから答えるまでに、絶望的に長い沈黙になってしまったのだけど、なんで長くなるかって言うと、3つのことを順番に考えないと喋れないからだ。

1.相手が何て言ったのか(英→日)

2.質問に対しての答え(←1が間違っているとここでつまづく)

3.答えを英語で何と言うのか(日→英)

さらに言うと、読みならなんとなくわかるせいで、聞いた英語を頭の中で文字英文に書き起こさないと理解できないということがわかった。

…と、ここまで分析してみたけど、

結局聞き取れるようになるには英文と結びつけながらたくさん何度も聞くしかないし、

英作文を鍛えるには文法理解して単語もいろいろ覚えないと無理だし、

会話の瞬発力をつけるにはたくさん自分の中にストックしておくしかないし、

結局物理で数をこなすしかないのか…と思い至りました。

今はとりあえず通勤時間で出来る範囲で「リトル・チャロ」をシーズン1から

英文見ながら聞く、日本語訳を追いながら聞く、気がすむまで聞く、最後キーフレーズの英作文テストをする。

を繰り返している。一応3日は続いたので、続けられるようにしようと思う。


英語マスダーのみなさま、こんなひよっこの私にオススメ勉強法電車の中で出来ることだと嬉しい)やアドバイスなどあったらお願いします…!!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん