「ラポール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ラポールとは

2020-10-25

人の気持ちが分からない

そもそも推し量ったに過ぎない他者気持ちを「分かる」と判断していいの?それ分かったって言わなくない?スゴイ=シツレイにあたらないですか?でも一般的にはそれで「人の気持ちが分かる」とされる。それが不思議で、いまだに自分社会的齟齬が生じているように思える。

いや、人の気持ち推し量ること自体はできるんですよ自分にも。でも100%にはならないじゃないですか、例えばAIによる物体認識でも「30%くらいキツネ、70%くらいイヌ」みたいに見解を示すじゃないですか。そのときって確定できないですよね?「わかった」って言えないですよね?本人に確認しないと。

あなたイヌですか?キツネですか?」

もっと言うと本人にすら本人の気持ちが正確には分からなかったりしますよね。

一般人(健常者、日本ネイティブ)って何割くらいで「わかる」と判定しちゃうの?そのしきい値が知りたい。真似するから

自分ASD傾向がある(発達障害やってる心療内科医の見解)のが原因だとは思うんですけど

「ひとのきもちがわかる(100%とは言っていない)」というのが一般的意味合いなんですか? なんで100%じゃないことに自信が持てるのでしょうか。

ニホンゴムズカシイデスネ

うーん、「気持ち」というものに対して定量的検証的・科学的態度で臨むこと自体が間違っている? 定性的文学的態度で臨むべきもの? 読書が足りないのかも知れない。

Don't think, feel ??

レポートトークラポールトーク

2020-08-06

社会的好意恋愛好意

唐突に異性から好意を寄せられ過ぎて困る、ということが議論されているので、私の考えを書かせて下さい。

当方男性で、自分でいうのもおこがましいですが、昔からモテており、お付き合いした方ほとんどは、相手から告白してくださいました。

自分サラリーマンではなく、起業していて、起業当初、クライアント女性担当者の方からよく飲みに誘われました。

飲みに行き、仕事のことや社会問題について、プライベートことなど語り合っていました。

あるとき飲んでいて、その担当者の方が黙りこみました。

そして、しばらくして唐突に、「私たち付き合わない?」と言われました。

まりに急なことで非常にビックリしました。恋愛対象とは思っていませんでしたし、なによりクライアントさんです。

正直、もし私が断ったら仕事継続性も消えてしまうのではないか起業して間もないころでこれは深刻な問題でありました。

頭が真っ白になり、その場はお開きになり、家に帰りました。


◆◆ハッキリと伝える◆◆

このようなケースの場合、どうすればいいのかと深刻に考えました。

それで、幅広い業界の方と交流を持っている新聞記者をやっている女性の友人がいたので、電話で聞いてみました。

クライアントさんの担当者女性で、その方から告白されました。断ったら傷つくだろうし、仕事継続性との兼ね合いもあります。」

彼女に聞くと、意外にも彼女の返答はとてもストレートでした。

仕事からこそ、ハッキリと伝えた方がいいですよ。」

とても腑に落ちました。彼女の考えとしては、仕事の付き合いなのだから、付き合う意志が無い場合、ハッキリ言った方がいいということでした。

そこで、私はクライアントさんに電話しました。

お付き合いする意志がないということ、貴方のことを尊敬していること、プロジェクトも大切に思っていることをハッキリと伝えました。

クライアントさんは理解を示してくれました。その後も飲みに誘ってくれましたが、付き合おうという話は出ずに、仕事共通社会問題について語り合ったりして良好な関係を築いています


◆◆好意について◆◆

仕事相手に対して好意を持つことはとても大切だと私は思います

好意には、社会的好意恋愛好意があると思います

社会的好意は仲間への好意顧客への一般的好意です。

営業プロジェクト管理をしていて、顧客メンバーに対してこちらが好意を持つとコミュニケーションは円滑になります

好意の返報性がありますが、自分好意を持つと相手好意を持ってくれるというものです。

でもビジネスの場では、この好意社会的好意で、恋愛好意ではないのです。


◆◆信頼関係◆◆

女性の友人から相談にのっていると、相手が私に対して好意転移)を持っていることが分かることがありました。

これは前提として信頼関係ラポール)がある場合ですが、例えばこのような時に私が、

この好意悪用して、私とお付き合いできるように仕向ければ、そのようになってしまうと思います

ですが、私は絶対信頼関係悪用はせずに、倫理を持って適度な距離をあけました。

これは私の譲れない倫理観でポリシーでした。だから友人は信頼してくれたのだと思います

信頼関係は非常に大切だと思います

話を戻しますと、普段仕事ビジネスの場では、社会的好意が向けられますが、これを恋愛好意と受け止めてはいけないのです。

では、社会的好意を持たれている人から恋愛好意を持ってもらうにはどうすればいいのか、という問いに対しては、私もよく分かりません。

ただ、社会的好意恋愛好意の間に、信頼関係を構築する100以上のステップがあると思うのです(人間関係によっていろいろ異なると思いますが)。

いきなり恋愛好意を向けたりしないで、社会的好意を向けて、一つひとつ誠実に信頼関係を築いていくことが大切なのではないかと思うのです。

読んでくださいまして、誠にありがとうございました。

2020-03-20

こじらせててつらいのでカウンセリング行ったら楽になった話

スペック

(いくつかフェイクあり)

この記事を書いた理由

カウンセリングを受けて何かと楽になったので、知見を共有したい。

それに、カウンセリングを終えてからそろそろ1年が経過するので、ちょうど過去を振り返るのにちょうどいいと考えた。

増田でも、多くの人が「カウンセリングに行ってみたら?」と時には本気で、時には冗談で言うのだけれど、そこが実際にはどんな場なのかを知らないせいで、行くのをためらっている人が多い現状を、変えたいというのもある。

増田だけではなく、ネット上の多くの人が、少しでも楽になれるように祈っている。その助けになれば幸いだ。

どのようなことで困っていたか

長くなりそうだし、愚痴っぽくなるのも嫌なので、代表的ものだけを箇条書きで挙げる。

カウンセラーはどんな人?

臨床心理士資格を持っている50代の女性中学生くらいの子供がいるらしい。

髪の毛が長く、少しやせ型。落ち着いた物静かな女性だが、明確な自分の考えを持っている印象がある。初恋の人に似ている気がするがおそらくは気のせいというか、投影しているのは間違いない。

実際のカウンセリングではどんなことをするのか

初回は風景構成法を行った。これはカウンセラーの指示に従って、順番に山や川、家や田んぼ人物などを配置していくもので、専門書に当たれば具体的な解釈方法が書かれているが、自分専門家ではないので省く。当日に描いた作品を今になって振り返ってみると、道のど真ん中に障害物の石が置かれていたり、山が雪に閉ざされていたりと、寒々とした印象を受けた。描かれている人間逆立ちをしていて、何やら不穏である。蛇も不気味にとぐろを巻いていた。

二回目からは主に夢分析を行った。カウンセリングカウンセリングの間の一週間に見てきた夢を記録して、それを材料に話をする。つかみどころがないようだが、意外なことにかなり効果があった。理屈はわからないが、この治療中は同じようなテーマの夢を見るようになる。さらに、肝心なのは夢の内容そのものではなく、夢の話をしているうちに自分が何を思い出したか、あるいは漠然とした印象をどのように語りなおしたかで、それによって、自身の考え方の偏りや傾向が見えてきた。現に、夢の内容を話す時間は案外短く、後半の三十分は、そこから思い出した過去出来事や近況、それについて自分がどう感じたについて話し合うことに費やされた。そうした雑談きっかけに、突破口を開いたこともある。

夢分析が行き詰まった時には、箱庭療法を試みた。これは、砂の敷かれた箱の上に人形模型を配置していくもので、話しながら人形を動かしたり、砂の上に模様を描いたりした。うまく説明できないが、非言語的なものを明確にするのに役立った気がする。例えば「このタヌキ(の置物)は寂しくて困っている。友達がいなくて寂しそう。上下がひっくり返って困っている。悲しくて暴れている」などと比喩的な話をすることで、日常使っている言葉論理で語りたくないことを口にしていた。小さな人形を触っているうちに気分が落ち着いたり、逆にひどく動揺することがあったり、不思議経験だった。箱庭療法最初の一回も、自分心理的混乱が反映されていたのか、人形同士がにらみ合ったりひっくり返ったり無意味に積み上げられたりと、非常に張り詰めた印象のもので、カウンセラーも「ちょっと怖い」という印象を漏らしていた。

これらの技法は、ある種のきっかけというか呼び水だった気がする。どんなことを語っても許されるというか、傾聴してくれる場というのはそれだけで貴重で、話しているうちに自分の思いがけない本音や、ダブルスタンダードに気づいた。また、夢のような一見「どうでもいい」話ができる仲になることで、普通は人に話すこともはばかられるような、野外オナニー願望についても話すことができた。

治療も後半になると、こうした技法ほとんど用いず、通常の雑談に近くなった。自分はこういうことをしてこう言う結果になった。自分気持ちはこうだ。そうしたことが素直に言えない人のために、これらの技法はあるのかもしれない。

カウンセリングの進行、そこで自分はどう変化していったか

始め、自分は藁にも縋るような思いでカウンセリングを申し込んだ。と同時に、どこか疑ってもいた。自分カウンセリング技法についての基礎的な知識はあったし、大体どのようなことをされるのか予想がつくと思い込んでいた。精神分析に関するフロイト著作だって読んだことがあるし、河合隼雄の「ユング心理学入門」も読んでいた。しかし、カウンセリングの概略を知っていることと、実際にカウンセリングを受けることとは、まったく別の経験だった。水泳理論と、実際に水に入って泳ぐこと以上に隔てられている。なんといっても、何年にもわたって定期的に同じ人間と会うのだから必然的相手には強い感情を持ってしまう。結局、人間が強い感情を持つの人間に対してであり、人間が変わるのも対人関係を通してだ。

カウンセリングでは何について話すことも自由だった。幼少期の悲しみ、いじめられた経験、両親から受けた不条理仕打ちなどなど。それだけではない。女性にするべきではないとされている話もした。自分の性生活自慰行為風俗店での出来事など、自分は露悪的なまでに細部を語ったが、しっかりと耳を傾けてくれた。

そして肝心なのが、何度同じ話をしても相手は退屈する様子を見せない点だ。自分は、同じ話を繰り返すことで忘れていた細部を思い出すことがあったし、それに新しく意味付けをすることもできた。

最後に、カウンセリング時間が終わりに近づくと、カウンセラーは僕の話した内容を簡潔に言い直す。そうすると、自分はこういうことを考えていたのか、と毎度のように驚かされる。まとめられた内容を反芻しながら次の一週間を過ごすことで、自分の考えが深まっていった。他にも、自分がすべての不平不満をぶちまけた後で、それに対する解釈を投げ返されることで、その負の感情自分の一部として取り込むことができるようになった。「あなたがそこで腹を立てるのは当然だ」「あなた感覚はそれほどおかしものではない」という趣旨言葉を返してくれるだけで、自分過去を少しずつ受け入れることができるようになっていった。

カウンセリングの中で、カウンセラーを好きになること

ところで、カウンセリングに通ったのが、2014年3月から2019年8月ことなので、4年以上も同じ人と毎週のように会っていたことになる。途中から自分の気分が落ち着いてきたので隔週に切り替えたのだが、それでもかなりの頻度だ。自分は、自分のあらゆる感情や悩みをぶちまけて、それでも受け入れてくれる存在がうれしかった。モテないあまり風俗に浸っている自分軽蔑しない彼女存在が尊く思われた。

珍しくないことだが、自分カウンセラー好意を持つようになった。自分は、職業倫理上その気持ちは受け入れてもらえないことだと知ってはいたけれど、「あなた尊敬しているし、とても強い好意を持っています」と伝えた。カウンセラーからは「私もあなたと会うのが楽しみです」という趣旨の返事をもらった。と同時に、僕は、なぜこのカウンセラーが好きになったのかをじっくり考えだした。すると、自分には好きな人自分の悩みを洗いざらい吐き出したいという願望があったのだ、と気づいた。同時に、自分知的水準の高い女性に強いあこがれを持つことも改めて認識した。年齢などどうでもよかった。比較的若く見えるが、相手は五十代の人妻で、自分が手を出すわけにはいかないのだけれど、叶わない想いだとは知りながら、相手尊敬の念を持ち続けるというのは、思ったよりも悪くなかった。おかげで、自分にとって他人を好きになるとはどういうことかを言語化できたし、他人尊重することを身をもって学んだ。

一人の女性を好きになり、それを軽蔑されたり馬鹿にされたりしないこと安心感を、自分はたくさんの悩みに取り組む支えとしていった。僕は、このカウンセラーのことが好きになれて、本当によかったと今でも思っている。

カウンセリングを通じての自分認識の変化

過去のどのようなつらい経験も、自分はそれぞれ意味があったのだと、迷いなく考えられるようになった。それから、今までは様々な物事を与えられて当然だと感じていたが、やっとのことで与えられた物事感謝することを学べたように思う。

また、自分の恐れの感情トラウマにとらわれずに行動できるようになったことで、自分の外側の世界に対して、うまく働きかけることができるようになった。

もちろん、上に書いたような悩みのなかには、直接解決しなかったものもある。でも、それはそれで仕方がない、と受け入れられるようになった。

何よりも現実検討能力がついた。不安不安のままかかえておけるようになり、不安で頭が真っ白になることがほとんどなくなった。自分の中の膨大な不安エネルギーが、落ち着くべき場所を見つけたかのようだった。

上記の悩みに自分は具体的にはどんな答えを見つけていったか

悩みの解決過程言語化するのは難しい。自分の考えがどんな風に変化していったかを記すにとどめる。人によってたどるべき道のりは異なるし、僕の頭の中の理屈をそのまま文字にしても、納得できないことは十分に考えられるからだ。

過去いじめ、対人関係トラブルはとても悲しいものだった。でも、おかげで自分は人をできるだけ傷つけないようにしようと心掛けられるようになった。それと同時に、絶対に誰のことも傷つけない発言表現というのも無理だとも知った。男性であれ女性であれ、相手を一人の個人として尊敬することが大切であり、それは自分相手は異なっていると認識することだ。だから、できるだけ丁寧に接することは大切だけれども、自分他人は別の存在なので、礼儀正しくしていたとしても、絶対不快な思いをさせないでいることは不可能だ。かつての自分は、自分女性から不快な思いをさせられた経験から絶対女性を傷つけてはいけないというルール自分に課していたのだけれども、それは不可能だと知った。過度に自分を縛る目標は、ある種の呪縛だ。

それに、世間はいろんな女性がいる。優しい人、冷たい人、知的な人、ちゃらんぽらんな人。一人の女性自分暴力を振るったからと言って、そうでない人もたくさんいる。女性一般や平均的女性像みたいなものに、振り回されなくなった。

フェミニズムとの距離感もうまく取れるようになった。納得できることはうなずき、わからないことについては調べ、おかしいと思うことには反対する。それは、フェミニズムだけではない。自分とは違う考えの相手に対する対応の仕方と全く同じだ。

仕事に関しては、転職をした。自分能力に見合った仕事に切り替えることでやりがいも感じられるようになった。給与は下がったが、例えば600万稼ぐ人間が300万稼ぐ人間の2倍偉いのかといえばそういうわけでもないし、僕にとっての一番大切な価値観は、早寝早起き快食快便が守れる生活が維持できるかどうかだと知った。

男らしくないのではないか、というのも気にしなくなった。世間価値観がどうあれ、自分が好きなことを好きなようにする。自分らしくあることが自分にとって男らしいことと定義しなおした。

その中で、家族との関係改善した。今にして思えば、両親は自分と非常に適切にかかわってきてくれた気がする。圧倒的にすがりたいと思っていた両親も50~60代のただの人間なのだ、と実感することができた。しかし、ただの弱みもある人間からこそ、大事にしたく思えるようになった。距離感が適切になった気がする。

処女厨ロリコンも治った。正確には、そういう願望があることそのものに対して、思い悩まなくなった。一つには、50代の女性に恋をすることで、実際に小学生恋愛したって、物足りなくなるに決まっていると心の底から理解したというのがあるし、人生経験豊かな女性の魅力に気付いたのもある。さらに、処女厨の根源にあった、「セックスとは汚いものだ」という意識も弱まった。「セックス気持ちよいものだし、誰かを愛することは素敵なことだ」という感覚しかなかったら、処女喪失を汚れとは認識しないだろう。それよりも、出会った二人が新しく一緒に思い出を作っていくことの喜びに目が向くようになった。まだ彼女はできていないけれども、一緒にデートしたり、他愛のない話をしたり、うとうとしたりしたいし、それに向けて今でも努力している。

女子小学生の裸を見たいという感じもほとんどなくなった。確かにあの年頃の女の子かわいいけれど、それだけのことだ。どんな感情を抱こうとも人間自由だと思えるようになったことで、かえってそうしたロリコン的な願望から自由になった。

同時に、野外オナニー願望も消えた。なんというか、得体のしれないドロドロした性欲のエネルギーに、適切な形が与えられた感覚がある。よく夢で、性器露出したり全裸になったりするパターンが多かったのだけれど、カウンセラーと話すうちに「おちんちん見せるだけじゃ意味ないよね?」みたいな話になり、そうしたことを話しているうちに、セックスって相手あってのことだよね、みたいな認識に到達した(このあたりの話が非常にわかりにくいのではないかと恐れている。ラポール、とでもいうのだろうか、クライアントカウンセラーの間には、長い間の会話の積み重ねからくる膨大なコンテクストの共有があり、ある種のツーカー関係が出来上がっているので、会話だけも書き起こしても非言語的な部分が多くを占めていて、客観的にはわかりにくくなりがちだ)。

死への恐怖は、とりあえず先送りされた。これは個人的な経験だけれど、死ぬのが怖くてたまらないときというのは、何か大きな変化を恐れているときか、未知のものに飛び込まなければいけないときに強まるような感覚がある。

カウンセリングを終えたきっか

カウンセラーには日々の出来事を何でも話すことができたが、別にカウンセラーに聞いてもらわらなくても、別に大丈夫になってきた。さらに、ここで話をしても、これ以上自分は楽にはならない気がするようになってしまった。

とても感謝はしているけれども、自分自分を励ます考え方ができるようになっていて、あとは毎日出来事淡々カウンセラーに報告するだけみたいになっていた。

というのも、自分の悩みを解決できるのは、最終的には自分だと思うようになったからだ。話を聞いてもらって勇気をもらったり、現実的なアドバイスを受け取ったりすることはあったけれども、実際に行動するは他ならぬ自分なのだ

ならば、これ以上ここにいても、自分は変われないのではないか、という気がした。そして、3月という区切りのいい時期であったので、そこで終えることにした。

最後にもう一度風景構成法を行った。山には緑があふれるようになり、街には人がたくさん姿を見せるようになった。蛇は道や川のうねりへと姿を変えた。困ったときには駆け込めるような病院や、芸術を鑑賞できるような美術館も街に描かれていた。そこでは、たくさんの人々が連れ立って歩いていた。ずっと住み心地のよさそうな風景だった。

そして、僕は無事にカウンセリング卒業した。

続き→ anond:20200320072823

2019-06-14

anond:20190614124649

相手の状況やニーズ理解ラポールを築くために「傾聴」し、

理解した状況やニーズに基づいて「気遣い」、「楽しませる」。

女性と話すときこれに気をつけないとキャバクラ状態

これ、男にに対して「女と話すときホスト状態になれ」と言ってるだけじゃねーの

anond:20190614064928

そうだよ。

女性雑談をするとき何に気をつければキャバクラ状態にならないで済むのか

元増田の疑問に対するストレートな答え。

相手の状況やニーズ理解ラポールを築くために「傾聴」し、

理解した状況やニーズに基づいて「気遣い」、「楽しませる」。

金をもらってそれをやるプロとしてのキャバ嬢ホストほど徹底できなかったとしても、それが雑談のコツだもの

2019-03-16

僕は恋愛工学が嫌いだ

いや、正確には恋愛工学に集まる集団が嫌いだ。

恋愛工学のものは好きだった。ラポールリフレーミングの概念を知ったのは、恋愛工学だ。それらは今日でも役に立っている。

しかし、恋愛工学に群がる彼らのことは嫌いだ。できれば人生でもう二度と関わりたくない。

彼らは自分たちの持つ物差し絶対唯一なものと信じている。モテ非モテというシンプル構造からこそ分かりやすい。恋愛工学を使ってたくさん女性を抱いたり、生涯添い遂げられるような相手を見つけた人が偉い。偉い人はサロンを始めたりして影響力を誇示する。それを達成できない者は下に見る、そしてモテ非モテ軸を否定する者は迫害する。そんな連中だ。

そも、これだけ文化が発展した現代で、男の序列けが世代のまま進化していない。にも関わらず、彼らは人に対する影響力でしか人を見ない。影響力のある人(そしてそれが自分の考え方に合う場合のみ)にしか敬意を表さない。分かりやすいのがモテ非モテ軸だ。

自分が勝てる土俵しか戦わないというのは、何事においても正解だと思う。おそらく彼らは、自分が勝てるモテ非モテ軸の価値を下げたくないと思っているのだろう。

彼らはセックスをすることができない人を貶す。「本当はセックスしたいと思っているのに」彼らの口癖だ。

恋愛工学を学んで、確かに幾ばくかの女性セックスをした。だからなんなのだ。そこに求めるものはなかった。相手自分のことを好きでいてくれるほど、自分の心は空虚になっていく。

から恋愛工学から降りた。

彼らには理解できない思考だとも思う。彼らはモテ非モテ軸がなくなったら、勝てる土俵ひとつなくなってしまうのだから

からこそ、恋愛工学批判には人一倍反論をする。

恋愛工学が人を性犯罪者にするのではなく、もともと「権力ヒエラルキー」とか「支配欲」が強い人が集まりやすいだけだと思う。

包丁殺人に使われたからといって、交通死亡事故が起きたからといって、包丁や車を悪くいう人は多くない。恋愛工学概念悪用する人間しかもそれを悪と思っていない人間がいるのが根本問題だと思う。

から、僕は彼らのことが嫌いだ。

2019-01-13

anond:20190113152432

いうて相手もまずは暇潰しのモブとして接してくるから、こっちも強くコミットせずにうわべで回数重ねてラポール築かないと相手にもされんで

モブにいきなり愛されても恐怖しかいか

2016-07-02

精神科医って初診一ヶ月も待たされるのに外科的な診断せず、相手の申告だけで病気を決めるの?

初診一ヶ月ちかく待たされて、診断しにいけば患者の申告だけで病名を決めるって……。

あんなん、聞き上手なら誰でもできそうじゃん。

あんなテキトーでいいの?

 

脳波図ったり、CT撮ったり、血液検査とかで精神疾患って判定できないんですか?

 

 

あん適当なら精神科医とのラポールなんて築けない。

とりあえず薬もらって帰ってきたけど。あれから一週間たったけど薬はぜんぜん効かない。

気持ちの辛さが治らない。世の中はストレスに溢れすぎている。

 

会社に行こうとすると涙がでるほど辛い。

2016-03-15

http://life-and-mind.com/rapport-making-secret-477

なあ、どうして「ラポール」がフランス語で「橋をかける」って意味という俗説がまかり通ってるんだ?

ラポールは単に「関係」って意味だろ。橋なら「ポント」だろ。

関係ラポール)を築く、の類推から「橋」という意味だと誤解が広まったのか?

2015-12-03

あなたたちはあちら、わたしはこちら 大野紀子

卑怯者の島: 戦後70年特別企画 小林 よしの

自分思考 山口 絵理子

一匹と九十九匹と 2 (ビッグコミックス) うめざわ しゅん

降矢木すぴかと魔の洋館事件 (YA! ENTERTAINMENT) 芦辺 拓

君の膵臓をたべたい 住野 よる

夢幻会社 (創元SF文庫) J.G. バラード

火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫) エドガーライス バロー

くますけと一緒に 新井 素子

自我論集 (ちくま学芸文庫) ジークムント フロイト

カール・セーガン 科学悪霊を語る カール セーガン

パラノイアトラブルシューターズ】 Dan Gelber

イリュミナシオンランボオ詩集 (角川文庫) アルチュール ランボオ

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (文芸シリーズ) 米原 万里

可愛いエミリー (新潮文庫) モンゴメリ

NOVA+ バベル: 書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫) 宮部 みゆき

☆☆思考と行動における言語 S.I.ハヤカワ

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生 渋谷 直角

天国旅行 (新潮文庫) 三浦 しをん

GLASS HEART 「グラスハート」 (バーズノベルス) 若木未生

かもめが翔んだ日 江副 浩正

ドラえもん」への感謝状 楠部 三吉郎

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF) コンラート ローレンツ

補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO) マーチン・ファン クレフェルト

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書) 大栗 博司

世界を変えた17の方程式 イアン・スチュアート

国のない男 カート ヴォネガッ

魔法とSkyTubeで生きていく (角川スニーカー文庫) 高野 小鹿

赤い高粱 (岩波現代文庫) 莫言

あの、素晴らしい をもう一度/再装版 自転車創業

市民のための世界史 桃木 至朗

数学言葉―math stories 新井 紀子

☆生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ) 新井 紀子

猫と庄造と二人のおんな (新潮文庫) 谷崎 潤一郎

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫) サリンジャー

人間の條件〈上〉 (岩波現代文庫) 五味川 純平

贖罪 イアン マキューアン

キャリー (新潮文庫) スティーヴン キング

ファミリーポートレイト 桜庭 一樹

セカイからもっと近くに (現実から切り離された文学の諸問題) (キーライブラリー) 東 浩紀

国際メディア情報戦 (講談社現代新書) 高木

今日もかるく絶望しています。 落ち込みがちガールの日常コミックエッセイ (メディアファクトリーコミックエッセイ) 伊東素晴

人種主義歴史 ジョージ・M・フレドリクソン

アナキズム・イン・ザ・UK――壊れた英国パンク保育士奮闘記 (ele-king books) ブレイディみかこ

ヌード愛国 (講談社現代新書) 池川 玲子

「反戦」のメディア史―戦後日本における世論と輿論拮抗 (SEKAISHISO SEMINAR) 福間 良明

日本文字―「無声の思考」の封印を解く (ちくま新書) 石川 九楊

状況に埋め込まれ学習正統的周辺参加 福島 真人

あなたへ社会構成主義ネス・J. ガーゲン

未来を切り拓くための5ステップ: 起業を目指す君たちへ 加藤

女のいない男たち 村上 春樹

混迷社会の子育て問答 いくもん! 中村

☆女は笑顔で殴りあう:マウンティング女子実態 (単行本) 瀧波 ユカリ

☆ニコマコス流恋愛コミュニケーション 大平

☆僕にはまだ 友だちがいない 大人の友だちづくり奮闘記 中川

☆非言語表現威力 パフォーマンス実践講義 (講談社現代新書) 佐藤 綾子

☓友達がいないということ (ちくまプリマー新書) 小谷野

あなたは、なぜ、つながれないのか: ラポールと身体知 高石 宏輔

私たちプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書) ジェーン・スー

子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方 クラウディア ブラック

インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法 ジョン ブラッドショー

ベストパートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫) ジョン グレイ

RESOLVE 自分を変える最新心理テクニック神経言語プログラミングの新たな展開 リチャード・ボルスタッド

コア・トランスフォーメーション癒し自己変革のための10のステップ コニリー・アンドレアス&タマラ・アンドレアス

発達障害のある子どもができることを伸ばす! 学童編 杉山 登志郎

知的障害自閉症の人たちのための 見てわかるビジネスマナー集 「見てわかるビジネスマナー集」

ペアレントメンター入門講座 発達障害子どももつ親が行なう支援 井上雅彦

不都合な相手と話す技術 ―フィンランド式「対話力」入門 北川 達夫

プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術 古宮 昇

モテる技術 入門編 (SB文庫) デイビッドコープランド

イケてない男たちへ キミでもヤれるナンパの本 (ワニの本) 鍵 英之

モテる技術 実践編 (SB文庫) デイビッドコープランド

LOVE理論 水野敬也

モタク モテるオタクになる恋愛ガイド アルテイシア

30歳のファッションコーディネート ~普段着からイベントまで~ (おとなの教科書) 三葉

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書) 平田 オリザ

あなたあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド 吉田 友子

新版 自分まもるローズマリー ストーンズ

2015-08-19

ジョークが嫌い。

僕はジョークが嫌い。そういう雰囲気でいうのはいいのだけど、人が真面目に話しているところにジョークを入れられるのがとても嫌。その都度、そのノリに乗っているけれど(僕は協調や場の流れを重視するんだ)、そのあと元の話に戻すのが本当にしんどい。なんで相手が乱したリズムを僕が修正しなきゃならないのか。ストレスしかない。

言葉をなんども交わすことが親密さにとても重要ことなのはわかる(これでも一応ラポールトークの研究をしている)。だけど、それを真面目な話の中でいう必要はないだろと思ってしまう。

ときどきこの性癖を思い返して、女性とはなかなか話せないものだなと不安になることもある。でも、真面目な話をするときはそのときラポールな話をするときはそのときで使い分けていきたい。

コミュ障なのかなぁ。

2015-07-20

恋愛工学流行っているが

恋愛工学革新的だなって所>

これって、ナンパ師達がやってきたことをまた同じように繰り返しているんだけど。

確かに面白いと思った。

工学って名乗るくらいだから専門用語作ってみたりして概念数理モデルに落とし込んでいる。

これは非常に俺は納得できた。

言ってることは、

ナンパでの声かけは、定型文作って、それで話かける、これを『オープナー』と言う。『写真撮りましょうかオープナー』『こんばんはオープナー』などいくつか定型作れ」

こういう感じで、定義つけられた行動をひたすら繰り返せば、ヒット確率が5%なら20人話しかけられればいけますね。これはナンパ業界では常識だけど、これを『メソッドだ』と割り切ったのがよかった。

俺は、どーも話しかけることに感情機微的なものを感じすぎていたが、メソッドから心を無にしてやってしまえるんだ!と解く。

それとか他には、「セックスすれば女はその男を好きになる、セックスする前は女が主導権あるが、セックスした後の主導権は男。だからセックスする前にセックスできるように女をいかにだますかが大事」というのは常識だけど、それまでの過程をいくつかに分割して、それぞれ無感情でできるメソッドでくくっている(まったく同じデートコースを繰り返すことで流れになれるとか)

もちろん、これまでもナンパ技術で、さんざん言われてたことだが。どーもナンパ技術は、「メンタル」「度胸」となっていた。俺はどーしても感情で話してしまうから難しいんだけど、それをできるようになる。

会話についても、どーも俺は感情を読み取って話ししていたが、「ラポールを作るんだ、これらの技術を繰り返すんだ」と単純化されてしまうと、なるほどできそうだと思えた。俺は、機微にこだわりすぎて、大筋を忘れていたみたいだ。

  

あと、恋愛工学は、それぞれの過程専門用語を作って、ある程度体系化しているからこそ、研究やすいと思う。

オープナーのメソッド、連絡先聞き出しのメソッドクロージングメソッドデートに誘うメソッドデートからセックスに持ち出すメソッドセックスを断られそうなときメソッド

もちろん、これまでもナンパ師はこういう分割で研究してきたんだけど。どーも彼らナンパ師の言葉はふんわりしていて。理系には分かりにくかった。オラオラだぜ~とか、ノーグダとか、体験してない側には意味不明だった。

  

あと、「普通漫画とか映画とかドラマとかの手順を踏んだ恋愛は無理」ってのをはっきりと書いてくれたこと。イケメン美女なら、できるんだけど。それを普通の男がやってもまず無理。ってのを教えてくれた。

まあ正確には無理じゃないが、ヤリチンと女が遊んで、その間のキープってのを普通の男は付き合ってると言ってるんだよ。ってことをはっきりと言ってること。その、ヤリチン側に回る手順は、一般の、仲良くなって、尽くして好きになって~ではないと。

女達が偉そうに教えてくる優しくしろだの、マメがすきだのは嘘だ、女はヤリチンに相手してもらえなくて、だから押し付けがましくそういう理想像あったらいいなってだけだ、本当は冷たくされて喜んでるんだ。と。

これは本当に目をさまされた。なんで、ナンパ師達が、あんだけオラオラやってるのか俺は理解できていなかったが、なるほど、そういうフレンドシップ戦略、とか一人の女だけを好きだぜ、みたいなのはキモいと女は感じるようにプログラムされてるらしい。

なるほどと思った。女向け恋愛映画は、ヤリチンくさい男が、一途に君だけ見てるぜ的なのが多い。ヤリチンはそれを読んで、やりまくってる、やりまくってるそぶりも見せる、しかし、君が好きだ、君の話を聞いてタイアピール。をする。

これはその通りだなと。ヤリチンが好きなんだから、一途に思うこと自体無意味。余裕を持たせるために、たくさんの女と同時平衡にアプローチしろ。それ、ナンパ師が毎回言ってたが、意味が分からなかったが、なるほどと分かった。

俺は、どーもそのあたりの機微を詠みすぎていた。

 

恋愛工学専門用語を使っているのがいい> 

医学なんかでも、確かに患者の話を聞くのだけれど。じゃあ薬はどうやって選ぶのか、手技はどうするのか、ってなるとそれは冷徹論文根拠を求めるんだよね。

この部分、昔の医療医者経験とかで判断してたんだけど、それよりは論文に寄ったほうがいいよね(EBMっていう)ってなった。

そうすると、すんげー専門用語が多くなった。それもそのはずで、専門用語ってのを理解できるってのは原理理解できるってことに近い。専門用語を知ってる知らないってのがダイレクト理解してるしてないにつながっていくから専門用語を作ることが合理的になる。

  

そういう意味で。確かに恋愛工学はいままでの焼き直しだけど、そこに名前をつけたのがいいなと思った。

  

自分判断でなく、理論によってるからいい>

俺は、ナンパ師たちのテクニックを学んでも一向に実行できない。

正確には、10回くらいはナンパして、5回は話かけられず、5回は2,3人にこんにちはーとか、道を聞いたりしたが、韓国人の女と1回おちゃした程度で、連絡先交換もなかった。

でも、工学といわれて、メソッドだといわれるとできそうな気が少しした。

医学でも、自分経験だと微妙に挑戦しにくいが、「この論文でこっちの薬がいいと結論でている」といわれると、「証拠があるし、悪いことしてない気になるしいっかー」とやれる。逆に、勉強してるからできるんだぜーくらいに誇らしい気持ちすらあるw

恋愛工学への批判を考えてみる>  

一方で、恋愛工学は叩かれている。主に女性から

女性恋愛したいのに、恋愛工学だと女性セックスするためのもので。しか工学にあてはまる女ってのは一部のそういう工学にはまりやすい女だけだ。という主張。

これもその通りだと思うが。

論文で薬を与えられる患者というのは、完全にモデル化されてるし、それぞれの患者に効く効かないは個人差あるけど、それでも薬を投与する。統計的には効くから

そして、経験的な医療では、患者の話を十分に聞いて機微を察して薬を投与するが、それでは学問として成立しない意味合いもあるから論文重視になって、だれでも同じ医療が受けられるようにしている。

確かに、女性の言うように、恋愛機微感情を持ってやるべきだってのも分かるんだけど、それでは男は女と付き合えないというわけだ。女なら股をひらけば男をゲットできるが、男は50人に声をかけて1人と付き合えるかどうかなわけだ。

まったくのゼロの女しか捕まえられない男に、次のステップである恋愛機微とか説いても無意味じゃないかと思った。

ってか、そういう恋愛機微を捕まえる、一途な男にたいして、女はどういう態度を取ってきた?クリスマスプレゼントだけもらって、デートがあっても浮気相手のヤリチンに走って。そういうのが多すぎる。だったら、女がそういうの言う資格ないと思うんだよね。

ヤリチンになった後に考えればいいことだとしか思えなかった。

また、一部の女にしか効かないというが、それでいいと思う。効かない女もいる、それは当たり前。効く女だけに薬を売ってるんだろみたいな話だが、それでいい。まったくのゼロで女に相手されないより、そういう女でもやれるほうが絶対いい。

  

<それでも俺は、風俗へ行く>

まあここまで散々持ち上げたけど。俺はそれでも、風俗に行く。

金もあるし、楽だからセックスもクッソ自分の好き勝手にできるから

だって恋愛工学での女って、確かにゲットできるんだろうけど、面倒くさいよ。

そりゃ、自分奴隷みたいな女を見つけられればそれで風俗行かなくてすむだろうけど、それまでにどんだけの労力かけるんだよ。

俺は、医者で、一回の当直で10万とか給料もらうからナンパにかけてる時間分働けば、風俗美女とやれる。

風俗ってのも、よーするにナンパ師に似た、スカウトマンがいい女をナンパして、風俗に横流ししてるわけだからナンパしてるより効率がいい。

から、どーもナンパはやる気でない。

でないが、趣味の一つとしてコツコツ続けるのはいいことだと思う。

なので、暇があればやるが、そんなガツガツはいけないっぽい。

ナンパ技術を磨くよりは、風俗気持ちよくなる技術や、オナニーを充実させるほうがコスパがいいし。

ってか、俺みたいに金稼げなくても、多分、オナニーを充実させるほうが、ナンパテク充実させるよりコスパいい。

2015-03-07

盛大に惚気る

年上の彼は真面目で誠実で可愛い

私が怒ると、困ったようにオロオロしている。私が怒る理由は大抵、過去に彼と噂になった他の女の子へのヤキモチだ。漸く最近その噂自体が誤解だと分かってきたのだが、蓋を開けてみれば何ということも無く、彼は初めて指導を任された(クセの強い)後輩にてこずりながらも、一生懸命指導してきた過去があるだけだった。(普段淡白な彼が一生懸命ラポール形成しようとコミュニケーションをとっていたのが周囲に誤解されていただけらしい)

その詳細は彼から聞いた訳ではなく、彼の元上司から聞いた。私が怒った時に、そういうことを彼自身がきちんと説明してくれれば良かったのにと思うけれども、何に怒っているのか・どう話せば良いのかわからなかったんだろう。仕事では細かい事まで気が付くし、交渉ごとも自信満々に進める癖に。かわいいやつめ。

プロポーズの時もそうだった。普段の仕事がデキるだからプロポーズもがっつり王道かと思いきや、良いレストランを予約した割にプロポーズは家に帰ってきてからだった。それも、帰ってからだいぶ経って、もう帰ろうかというタイミングで、ちょっとモジモジしながらサプライズプレゼントをくれて、「プロポーズの方はね、、どうしたらいいかわからんかった。。あの、結婚しましょう。してくれますか」とめちゃくちゃ照れてモジモジサワサワしながらプロポーズしてくれた。バッチリプロポーズを予想してただけにびっくりしたけど、あまりのかわいさに笑ってしまって、ついでにきゅんきゅんしてしまった。もちろん答えはイエスだ。

彼は背が高くて骨っぽくて、ついでに鼻も高いので横顔がとても綺麗だ。もてそうなのに、女の扱いに全然慣れていない。食事に誘ったのも、初めてキスした時も私からキスの時は、夜景が見える公園一生懸命からキスを待ってるのがかわいかった。

sexが楽しくなったのも、彼と付き合い始めてからだ。彼からまり経験は感じないのだけれど、気遣いや扱い方が好みだからだろうか。ちんちんで遊んでも怒らないし。お風呂たまたまの皮伸ばしても怒らないし。イく時に顔をぎゅっと顰めるのもかわいい。もちろん、単純に気持ちも良い。

私は彼を丸ごと抱っこしてしまいたいくらい可愛くて愛おしいと思っていて、でも全然怒らなくて冷静でタフな彼に(精神的な意味で)抱かれて守られてもいる。この人が私だけのものになるなんて、とんでもない僥倖だ。

この幸せな気持ちや、彼に傾ける愛情や、愛おしいと思っている彼の特徴の一つ一つが、いつか色褪せてしまうことがあるのだろうか。ドリカムの歌のように、「好き」という気持ちを冷凍保存しておけたら良かったのにと思う日が来るのだろうか。そう思ってこの文章を書いている。もし色褪せる時が来たら、これを読んで感情や気持ちを思い出すことが出来ますように。これから連綿と続く日常のなかでも、彼を愛しつづけられますように。

2014-01-13

http://anond.hatelabo.jp/20140113163253

優越感に浸るのは良いが、友人をイラつかせてる時点でまだまだ子供だね。

イラつかせないで、自分シンパにさせるよう、ラポールを作れw

 

ネット面白くないのは暇つぶしに使ってるからじゃないか?

何か目的があって、それを達成させる為にはネットはかなり有益場合があるぞ。

 

例えば、良い企業に入って良い給料を得るのが目的なら、そういう会社の人をネットで探してコネを作っておくとか、他にも色々活用方法はあるでしょ。

テレビみたいに受動的に楽しもうとすると限界があるのは当然だよね。

2013-08-27

僕の初めてナンパセックスをしたときのことについて

確か、ナンパをしようと意識して一人でナンパを初めてから2回目だったと思う。

その日は午前中か街をウロウロしていたけど、初心者ありがちな完全な地蔵になっていた。3時間くらい喫茶店に入ったりタバコを吸ったりして時間けが過ぎていたが、「ここまで来たからには声だけでもかけよう」と思っていた。

周りが暗くなりかけたころに、大通りに面してはいるけど、繁華街に比べたら人通りのすくない交差点を歩いていると、駅とは反対の方向にショートカットスタイルの良い女性が歩いていた。

普段接している女性と比べると明らかに1段上の女の子だったけど、「まぁ、いってしまえ!」みたいな気持ちで声かけした。

最初から笑顔で話してくれたがスタバに連れ出ししようとするとグダった。

僕は「じゃあ、コーヒービールどっちが飲みたい?」と質問した。

ビールのほうがいいかな」

そのまま近くの居酒屋に向かった。

普通OLさんだった。お酒お入り、吸っていたタバコも同じだった。

共通の趣味があったのでその話題で盛り上がった。

遠距離恋愛中の彼氏がいるらしい。

から考えるとこれが「ラポール」ってやつなんだと思う。

対面式の個室だったのでボディタッチはそんなにしなかったが、頭を触っても全く嫌がらない。

「これ、即れるんじゃないか?」

こんなにうまくいくことがあるんだとびっくりしていたと思う。

お互い一人暮らしだったので、自宅の話題になった。

女の子自分の部屋が汚いと言っていたので、「見せてよ、掃除してあげるから」と答えると「え~いやだよ~」と言っていた。

完全な形式グダだった。

そのまま会計を済ませて、店を出てタクシーに乗った。

タクシー内では僕は緊張していてあまりうまく話せなかったと思う。

ただ、もう無理にしゃべる必要はなかった。

女の子の家についた。

1Kのきれいなマンションだった。思っていたより全然汚くない。

ソファに座ってコーヒーを飲みながらテレビを見た。

肩を抱くと向こうからキスをせがんできた。

そのままベッドに倒れこんでセックスをした。

終電で帰ると言うと駅まで送ってくれた。

道中、「私こんなこと普段はしないんだよ」と言っていた。

僕は「俺もだよ」と答えた。

こういった言葉を疑うのは野暮だと思う。

連絡先は交換しなかった。

ナンパタイミングが全てだと思いながら家に帰った。

2013-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20130123134434

こんなふうに換算するのは無粋かもしれないけれど、1時間あたり数万円が飛んでいってもおかしくないようなケアなんだ。いや、ラポール形成の下準備に期間をかけることを考えればもっと高額になるかもしれない。

おっさん達がクラブスナックとかの「水商売」に高額を費やすのも、こういうことなんだろうなと思った。

ケア

 「甘えさせる」とか「優しくする」とか「愚痴を聞く」、「慰める」、「サジェスチョンする」などの心のケアを行う。行ってくれる自分以外の他人。その価値って言うのを低く見積もってるんじゃないのか?

 これはすごくすごいことだよ(小並)

 こんなふうに換算するのは無粋かもしれないけれど、1時間あたり数万円が飛んでいってもおかしくないようなケアなんだ。いや、ラポール形成の下準備に期間をかけることを考えればもっと高額になるかもしれない。

 いやそんなことはない。馬鹿話をして愚痴を言い合うくらい日常的に友人とやれるだろ? って、それは決してケア価値が安い理由にはならない。その友人と友人との関係がそれだけバリューがあり素晴らしいと言うだけなんだ。(一般論で言って)友人、恋人家族というのは上記のような金額換算したら誰しもが破産しかねないようなケアを相互にやっているから素晴らしいし尊いんだ。

 時に自分は、それに値するような何かを、自分の側からは友人だと思っている人々に、少しでも返せているんだろうかと思う。それを考えると飲みに誘うことさえためらわれることもある。でもそこで手を離すと本当に何も返せなくなるのでメールを送る。シモネタからめて。ごめんなさい。今週のネタはすこし滑った。

 増田に言いたい。この種のケアを一方的に求めると、相手はすり切れてしまうんだよ。中学生時代僕らが夢想していたように、女性というのは女神じゃないのだ。精神キャパシティは口座に似て残高がある。引き出してばかりだと相手は破産してしまう。僕らが夢見ていたような「女性女性らしい優しさ」というのは、あれは女子生来備わっているものじゃないんだ。女性が、意志の力で、自分の中のエネルギー結集して合成しているものなんだ。でもそれに幻滅するってのもちがう。むしろ、だからより尊いと思うよ。それは希少な資源で、女性が特別だと思う相手に与えるものからだ。

 もっとも男だって大差ない。世間を見渡してみれば、口座残高に余裕がある人と無い人ははっきりといる。

 大人になるというのは、周囲の人間に多くのケア提供できる。その能力を持つことだと思うよ。

 俺たちは子どもの頃、無制限にその希少なケア資源を周囲に要求してきた。足りてないと判るとスーパーの床に泣いて転げ回ってまで愛情を求める生き物だった。しかたない。子どもにはそれが必要だし、ないと成長できない。ほとんどの子どもは両親の精神キャパシティ口座から大きな額を引き出して、しか自分からは与えない。子どもってそういう生き物なんだ。だから奥様の希少なやさしさは、いま、お子さんが使っている。そのエネルギーで大きく育とうとしている。でもそれは子ども時代増田だってそうだったはずだ。

 たとえばあなたはお祖母ちゃんに大きな負債がある。お祖母ちゃんは口座から引き下ろし増田に与えたんだ。

 でもそれはおそらく確実に返せない。あなたも、僕も、他の誰もが、残念だけどその種の負債を返しきることが出来ない。返す前に相手は目の前から去ってしまう。

 大人になるって言うのは、それを自覚して、だからせめて自分にまったく借りもないような周囲の親しい人々にギフトをすることだと思うよ。そのチャンスが目の前に奥様とお子さんという形で生きているんだから

2009-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20090713021256

俺も20代後半まで彼女できなかった。彼女どころか、女友達もいなかったよ。

26ぐらいまで正直人生も含めて殆ど諦めてたんだけど。

ある日突然、一念発起して、さまざまなトライアルエラーを繰り返して、半年くらいかな?

「いきなり、彼女つくるのを目指すのではなくて、とりあえず仲のいい女友達をつくろう」

という方針に転換したところ、ものの半月で、生まれてはじめてのカノジョができた。

(その後、何回かの別れと出会いを繰り返し、去年結婚

結論から言えば

会話の能力の土台=共感

だということをまず理解する必要があると思う。そりゃあ、楽しい話題をテイキョウして、芸人のようにうまいこといって、女の子を笑わせることができれば、それに越したことは無いが。そんなことやってスベったら「サムイやつ」って思われて、致命傷を負うことになる。こうなってしまうと、そう簡単にリカバリーは利かない。

変に無理してサムい話題を提供してしまうような努力をするぐらいなら、相手の話に共感できるようになることに注力したほうが100倍効果的だ。発信する能力が殆どなくても、徹底的な共感力さえあれば、女子に気持ちよく笑って貰えるようになる。

話の内容に同意できないことは、「なるほど。~ちゃんの立場だったら絶対そう思うよね!わかるよ」と共感したあとで、「俺は、●●●っていう立場だから、▲▲▲って感じるよ」といった具合に伝えられるようになることも大事。(決め付けたり押し付けたりするのではなくて、「感じる」とか「思う」とか、飽くまでも自分意見として伝える)

自分意見」と「共感」とは別の次元にあるんだっていうことが理解できて、それらを日常会話で区別できるようになったら、すごく楽になった。

共感 ⇒ 相手の立場、性格を踏まえて、相手になったつもりで、その状況を感じる。

自分意見 ⇒ 自分の立場、性格を踏まえて、その状態を感じる。

具体的な技法としては、「積極的傾聴」とか「アクティブリスニング」とか「ラポール」でググれば、わんさか出てくる。これを机上の知識としてだけでなく、実践してスキルとして体得することができれば、同世代の男子とは別次元コミュ力を発揮できるようになる。

通常、そこまでする必要はないし、中には日常会話ではとても使えないキテレツな技法もあるが、自分が使えそうと思うものだけを取り入れるだけでも全然違ってくる。

話のネタとして、自分の身の上話っていうのはある程度距離が縮まってからなら、そんなに悪いネタではないよ(ただし、自慢話を延々続けるのは最悪)。自分の体験を開示することで、相手も身の上話を開示しやすくなるっていうのはあるから。

ただ、基本としては、自分が話をするよりも、相手の話を聴くことに注力する方が女子にとって遥かに楽しい時間になりやすい。普通に会話できるぐらいの関土台ができたら、少しずつ過去に遡って、楽しかった思い出とか、過去にハマっていたこととか、小さい頃どんな子だったのか?とか、初恋の子はどんな子だったのか?とか。これまでの恋愛はどうだったのか?とかとか。楽しそうに語ってくれていることをきちんと確認しながら(尋問になるのも最悪)、きちんと共感しながら聴いていけるといいんじゃないかと思うよ。

2009-06-20

http://anond.hatelabo.jp/20090620222003

ラポール形成すれば目を見るようになるよ。

なぜかというと、目は口ほどにモノを言うというように感情をよく表すから。

心のバリアがとれ相手への興味が高まると、目を見て相手の感情をつかみながら会話するようになる。

http://anond.hatelabo.jp/20090620220433

カウンセリングやってるからラポールの形成には気を配ってるが、

こちらがまだ何もラポール形成してない段階で、相手が表面的に好意を示そうとしてるような時は、

身は乗り出しても、目はこっち見てない場合が非常に多いよ。

だから、俺の言った判定法はけっこう確実性高い。

もちろん、誤判定もありうるから、たくさんの判定法を併用するよ。

2009-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20090430141931

そっか。

俺のネガティブさは友達として受け止められるキャパシティを超えてたのか。言われなきゃわからないって俺も相当だな。あはは。ちょっとすっきりした。ありがとうございます。

カウンセラー医師とはありのままを全部話せるだけのラポールを築けてないなぁ・・・。時間かかりそうだ。

2009-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20090126042346

横から失礼。

「休んでないで行動しろ」っていう指摘は、自分のためを思っていってるんだろうけど、浅はかだし真に受けるべき物でもないと考えてる。

それには「エネルギーの回復サイクル」という概念が抜けているし、アドバイザーはそんなことを気にとめていない。 というか、アドバイザーはその時に「問題なんです」って提示された問題の一部に対して反応してるに過ぎないことが多いし、当然問題の全体像をつかんでいるわけでもない。

だから、アドバイスしたがる人、コントロールしたがる人には「僕の問題は影響範囲が大きくて、複雑です。アドバイスしていただけるのはありがたいのですが、中途半端に関わっていただいても誰も幸せになりません。 問題が悪くなっても、あなたにご迷惑をおかけすることはできません。 自分の問題の全体像をお伝えしたいと考えていますが、もちろん他になさらなければいけないこともおありかと存じます。 大変失礼で申し訳ございませんが、深く関与するか、全く関わらないかのどちらかにしていただけないでしょうか。」って伝えるようにしてるよ。

相手の気分を害さないようにするけどね。

因果律を無視した中途半端アドバイスがある意味一番有害だと思ってる。

もちろん、自分で、自分の作業効率を管理する。 関わるなといった以上助けは求めない(多分どっちにしろ助けてはくれない。)

それでもラポールは築けるよ。大丈夫。 他愛のない話だけでも、自分エネルギーをチャージする方向に持っていくことができたらそれが一番助けになる。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん