「ユリ・ゲラー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ユリ・ゲラーとは

2019-07-14

1980年台の若者向け作品における超能力ブーム

そういうものがあったような気がするんだけど

1970年からオカルトブームノストラダムスとかユリ・ゲラーとか)とは一線を画してるというか

アイドルブームアニメブームと結びついて独特の雰囲気を醸している作品群があったような

2018-07-08

70年代80年代90年代00年代 オカルトブーム年表

年代事象備考
60年代妖怪ブーム1968年からアニメゲゲゲの鬼太郎』開始)
ムー大陸1968年に『失われたムー大陸』が翻訳出版
ヒッピームーブメント
1970年ヒバゴン広島県比婆郡で目撃された猿人
1975年に終息宣言
1972年クッシー屈斜路湖で目撃された巨大生物
ネッシーに倣って命名
1973年書籍ノストラダムスの大予言五島勉
1973年小説日本沈没小松左京
終末ブーム
1973年UFOブーム矢追純一
70年代末まで
1973年漫画恐怖新聞つのだじろう
1975年まで連載
1973年漫画『うしろ百太郎つのだじろう
1976年まで連載
1973年テレビドラマ『すべって転んで』田辺聖子
ツチノコブーム
1973年漫画『幻の怪蛇バチヘビ』矢口高雄
ツチノコブーム
1974年映画エクソシスト
1974年ユリ・ゲラー来日矢追純一
超能力ブーム
超能力少年
1974年書籍『狐狗狸さんの秘密中岡俊哉
コックリさんブーム
1974年書籍『恐怖の心霊写真集』中岡俊哉
心霊写真・地縛霊
1976年オリバー君来日人間チンパンジー中間存在と称する
1977年ニューネッシー漁船に引き上げられた謎の生物の死骸
ウバザメとされる
1978年映画未知との遭遇
1978年書籍ピラミッド・パワー中岡俊哉
もともと世界的なブーム
1978年テレビ番組川口浩探検隊シリーズUMAなどを探索する
1985年まで放送
1979年口裂け女都市伝説
1979年雑誌ムー』創刊
1982年映画E.T.
1982年ミステリーサークル80年代話題
1990年には日本でも出現
91年にはいたずらと判明
1983年前世ブーム1983年 映画幻魔大戦
1986年 漫画ぼくの地球を守って
1984年統一教会霊感商法批判文藝春秋朝日ジャーナルなど
1985年書籍運命を読む六星占術入門』細木数子
1985年宜保愛子霊能者
80年代後半から90年代初頭
1993年大槻義彦などから批判
1985年小説帝都物語荒俣宏
1986年新興宗教幸福の科学設立
1987年新興宗教オウム真理教設立前身ヨガ教室1984年から
1987年ゲーム女神転生ナムコアトラス
1987年書籍大霊界 死んだらどうなる』丹波哲郎
1989年ツチノコ共和国建国奈良県吉野郡下北山村
1989年人面犬都市伝説
1989年Mr.マリック超能力者風の演出バッシングを受ける
1990年漫画MMR マガジンミステリー調査班』石垣ゆうき
1999年まで連載
1990年テレビドラマ世にも奇妙な物語
1990年小説学校の怪談常光徹
学校の怪談ブーム
1995年映画化など
1991年チャネリング」が流行語大賞特別賞を受賞受賞者は『幸福の科学』の大川隆法
1992年と学会設立トンデモ本世界』発売は1995年
1993年書籍『理性のゆらぎ』青山圭秀
霊能者サイババ
1993年漫画地獄先生ぬ~べ~原作真倉翔
作画岡野剛
1999年まで連載
1994年海外ドラマX-ファイル
1995年地下鉄サリン事件
1995年アニメ新世紀エヴァンゲリオン
1996年書籍神々の指紋グラハム・ハンコック
超古代文明
1997年テレビ番組奇跡体験!アンビリーバボー一時期、心霊特集を組んでいた
1998年ビートたけしのTVタックル超常現象スペシャル大槻義彦
1998年映画『リング』
1999年ノストラダムス予言した年
1999年ライフスペースミイラ遺体事件
1999年法の華詐欺事件
2000年2ちゃんねる洒落怖スレ2003年 くねくね
2008年 八尺様
2001年テレビ番組『USO!?ジャパン2003年まで放送
2003年映画呪怨
2003年小説ダ・ヴィンチ・コードダン・ブラウン
2003年パナウェーブ研究所
2004年テレビ番組ズバリ言うわよ!細木数子
2008年まで放送
2005年テレビ番組オーラの泉スピリチュアルブーム
美輪明宏江原啓之
2009年まで放送
2006年書籍ハローバイバイ関暁夫都市伝説信じるか信じないかはあなた次第
2010年パワースポットブーム
2012年マヤ暦にもとづく人類滅亡予言
2013年ゲーム妖怪ウォッチ』


最近オカルトブームを振り返る人が多いけど、あまりに言っていることがあやふやなので、とりあえず調べられるだけ調べてみた。

しかし、こういうのはオウム記憶も朧げな俺よりも、当時のことを知ってる奴がきちんとまとめるべきだと思うんだよな。

2018-07-06

1990年代オカルトブームは異常だった

オウム真理教麻原彰晃死刑囚死刑執行ニュースを見て感じたことを書いてみようと思う。

一言で言えば、当時の日本社会オウム真理教のようなものを求めていたのではないか

1990年代テレビ雑誌では、表題のようなオカルトブームの全盛期だった。

スプーン曲げとか超能力であるとか、当時の若者たち神秘的な現象にあこがれていた。

ユリ・ゲラー宜保愛子とか、今考えるとインチキしか思えない霊能力者が当たり前のようにテレビに出ていた。

ノストラダムスの大予言によって、1999年7月に人類は滅亡するということが繰り返しのようにテレビ放送されていれば、それを鵜呑みにする人間が多く出てきてもおかしくなかったのだ。

掴みどころのない社会不安支配している中において、オウム真理教は出現したのだ。

松本サリン事件地下鉄サリン事件を起こした後は、世の中は手のひらを返したようにオカルトブームを忘れていったけどね。

2015-06-21

オカルトは笑えて、スピリチュアル必死

なワケねーだろ。

スピリチュアル叩きたくて、オカルトを持ち上げてるだけじゃねーか。

ユリ・ゲラーやら織田無道やらを

いささかのわだかまりも怒りもなく許せる者だけ

そう発言しろ

2014-12-09

男のツラさや性欲を受け止められる女

http://anond.hatelabo.jp/20141209133304

男のツラさや性欲を受け止められる女こそ、昔から言われる良妻賢母なんだよね。

そして、そういう女を目指すのが、本当の女磨きなんだよね。

結局、わがまま女は、自分わがままのせいで、自分が望む幸せすらつかめない。

男のせいだー男のせいだーと言ってるうちは、女は自分すら不幸なままだ。

男を理解して、受け止めることが、男女にとっての幸せにつながる。

で、何かを主張するなら、察してもらうことを期待しないこと。

男は皆ユリ・ゲラーエスパー伊藤ミスターマリック以上の読心能力を持っていると期待しないこと。

主張にはきちんと根拠を入れて話すことと、人格攻撃人格否定をしないこと。

それがルールであり、ルールから外れればペナルティ不倫離婚 がある。

女側がどういう主張をしようが自由だが、自分の不幸の道に男を巻き込まないでほしいものだ。

2014-02-24

http://anond.hatelabo.jp/20140224192349

そもそも慰安婦自体が、ユリ・ゲラースプーン曲げレベルの話なんだよなぁ。

テレビでやってるから正しい」

ってレベル

一番最初にそれがデマだって知った時の衝撃がすごいのは察するよ。

でも、それ以降は「まだ知らなかったの?」って感じになるもんだ。

2009-02-16

別に誰の責任でもなく運が悪かったで済むようなところをわざわざ自己責任として叩く奴が増えた気がする。

誰かの責任をなすりつけて自己責任だ、としているというより、そもそも別にだれだれの責任だと言う必要もないところで無理矢理自己責任にしているというような。

自己責任だという人の言い分は近頃酷い人だと「そうなることを予測できたはずだった」「相手がそういう人間だと見極められたはずだった」とかそういうタイプが多いが、そんなに一般人を買いかぶられても困るだろう。普通の人は未来の事なんて予測できないのが普通ユリ・ゲラーじゃないし。ユリ・ゲラーもできないが。

たとえばそういう人に「そうなることを予測できたはずだったろう!」と言われて「いや、できません」と言ったらどうなるのだろうか。「できないんで、責任ないっす。殺人犯だってなんか精神鑑定とかして責任免れたりするじゃないっすか、俺、バカなんで、予測できなかったっす」と言ったら。

たとえばそういう人に「最近こういう強盗が多いらしいっすよー」と言っておいて、その人にある日自分が強盗を働き、後日へこたれているその人に、「だから言っておいたじゃないっすか。予測できていたんだからあなたの責任すよね」と言ったらどうなるのか。

そもそもそういう人は自分は絶対大丈夫だと思っているのか?自分だったらば、そんな「予測できたはずだった」「そういう奴だと見極められたはず」なんてとても言えないぞ。そんなことができる自信がないからなw皆さんはそういう自信がおありになるのでしょうか。それとも想像力の無い方でいらっしゃる?それとも、できないと薄々思ってるけどいざ自分がそうなったらこんどはあんな事を言っていた「責任」を忘れて泣きつくつもりでいらっしゃる?

自己責任だ!」って言った奴は一人一人、「この件で、こういう理由で自己責任と言った」ということを記載しておいて、いざ同じような目にあったときにそれを突きつけるようにしておけば安易に「自己責任だ」などという奴は減るのでは?

なんつーか逆説的だけど、「無責任に」自己責任とか言う奴多すぎなんだよな。他人に責任言う前におまえその言葉責任もてるのかよと言いたい。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん