「モエシャン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モエシャンとは

2019-10-03

オプザイルと化す高校球児たち

高校卒業してしばらくした頃、所謂ネットワークビジネスに手を染めた同級生が何人か居た。彼らはアツい仲間だの、人生逆転だの、そういった言葉をかつての仲間たちに振りまいて何人かの人生をともに陥れようとした。

本当に儲かるんだぞ、ってことの証拠に彼らがこぞってInstagramに載せるのは、ルイヴィトンモエシャンドン、そして肉寿司だった。

俺の周りでは、こうした詐欺にのめり込んでしまう者の大半が元高校球児だった。生き甲斐を失った空虚感に餌を蒔かれたことが、簡単想像できる。

まり稚拙下品な誘いに、どういう生き方をしていたら引っかかってしまうんだと、こちからしたら想像もつかないくら馬鹿たことだけど、それも仕方ないことなのかもしれない。それぐらい彼らの世界には野球しかなくて、それに人生を捧げていたわけだから

部活に熱中し汗流す学生時代を過ごすのはとても素晴らしいことだけれども、

何も知らない大人にならない様、これから高校では、このようなケースを未然に防ぐ教育を、被害者OBを招いて講演をするなどして行うべきではないかと思う。

2016-05-14

ホストクラブに行った 4

続きです。最終回

☆Z君

Z君は見るからに優しく穏やかな雰囲気の人です。バンドの他メンバー奇人変人が多くメチャクチャ言動もあったのですが、それを上手く常識的フォローしてる感じでした。でもマトモすぎて目立たなかったです。顔はすごく綺麗なのに。まぁ私も変人メンバーの大ファンでZ君のこと殆ど見てなかったし(笑)


あ、Z君とかO子ちゃんとか書いてますイニシャルは本人たちの名前とは関係ないです。

そしてここでは「君」と書いてますが、私は好きなバンドメンバーに対しては年下でも絶対に「さん」づけです。尊敬して見上げる対象なので。


ホストになった今のZ君の目標は、成功して経営者になることだそうです。

目を輝かせて語る様子がなんだかすごく心配で 「いま借金したらダメよ!」と思わず話をさえぎってしまいました。いやーわりーねー^^; 悪い人に乗せられてるんじゃないかとオバチャン心配なっちゃったんだよ。

くじけずに話を続けるZ君。

バンドマン引退してもなかなか職が無い。バンド活動頚椎腰椎を痛める人も多いが、そうなると特に大変。なのでそういった人たちも安心して働ける場(ホストクラブなのかな)を作れたら、、、という夢を語ってくれました。

うん、元バンドマンのやってるバーは結構あるらしいね

まーホストの言うことどこまで信じられるかってのもありますけどね…  目標が何にせよ、お酒に弱いZ君は体壊さないでほしい。だからお金早くいっぱい溜まるといいね

でもホストお金が溜まるってことは、その人を好きになっちゃったお客さんの若い女の子が無理してるってことなんだよね…


シャンパンコール

メニュー見せて貰ったらお酒みんな予想以上に高い。モエ・エ・シャンドンが4万円(税・サ込で5万2千円!)ギリギリ予算内だったので注文。で、シャンパンコールついちゃいました♪ 

ホスト私たちの卓に召集されて他のお客さんは皆放置されるという全ての沙汰がカネ次第状態

ギュウギュウ詰めの若い男性に囲まれるのは圧巻。隣にZ君が居るのが何よりシュール。他のテーブルシャンパンコールやってた時はなかなかにテンポが良くって楽しく聞いてたけど、これだけ近いとみんな声もでかいビビます。そして私はグラスに注いでもらったのですが、気づくとZ君がラッパ飲みし始めたのをO子ちゃんがむしり取って豪快に飲み、隣のホストさんへとボトルがまわっていって……飲み干されました。5万2千円払って姫様(注文した私のことです^^;)はグラス一杯しか飲めないのかよ!あまりのアホらしさに爆笑

まぁ人生に何回かこういうバカ丸出しのお遊びがあっても良いかなーという感じでした。

モエシャンドンお好きなんですね」

クイーンの歌に出てくるからね」

「?」

キラークイーンという曲の出だしで、彼女モエシャンドンを綺麗なキャビネットに常備していて、ってあったから。」

ジェネレーションギャップですな(笑)

今どきの若い人はあまり洋楽聴かないよね。

日本ロックも立派になってるからなんだろうね。


☆さいごに

さりげない感じでZ君の腕が私の肩に廻った。

ここで違和感が極まってしまい、身体がこわばってしまった…

それは無いわ。

すぐ気づいて引っ込めてくれたけど。

そういうの期待してる可能性もあるだろうからと親切でしてくれたんだろうけど。

バンドでの握手会握手したり撮影会で3秒ぐらい隣に座るのは嬉しいけど、それ以上は無理だわーーー

Z君ファンの子にも申し訳なさすぎる。

Z君のことはミュージシャンバンドメンバーとして尊敬してたし、ライブ作品通して良い時間を過ごさせてもらった恩を感じるから、今後も出来る範囲内で応援したいと思っている。でもイチャイチャしたりは望んでないし無理過ぎる。彼に男としての魅力が無いと言ってるわけじゃないです。神聖ものを壊したくない、みたいな感覚


まぁ、結果行ったことは後悔してないし、楽しかったです。機会があればまた行くと思います。これでこの話は終わりです。


はてな匿名ダイアリー初めて使ったので見にくいと思いますすみません。長々と読んでくださって有難うございました。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん