「ミルグラム実験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミルグラム実験とは

2019-04-14

時代性という話

アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンインディアンに対する差別黒人奴隷プランテーションを大々的に行ったから、建国の父として讃えられることは間違っていると主張するニュース記事を見た。

個人的にはアメリカにもワシントンにも思い入れはないので、別に彼を擁護するわけではないのだが、このような考え方には違和感を覚える。あなたが彼だったとして、あの時代に生きて、奴隷制に反対という立場を取るだけの勇気があったのか?と偉そうなことをいってみたくなるのである。よく言う、時代性を考えれば妥当じゃないかというやつである

どうして時代性という考えが生まれるのか。我々の倫理観はどうして進歩するのか。

人は、環境によってその生き方を変える。アイヒマンという有名なナチ高官がいた。彼はもともとは穏健派でマジメな公務員タイプ人間で、ユダヤ人はアーリア(ドイツ)人と隔離して生活させるべきという思想こそ持っていたが、虐殺することはやりすぎだと当初は考えていた。しかし、他のカリスマある過激派幹部党員たちと討論を重ねた結果、ユダヤ人はやはり根絶やしにするべきだと意見を翻す。

結果としてユダヤ人虐殺する命令書にサインした彼は、当然のことながら裁判にて死刑を言い渡されるが、のちに、彼と同じような圧迫状態に置かれたとき人間倫理にもとる行動を取るかを調べた、いわゆるミルグラム実験において、人間の多くは道徳より権威安全・保身を優先することがわかった。

人を、倫理を、道徳規定するのは環境だ。では環境規定するのは何か?一体何が奴隷という怖ろしい制度肯定する道徳を生むに至ったのか?

ワシントン時代奴隷労働による大規模なプランテーションなしにはアメリカ工業化は支えられなかっただろう。リンカンによる奴隷解放だって北部工業化が十分に進んだ結果、奴隷需要が薄くなったのが原因のひとつだとされている。

彼らは、奴隷労働なしには生きられなかったのだ。少なくとも、奴隷労働なしにはアメリカ今日のような巨大工業国に育つことはなく、このグローバルな科学社会もいまほど繁栄することはなかったであろう。

環境規定するのは科学技術だ。人類の知恵だ。我々の需要を、その時代科学技術が満たしきれないとき、我々は一部の社会的弱者に負担押し付けてやり過ごそうとする。これは時代を超えて起こってきたことだ。日本国内を見ても穢多非人部落など枚挙に暇はない。

奴隷労働という『悪徳』の恩恵享受した我々が、そのことによって得た新たな道徳観で彼らを批判するとはなんだか皮肉だ。回顧主義によって昔の人の悪徳批判するのもいいが、むしろ未来人間批判されるべき悪徳が自らに備わっていないか、我々はもっと考えるべきではないか

非正規雇用労働者医学部不正入試問題保育士看護師と言った一部の職業常軌を逸した低賃金労働、過密環境下での畜養エトセトラエトセトラ……これらは、数十年後科学技術進歩したときにはおそらくほぼ解決されるだろうと私は考えているし、その暁には未来運動家たちの回顧的な批判さらされるだろうとも、私は考えている。

貧困にあえぐ非正規雇用労働者労働者全体の数十パーセントまでをも占めるのはなぜか。会社正規雇用者を雇って保険料その他の経費を払うだけの経営的体力がないからだ。会社流動性の高い人手を求めているからだ。正社員がその要件を満たすようにするための仕組みがないからだ。それらの問題解決し、全ての雇用者たちに十分な生活物資を与えるだけの生産技術を我々が持っていないからだ。

犬や猫といった一部の哺乳類動物愛護法で手厚く守られているにも拘らず、同じ哺乳類でも豚や牛は毎日おびただしい数が動物愛護という概念につばを吐きかけるような環境で肥育され屠畜され死んでいくのはなぜか。そうしないと我々は良質かつ大量の動物性蛋白質を手に入れることができず、そして動物性蛋白質を手に入れなければ人は健全に成長することが難しいからだ。

女性医者になることが嫌われるのはなぜか。女性妊娠したときに、医療という絶対に穴を開けてはならない業務にできる巨大な穴を埋める方法現在見つかっていないからだ。そもそも女性妊娠したときに長期に渡って休職しなければならないほど、医療技術リモートワークが進歩していないからだ。

話はそれるが、医学部不正入試の際に、この問題を提起した人が炎上していた。女性が多くなると、その分医療従事者に負担が増えることになり、システム全体が崩れかねないと。日本に生きている以上、誰しもこの構造的な問題恩恵を受けているはずなのだが、これを一方的に叩いていた人は一体何様のつもりなのか。さぞ時代を先行きする高い道徳心をお持ちなんだろうな、と思いながら見ていた。

もっと直接的な話をしよう。石油資源を燃やさないため、トウモロコシなんかの生物資源から取り出した燃料を使おうという動きはかなり昔からある。だが、もし今すべての車がバイオエタノールを使いだしたら何が起こるか。全ての森林トウモロコシ畑にしたとしても、我々の消費しているエネルギー生産するにはとうてい足りないのだ。つまりバイオエタノール生物燃料という考え方は(少なくとも現行の技術では)人類を支えるだけの力を持っていない。現在の我々は自らの使うエネルギー自己生産することすらできないのである。そして、そのつけを払わされる社会的弱者とは、未来人たちだ。彼らは、化石燃料は燃やし尽くされ、大気汚染され尽くした地球という大きな負担押し付けられるのだ。

この我々の巨大な『悪徳』に対して、我々は未来人になんと言われるのだろうか。呪詛を投げつけられるのだろうか。それとも、時代性という言葉とともに、やんちゃをしてしまった子供を見るような目で許してくれるのだろうか。いずれにせよ、今のところは物言わぬ存在である彼らから批判されないのを良いことに、彼らに莫大な負債押し付けていることは間違いない。

我々は皆、生きていくために必死だということを言い訳に、平気で他者を踏みにじる、巨大な業を背負った罪人なのだ。そして、そうである以上批判されることはあるし、完全に正しく生きてかつみんな幸せにしようなどという幻想は捨てねばならない。様々な意見を取り入れ、熟慮し苦悩した末の自らの選択批判されないと思ったら大間いである。皆あなたと同じように苦しんで、罪を背負って生きているのだ。むしろ、我々の権利とは、自由とは、選択とは、もらった批判を受け入れるか、心の中でくさすか、そこにこそあるのだ。

理想論を語るにしろ現実論を語るにしろ、それを受け入れるところから始めなくては、現代社会問題に関する議論的外れものになってしまうだろう。

2018-10-15

anond:20181015151629

スタンフォード監獄実験とかミルグラム実験でしょ

絶対的権力を持ったときにそれを行使するように性格が変わっていくって奴

サドから外科医になるんじゃなくて外科医になったかサドっぽくなるだけ

2018-03-17

https://anond.hatelabo.jp/20180316223809#tb

こまば当事者カレッジ愚痴です。

精神健康の増進」という国民課題に対して、いちばん当事者意識がないのは東京大学でしょ。

初回のオリエンテーションからひどかった。フィンランド精神療法のリフレクティングというのやらされました。

こちらは援助職じゃないんです、当事者なんです。当事者精神療法をやらせる。無茶振りもいいところです。

私はこの後3週間ぐらい、自殺衝動が強くなりました。

回りくどいことをやらせずに、ストレートに話をさせ、来たことを褒めてくれれば、いちばん精神衛生にいい。

協働というのは、来ただけでエラいので。自腹で来ているだけでえらいんですから

ミルグラム実験を思い出しました。閉鎖的な環境下での学者心理実験には要注意。

非人道的だと思ったら外部に助けを求めること。ぜったい密室にさせないこと。

向こうは「場の安全」とか言いますけど、いちばん危ないのは君たちでしょ。

倫理委員会に「一般から募集した障害者に対して、ミルグラム実験のようなことをやらないでほしい」と相談しました。

しか倫理委員会によれば、監視対象研究(主に医学部で行われる)なので、学習対象外との回答。これはおかしいと思う。

一般から募集した障害者というのはいちばんストレス脆弱性が高い層なので、注意深くあるべき。

第二回からは冒頭で「気分が悪くなったら休んでください」というアナウンスが入るようになったので、多少は気合が入った様子でした。

本当は保健所とか、労基署とか、独立した外部機関が入った方が、ガバナンスとしては正常だと思う。

プロなら最初から100点の答案を出せよな。

精神障害者から身体障害者まで、あらゆる障害者募集しちゃった。

小学校でも、普通小学校特別支援学校とでは必要教員免許がちがうわけですが。

受講生が生物学的に耐えられるかどうかではなく、自分たちの都合(政治的な正しさとか)を最優先した。

いつもの駒場論理で盛りだくさんのカリキュラムを組み、つめこみ教育をやった。

自分たち日本いちばん大学教員から指導力があるはずと奢っていたんじゃないですか。

一流大学教員指導力なんて求められない。応募してきた学生を振るい落とすのが仕事から、誰だってできる仕事

生徒ひとりひとりの個性を見抜いて、褒めて伸ばすなんていうことはできない。

受講生同士の横の人間関係を育てるという視点が欠落。ホームルームや学級会に相当する時間をまったく設けなかった。

ものすごいストレスが強いです。

とにかく文系学者弱者からひきはがしてほしい。

エビデンスを認めない。文科省報告書でも「実証」という言葉で叱責されていますが、理屈にこだわる。

建前を向こうは並べ立ててくるんですけど、こっちは体でストレスを感じている。エビデンスベースドで話が進まない。

安冨歩さんの『原発機器東大話法』を読んでいるんですが、この本は東大人の行動を理解する上で示唆に富んでいると思う。

「対人操作をやる」というのは納得。

交渉力が高い。雄弁・多弁で、すごいしゃべります文科省は「対話」という言葉で叱責)。感受性は低いです。

それってパワハラなのよ。

福島でも同じことをやっているんじゃないかと疑っている。

「都合のいい福島県民」を見つけてきて、自分たち東大話法でちゃっかり傍観者を装う。

ただでさえややこしい福島に、ややこしい東大文系が近づき、もっとややこしくする。

そうやって生成された摩訶不思議な「哲学論文」とやらを英訳して海外に発信。

中身を少し読んだが、自己満足の作文って感じだったので、そっ閉じした。

私たち税金社会の中でこんなふうに「有効に」生かされているっていうわけ。

必要なのは複雑化ではなく合理化。この人たちのリストラ

とにかく「哲学者に精神科医のまねごとをさせないでほしい」という大切な教訓を活字にする必要がある。

タコツボ文系学者が二度も三度も同じまちがいを繰り返すので苦労が絶えません。

2017-07-27

増田、状況に呑まれてるよ。それはきっと「君」じゃない。

https://anond.hatelabo.jp/20170715092225

自分マタハラ野郎なのかどうか、よくわからなくなってきた。

この増田を読んだ感想をまとめると

増田は状況に呑まれており、マタハラ野郎かどうかという増田個人価値観と言えるかどうか疑わしい

ブコメで「マタハラ野郎ですありがとうございます」と叩いてるブクマカも同じ状況なら大半は呑まれて似たようなことを言う

・状況が変わったとき、ジョセフ・ジョスター風にいうなら「増田は次に『あの頃自分おかしかった』という」

中小の超長時間労働会社に勤めていた時、周りは「まだ電車が動いてるのに、仕事をのこして帰るなんてどうかしてる。ていうか、終電逃してタクシーで帰ってない奴が『頑張ってる』っていうのおかしい」っていう価値観蔓延してた。

仕事量をコントロールしないで、きたものはやり尽くすっていう方針問題だったんだけど、そういう状況だと、職務遂行力が高い優秀な社員ほど、この状況に呑まれて行く。

有能だから権限が与えられる(仕事量のコントロールは除く)→責任が増える→達成する→褒められる→自分の異常な量の献身は正しかったと認識を補強される

このレールに乗れないと思った奴は、集団では「扱いづらい変な奴」か「やる気のない意識低い奴」と扱われる。

乗れた奴もいつかブッツリ切れて会社来なくなる。

そして、穴を埋めるための非常事態が発生して、「そもそもおかしいよこの状況」という問いを発する人間は「んなこと今言ってもしゃあないでしょ、正論君さぁ」と言われ、非常事態日常的にずっと繰り返される。

状況に呑まれ権限に補強されたら人間価値観は整形されるってのを間近で見て、ミルグラム実験が正しいって実感した。

から増田が「自分マタハラ野郎か」と悩んでいるのも気の毒に思うし、叩いてるブクマカも「はー、人間自由意思価値観の強固さを信じすぎじゃない?ウブだねー」って思う。

2015-11-04

南京大虐殺ホロコーストの違いがわからない人達がいるって

先日、一時間ほど電車に揺られていた帰路の途中、後ろの座席に座っていた学生と思しき男性二人が何か議論していたのだが、俺は寝たかったのでうるさいなぁくらいにしかわず、何を議論していたのかまでは覚えていない。

しかし、その中のある発言が脳裏に引っかかった。

・・・だって日本人だって南京大虐殺してるじゃん。ドイツホロコーストとおんなじ罪背負ってんだから

え? と俺は耳を疑った。

その議論相手もその発言自体には異を唱えず、「それはそうだけど〜」のように議論を続けたので、おいおいちょっと待て、そこスルーするかと。

 

南京大虐殺ホロコーストは全く別のものである。その事件の内容に様々な議論があるのはここではさておくとしても、決して同じ罪ではない。

南京大虐殺日中戦争最中に生じた悲劇事件であるが、アトローシティ、簡単に言えば軍隊調子に乗って暴れすぎて様々な犯行を犯した個々の事件総体を指す。始末に負えなくなった捕虜裁判もせずに殺戮処分に任せたり、軍隊規律が緩んで殺人傷害、強姦放火、略奪などの事件が多発してしまったり、それらの総体南京大虐殺個人的には大虐殺という表現は違うと思うけど)なのである。おそらくこれは、戦争なら古今東西よくある出来事だろう。

だが、ナチスドイツの行ったホロコースト全然それとは異質なものである

暴走という意味のみ同じであるけども、他はぜんぜん違う。

最初ユダヤ人差別主義思想からまり、それが進化論優生思想→淘汰による絶滅)と結びついて、ユダヤ人隔離政策となり、最初はあちこちに移送させて隔離しようとしてたんだが、戦争が進んで隔離もままならなくなって、もう直接殺してしましかなくなった、という犯罪である。こうした犯罪歴史上例を見ない。

 

学生らしき彼らがどんな議論してたのかしらんけど、多分、歴史をよく知らんのだろう。

以前、「自覚なき殺戮者」っていう、ホロコースト重要役割を担ったアドルフ・アイヒマンイスラエルでの裁判風景を素材とした映画を見たことがある。

それまで漠然と抱いていたアイヒマンへのイメージ、それはもっと冷酷かつ冷淡で残忍て感じだったんだけど、それとは全く異なって驚くほど役人的で、とにかく役人情熱でただだた与えられた仕事を黙々と遂行していた、それも熱心かつ情熱を持って多大なる役人責任からやっていた、と知って戦慄したものである

ミルグラム実験と呼ばれる心理実験があるが、これはこのアイヒマンがあまりにも役人的なことに驚いた学者が行った実験で、人間というのは誰しもが絶対的権威のもとでは相当な冷酷な非人道的行為でもやってしまう事を証明したものだ。

 

ともかくもだ、南京大虐殺ホロコーストはぜんぜん違うってことを知らない人は結構いるのかもしれん。

2014-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20140901230441

ああ、メカニズムはとても単純っすよ?

人間ってね、権威にとても弱いし、まわりの空気にとても敏感な生物なのよ。だからブラック企業に放り込まれるとたちまちバグる。次のリンク参考にして。残酷事実が待ってるから

要はブラック企業は上のリンク実験されたとおりに絶妙人間バグるようにフルチューンされた組織なわけ。

なんとかこのバグの発動を、以下の理論に基づくうまいルール社会に投入して、回避する事を検討したいところ。

ゲーム理論 - Wikipedia

2014-09-01

http://anond.hatelabo.jp/20140901000822

あれれ?才能なんていらないですよ?

有名な話で、環境さえ揃えば50%もの人が、そんなこと楽勝でできちゃいます

人間なんて、実はそんなものです。参考にして!↓

ミルグラム実験 - Wikipedia

2013-05-14

社畜大量虐殺

お前の好きなスタンレー・ミルグラムの「服従の心理」が映画化されてるぞ、という話を友人から聞いた。

あれをどうやったら映画化出来るんだ、頭おかしいんじゃねえの?と思っていたら半分マジだったようだ。エロそうだし見に行こうかな。

http://m.cinematoday.jp/page/N0052077

ミルグラムの方の服従の心理は「ミルグラム実験」について書かれたものだ。内容はかったるいのでWikiを読んで欲しいが、まあ善良な一般市民でも偉い人に命令されたら平気でひどいことしちゃう><というもの

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ミルグラム実験

ここからが本題。ミルグラム実験は別名「アイヒマンテスト」という。Wikiにも書いてあるとおり、「ユダヤ人ガス室に送りまくったアイヒマンさんは地も涙もない根っからサイコ野郎なの?それとも奥さんに花束をあげちゃう普通の人なの?」というところから始まったらしい。このアイヒマンさん、もし現代日本に生きていたらどうなっただろうか?在日特権を許さない会(笑)とかに入って楽しい活動をしてただろうか?

まず間違いなく普通日本人、つまり社畜になっていたと思う。

日々勤労し社畜性を養っている皆様には気をつけて欲しい。僕の大好きな本にこんなセリフがあった(知ってる人も多いかも)

仕事から。19世紀の夜明けのこのかた、仕事から仕方が無いという言葉が虫も殺さぬ凡庸な人間たちから、どれだけの残虐さを引き出すことに成功たか、君は知っているのかね。仕事からナチユダヤ人ガス室に送れた。仕事から東ドイツ国境線警備隊は西への脱走者を射殺することができた。仕事から仕事から兵士親衛隊である必要はない。全ての仕事は、人間良心麻痺させるために存在するんだよ。資本主義を生み出したのは、仕事に打ち込み貯蓄を良しとするプロテスタンティズムだ。つまり仕事宗教なのだよ。信仰の度合いにおいて、そこに明確な違いはない。そのことにみんな薄々気がついてはいるようだがね。誰もそれを直視したくはない」

仕事から仕方が無い」の先には大量虐殺がまっているのだ。

まりは何が言いたいかと言うと、陳腐言い回しだが、「立ち止まって自分の頭で考えない」ことは明確に罪なのだ

我々「勤勉で真面目な」日本人のこの宿痾をどうしたものだろうか。

とかではなく、働きたくないでござる。ということでござる。僕の就職に対する嫌悪感を婉曲に表現したでござる。働きたくないでござる。働きたくないでござる。

あ、あと服従の心理はめちゃくちゃ面白いのでWikiを読んでわかった気にならずに是非書店に出向いて買って欲しいでござる。内容がだいぶ違うでござる。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん