「ミニブログ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミニブログとは

2019-06-11

anond:20190611181600

ツイッターSNSではなくミニブログ

SNS的に使うこともできなくはない設計だけど

それで発生した損害は自己責任ってことになるんじゃね

2019-02-26

今回のTwitter関連の騒動Twitterジャパンがどういう風に運営するかは知らんけど、十中八九二次エロ界隈はロリロリ関係なく範囲攻撃されるよね。

でも狙いはゾーニングとかそんなんじゃなくて、広告リッコしないであろう層の排除であって国連云々はあくま方便だと思う。

どうせ絵で凝ってる陰キャキモータとか金ないし金ないから股開くナオンもいないしだから結婚もしないかマンションや家も買わない→広告業界からしたらいらん層なんだよな。

つーか広告リッコしないくせに文章連投してる奴とか内部の人からしたらトラヒック逼迫させるだけのゴミからね。

ブコメとかツイの界隈見てると「アズレンはどうなるんだ!」とか学生時代から久々にキモータシバけてウキウキしてる人たちも見るけど、

多分アズレンアイマスFGOとかは広告ジャンジャン出してる以上例外的保護されるんじゃねえかなーと予想。

でもそれ以外のオタ界隈の人はみんな消える。BL百合なんかも上記理由でキルリストの二行目三行目には載ってるんだろうし。多分名目同性愛搾取とかそんなん

まぁ理由なんてクソと同じで何にでもつけられるしね。

劇画エロ漫画みたいなのも同様かな。アングラサブカルは金になんねえからな…

同様の理由ドールフィギュア界隈も消える。そのあおり模型界隈も機械的に。よって模型会社公式が凍結みたいなのは今年中にありそう。

あとツイッター社にみかじめ料払ってないのに自分の垢で宣伝してる漫画家とか店も消えるんじゃないかな。これはどうだろ。流石にいきすぎか。

結局のところ、こういうウェブサービス会社からしたら広告クリックしてくれない属性の人は利益最大化するまでポイポイしていったほうが合理的なんだよな。

から良い悪いという話じゃなくて、あー俺キモータじゃないからセーフとかやってないでBプランは考えといたほうがいいって話。

つーかマジでミニブログサービスってロクにないんだな。特に国産

plurk歓迎ムードじゃないしど~すっかな~~~マジで~~~

2019-02-06

なぜVtuberオリキャラなりきり動画投稿者流行ったのか昨日まで分からなかった

まず断っておくと、自分はめちゃくちゃVtuberという存在が嫌いだ。

中身おじさんなのを知りながら男が(同性愛としてではなく)ガチ恋だとかエロいだとかと言っているのを見ると身の毛もよだつ思いだったし、いわゆる普通の生身のYoutuber小馬鹿にしてたくらいの層の人間が、Vtuberのことは嬉々として喋るようになったのを嫌と言うほど見てもやっとした気分になっていた。

いくつか有名どころの動画を見たことあるけど、結局普通Youtuberと内容に大きく差があるわけでなし、むしろ内輪感みたいなのがより強いように感じて、中身がないだの信者気持ち悪いだの生身のYoutuberに浴びせられていた批判は、こっちにも浴びせられてしかるべきなんじゃないかとずっと感じていた。言葉を選ばなければ、結局こいつら絵が付いてないとブヒれなくて、自分ブヒれないのに世間話題になるコンテンツは無条件で叩くってだけだったんだな―と思ってた。

けど、今はすっかり下火とはいえVtuberアンチ自分から見ても相当流行りに流行った。評判がよろしくないらしいけどアニメが今やって(もうやってない?まだやってる?)たり、NHKニュースにまで出るようになっているらしい。テレビで取り上げられたのは近未来感があって面白い試みだから…とかいろいろ理由があるにせよ、オタク趣味持ってる人間Vtuberのこと全く知らないというのは、深夜アニメを一切見ない人種と同じくらい少数派になっているように感じた。

自分萌え系のコンテンツ積極的にハマりに行くタイプではなかったが、オタク趣味全般はある程度知識の「守備範囲」に入っているというつもりで、自分気持ちと一致するかは別としてmその辺のジャンルの何が受けているのか、ファンはどういう気持ちでそれを見ているのかをある程度理解できるつもりだった。

からこそ、ここまで自分にとって受け入れられない、楽しんでるヤツの神経がわからないコンテンツ自分守備範囲から世の中に肯定的に取り上げられていくというのは個人的に初めての経験で、ハンドル含め名前の出るところでは「詳しくないけど面白そうと思っている」くらいのスタンスを演じつつ、匿名掲示板死ぬほどくさしたりしていた。(増田には書いてなかった)

ただけっこう過激派アンチだと思う自分でも、Vtuberのみんながみんなを毛嫌いしているわけではなく、どうやら自分の中に「これはまあ許せる」という基準があるようだった。一言でいえば、「自分知識技能を発信するときに、生身とか解説動画でやるより多くの人に見てもらえそうだから」という感じでVtuber活動をしている人たちには、あまり嫌悪感がないのだ。○○〇〇学という素人にはちょっと気乗りしたい分野の知識シリーズ動画で話しているVtuberを知っているが、この人は中身はおそらくおじさん(たぶん学者さん?)で、お嬢様風の萌え萌え女の子アバターを使って活動しているのだけれど、これは自分勝手基準の中で「許せる」。

逆に中身とアバター性別属性が一致している(若い女の子が中身の人とか、アバター別にイケメンでもない男だったりとか)としても、自分は大半に対してさぶいぼが出るほどの嫌悪感を抱く。女体化だのおじさんがかわいい女の子の振りをすることだのに抵抗があるわけではないということだ。じゃあ自分Vtuberの何が嫌いなのかというのをこっから吐き出すとともに、「でも、お前らだってそうだったはずじゃん!」と駄々をこねたいというのがこの投稿の主な目的だ。

一言でいうと、つまり自分は、「キャラなりきり」というものものすごく気持ち悪く感じるのだ。

基本的Vtuber自作キャラになりきって、そのキャラを演じて動画を作るから、ここが嫌いではそりゃ大半はどうしようもない。そもそも自分には絶望的に合わないコンテンツだったのだ、と自己分析としてはすんなり納得がいっているのだが、その中でも「許せる/許せない」が出るのはどういうわけか。

これは、「許せる」側の投稿者は、キャラなりきりをあくま情報発信のための都合がいい手段としてとらえている(ように自分には見える)ということが要因なのだと思う。町おこしのためにゆキャラが考えられ、中の人着ぐるみになりきって活動していたとしても全く嫌悪感はないわけで、Vtuberの中でもそちら側のタイプっぽい人は全然許せる、という心情をどうも自分は持っているらしい。

反対に許せないタイプVtuberは、どこからどう見てもキャラになりきることが目的の人たちだ。別に誰にも迷惑をかけていないのだから自分が許さな道理はないのだが、どんなに友人におすすめされても、こういう人たちは全く好きになれる気がしなかった。なまじ設定が凝っていたりすると余計ダメで、その設定を持ち出して動画の中で一笑い起こそうとしているのを見たりすると、もう半日くらいおなかを壊すくらいにどうしても受け入れられなかった。

この「なりきり」への嫌悪自分の中で醸成された過程は正直定かではない。ぶっちゃけ自分が人並外れてこのジャンルへの嫌悪感が強いとは全く考えていなかった。嫌悪感に今まで気づかなかったという意味ではなくて、みんなこれぐらい嫌っている(忌避している)ものだとばかり思っていたのだ。

SNSだのが登場する以前、ネット上のコミュニケーションBBSやらチャットだった頃、普通自分ハンドル雑談するコミュニティのすぐそばに、「なりきりチャット」やら「夢BBS」やらがあるのは目にした覚えがある。なんなら覗いてみたこともあるかもしれない。でも、そこでやっていることが楽しそうだとはどうにも思えなかった。多分、初めてその存在認識した時から、なんとなくそういう趣味普通雑談よりもキモチワルイものだと感じていたのだと思う。

SNSが、とりわけミニブログ系のやつが登場して以降、「キャラクターなりきり垢」みたいなものもたまに目にした覚えがある。テニスの上手い〇部とか不〇とかになりきって会話してるやつ。ああいうのも存在は知っていたが、やっぱり気持ち悪いやつらがやっていることだと認識していた。ジャニーズの夢メール画像だとかと同じジャンルのものとして。テーマに沿った、あるいは沿っていない雑談をする中でも、かなりヤバい奴が集まっているテーマというか、あまり直視したくない「ネットの闇」の方のコンテンツだと思っていた。

ましてや、オリキャラのそれなんて、もっと見たくないものというか、あけっぴろげに言えば思いっきり見下していたジャンルだった。

そもそも素人オリキャラ作ってそれをみんなに見せて…という行動自体メアリースーだの、オリジナルSSだので割と見下されることの多い趣味だったように思う。その上、それ自体も怖いコンテンツであるキャラなりきり。このような趣味は、もうネット恥部恥部の重なりの部分、見下す云々以前にどんな奴がやってるんだかむしろ怖いもの見たさで知りたいくらいの闇ではなかったか

そして正直なところ、自分のここまでの認識がそこまで一般ライトオタクとずれていたというつもりはない。Vtuber流行以前なら、キャラなりきりに対するスタンスを聞いてみれば、結構な人が(程度の差はあれ)同じような答えだったのではないかと思う。

ぶっちゃけオリキャラ作って他人に見せて…のほうは、「その中でも認められて素人でなくなった人はいる」という所を指摘されるとどうにも反論できない。が、そういう風に羽ばたいていった人たちに備わっていた力量みたいなものが今流行っているVtuberにあるとは思えない。そもそもそういう人たちの創作内輪ネタみたいなものと無縁な気がする。反論しきれていないというのは重々承知だが、「なりきりではあるがオリキャラからVtuber流行れた」ということにはならないのではないかと思う。

というかぶっちゃけ、「オリキャラなりきり動画投稿者」と呼んだ時、ほとんどの人は何かおぞましい、自分が上で言っているようなネットの闇っぽいもの連想しないだろうか?以前似たようなアンケート匿名の場でとったことがあるが、大体のオタクはこれをVtuberのことだとは思わずゆっくり茶番劇をやるようなのだとか、一人で必死に声色を使い分けてヴォイスドラマを録ってるようなヤバいの(そんなのがあるらしい)だとかを連想していた。

でもVtuberって要するに「オリキャラなりきり動画投稿者」だよね?これ以上の要素も特に含まず、過剰に誇張している部分も特にないと思う。意味を端的に表そうとすれば相違なくこうなるのではないだろうか。

からこそ、自分にはなぜこのおぞましいジャンル流行し、多くのオタクに受け入れられたのかが分からない。たとえ最盛期のVtuberファンの半分が「みんなが見てるから」でファンになったのだとしても、もう半分はこのネットの闇を好意的に捉えたということになる。一体それはどうしてなのだろうか。

Vtuber好きが集まるところでこんなことを言えば荒らし扱いで無視されるだろうし、同じアンチ同士で話しても「最初工作でそれに流された奴がファンになった」だの「あいつらはシコれればなんでもいいだけだから」だのいまいちピリッとした答えをもらえないでいる。

多分自分認識のどこかにずれがあるからこうなったのだと思う。それがどこなのか、誰かに教えてほしいのだ。

追伸

反応を見て、だいたい「Vtuberオリキャラなりきり的なコンテンツではなくて、単に中身本人の人格のままアバターを被せただけのものである」や、「TRPGやPBWのように、素人オリキャラなりきり自体言うほど忌避されるものではない」というあたりが自分勘違いだったのかなと感じている。

前者の方はかなり納得していて、要するに自分の「許せる」基準に合わせて言えば、Youtuberとして自分自身を発信していきたい人間が、生身の自分よりも多くの人に親しみを持ってもらいやすいと考えてアバターを使ったということなのだろうと思った。アンチの中にはこういう捉え方をした上で「○○とか○○は単なるYoutuberワナビーが売れるためにアバター被ってるだけじゃん」みたいな嫌い方をする人もいるかもしれないが、自分自身としてはそうであってもいいんじゃないかと感じるし、ファンになれるかは別として、こういう方針活動をしている人なら別にサブイボが出るほど嫌いにはならないと感じている。

後者の方は確かにオリキャラなりきり系コンテンツの中でもまあまあ高尚(というか多少カッコが付くくらいの意味)な趣味もあったなあ、と感じたのだけれど、TRPGやらPBWはあくまで本人が楽しいコンテンツであって、誰かが作ったオリキャラ情報発信ファンが楽しむ、みたいな構図はあまりなかったように思う。人生で数回やったことがある程度の知識しかないので、この辺の認識違いがあればまた指摘してもらいたい。

VNIに関しては、正直自分の頭からVtuberと同ジャンルのものだというイメージ全然抜けていて、指摘されて自分でびっくりした。構図的にはかなりそっくりものなのに、なんで抜けていたのだろう。(これ自体広く受け入れられたかというか、ネットの闇扱いされていなかったかはこの際考えないでおく。)

多分、VNIあくま受け手側の気持ちとして見ていたので、「オリキャラなりきり」と自分は捉えていなかったのではないかと思う。Vtuberは、ネット上の知り合いが何人もなっていったりして、中身の人間、つまり発信する側が自分視野の中に入っていたせいで、そういうものとして見ることになったのかもしれない。

流行った理由考察としては、もともとゲーム実況が好きになる素養のあった人が、可愛い女の子アバターに惹かれて見に行ってファンになったというのがとても自分でしっくりきた。というか以前から何となくそういう推測は自分の中にもぼんやりあった気がするのだけれど、「それでもあのオリキャラなりきりっていうコンテンツへの拒否感が普通は勝たないか!?」と考えてそれを流行った理由として捉えられていなかったのだと思う。その拒否感の方が自分勘違いだったと分かってしまえば、すんなりと腑に落ちる。

自分としては、今挙げたような内容が自分勘違いのせいで認識のずれが生じ、世間で受け入れられたもの自分は許せない、という状況が生まれたということである程度納得している。だからと言ってたぶん好きにはなれない(これは完全に個人的な好みとして嫌いなタイプ文化が界隈にあるから)のだけれど、多くの人に受け入れられて流行った理由も、ファン心理もとりあえずは理解できたように感じている。

もしこれらの他にも自分認識の違いがあったり、あるいはまったく的外れなことを言っていたりするようならば、また指摘してもらいたいと思う。よろしくねがいします。

2019-01-24

anond:20190123221353

私が昔ミニブログ(twitterじゃなくて今はなくなっちゃったヤツ)を始めたときの状況に似てる。当時は身バレを恐れてほとんど書き込まず、休みの前日に「明日はお休み」とか書くだけで、人さまの投稿にもほとんどリアクションしなかったので、ほとんど皆にスルーされていて、一人だけ親切な人が友だちになってくれて、私のつまらない投稿に「良かったね」などとリアクションしてくれた。

自分から情報発信したり、人の投稿リアクションしたりしないと誰も自分存在に気付いてくれないし、存在に気付いてもフォローリアクションに値しない人だと思われちゃうよ。

ただ、twitterとかのタイムラインにひたすら張り付いて自分の行動や感じたことを発信し続けるのは結局時間のムダになりがちなので、有名人とか興味のある人をフォローしまくって暇なときに眺めるだけの方が健全生活が送れると思う。

2018-09-06

はてなチュートリアル

まずはてなIDを取ります

https://www.hatena.ne.jp/register

これがトップページです

http://www.hatena.ne.jp/

主なサービスを紹介します。

はてなブックマーク

いちばん人気のあるサービスです。

ソーシャルブックマークサービス」というやつです。

みんなで色んなURLを共有したら便利じゃね?というものです。

はてなブログ

ブックマークと並ぶはてなの主力サービスです。

はてなダイアリーが古くなったので一から作り直されました。

はてなダイアリー

国内では老舗のブログサービスです。

サービス終了がアナウンスされています

人力検索はてな

はてな最初サービスです。社名の由来にもなっています

要するに「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」と同じQ&Aサービスです。

はてなアンテナ

大昔に人気だったサービスです。

ウェブサイト登録するとその更新を通知してくれます

ちなみに、はてなアンテナの強化版サービスが「大チェッカー」です。

はてなハイク

Twitterライクなミニブログサービスです。

はてな限界集落と呼ばれています

はてなブックマークについて説明しま

いちばん人気があるので説明します。

はてなブックマークソーシャルブックマークサービスです。

簡単に言えば、

みんながそれぞれ「自分が興味のあるウェブページの一覧」を作れば、

自動的に「みんなが興味のあるウェブページの一覧」も出来るんじゃね?

それって集合知じゃね?

という感じです。

ブクマする

ブックマークを追加するページにいきましょう。

上のメニューバーの「追加・アプリ」というリンクです(スマホ版なら左メニューの「ブックマークを追加」)。

http://b.hatena.ne.jp/my/add

場合によっては、記事に「はてブボタン」が付いていることもあるので、

それをクリックすれば「エントリーページ」と呼ばれる画面に行くことができます

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011611431000.html

エントリーページです。

そのページの情報と、そのページをブクマするための追加ボタンと、みんなのブクマコメントが並んでいます

タグ機能こそがはてなブックマークの最重要機能と言っても過言ではないです。

ブクマをするときは必ず付けましょう。

コメント欄にはページに関する補足情報などを入れておくと良いでしょう。

ちなみに、「b.hatena.ne.jp/entry/」という文字列を覚えておけば(IMEユーザー辞書登録するとか)、

ブクマしたいURLの先頭にそれを付けることで、いつでもエントリーページを表示させることができます

自分ブクマを見る

自分ブクマの一覧を見ましょう。

上のメニューバーの「ブックマーク」というリンクです(スマホ版なら左メニューの「マイブクマーク」)。

http://b.hatena.ne.jp/my/

タグで絞り込みができます。二つのタグの絞り込みも可。

たとえば「増田」「はてブ」「解説」などとタグを付けておけば、

「あのはてブの使い方を説明していた記事、確か増田で見たんだけど何だったかな〜」

というときに「増田」「はてブ」で絞り込めばいいわけです。

検索欄にキーワード入力してサジェストっぽく表示されるのは、

タイトル」「コメント」「タグ」を対象とした検索です。

普段はこれだけで十分です。

検索ワード入力した状態エンターを押せば全文検索になりますが、いまいち性能が悪いです。

ドメイン部分をクリックすれば同じサイト過去ブクマが見られます

http://b.hatena.ne.jp/my/20180906」というURLで日別のブクマも見られます

みんなのブクマを見る

見るべきページは三つあります

人気エントリ

いわゆるホッテントリです。

http://b.hatena.ne.jp/hotentry/all

数十〜数百のブックマークが付いた記事が並んでいます

単純なusers順のランキングではなく、一日くらいでぐるぐると入れ替わっていきます

ホッテントリに並んでいるのは要するに「万人向け」の記事なので、ここばっかり見てるだけではつまらないです。

ちなみに「過去の人気エントリーリンクからどんどん過去へ遡ることもできます

新着エントリ

http://b.hatena.ne.jp/entrylist/all

3users以上の記事が「最初ブックマークされた時間順」で並んでいます

ホッテントリよりも流れが速くてバリエーション豊富ですが、そのぶん好みに合わない記事も多いです。

お気に入り

自分ブックマーク→左メニューの「お気に入り」というリンクです。

http://b.hatena.ne.jp/my/favorite

このページでは「お気に入り」に入れた人のブックマークを見ることができます

長くブクマをやっていれば、「自分と同じ記事をよくブクマしてるな」とか

「こいついつも1getしてるな」みたいな人が、何人か思い浮かぶと思います

最近コメントしか見られないので、無言で1getしてる職人を見逃してしまうのが残念ですが)

そういう人をお気に入りに入れておけば、自分好みの記事いちはやく見つけることができるというわけです。

まあTwitterフォローと同じですね。

ホッテントリに飽きたら新着エントリ、新着エントリに飽きたらお気に入り、という感じで、

ブックマーカーとしてステップアップしていきましょう。

全体から検索する

はてなブックマーク検索機能はなかなか優秀です。

タグ」「タイトル」「本文」から検索できて、ブックマーク数や検索期間も指定できます

たとえば「5年前のはてな匿名ダイアリーの100users以上の記事」なんかを検索することができるわけです。

b.hatena.ne.jp/search/tag?q=%E5%A2%97%E7%94%B0&sort=recent&users=100&safe=on&date_begin=2013-09-06&date_end=2013-09-06

ここで「タグ機能」が重要になってきます

みんなが真面目にタグ入力していたら、「増田」でタグ検索するだけで十分なはずなのですが、

残念ながらタグ入力しない人が多いので、「増田タグのついてない100users以上の記事があるかもしれません。

そうなると本文検索とかも併用しなきゃいけなくなるので、みなさん、タグ入力しましょう。

また、URL検索するとドメイン単位での「新着エントリ」「人気エントリ」を見られます

エントリーページの上のほうにあるドメイン部分をクリックしても見られます

はてな匿名ダイアリーならこうですね。

b.hatena.ne.jp/entrylist?url=https%3A%2F%2Fanond.hatelabo.jp%2F

こちらの「人気エントリ」は、ホッテントリとは違って単純なusers順なので、

いわば「そのウェブサイト歴代人気記事ランキング」になっています

どちらの検索結果もRSSを吐いているので、RSSリーダーを今でも使っている人なら、

好きなキーワード検索結果のフィード登録してみてもいいかもしれません。

(標準でそれに近いことをやってるのが「関心ワード」ですね)

アプリ

スマホメインの人はアプリダウンロードしましょう。

ただし筆者ははてブアプリを利用していないので使い勝手は知りません。

はてなの人へ

いかげんヘルプ更新しろ

anond:20180906114356

2018-08-17

この昨今SNSの画面をキャプ増田寿丸ぷゃ気をンメガSNSンコっ佐野子(回文

ミニブログTumblrってあるじゃない

いまいちいまだにTumblrの楽しみ方がよく分かってない、

且つ

あんまり日本では流行ってる気配がないんだけど。

あれって海外で使ってる人が多いのかしら?

それはさておき、

でも私の好きな海外アーティストさんが使っているので私も使ってるの。

主にその人のことを発信してて、

ライブ行ったとか!アルバム聴いたよ!とかそんな内容だけどね。

で、

こないだ本人からファボられて、

その通知画面をキャプしてお守りにしてます!ってだけの話なんだけど。

やっぱりエゴサーチする人はしてるのかな?と

なんか嬉しくもありなんだかちょっと切なくもあり

この表現しきれない気持に名称を付けるとしたら、

一体どう付けたらいいのかしらね?って思ったわ。

まあそうしてザブングル加藤さんの悔しいですの嬉しい版ね。

奏して、

ファボられて嬉しかったですというお話でした。

逆にさ

テレビとかラジオかにも出てる人で

名前検索しても何も一切出てこない人って一体何なの?

それもそれで超謎だわ。


今日朝ご飯

ワサビおにぎり

軽くすませるわ。

今日デトックスウォーター

水出し緑茶ウォーター

パッケージに書いてある適量では薄かったので

井森美幸さん枠ばりに倍の量使ってみることにするわ。

私思い出せないんだけど、

井森美幸さんの前の枠のボケの人って誰だったっけ?

うふふ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-03-07

anond:20180307034446

ツイッターってはっきり言って、一般人はただのマウントの取り合いが多い。

やれフォロワーが多いだの、バズっただのと。

有名になってなにがしたいかにもよる。

あれSNSじゃなくてミニブログから、何かの情報発信するためのもの

有名人広告活動としてやる意味はありそうだけど、他の人は、どうかな?

ストレスあるようなら、一週間ぐらい休むとか、離れた方がいい。

2018-03-05

anond:20180305162416

私は三日坊主なので日記とか続かないけど、その時「なんてことないつまらないこと」だと思ったことでも後から読み返せれば面白いだろうなと思います。気が向いたときTwitterでつぶやいたりはするけれど、だいたいその時思ったことをつぶやくばかりで、「今日は○○に行った」「今日は○○をした」みたいな具体的な事実を書いていないので140文字日記としてもちと微妙な感じです。目標としては手帳でもミニブログでもいいから、一行~三行ぐらいの簡単文章で日々の記録を残したいです。

2017-11-26

増田ブログ辞めるってよ。

やっぱ増田のが楽しいや。

互助会への誘いはウザいし、別に伸びるわけでもないし、アフィは稼げないし、何も面白くなかった。

自分テーマってのを持ってないとブログ面白くないね

自分でやっていても他人が見ても。

それでそのテーマ自分には無かった。

何か特別に語りたいことってないんだよね。

これといった趣味があるわけじゃないし、仕事の事で話したいこともないし、告発したい相手もいないし、世の中に叫びたいこともないし、そうなるとブログってやる意味が無いんだよ。

増田ミニブログで十分なんだ。

人と繋がりたいならミニブログの方が楽だよ。

巡回なんてのもしないでいいし、内容もサクサクだし。

でもミニブログフォローフォロワー関係で面倒だなと思うなら、増田があるからそれでいい。

今の時代だとブログって使う人間を選ぶサービスなんだよね。

日記サイトしかない時代と違って選択肢が沢山有るから自分に合った物を選んでいくとブログを選ぶ機会って意外と少ないと思う。

SNSメインでやりつつたまにブログってスタイルの人も多いけど、自分SNSで十分だしなあ。

140文字×5もあればいいたいことは大体まとまる。

3000文字や5000文字も使う必要はない。

からSNSで十分。

そして自分アカウントを汚してまでしたくない発言増田ですればオッケー。

パーフェクトだね。

備忘録としての性能ならネットに繋げた日記よりも、手持ちのスマホでふせんアプリを使ったり自分の机の奥にしまった手書き日記に書いた方が色々と優れているわけだしね。

うーむ。

ブログは面倒だけど取り敢えず使っておけという時代じゃないねえもう。

2017-03-27

Twitter18禁騒ぎ問題まとめ

Twitter18禁となったのか?

なってない。「twitteriOS公式アプリ」が17+レーティングとなっただけ。

twitterのもの年齢制限は変更されておらず、今まで通り使えるはず。

データが消えた」との声があったが、おそらくアプリが消えたためにデータが見えないだけで、消えたわけではないと思われる。

どういう仕組で17歳以上になっているのか

ツイッターようつべなどと同じく、13歳以上対象サービス

iOSアプリの年齢設定では、12歳以上対象の上は17歳以上対象しか無いため、17歳以上対象となってしまった。

ピクシブようつべなどのアプリと同じように、サービスのもの18禁には当たらない。

17歳未満はもうツイッターできないのか?

できる。アンドロイドから普通にできる上、iPhoneでも公式以外のアプリブラウザから可能

ツイッターの根幹的機能は、基本的には非公式アプリでも問題ない。youtubeアプリと同じ扱いだと思われる。

どうしても公式アプリからに拘る場合iphoneの設定を変更すればいい。ただし、親によるパスコード制限がある場合不可能

はいえ、親の技術いかんではただしい管理は出来ないだろうという声もある。

親がツイッターをやることを既に許可している場合、素直に話す方向が良いと思う。

ただし、そこまでして公式アプリに拘る理由もあまりない。

じゃあなんで騒いでるのか?

公式アプリからしかツイッターが出来ないと思っている層が騒いでいるのだと思われる。

おそらく、インターネット上のブラウザからもできるサービスであるとか、本来ブラウザ上のサービス

公式アプリは後から出来たものだとか、そのあたりが理解されていない。

これを区別できていないのか、ツイッターのもの18禁と騒いでる層は、今回の規制に入ってない年齢にもかなりの数いるので、

不確かな情報に注意が必要

twitterって18歳未満に必要なの?

特に筆者のような友達のいなかった中学高校生だった人間は、ツイッターで仲間を作ることが大事だった。

また、LINEだとスクールカースト上位層からの「管理」を受けるため、これを回避しつつ知り合いとの連絡先を用意する手段にもなる。

中学生からその方向でやってる。そもそもツイッターはただの「ミニブログ」であり、ブログの延長線上にある。

アダルト要素などを有害情報チェックをいれずに流す人がいるというのは、そのユーザーが悪質なのであり、

ツイッターのもの規制して解決するべきではない。

2016-12-13

ツイッター感覚で使える匿名ミニブログが欲しいんだが

どこかにないだろうか

ここはそうでもないよなあ

2chスレごとにテーマがあるから嫌なんだよ

2016-10-10

twitterでの「新参勢VS古参勢」的な言説の続き

http://anond.hatelabo.jp/20161009141747

増田だ。適当愚痴っただけだと言うのに思ったよりたくさん反応を頂いたので返答したいと思う。

まずはまさに適当愚痴だったため、整理とかなってないだろうし具体例もないし、よくわからないと思われた方にはお詫びする。

批判された~という愚痴記事に具体例を載せるのは、以前読んでいる人が不快になると言われていたので自粛している。

論理的反論なんて感情的古参否定所詮勝てるわけがないとトラバで言われてしまったが、そもそも自分では論理的反論としてなってないだろうと思っている・・

フォローから失礼します」に関するブコメには同意。始めたころは色んな人が色んなリプライを交わしたものだが・・・

気に入らないならリムればいい、というコメントもあった。たしかにそのとおりだ。リムってそれで終わりにするのが一番いいのが当然だ。でも「SNS扱いしてリアルの延長線で考えてる人」は、リムると怒るし、なによりその人との関係だけでなく、共通の知り合いなどとの関係もどんどん崩壊していくから、なかなかリムれはしない。あと、そもそもツイッターオープンミニブログからリムっても相手が執念深いと批判飛ばしまくってくることはありうる。

 このあたりキチンと書いていなかったので申し訳ないけど、「古参叩き」を初めて目にしたのはRTでまわってきたツイートで、FF古参勢が批判的な意味RTしたのを見たのに過ぎず、その人をフォローしていたわけではない。たしかリムれば良いようなアカウントをたくさんフォローして勝手不快になってるみたいに思われかねなかったしお詫びする。

また、「ツイッターが何をするべきなのかは個々が決めること」とあるが、古参勢が「決めた」というよりも、ツイッターというサービスの特色としてどうしてもそうなってしまう要素がある、というのを言いたいのであって、いわゆる俺ルールの押しつけみたいなのはこちらも反対の立場である。たとえば公開アカウントツイートをしたらフォロワーRTされる可能性がある。これをRTするのはケシカラン、人が嫌がるようなRTの仕方をするのはツイッターに向いていないから垢消せと自分が鍵をかけもせずに批判を飛ばす、といった行為が良くないと思っている。

というか、他のコメントにもあるように俺ルール押し付け新参にも多いような・・

まあ、気に食わないアカウントがあったらリムっておわり、が一番マイルドだと思う。ブロックしてやった宣言をしてその後もネチネチとすでに切った人を叩き続ける・・みたいなやり方はそもそもどうなんだろうなあと思っている。

ほかにも色々なコメントが有って色んな見解を知れたし、考え直す事もできたのでコメントをしてくださった方々にはとても感謝する。

2016-04-29

ツイッター嫌い

ツイッターが嫌い。ミニブログ本来ブログってもっと面白いもののはずでしょう。私の周りでブログ書いていた人たちはツイッターに流れてつまらなくなった。面白くなくなったというより頭を使わなくなったというのが正しいのかな。ツイッターのノリに染まってしまった?とでもいうのかな。ブログだとみんな理性を保って自分言葉で話していたのに。はぁ気持ち悪いなぁ。

なんでみんな一斉にツイッターを使い始めたのかはなんとなくわかる。日本版が出来てすぐくらいに登録した人はなんかオサレものがあるぜーくらいだったんだろう。そのオサレオサレに使いこなしている人に憧れている人が参入、オサレに取り残されたくない人が参入、取り残されたけどみんなが使っているから私もーという寂しがりやさんが参入。そういう仕組みでしょ。最近だとインスタもそうよね。

みんながツイッターを使うから私も使う。この流れはわかるのよ。ネットワーク外部性とやらでしょ。習った習った。私だって情報を追いたい人のHPブックマークに増えすぎてツイッターやってればなぁとは思ったよ。でも情報を追いたい大好きな人ツイッターを見て、その人を嫌いにならない自信が私にはない。私にはツイッターというフィルターを通すと全部の呟きがつまらなく見えるシステムが搭載されているからね。ましてやリア友ツイッターなんてもっと見たくない。ただでさえ普段友達のあら探しにいそしんでいる私は友達みーんな嫌いになるに決まっている。

2016-01-06

ツイッターで沢山書けるようになったらブログ存在意義を失うな

少なくともブログツイッターを併用してる人達ブログを使う意味を失うと思う。

今までわざわざ分けて書いていたのを1つにまとめられるようになるのにあえてしない理由がない。

見てくれている人の利便性を考えたらそうしない理由がない。

記事に対するコメントもそれへの返答もリプライサクサク

ブロガー同士の繋がりだって可視化されやすくなってグループの作りやすさも段違いだ。

昼間は軽く短いつぶやきをして、夜になったらそれについて少し詳しく話すことだって出来る。

発言連続性や時系列が分かりやす可視化される。

ツイッターで起きたことについて少し詳しく話しますのでブログ見てください何てこともなくなるし、

ブログで起きたことについて少しツイッターで話させてくださいなんて前置きする必要もない。

全部ツイッターの上でやることが出来る。

キャラクター発言の内容を使い分けたいならサブアカウントを作ればいいことだ。

メインアカウントでの発言の補足にサブアカウントを使ってメインアカウント発言引用したりも出来る。

同じSNS内だからスイスイだし違和感もない。

見てる側にしたってメインアカウントサブアカウントを同じTLやリストで流せばブログツイッターという二つのメディアを見なければいけない頃よりよっぽど便利だ。

ブログという文化ミニブログの出現によって脅かされ遂に合併吸収されるのだ。

子供が老いた親を取り込むのである

世界弱肉強食代替わりは必然なのだ

2014-07-10

http://anond.hatelabo.jp/20140708012420

境遇が似ていて、他人事のような気がしない。

もう10年近く昔。高校2年生のときから2年間、片思いをしていた。

自分場合は、高校は別で、塾が一緒の女の子だった。一つ下の学年。


向こうにはずっと大学生彼氏がいて、高校生自分からすると「大学生って…反則だろ…」というかんじだった。

の子ミニブログを見ていると、彼氏との交際状況に関する情報を逐一得ることができた。

(当時は前略プロフリアルというものが全盛期で、誰でもミニブログを持っていた。「アダ名 高校名」とかですぐに見つかった。

そして炎上へったくれもなかったので、本当にリアル情報が赤裸々にインターネッツに晒されていたのだ)


彼氏大学生一人暮らしだし、バイクは持っているわお金は持っているわで、自分は到底勝てなかった。

自分の思い人は、フツーの女子高生だった。ギャルではない。当時でいうと「姫系」というカテゴリに属する女の子だった。


の子に、自分は何度か思いを伝えていた。その伝え方が増田に似ていて、すごく気持ちがわかる。

彼氏はいたが、何度か一緒にデート?のようなことをした。花火をみにいったりした。

彼氏がいるのに他の男に誘われて花火にいくとかビッチかよ…というかんじではなく、

の子は、自分のようなアプローチにどうしたらよいかわからず、断れば傷つけてしまうのではないか…というような心境で

一緒に時間を過ごしていてくれたように思う。優しい子だった。


何度か、といったけれど、実はきちんと覚えている。

高校2年生から浪人期間の2年の間、自分は3回、その子告白した。

メールなどではなく、直接思いを伝えた。困った顔で「彼氏いるから…」と断られた。当然だ。


「好きでいることを知っていて欲しい」というような言葉を、自分彼女に言ったことがある。

自分友達たちは、みんなこの経緯について共有しており、いまでも青春トピックの一つになっている。


そんなこんなで高校卒業し、自分浪人期間へ突入

自分地域公民館的なところで勉強していたのだが、自分の好きな彼女も、同じ場所勉強していた。

彼女は1つ下の学年なので、高校3年生。

勉強の合間に、軽く挨拶言葉を交わす関係が続いた。

この期間は本当につらかった。

彼女を好きな自分自分に好かれていることを知ってる彼女

休憩がてら近くのマックに誘うと、一緒に時間を過ごしてくれる。

でも彼氏とは仲がいいらしい。わからなかった。


そうしてもやもやしているところで、彼女は秋に推薦で大学合格した。

いま考えると血迷っているのだが、自分彼女入学予定の大学を第一志大学にした。

というか、その大学以外受けなかった。いま考えると、ストーカーに近い感覚だし、相当ヤバいと思う。

ただ、当時は周りの友達たちもこの流れを楽しんでいて、ストーカーじみているとか、そんな感覚はなかった。

純粋彼女が好きすぎて、自分がその大学を志望するのも自然だった。若いって凄い。


そして自分はその大学合格し、彼女と同じ大学新生活スタートさせた。

彼女大学を選んだ理由を聞かれ、素直に答えた。よく引かれなかったと思う。


新生活スタートしてすぐ、彼女告白された。すごくビックリした。

大学生活がはじまって準備することも多々ありドタバタしている最中だった。

好きな彼女と同じ大学やほーい!という気分より、新生活に慣れず慌ただしかった時期だった。

曰く、自分が好きだという気持ちが伝わったらしい。なによりこれだけ長い期間好きでいてくれることが嬉しい、みたいな。そんな話をされた気がする。


結論をいうと、自分はその子と2年ほど付き合って、いろいろあって別れてしまった。

でも、いままでで一番思い出に残っている恋愛だったし、いまは恋愛感情ないけれどすごく大切な人だ。


何がいいたいかというと、増田がんばれ!!!!ということだ。それを伝えたかったのに、ついつい自分語りしてしまった。ごめん。

「こんなに好きになったことはない」という気持ち、よくわかる。

自分も当時そう思っていたし、それは正しかった。

彼女と別れたあと、他にも恋愛をしたけれど、それはそれで真摯に付き合ったが

やはり10代〜20歳前後恋愛感情には勝らない。


好きでいつづけてアプローチしつづけることが正解ではないかもしれない。ちょっと見方が変わればストーカー感あるし。

ただ「こんなに好きになったことはない」という気持ちを大事にして欲しい。ツラいのを耐えてみてくれ、というかんじ。

彼女を好きでいることで自分の心が折れそうだから彼女を諦める、みたいなことはしないほうがいいと思う。


彼女と会って、まだ自分は好きであることを伝えて、いつでも受け入れ態勢は整ってるぜ!ってことは伝えておきなよ。

自分あなたが好きだ→付き合って、ということを伝えるより、とにかく自分にとってあなたは大切な存在だ、ということを伝えるよう意識したらいいと思う。


負けるな増田

2014-05-19

増田、またははてなブログ20 Day Strangerになれたかも知れないのに

idコールの仕組みや匿名ブログの仕組みがあり、

出会いたければ情報発信しろ!が鉄則のはてなの中で、なぜこれが生まれなかった?

ソーシャルブックマークブログミニブログ、それらをまたげるユーザーコミュニケーション機能

他のブログプラットフォームを見てみろ。

Yahooですら失敗したんだぞ。

コミュニティサービスを育成するのは簡単なことじゃないんだ。

はてなはよくやってるよ。

それなのに。それなのに…。

京都大学日本MITだろ?なぁ、社長さんは京都大学出身なんだろ?

kawangoだけにでかい顔させておいていいのかよ。

もう一度、「日本グーグル」と呼ばれていた、あの頃のように、なぁ…。

2014-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20140425083346

昔ほぼ実名で登録してる上にtwitter画面開きっぱで出かけたりするのに、めっちゃ同室の人の悪口書いてた奴がいてついヲチしてしまった。

もちろん自分の悪口も書かれていた。大嫌いになったわ。でも見るのやめられない不思議

公開アカウントで書くなよなー。

見てたことは本人には言わなかったけど、すっげーモヤモヤした。

と思ったら案外見るほうが悪い派多いんだな。でも見れたら見ちゃうよ。腐ってもミニブログなんだし。

俺みたいなキモいいるから見られたくないこと書いてる奴は鍵かけとけ。もしくは見られたくないものを書くなよ。

2014-04-15

米国IPO3銘柄取扱:ウェイボー(WB)/レジホールディングス(LEJU)など

4/17(木)、中国インターネット大手新浪シナSINA)」傘下のミニブログ微博ウェイボー)」は、米国ナスダック市場新規株式公開IPO)を実施する予定です。公募価格の仮条件は17ドルから19ドルと発表されており、上限の19ドル適用された場合の調達金額は約3.8億ドルとなる大型案件です。

ウェイボーミニブログサービス総称ですが、その中でも今回報じられた「シナ ウェイボー」のユーザー数は中国最大です。昨年10-12月期の月間アクティブユーザー数は1.29億人(前年比+34%)でした(同じ昨年10-12月期のツイッター(TWTR)の月間アクティブユーザー数は2.41億人、前年比だと+30%です)。

2013年売上高は1.88億ドルで前年比約2.9倍と順調に拡大しています。最新のモバイル版(バージョン3.6)が公開一週間で2,000万ダウンロードを記録したことが話題になったように、今後の成長が楽しみな、注目の案件だと言えるでしょう。

すげえなぁ。

日本追い抜かれるわ

2013-03-04

個人的に思うんだけど、ネットって本当に客観を装った主観が多いよね

テメーの主観的な意見なんだから普通に主観を述べればいいのに

説得力を担保するためなのか、発言に責任を取りたくないからなのか知らんけど

あえて客観性を装った枕詞つけたり、~らしいよ、とか言ったりするのはなんなのかなぁ


文法の問題?

英語とか中国語みたいにI think~とか我覚的~からまらいから?

そういうの誰か分析とかしてないの?


ただでさえブログ文化からミニブログ文化に移行しちゃったりして文章の論理構造が簡略化してんだからせめて主観的に話せよ

そんなんだから日本ネットがどんどん濁ってくんだよ

2013-01-06

たまたま

このはてな匿名ダイアリーというものを知った。

これって、ある意味ミニブログみたいなもの

ログピとか、FC2ピヨみたいなイメージぽいんだけど。

普通はてなダイアリーと違って、投稿した内容が

共通のブログみたいな感じで表示されるみたい。

ちょっと面白いかも。

今日は欲しかったkobo mini、実際に見に行く予定です。

近くのビックカメラには売ってなかったので。

http://xn--kobomini-600mw259a.biz

2012-12-12

wiiuMiiverseは入会金二万五千円の任天堂ツイッター

はてブでもツイッターでもWiiuについてポジティな話題が少ないがこれはMiiverseのせい。

Miiverseが快適すぎてわざわざWEBで語り合う必要が無い。

Miiverseミニブログであり≒ゲーム専用ツイッターであり、できることは主に以下。

・文章または手書き画像投稿可能。

投稿対象に「そうだね!」をつけられる。

投稿対象に返答による投稿が可能。

Wiiu起動中であれば何時でも投稿可能。

・閲覧は方法は新着順が基本。他の選択肢は「人気の投稿」順のみ。

ここまでがツイッターとの類似点であり以下がMiiverseの特徴。

ゲームタイトル単位に「コミュニティ」で分割されておりすべての投稿はいずれかの「コミュニティ」に属する。つまり公式掲示板のようなものが1タイトルに付き一つだけ用意されている。

ゲームプレイ中の投稿スクリーンショット自動で添付できる。よって従来であれば画面撮影→UP→投稿といった流れが全く手間なく完了する。

投稿時にネタバレ投稿するか設定出来る。また、閲覧した投稿ネタバレであるならそれを報告する事が出来る。

投稿者によるタグ付けは「ネタバレであるか以外には存在しないが、自動作成されるタグ存在する。例えば1-1でクリボーに殺された瞬間に投稿した場合プレイ中のステージ名が投稿タグ付けされる。自動で付与されたそのタグによるフィルタリングも一応可能。

これらの特徴によりWiiuプレイヤーゲーム感想を基本的にMiiverseで語り合っている。

Miiverseユーザーはもちろん全員がWiiu所有者でありゲーム好きである黎明期ウェブサービスがそうであるように同好の士の集まり独特の活気にあふれている。

ツイッターゲハブログなどに含まれるノイズ広告煽りあいゴシップ等)が皆無なのであくまでゲームについてのみ集中したやりとりが出来る。もちろん不満点についても語られており、カラオケ等の場合演奏中にタイムアウトで歌えなくなる問題について「そうだね!」が多数付けられている。

投稿数がいくつあるのかは不明だが各コミュニティ参加者数は表示されている0(説明書から投稿するか「いいね!」をすると参加者数としてカウントされるようす。)

現時点の日本での参加者数は以下のとおり。

NewスーパーマリオブラザーズU:19844人

Wiiカラオケ:5078

ZombiU:4762

NintendoLand:136503(なぜかこれだけ全世界共通コミュニティ

あくまで参加者なので一人が複数回投稿する事を考えると投稿数はこれより多いことが多いのではないかと思われる。マリオ場合2chでいうと19スレが最低でも消費されているような計算となる。

今後任天堂Miiverseをどの程度外部に公開していくのかはわからないが、おそらくWiiuを所有していない場合は参加出来ないのでは無いだろうか。それによりあくまでゲームプレイヤーの為のミニブログを育てて行く事が出来るだろう。

ただ欠点もあり、ゲームプレイ中にMiiverse投稿できるようになるまでの時間は長いと40秒ほどかかる事がある(二度目からは多少短くなる)。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん