「ミサイル防衛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミサイル防衛とは

2019-06-25

anond:20190625194835

なし

韓国が実質中国属国になった今、アメリカ国土との緩衝地としては日本しかない、日本が無くなるとハワイが本当に最前線になってしまう。

イージスアショアとかも実質アメリカミサイル防衛の一部なんだぜー。

2019-06-10

ミサイル防衛のために頑張ってるのに

ミサイル飛ばす側じゃなくて、なんで防衛側に文句言うんだかよくわからん

イージスアショアあれば、そんなとこにわざわざミサイル飛ばさないだろうし

なんだかよくわからないわニュース23

キムに言えよそんな文句

2018-11-13

anond:20181113062027

建前「ミサイル防衛のためイージスアショアを装備します」

本音ロシア中国全域を射程に収める巡航ミサイル発射基地米軍と一緒にやりーまーす」

建前「これはただのヘリ空母です 憲法に反してません」

本音「実はちょっとした改造で軽空母になるんです 大日本帝国海軍ばんざ~い」

2018-02-10

anond:20180210153056

自体ナマモノから中立というのも常に変化する

そこから見て右か左か

首都ミサイル防衛したり防衛費GDPの1%超えたぐらいなら

普通の人は誰も文句言わないでしょ

20年前なら普通の人でも大騒ぎだったよ

2017-12-14

anond:20171214184028

韓国が北進して南北統一するとしても、中国が嫌がるだろうし。

嫌がる理由は「韓国アメリカ同盟国だから」の一言に尽きる

韓国属国になって在韓米軍基地がなくなれば中国が反対する理由は大幅に減る

そして韓国は既に「三不の誓い」と呼ばれる属国化への第一歩を踏み出してしまってる

http://japanese.joins.com/article/009/235009.html

トンネルの外の道は平坦でない。随所に沼がある。康京和(カン・ギョンファ)外交長官発言国会常任委)はその中に存在する。その内容はTHAADの追加配備検討しない▼米国ミサイル防衛MDシステムに参加しない▼韓日安保協力は軍事同盟に発展しない--という内容だ。いわゆる「3不約束」だ。その内容は「協議の結果」にはない。両国の裏面約定である可能性が高い。中国外務省は「韓国の言行一致を希望する」と述べた。中国の即刻反応は「3不」を固めようというものだ。

分かってる人なら、太字部分は椅子から転げ落ちるほどの驚愕を覚えるはず

「これ以上アメリカ軍事的な繋がりを強めない」という事を、当のアメリカではなく第三者であるはずの中国に対して誓ってしまってる

さらに厄介なことに今の韓国大統領は「盧武鉉2.0」「完成版盧武鉉」とすら揶揄される文在寅で、彼はぶっちゃけ北朝鮮以外は何一つ興味を持ってないナチュラルボーン極左

2017-12-06

幽霊を本気で信じてるやつとかいるのか?

幽霊を信じているかアンケートを取ると、どこも偏りはあるものの、おおよそ5:5になるようだ。

まり、二人に一人は信じていると言ってもいい。

でも、俺はそのアンケートを信じてない。幽霊を本気で信じているやつなんていないって思ってる。

なぜなら、そのアンケートに信じる、って答えたやつは本気で信じてないからだ。

同じように、パワースポットも本気で信じてるやつはいない。

なぜかというと、幽霊なんていう超便利でなんでもできる存在があるのに、何か問題が発生しても、絶対幽霊のせいにはしないからだ。

例えば、朝起きたらスマホの電源が入らなくなったとしよう。普通の人なら、なんか壊れた、と思う。電子機器を修理に出したことのある人なら、基盤が壊れたのかなーとか考えるだろう。

でも、やばい、これは幽霊仕業だ!と考える人はいないのではないだろうか?

幽霊タクシーの後部座席をびしょ濡れにするほどの水の使い手であるスマホの基盤に水滴を発生させることなど訳ないだろう。

それでも、幽霊を信じる人たちでさえ、幽霊スマホ故障の原因になるとは信じないと思う。

仮に、修理に出した際に、この故障幽霊による故障なので保証は使えませんとか言われたら、ふざけんな!幽霊なんているわけ無いだろうが!って言うんじゃないだろうか。

同じように、国がミサイル防衛のために神風大社10億円で建てますとか言ったら、心霊現象を信じてるやつでも反対すると思う。

ポルターガイストのように心霊現象物体に力を加えられることを心の底から信じるならば、反対はしないと思うんだ。

から、本気で、本当に心の底から本気では、信じられてないと思うんだ。そういう怪しいモノって。

から、もう幽霊を信じるとか馬鹿なこと言うのはやめてください。パワースポットに行かないでください。どうせ本気では信じてないんだから

2017-09-24

anond:20170924120332

国民生命財産にかかわる問題

北朝鮮核ミサイルを保持したまま終息したら、日本安全保障敵基地攻撃能力保有すべきかが次の争点になる。憲法改正の可否が問われる。

ミサイル防衛増強や、韓国の核シェアリングなどの可能性もある。

残念ながら今の野党は、対アベでの合流で

この辺の話しは一枚岩ではない。

2017-08-15

https://anond.hatelabo.jp/20170815160240

ミサイル迎撃システムというかミサイル迎撃するタイミングは、

発射から宇宙空間に出るまで、宇宙空間大気圏突入後の3段階あるとらしく、

ウィキペディアミサイル防衛って項目で調べたら、

イージス艦によるもの宇宙空間(ミッドフェーズ)、PAC3大気圏突入後(ターミナルフェーズ)なんだと。

ただ、北朝鮮って10分ぐらいなんで、

昔はミサイル防衛が間に合わないって聞いた。訓練も抜き打ちじゃなかったと思うし。

アメリカ大陸防衛に間に合えばいいなって話だった気がする。

今、技術進歩してとは思うけど、多分近いところはダメ

でも備えないよりはマシ。

情報打ち上げ察知できれば間に合う場合もあるかもしれない。

2017-08-14

石破がミサイル防衛の導入を決定した時

「飛んでくるミサイルを撃ち落とすだなんて、そんな金のかかる上に不確実なシステムを導入するより、敵の発射基地を潰すほうが確実ではないか

という意見が当然出てくるだろうと、相当綿密な説明を用意して国会に臨んだが、そんな意見は一切出ずに通ってしまい、拍子抜けしたという話

2017-06-19

イージス艦インテリジェンスミサイル防衛とかステルスな機動力とか。「巨艦なんてポーズですよ」的な先鋭の兵器だと思ってたのに。民間カーゴに打つかってあんなにダメージ受けちゃうのな。ステルス性能がアダになっちゃったのかな。

2017-04-15

http://anond.hatelabo.jp/20170415110529

それがクリアされていたとしても日米同時展開しているミサイル防衛システムが全弾不発に終わる必要があるんだが、そんなシナリオがありうるとでも?

ありうるだろ。だから話題になってんじゃねーか。

てか「日米同時展開しているミサイル防衛システム」とやらが完璧機能してくれるんなら、世界中どれだけの国が核持とうが何も心配いらねーべ

ミサイル防衛って可能なのかよ

と思ってググったら産経新聞記事では100%可能って書いてあった。

昔、アメリカミサイルミサイルを撃ち落す実験をしたときに「こんなん無理にきまってるだろ」とか言ってた識者がいたが、あの識者に見識がなかったのか、それともあれとは別の話なのか。

http://anond.hatelabo.jp/20170415075128

その前提が成立するためには現時点で北が核の小型化と弾道ミサイルの精度向上研究完了させてなきゃならないし、それがクリアされていたとしても日米同時展開しているミサイル防衛システムが全弾不発に終わる必要があるんだが、そんなシナリオがありうるとでも?

つか100%かどうかって話なら北がトチ狂って中国宣戦布告する可能性とか、北を持てあました中国があのカリアゲデブ暗殺する可能だってゼロじゃないだろ

そっちは心配しなくていいのか?

2015-12-02

http://anond.hatelabo.jp/20151202172746

今と昔では戦艦というか艦艇の戦い方が違うんですよ。

昔は当たっても大破しないように分厚い装甲で守るタイプだったのが、

今は、当たる前に攻撃を阻止するレーダーミサイル防衛タイプなので、

装甲は非常に薄くて、一発当たれば大破轟沈は避けられないでしょう。

2015-09-17

http://anond.hatelabo.jp/20150917161957

今の中国にはアメリカに先制核攻撃されたら満足に反撃する力がない。

首都を始め主要都市をみんな焼き払われたが仕返しに幾つかの都市を焼き払ってやった」

くらいの反撃力しかない。

ワシントンを狙えるICBM事実上存在してないし、ミサイル防衛を日米が進めてる現状では、日本はともかくアメリカ本土を満足に攻撃できるかどうかも怪しい。

アメリカ日本が本気で「中国沿岸を封鎖して海上貿易路をストップさせてやる」と考えたら、それを排除するほどの海軍力はない。

空母が1隻あるくらいでは有効戦力としてはゼロだ。

ロシアベトナムが本気で地上侵攻してきたら、それを国境線で食い止められるような陸軍力もない。

数だけはあるので全土を占領されることはないだろうが、大規模な正規軍同士の戦闘では絶対に勝てない程度の装備しかないからだ。

パレードで見せびらかしてるような最新兵器は全軍の1/10にも行き渡っていない。

空軍に関しては「考えるだけアホらしい」というレベルしかない。

もしアメリカがその気になったら、1ヶ月で中国の主要都市はみんな空爆破壊されてるだろう。

勿論軍事力はみんな壊滅してることは言うまでもない。

これに加えて、国内には「貧乏なことに耐えられないので暴動に訴える」「弾圧されてることに耐えられないので無差別テロに訴える」という凶暴な貧乏農民や少数派がいっぱいいる。

国内の反対勢力抑えるだけでも現状では人も装備も足りてない。

・・・と、中国共産党から見れば中国軍事力の現状はこんななので、そりゃ軍備拡張するさ。

それが他国から見たら脅威だろ、なんてことは彼らにとっては「余計なお世話」。

2015-07-20

集団的自衛権について調べてみてわかったこととかわからないこととか

ここはそうじゃないとか、いろいろ教えていただけると嬉しいです。

わかったこと
  1. 個別的自衛権や、集団的自衛権は、国連憲章の第51条に明文化されている。
  2. 日本個別的自衛権を保有している。だけど、国連憲章の第51条に明文化されているところの個別的自衛権すべてを行使しない。例えば、国連憲章で言うところの個別的自衛権であれば、日本に対して他国から弾道ミサイル攻撃があれば、他国ミサイル基地攻撃していいことになっているが、日本は(今のところ)そこまでやらないし、実際自衛隊にそんな能力はない。
  3. 集団的自衛権も保有しているけれども、集団的自衛権行使することは、憲法上許されない、というのが、これまでの政府解釈であり、昭和56年の政府答弁書にもそのことが明記されている。
  4. 安倍内閣になって、政府憲法解釈を変えた。しかし、個別的自衛権について、そのすべてを行使しないくらいだから集団的自衛権についても、そのすべてを行使するわけじゃない。じゃあ、どういう時に行使するかは自衛の措置としての武力の行使の新三要件に書かれている。ただし、ここに書かれているのは、武力の行使要件であって、集団的自衛権行使要件ではない。だから、武力の行使個別的自衛権行使集団的自衛権行使かは分けて考えなきゃいけない。
  5. 新三要件を満たす条件として政府は三つのケースを上げている。三つのケースについては、どれが原典かわからなかったので、ここでは河野太郎さんのブログから引用させていただく。個人のブログではあるが、与党国会議員ブログなので、引用している内容については問題はないと思っている。
    1. 一つは、半島有事など海外での紛争から逃れようとする邦人輸送している米軍艦船に対する攻撃があった場合
    2. 二つ目我が国近隣で武力攻撃が発生し、ミサイル警戒中の米軍艦船に対する攻撃があった場合
    3. 三つめは我が国エネルギー資源依存する中東ホルムズ海峡機雷が敷設され、国民生活に死活的な影響を与え、我が国の存立を脅かすような事態になった場合
  6. 集団的自衛権の発動には、条件がある。WikiPediaの集団的自衛権のページに有る「個別的および集団的自衛権行使要件」がわかりやすいけど、攻撃を受けた国による攻撃を受けた旨の表明と援助要請がなければ集団的自衛権行使できない。
  7.  国連軍やいわゆる「多国籍軍」は「集団安全保障」における実働部隊であって、集団的自衛権によるものではない。日本集団安全保障へ参加できるかどうかについては、政府答弁書などのソースは見つけられなかったが、実際に多国籍軍に参加したことはないので集団安全保障へ参加出来ないという認識で間違いないと思う。
  8. 今の国会で提出されている法案についていえば、集団安全保障については何も語られていないので、おそらく従来通り、日本多国籍軍に参加することはないのだと考えている。
  9. 国連憲章の第51条によると、国連加盟国個別的自衛権集団的自衛権行使できるのは、「安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要措置をとるまでの間」となっている。国際連合憲章には「共同の利益場合を除く外は武力を用いない」と明記されていて、「共同の利益場合の武力の行使」とは「集団安全保障」のことなので、いわゆる「多国籍軍」が活動できるような事態になっていれば、集団的自衛権行使できないと考える。
  10. 半島有事の際に、日本集団的自衛権行使して韓国軍とともに北朝鮮軍と戦う、というシナリオは、今のところなさそうに見える。韓国北朝鮮を国として認めていないので韓国北朝鮮との戦闘は「国際紛争」ではなく「内乱」になる。だから韓国北朝鮮に反撃しても、それは個別的自衛権行使ではない、という解釈もあり得る。「国際紛争」とみなされたとしても、日本集団的自衛権行使するためには韓国の援助要請必要だけど、韓国日本集団的自衛権行使に反対しているので、援助要請もないと考えるしかない(その時になって気が変わる可能性もあるけど、そんなことまで考えていては話が膨らみすぎるので、取り敢えず除外する)。
  11. 半島有事の際に、米軍邦人輸送してくれるとして、その米艦はどこから出撃したのかだけど、在韓米軍ほとんどが陸軍空軍なので、日本から出撃した艦が輸送してくれるのだと思われる。在日米軍が朝鮮半島に出撃する際は日本の了承が必要という報道が正しければ、日本が了承して初めて、米軍輸送のために出撃できる。日本側には、米軍に依頼するための法的根拠がない(と思われる。見つけられなかった)ので、米軍から邦人輸送したいので出撃させてください」と依頼を受け日本が了承することで初めて可能になると思われる。韓国による了承の必要性についてはわからなかった。
  12. ミサイル警戒中の米軍艦船に対するミサイル攻撃自衛隊迎撃することは、艦隊防空能力を持つこんごう型あたご型のいわゆる「イージス艦」と僚艦防空能力を持つあきづき型なら出来るらしい(全部で10しかないけど)。米海軍海上自衛隊護衛艦データリンクでつながっているので、米軍レーダーがとらえたミサイル米軍システム迎撃に最適な艦を自動的判断し、それが海上自衛隊の艦なら、海自護衛艦撃墜させる。といったことも可能らしい。逆は、半自動なら出来るらしいけど、それが技術的なものなのか政治的理由によるのかはわからなかった。
  13. 弾道ミサイルが発射されて、そのミサイル日本に向けて発射されたものであれば自衛隊迎撃できるが、アメリカに向けたものであれば、それを迎撃するのは集団的自衛権行使に当たるので迎撃できない。以前からそうだったし、新三要件に当てはまらない為、今後も変わらない。
  14. 掃海作業そのものは、軍事力行使じゃない。日本も、日本国憲法下で自衛隊発足前から掃海作業を行っている。機雷を撒いた側が掃海妨害するために軍事力を使ってくる可能性があるため、その対応として掃海作業側も軍事力必要なのだと思っている。
  15. 日米安保アメリカ日本を守るのは義務だけど、集団的自衛権日本アメリカを守るのは相変わらず義務じゃない。義務になるには条約改正必要
からないこと
  1. 日本集団安全保障には参加しない。だから日本集団的自衛権行使している間は自衛隊戦闘を行うけど、多国籍軍が出てきた時には自衛隊戦闘を終了して日本に引き上げる。と理解していますが、あってますか?
  2. 自衛隊後方支援活動中はジュネーブ条約上の『捕虜』になることはない、とのことですが、後方支援ではなく集団的自衛権戦闘中自衛隊員が拘束されたらジュネーブ条約の『捕虜』として扱われるのでしょうか?そういう議論はあったのでしょうか?
  3. 半島有事の際の邦人輸送の件は、新三要件の「我が国の存立が脅かされ」に含まれるのでしょうか?軍艦は、客船じゃないので運べる人数はたかが知れています。仮にそれらの方々が皆攻撃を受けて亡くなられたとしても(ご本人やご遺族の方にとっては大変な悲劇しょうが)「我が国の存立が脅かされ」るほどのことではないように思います
  4. 半島有事の際の邦人輸送は、なぜ「米軍」と限定されているんでしょう?輸送ならどの国の軍艦でも出来そうな気がします。安保条約が日米間のものしかないから、と理解していますが、あってますか?
  5. ミサイル警戒中の米軍艦船に対する攻撃の件で、集団的自衛権の発動には国会承認必要とのことですが、米国の援助要請を受け国会を開いて承認を受けるだけの時間的余裕があるんでしょうか?
  6. アメリカは最新のイージスシステムベースライン9でミサイル防衛と対空戦闘が同時に出来るようになりましたが、日本イージス艦にはそのような機能はありません。アメリカが1隻でできるところ、自衛隊弾道ミサイル迎撃用とそれを守る防空艦の2隻必要になります日本のほうが数も能力も劣っているのに、それでも日本アメリカを助けなくちゃいけない理由がよくわかりません。最新のシステム日本に売ってくれるならやるよ、位の駆け引きはやってもいいと思いますが、そんな形跡は見つけられませんでした。
  7. ホルムズ海峡機雷除去の件は、わからないことだらけです。
    1. 他の国なら個別的自衛権対応できると思いますが、あってますか?
    2. 日本のために石油輸送してくれる船であっても、日本船籍ではなく乗組員も日本人でない場合でも自衛隊で守れるんでしょうか?(他の国ならともかく、日本ならこういう点が議論対象になってしまう気がしています
    3. ホルムズ海峡機雷で封鎖されたら、中東石油依存している他の国も困ると思います。これらの国と合同で機雷除去を行うとしたら、それは個別的自衛権行使なのでしょうか?それとも集団的自衛権行使なのでしょうか?私はどちらにも当てはまらない(そういう事例を国連憲章は想定していない)と思っています

http://anond.hatelabo.jp/20150720092740

日本日本軍日本国民への攻撃アメリカがみなした(みなしてくれたら)場合アメリカは敵に先制攻撃を加える(加えてくれる)場合がある。先制攻撃というとぎょっとするかもしれないが、敵の攻撃に対して先制攻撃絶対に許されないとそれは不法な攻撃を認めることと同義になる場合がある。例えばミサイル防衛機能しない状況下で敵がミサイル発射準備をしている場合とかね。日本法律先制攻撃はかなり無理があるので、日本のために米軍にやってもらうことになる。その場合、敵の反撃に対して自衛隊米軍を見殺しにしたら同盟はなりたたない。

たとえば自衛隊米軍が一緒に行動してる。自衛隊が右側米軍左側にいる。敵は左側だけ攻撃しすぐに逃げる。米軍は反撃するが自衛隊はなにもできない。


こんな状況現実にあるわけないだろ。

左翼徴兵制!!!戦争法案だ!も論外だが、

こんな非現実的状況設定しないといけない集団自衛権メリット論も大概だわ

http://anond.hatelabo.jp/20150720085031

Q1

最後の一文以外は納得したよ。

でもアメリカって調停と称して軍派遣したりしてるから世界一恨みを買いやすい国じゃない?だからこそ同盟国でいるとしても一線を引くべきな気がするんだけど。

からといって他の組むべき国なんて思いつかないんだけどさ。

安保法制によって、一線の位置が変わるだけでしょ。その一線がどこにあるべきか?今までがおかしかった(無理だった)んじゃないの?っていう議論がQ2以降ってことになるよね。

で、最後の一文に納得できないみたいだけど、

メリットデメリット比較して一番有利な相手がアメリカだという判断日本はしてきた。

それへの俺の答えは君の文章なかにある。

からといって他の組むべき国なんて思いつかないんだけどさ。

これだね。

Q2.

ここがわかんないんだよなー。日本を守るために米兵が死に、ってことが起こるのは日本自衛隊日本攻撃されたのを米兵が庇った場合でしょう?そしたら個別的自衛権で充分反撃できるんじゃない?

できない場合がある。

日本日本軍日本国民への攻撃アメリカがみなした(みなしてくれたら)場合アメリカは敵に先制攻撃を加える(加えてくれる)場合がある。先制攻撃というとぎょっとするかもしれないが、敵の攻撃に対して先制攻撃絶対に許されないとそれは不法な攻撃を認めることと同義になる場合がある。例えばミサイル防衛機能しない状況下で敵がミサイル発射準備をしている場合とかね。日本法律先制攻撃はかなり無理があるので、日本のために米軍にやってもらうことになる。その場合、敵の反撃に対して自衛隊米軍を見殺しにしたら同盟はなりたたない。

たとえば自衛隊米軍が一緒に行動してる。自衛隊が右側米軍左側にいる。敵は左側だけ攻撃しすぐに逃げる。米軍は反撃するが自衛隊はなにもできない。

これを繰り返せば、米国世論日米同盟をみとめなくなる。

等々。

いろんなケースを見ていくと、個別的自衛権だけで対応しようとすると個別的自衛権自体定義を巧妙にかえなくてはならなくなると思う。それは「広義の個別的自衛権」とでもよぶべきようなもはや個別的自衛権とはよべない何かべつのもので、その実態集団的自衛権、、、ということになると思う。朝日新聞はこういうごまかしが好きかもしれないが、多くの日本人は納得しないと思う。

今回、自民党公明党がそんな馬鹿屁理屈をこねなかったのは結構なことだと思う。

Q3. 集団的自衛権を持つことにより、逆に「日本戦争やる気なんだ」と解釈され、隣国大義名分を与えることにはならないの?

単に答え忘れていた。

まず、問いが正確でない。下手をすると誘導的だと思う。

集団的自衛権国際法上認められた権利。つまり日本はもともと持っている。

今回の安保法制はそれを行使する仕方(どういう場合にどういう風に)を定めている。

認められた権利の使いかたを定めることを「戦争やる気」と解釈してなにかの理由に使うとしたら、それ自体我がほうの権利侵害。「大義名分」とは呼べず単なる口実。国際社会にもそういう理屈を使う側の侵略意図を感じさせることになるだろうね。

Q4. Q5.

Q3に答えたので納得してもらえたと思いたい

2014-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20140502102455

いやミサイルで終わりとか言う人に、真面目に説明する必要もないんじゃ…

日本ミサイル防衛なめんなっつの

2014-03-26

http://anond.hatelabo.jp/20140326093750

石破茂

「『ミサイル防衛なんて金の無駄敵基地攻撃能力を備えるほうが安くて確実』という意見が出たら論理的に反論するのは難しい」

と言っていたな。

そんな意見は出なかったそうだが。

ノドン1発10億円だから

2発で20億円を海に捨てたわけだ。

で、日本はというと去年だけでもミサイル防衛費用に605億円予算追加してるし、ほんとあほらしー。

age og empireだったらとっくに先制攻撃して更地にしてるところ。

2012-04-04

武器共同開発>三原則緩和後で初、英国と着手へ

毎日新聞 4月4日(水)2時32分配信

 日英両政府は3日までに、武器(防衛装備品)の共同開発に着手する方針を固めた。日本政府が昨年12月に「武器輸出三原則」を緩和し、日本安全保障協力がある国との間で武器技術の国際共同開発・生産が解禁されてから初のケースとなる。野田佳彦首相は、来日するキャメロン首相との10日の首脳会談で、共同開発や技術供与の具体化に必要な政府間枠組みの構築に向け、正式に協議に入ることを確認する。

 政府は、これまで武器輸出三原則の「例外」として、ミサイル防衛MD)の日米共同開発・生産などを行ってきたが、米国以外の国と共同開発に踏み切るのは初めて。

 三原則緩和を受け、オーストラリアフランスなど複数の国が日本との共同開発に関心を示す中、英国を初の共同開発の相手国に選んだのは、英国特に日本技術期待感を示していることに加え、「昨年末航空自衛隊の次期主力戦闘機FX)選定の際、英国が強く推したユーロファイターではなく米国中心に開発しているF35を選定した埋め合わせ」(政府筋)の意味合いもあるという。

 防衛省はすでに担当者英国派遣し、具体的な共同開発案件について協議を始めている。ただ、武器輸出三原則は緩和されたとはいえ、武器の国際共同開発・生産には高いハードルがある。目的外使用や第三国移転には日本の事前同意を義務付けており、第三国がさらなる移転を防ぐ十分な制度を持たない限り同意しない仕組みだ。

 このため防衛省幹部は「個別の案件より先に事前同意を得るための枠組み作りをする必要がある」と指摘。英国と具体的な案件を決めるには「1年くらいかかるかもしれない」との見通しを示す。「戦闘機などの大型案件ではなく装備品など小型のものから徐々に進める」(外務省幹部)意向だ。【横田愛朝日弘行】

ネトウヨちゃん的にはどうなんだ。発言しろよ。売国奴ミンスがこんなことやり始めようとしてるぞ。いいのか。

悪用するかもよ。当たり前のことをやろうとしているとスルーだな。都合が悪くなるとすぐに黙るな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん