「マスノスケ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マスノスケとは

2009-09-08

ラブプラスが私の父親を攻略するゲームである件について

※この記事は増田の家庭に関する重大なネタばれが含まれる恐れがあります

 

ラブプラスを購入した。

私は早速、喜び勇んでレズプレイをしようと固く決意する。

起動して、自分名前入力する。

ものすごい種類の名前が収録されているので、絶対見つかりますとのことだから、期待ができる。

しかし、「マスエ」と正しく呼んでくれる選択肢は、見当たらなかった。

レズプレイは想定の範囲外だったというのか。

涙をのんで「マス」で入力するも、「マス」と呼んでくれる選択肢も見当たらなかった。

私は涙を二度のんだ。

私は泣く泣く、男性名を入れることを決意した。

しかし、見ず知らずの男性名を入れるのも癪だった。ピンと来ない名前で呼ばれたら、恋愛をしている気分が薄れてしまう。

だからと言って知り合いの男の名前を入れてしまったりするなら、彼女たちが恋愛する相手は、私ではなくその男になってしまう。

ああ、私はどうすればいいのか。

そこで私は、肉親である父の名前を入れることにした。

なぁに、いざとなったら、名前で呼ばれる事を拒否すればいいのだ。

 

最初の友達モードのころ。

もちろんみんな私のことを名字で「増田君」と呼んでくれるので、問題はなかった。

 

最初は私は、バリバリの凛子狙いだった。

ツンデレ純粋に好きだったのだ。

しかし、プレイしているうちに、気づいてしまった。

寧々さんは優しいのだ。

寧々さんは甘やかしてくるのだ。

私はそういえば、今まで散々甘やかされて、ぬるま湯の中で育った、いわゆるゆとりだった。

こちらが甘えられてしまうような人材より、甘えさせてくれる人間のほうが、幾分か楽だ。

私は迷った。

しかし、楽だからという理由で寧々と付き合うなんて、そんな事があっていいのだろうか。

寧々はすっかり諦めて、ちゃんと凛子と付き合おう。

そう決意した矢先のことだった。

 

寧々さんからメールが届いた。

「これからは増田君からもメールを送ってくれると嬉しいな」

…この女、私に気があるなッッ!!

そこからの私はだらしなかった。

もう不誠実とか誠実とかどうでもいいと思った、だって好きなんだもん!

しばらく私は、凛子と寧々の狭間をうろうろした。

なぜなら、寧々に優しくされたら、それを拒否するなんて、そんなかわいそうなことできなかったからだ。

このままでは、どっちつかずだ。まずい。

私は魂の選択をした。

 

…私は、当初の予定とは違い、寧々に甘やかされる日々を選択してしまった。

そうして、私は寧々に告白された。

しかし、後悔はないのだ。私は寧々に心を決めたのだから。

寧々は告白の後、こう言った。

「これからは、下の名前で呼んでいいかな?」

寧々さんの頼みだ、断れるわけはない!

私はもう、ものすごい勢いで、タッチペンで「いいよ」を連打する。

液晶がカツカツと音をたてた。

私の答えに、液晶の向こうの寧々は安心したように答えた。

「良かった、マスノスケくん」

 

…!!!

 

そうだった、寧々が見ていたのは、私ではなかった。

寧々が好きだったのは、私ではなく、私の父親だった。

これは、私が彼女攻略するゲームではない、彼女が私を攻略するゲームでもない、私の父親が、寧々攻略するゲームだったのだ!

私は天を仰いだ。

そして同時に、重大な事実に気づく。

寧々と父は付き合っている。

にもかかわらず今、ここにいる私は、寧々子供ではない。

 

つまり、私の父親は、寧々と付き合ったにも関わらず、いずれわかれたということだ。

若い青春の日々、確かにいろいろなこともあるだろう、まどうこともあるだろう。

私は、二人には、いろんな苦難を乗り越えて、でも幸せになってほしかった。

今こんなに幸せな二人だから。不幸せな二人が想像できなかった。

けれども、私の父親は、そのうち寧々を捨ててしまうのだ。

私は、寧々幸せそうな笑顔を、これ以上直視することができず、そのままDSを閉じた。

 

 

人生につづく

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん