「マイクロチップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マイクロチップとは

2015-07-25

ドリンクバーシステムがよくわからない

この前、サイベリヤとかいう高級レストランへ連れてってもらったのだけど、

最近の高級レストランはすごいね飲み物飲み放題だなんて。

どうやら『ドリンクバー』というメニューを注文すれば、

あとは自分で好きなのを好きなだけ飲んでいいって理解でいいのかな。

シャイなシティボーイだもんで、その場で詳しい説明を聞くことができなかったんだ。

で、よくわからないのは、客がドリンクバーを注文したか否かをどうやって店員さんが識別しているのか、ということ。

注文を取りに来た店員のお姉さんならこちらの顔を覚えているかもしれないけど、

向うにいた店員のお兄さんには、はたしてこちらがドリンクバーを注文したということが伝わっているんだろうか。

万が一にでも伝わっていなかったら、「注文もしていないのにドリンクを取りに来やがった」と疑われやしないだろうか。

心配だ。

まさか気づかないうちに客にマイクロチップか何かを埋め込んで管理してたりするんだろうか。

この世界は既にそんなにサイバネティックなのだろうか。

おそろしいおそろしい。

ところで、昔は、サイベリアといえば(当時は高級レストラン代名詞ではなくてクラブみたいなダンスフロアだったはずだけど)、

プシュケーとかいアクセラレータの取引場所として暗に知られていたわけだけど、

今でもそういうアンダーグラウンドな取引をしてたりするのだろうか。

いまどきのNAVI自分増設したりなんかするような人もいないのかもしれないけれども。

水冷式には憧れたなー。

静電気対策なんつって服を全部脱ぎ捨てたり、よくやってたものだよね。

2015-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20150517225031

人類滅亡の危機←大風呂敷

センチネルはがミスティークDNAバージョンアップ。ウルバリンタイムスリップで阻止に行く

ターミネーターストーリーが同じ。DNAがT-800のマイクロチップ

子供には人類非人類、レイシズムとLGBT、ドラッグベトナム戦争理解できなくて退屈だろう

かといって大人には脚本が他作のマネだということが判ってしま

なんとかしてまとめようとしたみたいだが2時間の上映時間になって、ただ苦痛

2014-08-27

かわいいは正義

よく犬を拾う。

拾った時は飼い主さんが探していないかその場所で1~2時間一緒に待ち、結局飼い主らしき人が見つからなかったら、

動物愛護センター保護している旨の電話連絡をして、保健所にも同様の連絡をして、最寄の交番に届け出る。

交番会計課の人に犬の写真を撮ってもらったら、保護する旨を了承してもらいそのまま動物病院へ。

動物病院ではマイクロチップが入っているかいないかの確認と、体重推定年齢・健康状態を診てもらう。

マイクロチップが入っていればAIPOに照会するんだけど、今まで拾った犬でマイクロチップが入っていた子は一匹しかいない。

健康状態に問題がなければ取り敢えずノミダニ予防を行って、自宅に連れ帰る。

そして体重推定年齢など獣医師から聞いたヒントになりそうな情報を伝えるために、動物愛護センター保健所に再度電話連絡。

ちなみに警察には追加情報の連絡は行わない。

以前それらを伝えたところ「あ、そういう情報はいらないんで」と言われ、「でも飼い主さん照会のときのヒントになりませんか?」

と提案したんだけど、「書く項目がないんで、いいです」と言われてしまったため。

で、あとは飼い主さんが見つかるまで保護し続ける。

脱走などの「迷い犬」は大体1週間以内に飼い主さんから行政に照会があってお家が見つかり解決するんだけど、中には「捨て犬」もいて

そういう子は当然1週間経っても2週間経っても何の連絡もない。

1週間経って行政に照会が入っていない場合は、もしかして捨てられた?という嫌な予感を抱えつつ、探し方を知らない飼い主さんも

いるから…という動物愛護センターの方の言葉を励みにこちから飼い主さんを探す。

保護場所近隣の動物病院グルーミングサロンへの照会と「犬保護してます」的な貼り紙の掲載依頼や犬の散歩をしている方への聞き込みを行う。

併せてSNSで犬を誤って逃がしてしまった人がいないか、探している人がいないかチェックする。

1ヶ月経って飼い主さんが見つからないときは、もう捨て犬色が濃厚になる。

だけど、迷い犬捨て犬は落し物扱いであから、3ヶ月経たないと所有権が私にうつらない。だからどう考えても捨て犬だろ、と思っても

1ヶ月の時点では里親を探すことは出来ない。(これは以前警察から指導されたこと)

から3ヶ月間自宅で保護を続ける。私自身も犬を飼っているけれど、うちの犬はいときメンバー増加・卒業に慣れっこのようだ。

遊び好きの子には積極的にかまいに行き、緊張している子やちょっと人間不信の気が見られる子にはそっと寄り添う。犬同士のコミュニケーション能力すごい。

3ヶ月経ちついに飼い主が現れなかった時は捨て犬認定をして、動物病院健康診断受診後、里親を探す。

これまでに知人への打診はし尽してしまったので近隣動物病院への貼り紙インターネット上での募集を行う。

ボロボロの状態で何日もさ迷っていた子、段ボールに入れられて公衆トイレに捨てられた子、足が3本しかない子、耳が聞こえない子、人間不信の子、基本は懐っこいけど人の手を異常に怖がる子、

クレートに入れられた状態で置き去りにされていた子(ちなみにこの子は火傷をしていて、クレートの中と回りにはロケット花火カスがあった)など、特徴や詳細をちゃんと書いて募集する。

もちろん保護している3ヶ月の間に出来るだけのケアはしているけれど、肉体的ハンデはどうにもならないし、根深い心の傷は多少改善しましたぐらいに持っていけるのがやっとで、里親になった

方には相当の苦労があるだろうから最初から情報開示して、それでもお迎え頂ける方を探す。

でも顔の可愛い子には多数の応募がある。むしろ健康で人懐っこいけど不器量な子にはほとんど応募がなかったり時間がかかったりする。

この間、小型犬でとても器量のいい子の里親募集するに至った。小さくて美人さんだけれど心に傷を持つ子で結構人間不信。私には大分懐いてくれたけど、散歩中など他人に目を

合せられると怖くて脱糞してしまうような子。

の子は色んな人のご協力で元の飼い主さんを探し当てることが出来たのだけれど、ずいぶんと犬の尊厳無視した飼育環境だったようだ。度の行き過ぎた躾と称した暴力もあったみたい。

元の飼い主さんは飼育放棄を表明したのでそのまま私が保護をした。

不憫な目に遭ってきた可哀そうな小さな犬。里親に応募して下さった方はみなさんは言う。

「不憫でどうしても放っておけない」「愛情を知らずに育った子を包んであげたい」「行き場のない犬を引き取りたい」「可哀そうな犬を一匹でも救いたい」

複雑な子でもご理解を頂けて、とてもありがたい事だと思う。皆さん懐が深くて優しいなあと思う。

でも本当に行き場のない子は10歳以上のハイシニアだったり、たくさんの治療費がかかる病気を患っている子だったり、不器量な子なんだよね。特に最後

かわいければそれだけで引く手数多

トイレ成功率も高く、健康で人犬問わず誰にでもフレンドリーでも不器量な子は選んでもらえない。

動物愛護に関心があるんです可哀そうな子を幸せにしてあげたいんです、としきりにおっしゃる方に、保護して里親が決まらないまま1年が経った子もいますよ、と写真を見せると

一瞬引くんだよね。それでやんわりと拒否の姿勢を示してくる。そして私はそれにちょっと傷つく。可哀そうな子を幸せにしてあげたい…ってなんなんだろうなあと思う。

どんな犬でも里親さんが見つからなかった場合は家でお迎えすることも覚悟して保護をしているので、仮に里親さんが見つからなくても動物愛護センターに連れていったりはしないんだけど、

家にも面倒を見れる限界というものがあるので、出来れば多額の治療費必要な重い病気を患っている子や、12、3歳以上の高齢犬をお迎えしたいと思う。

病気を持っている子や高齢の子は「普通の子」に比べて時間も手間もお金もかかるので、里親さんが決まりにくいし、環境の変化に耐えうるだけの体力がなかったりする子もいるので。

から健康で十分家庭犬としてやっていける素質のある子は積極的里親さんを探すのだけれど、顔のかわいい子は難しい心を持っていても、多少高齢でもたくさん応募がある。

だけど、不器量な子にはほとんどお話しはこない。とてもいい子なのに。

「誰かの大切な犬」なれない子。ただ不器量に生まれたばっかりに。

2014-06-04

http://anond.hatelabo.jp/20140604142341

ここに、本件っぽいことをいろいろ書いてあったよ。

http://www.law.co.jp/okamura/PL_Law/

引用「このような中間ソフトウェア単体と埋め込みマイクロチップとの中間形態)にあたるのが、まず、OSソフトウェアプレインストールされたコンピュータである。これについては、ソフトウェアに欠陥があった場合ハードウェアソフトウェアメーカーが同一であれば製造物責任法対象になるが、ハードウェアソフトウェアメーカーが同一でなければ、ソフトウェアに欠陥があっても製造物責任法対象にならないと考える説、プレインストールされることによって製造物の一部になったとする説(岡本佳世ほか「企業のPL対策」(商事法務研究会1995年)67頁)など、説が対立している。」

まりは、はっきりこうと言える条文は無いんじゃないかな?

2010-09-03

2冊のアクション書評 ピーター・ドラッカー堺屋太一

http://twitter.com/zaway/status/22888381585

ドラッカー堺屋太一。2人にはある1つの共有点がある。

それは、未来経済社会のあり方についての「ビジョン」についてである。それを堺屋太一は「知価社会」とよび、ドラッカーは「知識社会」と呼ぶ。キーワードは「脱工業化」、そして「知」だ。従来型の産業構造の転換が求められているという議論は、今も日本で話題になっているが、これは新しいようで古い。そこで今回は、彼らの著作の紹介を通じて、過去の議論をざっと見てみようと思う。

堺屋太一「知価革命

1985年に刊行された、堺屋太一未来予測本。

当時はかなりの反響があった。鉄鋼やエレクトロニクスなど日本製造業が絶頂期にあった中、周囲からのひんしゅくを恐れずに堂々と脱工業社会の到来を予言した。ある意味で、時代を先取りしすぎた本と言えるかもしれない。

まず著者は、古代以来の世界史の「精神史」的側面を振り返りつつ、現在世界が直面している変化を位置づける。むかしは、カネや領土を追い求めた「物質」尊重型の古代文明ローマ帝国中国漢王朝のような)、古代の巨大帝国が崩壊すると今度は、信仰に篤く慎まやかな生活をおくる「精神」尊重型の中世が到来した。それが、産業革命以後の近代ではまた「物質」を追い求める時代へと転換した。その意味では、現代社会価値観古代帝国が基底にある。

しかし、足下ではこれが中性的な「精神」尊重型の社会に立ち戻る動きが見られる。2度の石油ショックが起こり、これで資源が有限であることに人々は気づき環境意識が高まっている。「このまま大量生産、大量消費を続けたら我々はまずいのではないか」、そうみんなが確実に思い始めている。この流れの延長線上にある社会の姿と位置づけるのが、「知価社会」である。

知価社会とは「デザイン性やブランドイメージ、高度な技術、あるいは特定の機能の創出といったことが、物財やサービス価格の中で大きな比重を占めるようになる社会」と定義する。ここで、単に情報産業サービス産業などという特定の業種転換より広い意味をもっていることに注意したい。むしろ、強調されているのは製品としての「コモディティ」の終焉である。彼は確かにこう書いている。「安い規格品よりも高級なブランド品が、より長く使われる「知価」の部分が肥大化した価格攻勢が一般化する」(文庫版p225)。

すでにアメリカでは知価社会への適応が進んでいる。単純な製造業が衰退する一方、ブラディング、マーケティングサービス産業の比率が高まっている。翻って、我々日本にとられるべき選択肢は2つ。知価社会への移行を推し進めるか、それとも従来の工業社会の基盤に固執するか、だ。日本が取るであろう道について、彼は製造業での成功体験が忘れられず従来型産業構造維持型の政策を取り続ける可能性は高いと予測している。しかし、その道は安易であり、長期的に有利とは限らない。国際環境の変化に適用できない硬直化に陥る危険性があると警鐘を鳴らし、締めくくる。


ピーター・ドラッカーポスト資本主義社会

原著は1993年刊。この時齢83歳。

ドラッカーといえばマネジメントだが、 本来は政治社会批評家である。彼がマネジメント研究に入っていったのは、その思想を実践するための手段としてマネジメントが有効だと気づいたからにすぎない。

彼はまず産業革命が起こった要因について振り返り独特の解釈をする。産業革命を起こったのは、生活水準資本の変化意外に、1700年以降から変わったある決定的な要因があった。それは職業組合などの内部のみで、数千年に渡って発展してきた秘伝としての技能が、初めて収集され,体系化され、公開された。技術学校や「百科全書」のような書物によって経験は知識に、徒弟は教科書に、秘伝は方法論に置き換わった。この「知識」こそ、道具,工程製品への応用の連鎖をうみイノベーション加速度的な発展を促したものだった。

そして、今、知識の役割はさらに重要になっている。放射線治療機器CTスキャナ、高度なCVD装置、超高速のスパッタリン装置。今の製造業の基盤になっているこうした生産手段は、労働者の高度な知識があって初めて動く。昔の資本主義がそうであったように、けっして労働者歯車のように資本家に所有された代替可能な機械ではなくなっている。従来の資本主義にあったような「資本家労働者」という次元は今や完全に消滅している。今や富の創出の中心は、資本労働土地から、人間の知識そのものへと移行している。

ドラッカーは、このような形で変化しつつある社会を「知識社会」と称した。そうした社会では、労働者達の知識を効率的に活用し、いかに収益にむすびつけていくか(これをドラッカーは「知識の生産性」といっている)がこれまで以上に国,産業企業競争力にとって重要になってくる(p244)だろう。それはこれまでもそうだったし、これからはさらにそうなっていくだろう。イギリス過去CTスキャナコンピュータ抗生物質ジェット機を開発したが、それを製品サービス仕事転嫁できず、アメリカに抜かれていった。他方、アメリカアメリカマイクロチップコピー機、工作機械などのパイオニアだったにもかかわらず、日本企業がそれらの市場を奪取するのを指を加えてみるしかなかった。そして、日本は、自らが事業の先鞭をつけたほとんどの主力産業液晶テレビカーナビ、電池)で韓国中国企業の強烈なキャッチアップを受けている。

では、いかにして知識の生産性を高めることができるのか?それを実現する手段が「組織が成果を生み出す機能を高めること」。つまり、マネジメントなのである。この結節点において、社会学者としてのドラッカー経営学者としてのドラッカーとががっちりと連結される。

2010-04-07

はてなブックマークより一次情報把握が遅いマスコミ存在価値なし

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100407/crm1004071220012-n1.htm

埼玉県飯能市坂元正丸峠付近で犬猫約100匹の死骸(しがい)が捨てられていた事件で、

>県警生活環境2課と飯能署は7日、廃棄物処理法違反不法投棄)の疑いで、

>同県三芳町藤久保、元同町議ペット葬儀業「花園ペット祭典」経営

阿部容疑者(71)を逮捕、自宅兼店舗などを家宅捜索した。

この事件、昨日(4月6日)辺りからマスコミで急に取り上げられたが、

自分は4月2日の時点で知っていた。

この告発ブログ自体は

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/blog-entry-92.html

3月29日にあったもの。

>それは、板橋の犬屋敷の件で、聞きたいことがあり、猟友会のOさんに電話をした時の言葉でした。

>「え?聞いた事がない。どういうことですか?」

>「5~6年前は、散乱した骨が沢山あったんだ。4年前くらいかな。黒い袋に入った動物遺体が毎週のようにあるんだよ。」

> そんな話から、始まりました。 その週末、私は現地に向いました。

>聞いた場所に着き、遠くから見るとゴミ袋らしいものが見える。でも降りていけない。

猟友会のOさんが「案内するから待ってて」との連絡があり、獣道なるものを教えて頂き、降りていきました。

>少し進むと、散乱した袋が沢山散らばっています。

>破けた袋から頭を出している犬、お尻を出している犬、ふっくらした袋。

>その袋を開けてみると、水色の洋服を着たシェルティ-でした。

>「え?何?何?」頭が混乱しました。

>ブリ-ダ-? 葬儀社? こんなに沢山なら・・業者???

>その日は、数枚の写真を撮り帰りました。

>天候が悪い日が続き、2週間後、知人5人と私で現地に向いました。

>新しい袋や布にくるまれた動物遺体が、また、増えていました。

>水色の洋服を着ていたシェルティ-の袋の中には、金の折鶴がありました。

>お尻の見えていた子は、キャバリアでした。綺麗にトリ-ミングされ、お正月リボンをつけていました。

シェルティ-の顔を見ようと、身体の向きを変えると、アゴから胸にかけ血だらけ。蛆もわいていました。

>Mix犬に純血種、生々しい遺体、猫のアゴの骨や犬の骨が沢山。オムツをした遺体

合同葬に出した犬達が、ダビに付されず、ここに放棄されたのでしょう。

>それも、長年・・・。

>飼い主さん達は、今も尚、他の子達と一緒に埋葬されていると思って、手をあわせている事でしょう。

犯人を見つけたい・・・警察捜査をお願いしました。

3月26日、報告した場所の遺体を回収、全部で80体。

マイクロチップが入っている犬もいない、手がかり無し。。

>埋葬してあげたい・・・県知事市長県庁市役所 etc お願いしました。

3月25日、 話し合いの結果、飯能市は、生ゴミと一緒に焼く事しか出来ません。

県庁動物指導係は、センタ-の炉では妬くことが出来ない。

>センタ-には、保護した犬猫達がいるので、当たり前です・・。

>生ゴミと一緒に焼くなんて出来ない。。

> 私達が引き取るしかないのでしょう。

>飼い主さんがわかれば、犯人もわかります。

>何か、手がかりがないものでしょうか。

このブログが4月1日時点ではてなブックマークに1件登録され、4月2日の段階で3件登録された。

はてなブックマークは3件に達すると「新着ブックマーク」の表示がされるので、

新着ブックマークを定期的にチェックしている自分は、4月2日の早い段階でこの情報に遭遇できた訳である。

・・・要は何が言いたいのか、というと、

マスコミの最大の価値は、世の中に知られていない一次情報の発掘なのに、

 今回、完全にブログはてなブックマークに先を越された」という事実

どうも、マスコミ自体、ブログを受けて「動き始めた」節がある。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100406/crm1004060126001-n1.htm

埼玉県飯能市正丸峠の山中に、犬約100匹の死(し)骸(がい)が

>遺棄されていたことが5日、ペット業界関係者への取材で分かった。

>遺棄されていた犬は子犬から成犬まであり、多くは犬用の服を着ていたり

>毛並みが整っていたりするため、飼い犬だった可能性が高いという。

>県警でもこうした事実を把握、廃棄物処理法違反などの疑いで調べている。

>犬の死骸が遺棄されているのを確認したのは、東京都内ペットサロン関係者

>2月上旬、知人から「正丸峠に5、6年前から犬の死骸が捨てられている」との話を聞き、

>2月14日と25日に同店の店員らが現場を訪れると、

>辺り一面に黒いポリ袋などに入った犬の死骸が散乱していたという。

>死骸は半分以上がマルチーズシベリアンハスキーなどの純血種。

道路わきのがけ下に5、6キロにわたって捨てられていた。

>同店では2月25日に飯能署に相談、3月4日には市にも相談。

>県警と市によって同月26日に犬約80匹分計約510キロの死骸を回収したが、

>同31日には再び新たな15匹の死骸が捨てられているのが見つかった。

・・・完全にブログの内容の後追いになっている。

という訳で、自分は犬の運命云々より、「マスコミはてなブックマークに敗北した」という

事実に、感慨深いものを感じる。

2008-12-29

[]

無責任な飼い主減らせ、自民議連が「ペット税」導入論

12月28日3時14分配信 読売新聞

自民党動物愛護管理推進議員連盟会長鳩山総務相)は、犬や猫などの飼い主に課税する「ペット税」の導入に向けた議論を近く開始する。

動物を飼ってもすぐに捨ててしまう飼い主を減らし、ペットを取り巻く環境改善につなげる狙いがある。議連では、ペットを購入する際に一定額の税金を全国一律で課すことを想定している。

近年、ペットの飼い主が「飼うのに飽きた」などといった安易な理由で、ペットを捨てるケースが増えている。2006年度末時点で全国の自治体に引き取られた約37万4000匹の91%が殺処分され、社会問題化している。

環境省ペットの引き取り数を17年度末までに約21万匹に抑える方針を打ち出しているが、財政難にあえぐ自治体は十分な対策を講じる余裕がないのが現状だ。この自治体の対策費の不足分を補う財源として、ペット税が浮上した。

ペット税の税収は、〈1〉ペットと飼い主の特定につながる鑑札や体内埋蔵型マイクロチップの普及〈2〉自治体が運営する動物収容施設の収容期間を延長するための運営費〈3〉マナー向上の啓発運動費用−−などに充てる方向だ。

議連では、「ペット税導入には、動物愛護団体からも前向きな声が寄せられている。飼い主ばかりではなく、ペット業者にも『大きく育ち過ぎたから処分してほしい』といったモラルの低下が見られるという。新税導入で殺処分減少に効果があるかどうか、検討したい」としている。

最終更新:12月28日3時14分

(Yomiuri Online)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん