「ブラックホーク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブラックホークとは

2019-01-29

人型巨大ロボが非現実的なんじゃなくて巨大ロボがそもそも現実的

どうして戦車ヤマトみたいにでっかくならなかったと思う?

どうしてブラックホークダウンは富嶽みたいなサイズで行われなかったと思う?

人型であることが間違っているんじゃなくて巨大であることがそもそもの間違いなんだ。

しろその巨大兵器という嘘を誤魔化すために作られた隠れ蓑が人型なんだよ。

そこに気づいてようやくスターティングブロックを蹴り上げたかどうかなんだよ。

スタートラインのずっと後ろでくっちゃべっていたって、始まってすらないんだからそりゃゴールなんてたどり着きようがないさ。

2016-10-04

最高の戦争映画を一つ上げるとすれば?

昨日、ブラックホークダウン見てたんだ。お前それ何回見るの?っていうくらい何度も見てるけど、何度見てもやっぱよく出来てます

でも、自分では最高の戦争映画プライベート・ライアンだと思ってます脚本映像もすっごくよく出来てて、キャラクターもしっかり書けてて、泣ける部分もあれば笑える部分もあり、何より一個の映画として完成度が極めて高い傑作です。

最近見た中では、離婚問題に揺れるブラッド・ピット主演のフューリーもなかなか変り種戦争映画として面白かった。

戦争映画ってあんまり外れがなくて良い映画が揃ってると思うんですけど、あなたはどの作品が最高だと思いますか?

2010-05-11

めも。

沖縄問題について。

昨日のテレビ社民党の人が

海兵隊が外に出て行くときは佐世保空母に拾っていってもらうんだし,沖縄である必要はない。テニアンでもいい。」

と,主張してて一瞬「え?佐世保から空母で迎えに行く計画なんだ。それならそれでもいいかもね」と思ったけど,

よく考えたらそんなわけないなと思ったのでメモ

海兵隊のヘリ部隊のヘリが何かしらないけど,

ブラックホークなら一番燃費の良い方法で飛ぶと2000キロ飛べるとか。

これもよく知らないけど実際にがんがん飛んだら半分くらいの燃費とすると,1000キロ

その場合,往復で考えると片道500キロ

那覇から台湾までは約500キロ

つまり,ヘリを使えば空母を待たなくても,

台湾まではなんとか直接駆けつけられそう。

帰りは那覇まで行かずに空母に拾ってもらうことも出来るだろうし,


沖縄への駐留は真珠の首飾りへの牽制とか,台湾方面での有事を考えてのことだろうし,

むしろ沖縄にヘリ部隊はありというか,

米軍,特に切り込み部隊の海兵隊としてはあのあたりに拠点が欲しくて当然だし,

その見返りとしての片側責務ならそこそこ見合う気がする。

(逆に,福島とかで住民大歓迎で手を挙げられても,魅力は薄いと思う。)

西表島とかならいっそう良いけど,場所がなさそうだし,

あまり台湾に近いところに今更移設したら,中国を刺激するので難しそう。)


あと,フリップで見たときはテニアンが意外と近くにあるように見えて,

そんなに距離的に変わらないかなと思ったけど,

そんなに近くなかったはずだと思って,GoogleMapで見てみたら,

やっぱりとても遠かった。

空母って時速だと50キロくらいの速度な訳で。

機略戦など迅速な展開を最重視する海兵隊がそもそも受け入れない気がする。

アメリカ政府サイトに,グアム移転の記事が一瞬載ったという噂もあるけれど,

合理的に考えれば,かなり可能性の薄い選択肢なので,最悪自体の代替案程度で本気じゃないと思う。)

沖縄での海兵隊下士官犯罪などは勿論問題だし,

沖縄に負担をかけているのは事実だけど,動かせないものはしょうがないわけで。

米兵の沖縄での犯罪地位協定の範囲外として強く罰することにするとか,

そういうのとバーターで認めてもらうように働きかけるしかないよねと考える今日この頃




とちゅうから話題がいくつも混ざってわかりにくくなったけど,

メモなので気にしない。

2009-09-18

ここしばらくの女子力に関する話題を見ていて、一分のスキもなく完璧にセットされて男からの評価を得ることに特化した女性って、文字通り『武装』(これは所謂スイーツ的な人であるか、それともヲタ受けしそうなタイプか、は問わない)してる感じがするよなーってのをとりとめもなく思った(この人なんかレオパルト2っぽいなー、的な。)

そういえば、そういう人と身近に接すると、なんか射爆場で戦車砲の標的にされてるような気分になる。すんげえ速度で機動して、車体がめっちゃ揺れて見えても、砲身は完璧にスタビライジング。一ミリのブレなく、秒速1700mの熱視線で、あなた如きはいつ何時でも赤子の手を捻るみたいに殺せるんだよ、という本気が伝わってきて。

なんていうか、装甲系女子?

てか、俺、死ぬの?みたいな。ええ。死ぬんですけど。精神的に。

もちろん、そう感じるのは、受け手側たる自分の貧しい女性経験・アワレな心象が大いに投影されてるだけなんで、真面目に我が身を振り返ると割と虚しいんだけど、まあそこに両目をつぶってぼーっと見ていると、その手の「女子力」を理解し(意識する・せざるは問わない)使いこなして男どもを蹂躙していく人って、なんか「戦争」っぽいなーと思う。恋は戦争(笑)とか手垢つきまくったワードだなーとか思うけど、特に「宣戦布告」「交戦対象」がなくても、そういう人達からは無言の存在感・プレゼンスみたいなもんが感じられるのだよな。簡単に蔑ろには出来ない何か。そう考えると、女子力というのは一種の武力・暴力抑止力類推で考えるとしっくり来るというか、自分の中で妄想がもりあがってくる音が!音が!モリモリと!するわけです!!!

所謂「女子力の高い人」が火力・装甲・機動力の三位一体でどっか遠くの男を蹂躙・突破・包囲殲滅していくのは小気味よいし、面白い。けど、自分の近くでドンパチが始まったり、お隣さんが急激に女子力を高めたりすると、なんかバランスオブパワー的な意味自分軍拡を求められる感じの圧力を感じて、すげーやだなー、みたいな。ウチの近所で戦争やらないでください!みたいな。だいたいどう俺を強化しても真正面からレオ2A6みたいな気合入った異性とがっぷり四つに組んで戦うような戦闘力はねーよ!!みたいな。どう頑張ってもソマリア民兵レベルブラックホークダウンよりも悲惨なことに!!!みたいな。早く増田を和平に導く政治的枠組みを整えるべくはてな首脳会談開催しろ!!!!はやくしろーッ!間に合わなくなってもしらんぞーッ!!!みたいな。おお!いいじゃないか!!!(何が)

収拾付かなくなってきたんでその話は捨て置くけど、そういう「女子力の高い理想の女」像を冒頭のような「戦車部隊の理想」像っぽいアナロジーとして考えると、そういう理想像常識みたいに求められるのは、完璧超人になれない多くの女性にとっては、確かに頭が痛い問題だろうなーってこともぼんやり実感出来て楽しい。ボヤいてた増田の人は、そういう『近代的な機械化部隊の存続・維持』に求められるコスト微妙に重荷なんだけど、だからって非武装にはなれねえし、コスタリカとかスイスとか持ち出したりして中立・非武装・軍縮を称揚してる人は何なの?死ぬの?防衛力の議論の歪な状況マジつらいんですけど!自衛官だって人間なんだぞ!!!的な状況に追い込まれてるのかな、という。『女子力の高い女』でいようとすることのランニングコストの高さと、それにまつわる議論の渦中で色々と心をすり減らしているんだね!という理解になり、意味もなく共感した(たぶんただの妄想)。

そんなことを考えていたら、そこはかとなく女子力の話題が楽しくなってきて困るなあと思いました。なんだかきょうも俺の脳内はてなウォーズはさいこうに盛り上がっているぜ、こんもりとな!(CV:堀川りょう)という心境になってきて凄く幸せ

増田のみんなも、しあわせになろうよ!!!!!!!!!

2009-02-16

映画「イーグルアイ」を見て思った事

http://www.eagleeyemovie.com/intl/jp/

最近レンタル開始されていたようなので何気なく借りた。ストーリー自体は、アイザック・アシモフアーサー・C・クラーク元ネタっぽいよくあるやつなんだけれども、それなりに捻ってあって面白かった。

それにしても、ハリウッド映画における国防総省の登場頻度の高さは日本映画には真似できないレベルだなとつくづく思う。「イーグルアイ」で記憶に残っているものでも、ブラックホークF-16グローブマスターっぽい輸送機などが当たり前のように登場しているし、ペンタゴン上空の映像も何気ない演出で出てくる。中でも無人攻撃機(おそらくMQ-9リーパーだろう)なんて、1、2年前に配備され始めたばかり最新兵器だ。他の作品でも、「ダイハード4.0」や「スーパーマン リターンズ」ではステルス戦闘機F-35が、「トランスフォーマー」ではF-22ラプターAC-130ガンシップが登場していたっけ。

また、「イーグルアイ」では国防総省微妙立ち位置で登場するわけだけれども、こういう作品存在に目くじらを立てないアメリカのしたたかさが垣間見えるような気がした。あるときは主人公を陥れる陰謀を張り巡らせる機関であったり、逆に主人公バックアップする心強い後ろ盾だったり、人類存亡の危機に陥れる兵器を流出させてしまう間抜けな組織だったりするのだ。そんな作品を無数に作り出し、大々的に宣伝世界中で上映させているのだから、それを鑑賞する我々への心理的効果は単なる映画会社利益を越えたレベルに達しているに違いない。

そうやって「アメリカ国防総省」という存在を、なにやら怪しげで強大で外連たっぷり存在であるかのように幻想させる(これはフィクション作品に登場する「CIA」にも言える事か)。世界中の人々がそんな幻想を抱く事を、彼らは意図的に引き起こし、したたかに利用していく。日本サブカルチャーも、いずれはこういった視野戦略を立てていく事も求められていくように思う。

2007-09-11

虐殺器官を読んだよ!

このところSFファンの話題作『虐殺器官』をやっと読んだんだ。面白!

ていうかさ、この作品を読む前にたまたま読んでたのが『戦争広告代理店』(これはドキュメント)とか、『戦争請負会社』。

タイムリーすぎる。悪役がジムハーフモデルにしてるっぽいし。

それから随所に挟まれるパロディネタにニヤリングスネークイーターとかフジワラ・トウフ・ショップとかブラックホークダウンとか

遊びの部分も充実してて楽しい

表現にどことなくS・キングっぽさも感じる。

これからも伊藤計画(字が違うけどもう良いや)に注目していくよ!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん