「ファイナンシャルプランナー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファイナンシャルプランナーとは

2020-10-17

1年で貯金を100万円貯めました /月収(手取り) 1720万、30代独身女性

我ながら頑張ったと思う。

仕事これまで転々としたので、最高貯金額50万円。

その貯金無職になって半年でなくなったし。

さんざん遠回りしたけど、英語力だけは身に付けたので

それで何とか今食べていける。

あ、地方実家一人暮らしなので、つつましやかに生活してます

もともと在宅の仕事だったので、コロナで影響もなかったし。

通勤や、特に毎日ランチ代がバカにならなかったんだなと

在宅ワークになって実感。

コンビニで1日700円とか普通に使ってたから、お金もたまらないよね。

自宅で自炊なら1日1000円もかかりません。

楽天経済圏をフル活用しながら、断捨離メルカリに出品したり

スマホ保険などの固定費はもちろんすぐに見直して、年間数万円割引。

金利の高いあおぞら銀行貯金は預けてる。

少額だけど積み立て投資も開始。

コンビニに行くのはメルカリの発送の時のみで買い物はせず

食材は週一回ディスカウントストアでまとめ買い。

簡単だけど自炊毎日

ただたまにおいしいものが食べたいので、週に1回の定休日だけ

外食OK

自粛で溜まったストレスは、地元リゾートホテルで一泊して解消。

Gotoトラベルはもちろん、県が発行するクーポンも併用で半額位で泊まれた。

無料マネーセミナーファイナンシャルプランナーの人に相談

できたのもよかった。

節約ってケチケチすることだけだと思ったけど、要はメリハリだと気づいた。

ランチを実際にしただけでもずいぶんお金は浮いたし、なんとなくカフェに行くのをやめて

週に1度だけほんとに行きたい店に行くことにしたら、金額結果的にお得だったし

満足度全然違った。

どの節約本を読んでも、先取り貯蓄、固定費見直し

と書かれているけどほんとそれに尽きる。

後は、正しい情報をきちんと得ること。

日頃から情報収集がとても大事

貯金ができるということは、心に余裕ができることだと思う。

一般的にはまだ少ない貯金額だけど、万が一職を失っても、半年位なら

収入でも生きていける安心感

そして、貯金がなくなっても、また収入が得られるようになれば

これまでのノウハウ貯金を取り戻せる自信がついたこと。

これが大きい。

まずは100万円を目指そうとよく言われるけど、ほんとだと思った。

わかりにくいかもしれないけど、ダイエット語学学習貯金も、

基本的なところは同じです。

どれか1つに成功できれば、あとの2つも叶えやすいと思う。

私の場合英語学習は苦労したけど、その後のダイエット貯金

割とスムーズに進んだから

無理なくコツコツとがポイント

成功して、自信がつくのも同じ。

貯金に関しては、次は500万円を目指して、今のペースでコツコツ

貯金と積み立て投資を続けていきたいと思う

2020-07-19

ひきこもり家族です 修正しました。

anond:20200718215851

過去増田実家に引きこもっていた弟について何度かエントリを書いていたものです。

とりあえずうちの実家引きこもり問題は完結しました。ただうちのケースは完全な失敗例であり、今振り返っても「もっとマシな方法があったのでは?」「いや、結局同じ対応しかできなかったのでは?」と過去を振り返る毎日です。ただ同じ悩みを抱えていた者として、少しでも参考になる話ができたらと思い、このエントリも書かせてもらってます

まず増田さんのお兄さんのケースですが、現状でそこまで悲観的になる必要はないと思います。まぁうちの実家の弟に比べたら実親や祖母危害を加えない&金銭的に余裕もあるので超イージーモードじゃん!という気持ちもなくはないですが、増田増田のご両親も近年の引きこもり関連のニュース事件から、悲観的な将来を想定しすぎだと思います。あえてこう言わせてもらうのは、物事をあまりに悲観的に見すぎるあまり、それを打開するために短期間のうちに極端な対応をとってしまうと問題解決どころかさらにひどくなるだけだからです。不安気持ちはわかりますが、5年‘10年の長期戦で臨む覚悟をしてください。

正直な話、増田増田のご両親の心配事の大半は「金」ですよね。このままお兄さんの状況が変わらなければ、将来いくら金がかかるのか。負担はどれくらいになるのか。生活していけるのか。。。具体的な数字が想定しずらいか金銭不安けが増大してるんだと思います。これについてはですね、プロファイナンシャルプランナーにご実家金融シナリオ相談することである程度解決します。「お兄さんがこのまま引きこもりのまま70~80歳近くまで生きるかも」という最悪のシナリオを想定して、そのためにどれくらいの金融資産が必要なのか。貯金保険不動産などはどうやって運用すればいいのか。などなどを具体的な数字とともにシミュレーションしてもらいましょう。もしご両親があまり実家に執着がなければ、ある程度の段階で家をダウングレードするとか、とにかく早い段階から準備すれば心の準備もできます

もしご両親が他界した後に「お兄さんは正社員になるか、生活保護を受けないと暮らせない」という両極端な選択肢ではなく、「住まいを安い賃貸に移して、毎月3,4万ていどの副収入があったら生活できる」という選択肢もできれば、増田さんの将来への不安もかなり改善すると思います。(お金の余裕は心の余裕です)

さてここからはおそらく増田さんには一番難しいアドバイスかと思いますが、増田さんに頑張って試してほしいのは「現状のお兄さんのありのままを受け入れる」ことです。現状や将来が一番不安なのは当人のお兄さんです。「このままではダメだ、でもどうしたらいいかからない」という絶望の底で苦しんでいるはずです。そんな彼の人生の立て直しを手伝いたいのなら、せめて増田やご両親、祖母さんだけでもお兄さんの現状の気持ちに寄り添ってあげてください。20代でまだ若いので、まだ難しいとは思いますが、僕みたく40歳を超えると引きこもり以外の理由人生を大きく踏み外して大失敗する人がチラホラでてきます。いろんな人生があるんです。ですからお兄さんを他の同世代と比べるのではなく、あくまで数年前のお兄さんと比べて少しでも現状がマシになったら良しとしましょう。15年近く引きこもっていたんですから、これから数年じっくりかけてお兄さん含めて家族全員で談笑しながら夕食を食べられるくらいにできれば上出来です。

家族間の信頼関係が復活してから、お兄さんに少しづつでいいので成功体験を積んでもらってください。いきなり働けという話ではなく、家のゴミ捨てや買い物の際の荷物持ち、家族ファミレス外食など本当に少しずつです。増田さんとの関係改善したら、お勧めオンライン講座を(自分IT系なのでこういった発想になります)を進めるのもいいです。それも仕事につなげるとかでなく、あくまクラスを無事に終えること。学びの成功体験から自己肯定感を付けてもらうことです。

引きこもり支援センター公的民間も過度な期待を捨てましょう。公的サービスについては引きこもりで悩む本人が自発的に動いてくれないと何もできないものが大半です。でも仕方ないんです、基本的人権の尊重ってのがあるんで、他人強制して治療を受けさせたり寮にぶち込むなんてできないんです。そして民間サービスってのは法律で縛りのある公的サービスができないことをやろうとしてるわけです。あれはお兄さんの状態がひどくなって、高齢になったご両親や祖母に直接的・精神的・経済的DVなどをするようになって、「もう親か兄のどちらかを救うしかない」となった時点で検討するべき現代の姥捨て山です。現状のお兄さんを無理やりそんなところに任せたら酷い結果しか待ってません。やめときましょう。

ただ公的引きこもり支援サービスは、当人ではなく引きこもりに悩む家族情報交換としては有意義です。直接的な解決策は期待せず、あくまで長期的な視点で利用してみてください。

ブコメでも薦められてましたが、斎藤環著『中高年ひきこもり』は僕も読みましたがお勧めです。過去実家の弟の引きこもり問題がひどかったころは「なにを悠長なこと言っているんだコイツは」とキレてたものですが苦笑、すべてが終わってみると斎藤さんの言っている内容は正論でした。ただあれに書いてある内容を親御さんが実行するのは想像以上にキツイだろうし、多くの家庭はその途中で断念しているんだろうなとも思ってます

とりあえずあまり悲観的にならずに、少しずつ専門家公的サービスカウンセラー相談しながら少しずつ進めてください。何度も書きますが、公的サービスを利用するにもまず最初増田含めご家族がお兄さんのよき理解者になるのがスタート地点だと思います感情的に難しいことも多いでしょうが頑張ってみてください。

実家に居るクズ引きこもり(弟)を叩き出したい

https://anond.hatelabo.jp/20161019074216

逃げるは恥だが開き直ったクズからは逃げ切れない

https://anond.hatelabo.jp/20170201173533

心を折られた人間はどう立ち直ればいいのか

https://anond.hatelabo.jp/20181023041902

熊澤英一郎氏みたいな身内を抱えている方へ

https://anond.hatelabo.jp/20191231182933

リンクなおしました。id表示は完全にミスです。もちろん多少フェイクいれてます。見なかったことにしてくれると嬉しいです。

anond:20200718215851

ひきこもり相談員がやってきました。

 

>私の兄は13歳から15年間引きこもっている。

感覚として、28歳ならまだまだ色々な可能性があるかなと思う。ご本人の状態や関り方を知らないか確証ではないけど、でも28歳という情報だけでいくと「まだいける!」と希望を持って相談に挑んでる。

 

問題は、今後祖母や親が亡くなってからの彼の生活だ。

お金の面はファイナンシャルプランナー相談で目安を立てることはできるけど、40歳未満は両親にも覚悟がないので追い返すと畠中先生は言っていた。

畠中先生というのはひきこもりライフプランって本の著者。

https://survivallifeplan.com/

 

兄弟である私が支援しなければならない

いろんな人が書いているけど、兄弟にそこまで義務はない。将来も状態が変わらない場合自分生活が維持できた上で支援してくれるのは望ましいけれど義務ではない。

その前に、何年後に兄弟支援する必要性が発生すると想定されているのかが気になる。先になればなるほど何が起こるか本当に誰にも分からないので色んな意味杞憂に終わることも。

 

行政サポートが十分とは言えない

間違いない。税金でそこまで予算つけてくれないから。自治体によって全然できることが違う。自治体ガチャ

定期的な訪問をしているところもあるようだけど、それだけ人口に対する保健師訪問員に余力のある自治体さんどこー。

 

それ以上に、成人の人権が関わるようなことに誰がそこまで介入できるのか。

サポート十分って認識、多くの人が「何かをしてくれる」と思いがちだけれど、人権をもった、それも一人の成人に第三者が何をしろと。

 

で。何かをするのにおすすめは、まずはひきこもりの本人が住む環境を作っている同居されている方々が環境づくりに動くこと。

外に出ることに困難を抱えているご本人にどういう環境を作って、本人に影響を与えるかが何よりも勝負所

本人と家族の関りが全くわからないので何も言えないけれど、そういうところを行政でも民間でもいいかひきこもり相談相談してほしい。

まっとうな民間会社にお願いしても、結局最初は、本人の安心できる環境をどう作るか以外ないと思う。

お金出して知識ある人(これもとても重要知識ない人怖い)にたまに訪問きてもらっても、毎日時間接する同居する人が台無しにしたら何にもならないしね。

正直、引き出し業者みたいな人権無視予後の悪いやりかたをする以外の方法ってこれ以外あるなら教えてほしいぐらい。

 

ということで、ご同居の方々に相談お勧めしてください。そして、環境づくりに心が折れることは山のようにあると思うのでご同居の皆様を遠隔からサポートしていただけると、相談員としてありがたいです。

あと、斎藤環先生の「「ひきこもり」救出マニュアル 」はマニュアルとして分かりやすいのでお勧めです。

それと、ひきポスあたりを見ると、ご兄弟から見た世界垣間見れるかもしれません。

https://www.hikipos.info/

 

参考になれば。

2020-04-23

不安は何が解消されれば、不安でなくなるのか?

コロナ不安だ」という人に、「何が解消されれば、あなた不安でなくなるのか?」という質問をすれば、

不安に思う要因が抽出でき、要求仕様が固まるはずである


想定されるのは、

  1. 仕事がなくなる、解雇される
  2. 収入がなくなる
  3. コロナにかかり医療負担がかかる
  4. コロナにかかり周囲から差別される
  5. コロナにかかり苦しむ
  6. コロナにかかり死ぬ

あたりだろうか。


とはいえ、まだ仕様曖昧な部分がある。

収入は数値としていくらあれば不安でなくなるのだろう。

トリクルダウンとして、お金持ちに数値が大きくなっていく状況になれば不安はなくなるだろうと思ってたら、いくらでも数値は大きい方が良かった。

東京が豊かになれば、いつか豊かさに満足し地方も豊かになっていくはずだったが、実際は災害やら今回のコロナ補償やらで、いくらでも数値は大きい方がいい。


ベーシックインカム10万円を配ったら不安はなくなるという人は多いが、本当だろうか?

ファイナンシャルプランナーに、将来こんな色んなイベントがあるので備えておかなければいけないですよ、と言われたときに、不安はないと答えられるものだろうか。

(すべてのイベントを合算すると足りなくなるはずである

2020-04-20

コロナ仕事がなくなっちゃった営業がメインの自営だから厳しいんだけど、あがくと余計焦げ付きそうだからとりあえず引きこもることにした。一人だから向こう一年程度の家賃と食費くらいはなんとかなるし。

持病が悪くなったのをきっかけに大学中退して何となくやってきたもんだから、この間に資格勉強でもしてみようかなって思ってる。

興味がある分野も特にいから、今後の仕事につながれば…と思ってパラパラみてるけど、何がいいんだろう?

儲かる資格みたいなところで探すとファイナンシャルプランナーとか社労士とか出てくるけど、ちょっと難しい気もするし。勉強は苦手じゃ無かったけど、29になるから物覚えが悪くなってきてるような気もするし…

心当たりのある諸先輩方の意見が聞いてみたい。

2020-04-06

知識ゼロから楽天証券で積み立てNISAを始めるまで

先ほどやっと楽天証券の積み立てNISAの買い付けが終わった。

毎日積み立てを1本と、月初に500円分1本。

投資信託なんてまったくの初心者なので、なるべく初期費用は軽く

たまったポイントをフル活用することに決めた。 

 

ここまで来るのに2ヶ月かかった。

まず最初に始めたのが、楽天商圏への乗り換え。

なんとなく楽天カードを持っていたけれども、銀行地方銀行だったし

スマホも、他社の格安スマホだった。

それらを一気に、楽天銀行楽天スマホに変えて、今回初めて知った

楽天市場での買い物も0と5がつく日にまとめすることにした。

後は、これまでメルカリ派だったけれども、ラクマに変更。

支払いも一気にキャッシュレスに変更。

今使ってるのは楽天カード楽天ペイそれからPayPayの3本立て。

できれば楽天ペイだけにしたかったが、毎週通う獣医の支払いが

PayPayのみの対応だったためやむを得ず。 

 

楽天銀行カードは、JCBなので、PayPayと紐付けができず

かといって現金チャージするのもめんどくさかったので、

わざわざ楽天プリペイドカードを購入しPayPayと紐付け。

こうすることでPayPay分のポイントも獲得。 

 

そうしてコツコツ貯めたポイントを、楽天証券の積み立てNISAに回す。

楽天証券の口座を開設し、マネーブリッジ楽天口座と連携することで

ポイントアップ目指しかつ、楽天ハッピープログラムクリアするために

毎日積み立てNISA実施

ステータススーパーVIPに。 

 

この口座開設にも時間を要し、開設してからは、投資信託について学び

どの投資先を選ぶかまた調べるのに時間をかけ、やっと本日購入に至った。 

 

楽天商圏は、確かにポイントの貯まりは非常に良い。

しかも、手持ちのお金を使わずポイントを使って投資ができるのがすごく魅力。

だけどこれを最大限活用するためには、相当調べていかなければならない。 

 

参考にしたのは楽天ホームページと問い合わせ、それから個人ブログなど。

ただ本当に複雑なので、いろんなサイト渡り歩いたし、何度も楽天に問い合わせをして確認

ポイント3倍とかアピールがすごいけれども、細かい条件が複雑すぎて

何度も切れそうになった。 

 

自粛の今は暇である

いくら読書趣味でも、1日中本を読み続ける事は難しい。

なんとなくネットサーフィンをしていても、嫌なニュースばっかりでうんざりする。

SNSコロナ流行る前に、疲れ果てて止めていたので良かったけれども、

もしも今もTwitterとかしてたら、心病んでたかもしれない。

 

 

人間暇になると、ロクなことを考えない。

某国をディスったり、政府文句を言ったところで、状況はどうにも変わらないんだから

今この自粛時間をどう使うか考えたときに、ずっと気になってたけど

めんどくさくて見て見ぬふりをしていたことに真っ向から取り組むことに決めた。 

 

この楽天商圏をメインに使ってお金を貯める事も含めて、

将来のために初めて本気で老後の資金を貯める方法考えたし

その合間に家中断捨離をした。

 

 

勝間和代さんによると、楽天商圏とか格安SIMとか、知っていれば

お得なのにしろうとしない事を「ものぐさコスト」と言うらしい。

私はそのものぐさコストがすごく高かったと思う。

 

 

この数ヶ月で私が学んだのは、

楽天商圏

格安SIM

MNP

投資信託

積み立てNISA

iDeCo

楽天ハッピープログラム

楽天マネーブリッジ

節約の基本

生活防衛資金

などなど

これら全部、ネットや本を使って1から調べて学んだ。 

 

アラフォーなのにこんなことも知らなかったのかと言われそうだが、

案外知らない人が多くてびっくりしてる。

こういう事はいつか勉強しようと思っても、そのいつかは絶対来ない。

今回の事態になって時間が余って、このままだとネガティブ空気に飲まれると

危惧していたが、視点を変えることで、大人として少し成長できたような気がする。 

 

いつか勉強しようと思っても、誰か教えてくれと思っても、

誰も教えてくれない。

お金を払ってファイナンシャルプランナーとか雇えば違うのかもしれないけど

そのお金を払うほどの余裕も覚悟もなかったので自分で調べたが

正直ホント大変だった。

時間も手間もかかったけれども、でも今やりきって思うのは

これだけやっておけば、とりあえず今の段階では、将来に向けての準備はできたかなと思う。

 

 

もちろん今後いろいろ手を加えて改善していく余地はあるけれども

仕組みは出来上がったので、後は楽だ。

不安感もかなり解消された。 

 

去年までは将来が不安で、願望もないのに婚活に走ったりしたけども

ちゃんと向き合って、一番心配だとお金の面の知識と準備を蓄えたことで

心がすごく穏やかになった。

もちろんコロナ心配だけれども、できる事は限られている。

最低限やるべきことをきっちりやって、後は嵐が過ぎるのを待つだけ。

コロナはいつか終わるけれども、老後は絶対に避けられないし

今回きっちりお金を貯める仕組みづくりができたのは本当によかった。 

 

時間があったのもあるけれども、一気にやりきったのがミソだと思う。

1つずつ細切れにやろうとするときっと途中で挫折した。

せっかくの時間有効活用する1つのアイディアとしてここに残しとく。

2019-10-31

ファイナンシャルプランナー家計見直し

外食を減らして食費を抑えましょうとか、趣味競馬にかける金を減らしましょうとか、不動産会社支店長までやってた人がこのくらいの判断自分でできないのかとか、わかっていても実行できなかったのなら人から言われてもできないよな、とかいろいろ感想が湧いてくる。

https://president.jp/articles/-/30474

2019-10-25

手数料ハンターに注意

やめておきましょう。

投資などの儲け話素人のカモを探してるのがほとんどです。

手数料ハンター銀行員証券マン保険屋、ファイナンシャルプランナーなどの勧誘話も聞く必要はありません。(用があるなら自分から問い合わせれば良いだけ)

まずは経済古典入門書を読むことから始めましょう。

2019-08-19

実家ぐらし、40代半ば、未婚、女 もう詰んだ

実家を売って、今は分譲マンションの一室で暮らしている。ローンは親の年金と私の給料で支払い

ただ、生活費は貯蓄を切り崩し、もう数百万の定期以外はお金が無い状況。そこに父親病気医療費

転職を考えたけど給与UPも望めない。出会いも無いし、この物件を選ぶ変態はそれはそれで怖い

20~30代は趣味仕事に恋に満足していた。それなりの給与と蓄えがあり、実家に1銭も入れてなかった

でも恋人とは結婚には至らず、金遣いは変わらず、親の引退とともに実家は急速に衰退。色々金使ったら一気にヤバイゾーン

そして気づけば40代自分身体もガタは来ているし、親もヤバイ金もない。男もいない。人生絶望しか無い

今更だが、俯瞰して見てもらえる男が家庭に加わっていればこうはならなかったと思う。実家地元じゃそこそこ裕福な方だったので一家全員危機感ゼロだったし、そのおかげで地元に知り合い等もゼロ

タイムスリップしたい。やり直したい。もちろん無理。理想父親が死んで母親と二人で立て直す流れだが、その母親が倒れたらガチで詰む。在宅のホワイトで月40万欲しい

それ以上に、父親介護母親もダウンしたらマッハで詰む。たぶんこっちの方が確率高い。ほんと怖い。寝れないしストレス身体ボロボロ

ファイナンシャルプランナーかに相談もしたが、紙に書かれた項目にド正論理想論を言うだけで役に立たなかったし、それを実行する体力も無い。あの人達の食費と光熱費は減らしやすいって思考は異常

売れ残り40代女とかどうしているの?自分以外はみんな役職者でキラキラ人生でも送っているの?

追記

生活を見直すと言っても、自分はともかく両親含めて一致団結というのは無理かな。やっぱ親世代は現状を認識できてない

それに月数万節約して年に数十万貯めて、それが10数年続いてもやっと見直しの頭金になるくらいじゃないかな。浮いたお金投資といきたいけど、余剰資金では決して無いから難しいし

かに遅いのは分かっている。元カレとダラダラ交際して婚期逃したのも自分のせい。もう母方の田舎に引っ込んで老い死ぬのが一番なのかも

一応同年代より外見は良い自信はあるけど、それもお金使ってなので、節約で切らしたらその強みも無くなって、豊満ボディのババアに成り果てそう

2019-06-16

所詮は外部の人間だぞ

中年ひきこもりの原因は「甘やかす親」か | プレジデントオンライン

私の事務所では両親から家計の状況を伺い、将来の資金状況のシミュレーションを行います。そして親亡き後、長男本人が生涯、行き詰まることな生活していけるかを資金から検討し、提案書を作成しています

「作っていただいた分析を、本人(長男)に見せてもいいのですか?」

「もちろんです。これが息子さんと話し合うきっかけになれば、それだけで一歩前進です。まだ詳細な分析をしていませんので、はっきりとは言えませんが、お子さんがお一人ですので、(預貯金などからしても)おそらくなんとかやっていけるとは思います。息子さんも安心されるでしょう」

すると、父親は言います

先生、それじゃあ困ります。将来お金が足りなくなるように厳しめに作ってください。それを見せて、息子に『仕事をしなければ』と思わせたいのです」

「うーん。そう考えてくれるとは限りませんよ」

私は、父親に賛成しかます

「親にお金があるから甘えて働かない」は本当か

実は、このような依頼は少なくありません。今のままの状況が続くと、将来資金が不足して立ちいかなくなる。その現実を本人に見せて、目を覚まさせてやりたい。そうすれば、危機感を持つようになり、仕事を始めるようになるのではないか。そのためのシミュレーションを作ってほしい、という依頼です。

「(親に)お金があるから甘えて働かない」

お金がなければ、仕事をせざるを得ないはず」

ひきこもりをめぐる問題が起きると、このような言葉がよく出てきますテレビコメンテーターネットコメント欄でも、こうした認識を持つ人を見かけます。実際、「甘やかしてはいけない」と一切の資金援助をしないという親もいます

しかし、お金がなくなると、本当に働きに出るようになるでしょうか? 私の仕事経験上、むしろ一歩も外に出なくなり、さらに状況が悪化することもありました。

いや、仕事っていったって、そもそもファイナンシャルプランナーだし、ひきこもり相談事例ったって、たかだか数十件か多くとも百件はみてないだろ。

それよりも40年以上見てきた親の観察を、そんな程度の経験をもとに簡単否定しないで、もう少し聞き出すほうがいいよ。真面目に取り組むんだったね。

所詮、外部の支援者が分かりうることってほんの象の背中の一部だと思うんだよね。

もう少し謙虚にあたれないものか。

2019-05-11

セキュリティエンジニアって・・・

お前ら休憩中に哲学書文学書を読んだり、ブログツイッター学者名言を紹介してるのに何でIT業界に来たん?

まぁ俺も仕事の休憩中やプライベート時間ファイナンシャルプランナー勉強や株の売買してるんだけどな、何でIT業界に来たんだろう

2019-05-03

現在27歳

結婚は諦めたので30までに都内一人暮らし用のマンション買おうか悩んでる

ファイナンシャルプランナー的な人に相談したいけど、まず自分でしらべれることないのかなー?

ネットで調べても独身男性マンション買う参考になりそうな情報がなくどういうところで調べたらいいのかがわかんない。

どこかこういうの調べるのにサイトがいいとかある?

2019-03-29

退職エントリ10年以上勤めたNTTを辞めました。

学部新卒から10年以上お世話になったNTT事業会社を辞めました。(以下NTT記載します)

大変お世話になりました。

最近ブームになっている各種NTT退職エントリーこことかこことか)が出回っている中、どこまで需要があるのか分かりませんが、NTTグループのさらなる発展に向けて少しでも糧になればと思って筆をとってみます

何をやっていたのか

MPLSや広域イーサネットなどの企業向けネットワークサービスを売る仕事世間的にはプリセールエンジニア

NTTに入ってよかったこ

(1) 人が良い、風土が良い

全社を通して、非常にスマートで、理路整然と考えられる人が多く、上司にも恵まれていました。

体育会系という雰囲気もありません。最近『ラグビー部も職場「乱入」』話題になっていますが、13年間勤務した限り、そのような場に出くわしたことはありません。仮にそのようなイベントを開催する場合においては、社風から鑑みるに、事前のアナウンスは必ず(少なくとも管理職には)あったはずです。

ラグビーのことは個人的ファンではありませんでした。しかし自社のラグビーチームをチームビルディングなどのイベント活用するのは、企業として当たり前だと思います

(2) チャレンジさせてくれる

その時点で業務遂行能力が不足していたとしても、チャレンジさせてもらえました。

私は帰国子女でもなく、留学駐在などの経験が全くなく、ほとんど満足に英語が喋れない状態でしたが、希望したグローバルビジネスチャレンジさせていただけました。その後、日本語理解しない海外上司のもと、世界中海外籍の方を相手仕事する経験を長くさせていただきました。結果、TOEICスコアで数百点分英語力が向上しただけではなく、グローバル観点でのビジネスマインド仕事の仕方を学ぶことが出来て、人間的に大きく成長できたと感じています

(3) 自由やらせてくれる

会社部署、チームとしての役割は当然ありますが、自由仕事をさせていただきました。

例えば、本来「完成されたサービスを売って売上目標を達成する」ことが目標であるリセールスでありながら、「目標達成に必要新サービス開発」や「販売活性化のためのデモ環境整備」などの開発に近い業務やらせてもらいました。自己成長に繋がり、周囲に認めてもらえたことに、とても感謝しています

(4) プライベートも充実させることができた

IT系会社でありながら、残業時間は短い方でした。

部署・チーム、時期により状況は異なりますが、私の場合、月20時間以下でほぼ収まっていました。そのため、業務後の時間を使って、情報処理技術者試験上級試験対策趣味ファイナンシャルプランナーを取得するなど、十分な余力を持つことができました。またプライベートではちょうど子育て期だったのですが、フレックス勤務・リモート勤務などの制度活用でき、さらに同僚・上司からサポート理解が深かったので、仕事と家庭の両方に全力で取り組めました。(子ども保育園へ送るため、始業時間を30分遅らせたり、子供病気による突発的な年休取得が出来たり、平日の学校行事へも参加できたり...などなど。)

なぜ辞めたのか

GAFAに人材流出防げ NTTコムの新キャリアパスなどに代表されるように、NTTの人事・制度改革の途でありますが、一個人経験を記録を残したいと思います

一言で言えば、人事制度に納得できずでモヤモヤしていたところに、やりたい事と方向性が異なる仕事アサインされたことが決定打になりました。

(1) 人事制度への疲弊

私が辞めることを決心した時点では管理職になることが唯一のキャリアパスであり、中堅社員にとっては唯一の昇給プロセスでした(若手のうちは年に5%程度は昇給していたように記憶しています)。当初はそれを当たり前と思ってはいましたが、徐々に現行制度のあり方に疑問をいただくようになりました。

また、上位の職責に上がるためには業績評価とは独立した「選考」があるのですが、周囲の先輩・後輩の選考結果や、自分自身の結果と得られるフィードバックの内容には必ずしも納得はできませんでした(同じ理由である年は通らず、翌年通るなど)。また数ヶ月にわたる選考とその準備のため、毎年疲弊し、100%業務に集中できるとは言い難い状況でした。

(2)やりたい仕事ができなくなった

初期配属や人事異動といったキャリアパス入社以来3回は100%希望を聞いていただけていたのですが、4回目でやりたい事とは方向性が全く異なる仕事アサインされました。

当時私は、「自分職業人生をかけて実現したいこと」をようやく見つけたところでした。その実現に最も注力したい旬の時期に自社でその活動ができないのは非常に耐え難く感じました。本人の希望とは逆のことをやらせ経験を積ませる育成方法は、かのSteve Jobs氏のConnecting the dotsのようでもあり、私は必ずしても否定するものではありませんが、事前に本人と十分すり合わせをした上で判断されるべきなのだと考えます。(私もタイミング次第では成長の余地として許容したと思います。)

転職した上で感じるNTTのこと

GAFAMではない外資系企業にご縁があり、今はそちらでお世話になっています。外から改めてNTTを見たときに感じることは以下のようなことです。

(1) 自由に何かができて、それが評価されうる

Job description がない日系企業からこそ、自分が役に立つと考えたことが自由にできるし、数値以外の観点での評価があるからこそ、評価されうる=取り組むことができると確信しています中の人は殻を破ると違う世界が見えてくると思います

(2) 過剰に民主的すぎる

自由意見が言える、極めて民主的文化であると思いますが、それ故に「意思決定で様々な関係者意見を聞きすぎること」「一度決めたことを実施前に声が大きい人が覆せる」などの弊害をあるように思います。それがよく作用する時代もあったのかと思いますが、今のスピード感には合わなくなってきていると感じています。より適切なレベル意思決定権限を落とすことはもちろん、一度なされた意思決定を全社で尊重する風土になれば、と思って見ています

また賃金体系や人事評価制度平等性・一律性が行き過ぎていると感じています。年次・職責を問わず評価に値する人はもっと評価するべきだと思いますし、逆もまた然りだと思います。この点は会社側は改善に動き出したような噂は聞いていますが、労働組合側で前向きに検討しているような噂話が聞こえてこないのは残念でなりません。

(3) 業務環境整備

PCなどの環境は、生産性に直結します。IT環境の整備は Quality of Work に直結するので、是非投資していただければと思います。(それだけで離職率は下げられると思います。)

など

最後に、改めてここまで育てていただいたNTT感謝しつつ、さらなる発展を心よりお祈りしております

2019-02-09

銃で人を撃ちすぎると、反動で腕とか関節が痛くなってくるのだが

その痛みを、「人を殺した天罰を受けている」って思っちゃう人って

得てしてファイナンシャルプランナーに向いてない人達なんだろうな

2018-12-28

自分が何歳で死ぬ前提で考えてる?

最近、老後の資産のことを考えていろいろ計算してる。

ファイナンシャルプランナーはよく寿命を90年くらいで計算してくるけど、これまでの日本人寿命って、だいたい20年間で10歳くらいのびてるんだよな…。

http://www.garbagenews.com/img18/gn-20180721-02.gif

出典:http://www.garbagenews.net/archives/1940398.html

この計算でいくと、俺は120歳くらいまで生きるから、途中でお金がなくなって破産ちゃう。すごい怖い。

みんなはどう考えてる?

2018-09-03

マクラ

マンションを買うにあたって妻が、ファイナンシャルプランナーへの相談を手配した。

妻と2人で都心にある事務所を伺った。

相談にあたって持参せよといわれた中に保険証書があった。

実は今入っている生命保険、恥ずかしながら独身時代枕営業によって契約したものだ。

もちろん当時はそう思っていなかったのだが。

営業ウーマンはもともと友人だったのだが、

飲み会たまたま近くに座ったこから距離が近くなり、

頻繁にうちに泊まりに来るようになった。

その流れで保険の話になり、ほぼ彼女に勧められるがまま契約した。

でも契約するとそれまでは結婚願望あるあるアピールをしていたのが、

急に私は結婚もしないし、子供もいらない、仕事に生きるといいだし、

結局距離が離れてしまった。

ファイナンシャルプランナーに話を戻す。

妻がネットでみつけた50くらいのおねえさんで、結構やり手らしい。

僕が持参した保険証書を見るなり

「あ~ん、お知り合いの方が営業にいらしたんですね」

軽く目で合図してきた。

「ずいぶん手厚いというか、手厚すぎて身の丈に合っていませんが…

お知り合いなら断れないですよね」

バレバレだった。

やっぱりほとんど枕営業なのね、ウンチャラ生命

2018-01-17

育休中に勉強できるか

時間を作ろうとしないと、子育てと両立はできないだろうし、子育てを舐めているわけでもない。

家事と初めての子育てでそんな余裕できないかもしれない。実際、産後2週間で悪露もひどいし起き上がるのも一苦労してる。

でも、産休に入る前の自分ダメすぎてもう少ししっかりしろよ、と自分に喝をいれたい。

だって、うちの子天使が舞い降りたかと思うほど可愛くって可愛くって。仕事がんばって、しっかり稼いで、子どもに良いべべ着せてあげねば!という気持ちになっているのです。服でなくてご飯でも良いです。とにかく、幸せにしてあげたい。

そして、幸せには一定お金必要です。お金がなくても幸せとは、口が裂けても言えない。そして私の稼ぎは底辺。いつも通帳は真っ赤だし、今回の出産も、国の助成ギリギリ。そんな私が子どもを産むのが間違いだって?ほんと、そう思う。でも両親は喜んでくれたので良いのです。あと、私がすごく幸せです。

底辺の私の話だった。

現在職業底辺プログラマ。いろんなものを少しずつかじった結果、何のプロフェッショナルにもならないままプログラムは組める程度。年収下層階級レベル格差でなく、階級だって。賢い人たちはいつも私を新しく定義していく)。

調べたら次の資格が良さそうだなぁ、と思いつつ、どれがいいものだか。

1.仕事に活かせる資格

主に情報技術者系。

基本情報はもっているので、その次のやつ…。一番順当かもしれない。

Web系を少しかじったものの、かじっただけなので体系づけて勉強し直す意味も込めて。

LPICとか?ただし、高いんだ受験料…。

JavaORACLEくらいしかかばない。MicrosoftSalesforce,AWSまわりもありだけど、やっぱり高い。

2.生きることに活かせそうな資格

資産運用さっぱりわからないので。また、仕事金融機関に関わることもありそう。現状は仕様に従って作ってるだけなので、基礎知識として。

FPと同じく。

そもそも会計関連もかじっただけなので売り掛け買い掛けといった一部分だけわかるけど、基礎がすっぽぬけている。

3.転職を見据えて

持ってたら安心できるけど、どうなんだろう。

受験資格はあるけれど、転職前提の資格になるよね…

さて、何にしよう。

そして、私は座学が死ぬほど苦手だ。

それでも、喝を入れる意味も含めて頑張りたい

2017-10-31

anond:20171031182606

身内や友達に(年代の近い人)どんな保険入ってるかきいてみるとか。

おおきな書店保険の仕組みとか解説してるムック本などあると思うので読んでみる

保険なんかの本は結構出てると思います

ファイナンシャルプランナー相談とか?

Webのはみてみたけど、やっぱりアフィリエイトが多い感じしますね。

2017-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20170323121810

45ならまだやり直し効くじゃん。ファイナンシャルプランナーとかに相談してみたら?たぶん倍ぐらいにはなるよ。

2017-02-17

iDeCo(個人確定拠出年金)について

先週の土曜日iDeCoセミナーを受けに行ってきました。

主催したのはあの家計簿アプリ会社。講演内容としてはファイナンシャルプランナー基調講演投信生保商品サービス説明でした。

個人的iDeCoがどういうものなのか知りたかったのと、経営者として、やはり社員の人たちに伝える必要あるかなと思い、朝から品川に。

若い人たち中心に200名くらいが来てました。

一日のセミナーを大まかにまとめると、ファイナンシャルプランナー先生は、お金勉強をして、お金に働かせなさいといういつものやつ。

投信はロボアドバイザーなど、iDeCoで利用できる投信説明

生保iDeCoを使って保険はいると、あらこんなにお金が楽になりますという話。

概してiDeCoバンザイのようなセミナーでした。

さて、ここから個人的感想です。

まずiDeCoという制度個人確定拠出年金ということで、あくまで基本設計年金です。上手く利用すれば、節税ができるものの、もちろん商品の選び方によって損します。

まあ、リスクリターンは連動するので、もちろんです。

それは良いとしても60歳まで引き出せないというルールはどういう利用でしょうか。お金を出す人たちのためでしょうか。出してもらう人たちのためでしょうか。

年金は確かに目減りしていく、若い人たちは今のように年金はもらえない、だから運用すべきは分かる。

色んな資料で将来のお金不安を煽る。誰も将来が安心だなんて思っていない。

からって、国と金機関がこぞって、さら若い人たちからお金を吸い上げようとするのはどうかと思う。

30年後なんで、もう誰にも分からない。30年引き出せないお金を預けろなんて、簡単なことではない。

あの時プレゼンしていた金融機関の人たちは、きっと話を聞きに来ていた多くの若者より、全然給料は良いと思う。2倍か3倍か、下手したら、それ以上もらっているかもしれない。

AIだなんだと、金融商品作って金融業界の人たちに儲けさせても仕方ないと思う。

だったらリスクリターンがあっても自分運用したらどうか。

だって、得しても損しても自分勉強になり、財産になるからだ。

もう周りに踊らされて、不安を煽られて、お金を人に任せる時代ではない。自分のために、自分が信じるべき道にお金を預けたらどうでしょうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん