「パンツルック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パンツルックとは

2019-10-22

anond:20191022103758

たぶん先生に聞かなくても同級生に聞けば「可愛いから」って返ってくるよ

パンツルックになると男子と可愛さの差別化が出来ないじゃん

スカート可愛いもの」という解釈ではなく「スカートズボンより可愛いもの」という解釈

ズボンスカートの可愛さを超えないと9割以上の女子絶対に移行しない

2019-06-26

anond:20190626150904

女にパンツルックはあるけど、男にスカートルックはないやん。

男装女装も結局はファッションの延長だから、元々存在しない格好したら変になるのは当たり前。

2019-06-20

anond:20190620101200

寝ようとすると布団に潜り込んできて俺のちんちん揉みながら「ちょっとちょっと今日は期待して起きて待ってたんですけど!」って言われる

何度も拒否していると、日中から気分を盛り上げようと、胸元がふわふわした服着て正面に座っている俺に谷間が見えるように色々頑張ってたり

子供の見てないところでもじもじしながらスカートを捲り上げて上目遣いでチラチラこっちみたりとか、そんなかんじ。

この年齢になると、子供の送迎とかスカートってわけにいかいか普段パンツルックなんだけど、俺はスカートとかワンピースのほうが好きだからね、嫁が誘うときはやっぱ女を感じる格好してくるよ。

あとは寝るときノーブラで来るとか、僕が白パンツ好きなので「今日増田の好きな白パンツなんだよ」って日中上目遣いで報告されるとかだな。

夫婦によってそこらへんは色々なんだとは思うが、うちはこんな感じ

なお、うちは子供の前でキスすることに抵抗がない家なので(朝は必ず接吻してる)そこらへんも加味したほうがいいとおもう

2019-03-20

https://anond.hatelabo.jp/20190319214717

ガチ女装しててLGBT(というかトランスジェンダー)に見られるのなら、まだわかる。

でもそうではないレベルの「女性っぽい髪型服装」ってどんなの?

髪型は、ショートボブ?ゆるふわウェーブワンレン

服装は、ワンピーススカート?それともパンツルックだけど、トップスパフスリーブシャツとか?

ガチ女装ではないけど女性っぽい、というレベルがどんなものなのか知りたい。増田氏、教えて。

2019-03-06

https://anond.hatelabo.jp/20190306020634

わたしは割とこの人の意見共感するところがあるんだけど。


それより何より、ブコメ論調の厳しさにうんざりとしている。服装に関して、別にジャージだの平生の着の身着のままでお見合いに行こうって誰も考えてないと思うんだよ。

就活だったらさパンツスーツもありじゃない? 近年、ことさらスカートで行くことを求める方が頭おかしいんじゃない? って感じじゃないすか。

でも元記事ブロガーさんは「パンツルックはやめろ、スカートを履け」「紺だカーキだのオシャレな色使いは求めてない。ダサピンク上等」くらいのことは別記事で言ってるんだよね(多少意訳はあるが)。

決して「小綺麗であればそれでいい」とは言っていない。

であるとしたら

友人と会う時だって、家でごろごろしている素の自分よりは格好も態度も整えて行くけど、友人をだまし討ちしているとは思わないだろう。

場に合った服装や振る舞いをしましょうというプロトコル問題で、中身を偽れとは誰も言ってないんだよ。そんな認識から結婚したいとも思えないんだろうけど。


なんていうブコメはまるで見当違いもいいところだと思う。「そんな認識から」ってなんだ。

いや、ほんとに、消耗する人は消耗するんだよ。スカートを履いて、可愛らしく、“女の子”らしく……そういう服装をすることがさ。(わたしコスプレ感覚結構楽しめてしまうんだけど)

それは瑣末な問題で、けれど象徴的な問題でもあるんじゃないか。すり減らすものをすり減らさなければたどり着けないもの、それが「結婚」なら、と絶望してしまう人をこき下ろしていいとは決して思えない。



追記・一部訂正(3/7 01:50)辟易うんざり

寝る前に確認してみたら、なんかはてブトップで扱われててブルってる(しかもなぜか「仕事就職特集」)。

10bkmそこそこで胃に来てしまう、隠キャ系アカウントこちらでございます


当方スタンスとしては


婚活はしてない、結婚する気もない

・元記事ブロガーさんを間違っているとは思わない。相手プロなんだし見てきてる数が違うから、それが真理なのだろうなあ、とは思ってる。大元女子会増田に対しては「綺麗事言ってて腹が膨れるのか」とも思う。その門をくぐろうと言うならばそれなりの覚悟必要だろう、というマッチョイズムはわたしの中にもある(映像世界10年も生きてるとそうなる)。


ただ、この記事元増田の人がブクマであまりにも叩かれてて不憫に思った(穏当な文調だしそこまで叩かれるような内容ではないだろうと思った)のと、そういう風に思ったことを忘れないようにしておこうと書いた、だけのつもり、が…。

元増田についたブクマの目立つもの服装に関することだったので、「(元増田は)別にジャージだの小汚い格好も“ありのままとして受け止めて”って書いてるわけじゃねえのになあ,、なんでそこに固執するんだろう」と思い、そこばっかりを軸として(主に批判的なことを)書いているけれど、自分増田自身について言えば服装は本当に瑣末な問題だと思ってる。ただ、それを瑣末な問題だと笑って流せない人間もいるぜ、ということにも触れてはおこうと思った。そして一事が万事、というのか「結婚」というコアから最も遠いところにあるこの(元増田問題にした)「服装」だったり(女子会増田問題にした)「女子会を断つ」という、人からすれば「どーでもいい与太話」が「婚活」というアクティティ全体のありようを象徴しているような気がした(ここに、非当事者わたし偏見が大いに混ざっていることは否定しない)。


【再追記(3/7 02:50)】

『それが「結婚」なら、と絶望してしまう人をこき下ろしていいとは決して思えない。』の「こき下ろす主体曖昧からああだこうだ言われるのかなと思い付け加えると、

この主体は「某仲人さん」のことではありませんよ。(事実女子会増田のことをこき下ろすでもなく、こんな記事を書いている。http://urx2.nu/pGVS

から、あのブログ結婚相談所の仲人さんが仕事で書いてるんだってば。あの人は結婚という目標を持ってくる人の目標を達成させるプロなの。人生一般の話とか結婚願望ない人の幸せの話とかしてないの。わかる?

元増田に付いたブコメ。こんなん、控えめに言っても「こき下ろす」としか表現できないのでは?

婚活」って、それを商材として働いている人、そのサービスを利用する人、だけが当事者ではないと思うんだよ。「結婚」っていう目的それ自体は、どんな道をたどるかは人それぞれにして、誰にも関わる可能性がある(増田自身結婚願望云々の以前に諸事情あり難しいので「非当事者」だと思っているが)。人生一般と「結婚」って、どこからどこまでがどう、ってそこまで明確にゾーニングはできないよ。だから元増田のように「疑問なんだけど〜」くらいのノリで「婚活」「結婚」を話題にするのも全然、アリだと思うんだ。むしろもっとやれ。

それを一方的に萎縮させかねないようなブコメ問題にしている。


【再追記(3/7 07:00)】

kuzudokuzu んー追記を重ねる人は、やっぱり個人的ちょっと自尊心が大きいようだなと感じてしまう。

かに尊大ポンコツだとは自分でも思う。ご指摘は当たっていると思います

けれど、それ以上に「不明瞭な思考感情言葉にしたい」という欲望が強すぎて、あとから湧いてくる言葉を継ぎ足し継ぎ足し何度も調整を繰り返してしまうのだと思う。

そんなご指摘もあり、これ以上は書くまい、と思っていたけれど、

最後個人的にお礼を申し述べたいブコメがあったので、それだけは書いておきたく公共リソースさらに浪費する。

(あとで個人ブログに書くとしてそこは超どマイナーブログから、やはりこの場で書いておきたいのだと)

naqtn 言葉数多く「~ではない。でしょ?」と否定同意の求めは言うが、自分の主張「~である」とその論理提示「~ならば~なので」がクリアーにされていないがゆえに不本意な応答を受け、結果無益対話崩壊してる

おっしゃる通りです。自分自身、今朝方読み返して「0点だな」と思った。自分の主張が文頭に来てないから、何が争点なのか全く理解できない破綻を起こしているのだと思う。

この文章(と言えるか?)の最大のモチベーションは、


◯「この記事元増田」(http://urx2.nu/0aYS)に対しての賛同を述べたかったということ(ブクマでやっても良かったけど、100字にまとまりそうになかった)と

□それに対するブコメ(主に人気の方に表示されるものだけど)に対して「いやいや、それは当たってないし、そもなんで(元増田が)そんな攻撃されなければならないのか」というブーイングを送りたかった


ということにある。

なので元記事ブロガーさんに敵意があるわけではないし、その主張に関しては概ね賛同する。これは、自分自身プロ観とほぼ一致するからだ。顧客ニーズに対し全力でそれを叶えようとする姿は控えめに言っても誠実さがある。

そう思っている片方で、割り切れない思いもある。これは社会生活一般における極私的自分の心情。

それで、この文章で試みたことは「そう。正しい--とはいえ…ね」という自分の心情の中にある「…ね」という非常にもやもやしたところを「言葉」という舞台に引きずり出すことだったのだけど、それは完全に悪手だったと反省している。

まずそれは、自分個人的好奇心探究心をベースしたことで、主張「◯」とも「□」とも関連しない。その道筋も荒くて丁寧ではない。だから論として非常に不明瞭なものになり、全体の破綻を招いた。盛り込むべきではなかった。


果たして、当初の目的を叶えることはできたのだろうか。それだけが気がかり。

私は結婚願望はない(これは自分マイノリティ寄りの人間であることや、自分の両親を見て感じたことに起因するので)けれど、だからこそ結婚したい人というか一般の考えとか感覚を知りたかったというか疑問に思っただけです。読みなおしたら口悪すぎるな。気を悪くさせてしまったらごめんなさい。そもそも結婚願望わからない人間が首を突っ込むもんじゃなかったね。思いかえせば就活ときも適合するのに苦労しまくったか社会生活に向いてない。

などと気を揉む必要はない。好きなこと言って、好きなように生きようぜ。と伝えたいだけだった。

2018-01-29

anond:20180129115946

制服メーカーが出してるカタログで、女子用のパンツルック制服案をいくつか見せてもらったけど、かなり微妙でした^^;

anond:20180129115019

さすがに、パンツルックでは可愛らしくならないので難しいのではないでしょうか。

選択制にしても選ぶ子がいないと思う。

それよりもロングの厚手のダウンコートっぽいものを着用して、

・少しさわられても気づかない。

・触ってもカラダの感触がしない。

というカタチでガードしてしまうのが良いと思います

エアで膨らめるレスキューライフジャケットのロングコート版みたいなやつで完全ガードです。

2016-10-21

あるいはだんせいきのめたふぁー

性的意味合いを持つ記号

股間の位置特定させる為の表現、太腿のラインを浮かび上がらせるようなシルエット……

まりズボンはモロアウトですね

生徒の制服に(スカートか)ズボン選択できるようになった学校ニュースがあったけれど、どれだけ卑猥なんですか。

公共の場、簡易な礼服にも使用できる制服で股間の位置特定が容易で足のラインがわかるデザインを選ぶなんて、どれだけHENTAIなんですか。



どーでもいいけれどなんで女性パンツルックピッチピチのスタイルが多いの?

(直近ではゆったり目のが流行っているみたいだけれど)

2016-07-10

Tバックの話

色々と思うところはあるだろうが、まぁひとまず聞いてくれ

Tバックの話だ

女性読者のみなさん、Tバックについてちょっと考えてくれ


Tバックと聞いてどう思う?一般例をいくつか書き出してみよう

どれも私が直接面と向かって友人に言われた言葉

痴女の下着」そうだな、私もいやらしいと思う

「常にPKとか生きてるのに支障出そう」分かる、始めは支障が出た

「私は履かない」そうか、まぁそういわずちょっと読んでみてくれ

「三点セットでついてくると死蔵する」そうだよな、そんなあなたに一つ提案がある


貴女自分で下着を買って、誰にそれをチェックされるでもなく着用することができる立場なら、一度Tバックを着用してみてほしい

無論実家暮らしで親にそんなパンツを洗わせ洗濯させるのは気が引けるというお嬢さんは無理をしなくて構わない

Tバックへの世の中から認識は先ほど述べた通りだ

洗濯ものに急に面積の小さすぎる下着が混入した際の親への精神的ショックは計り知れない

しかしいつか機会があるかもしれないと心に留めておいてほしい


何故Tバックを勧めるのか

論理由はある 理由もないのにあんな紐を勧めたりなんてしない


まずTバックの形状を思い浮かべてみてほしい 最初に思い浮かぶのは名前からして特徴的なヒップデザインだよな?

デザインというか、まぁ紐だ 尻の肉をまったくカバーしない、穴が隠せりゃいいだろってアレを思い浮かべると思う

では次に普通のショーツを思い浮かべてみてほしい

貴女普段履いているのが女児用のいわゆるカボチャパンツでなければ、ある程度尻にフィットして、肉を保持するようにできていると思う

所でぶしつけなことを突然言うが、貴方は今ショーツを着用しているだろうか Tバックではない、普通のショーツだ

もしも人目をはばからないならば、そっとお尻と、そこから連なる足の付け根のライン確認してみてほしい

ショーツの締め付けからはみ出た肉が無いだろうか

貴女が日ごろからヒップトレーニングを欠かさなボディビルダーだというなら話は別だが、おおむね、健康的な体を持っている女性ならばそこに肉はある

それを恥じる必要はない 女性として、その部分の脂肪はあってしかるべきだ 私は尻下部に出来たこの双丘をショーツと肉による協奏曲と呼んでいる

そこまではいい いいんだよ

例えばあなたパンツスーツを着用したとする

パンツスーツとなるとある程度体にフィットしたサイズを選ばざるを得ないよな

このショーツと肉による協奏曲は、実のところ背後から割と丸見えだ

それでもいい、私のショーツと肉による協奏曲は人々に広く見られてしかるべきだと思う女性 それならそれでもいい

その颯爽とした後姿は多くの人を救うだろう そのまま背筋を伸ばして生きていって欲しい

それはさすがに嫌だ みっともないと感じる女性 そうだよな 私もそう思う

けど、特にこの季節、ガードルを着用するのは蒸れるし暑い そう思うんじゃないか

そんな貴女朗報だ Tバックをはこう

Tバックは、尻の肉を押さえつけない

まり、ショーツと肉による協奏曲が生まれない

そして単純に布面積は小さい 涼しい

何が言いたいかわかるな? パンツスーツを着用する女性Tバック捗る

以上だ 以上なんだ 言いたいことはそれだけなんだ

ここから先はおまけみたいなものから適当に読み流してくれていい


パンツスーツをメインに置いたけれど、このショーツと肉による協奏曲が生まれないという利点は、他のパンツルックでも大いに利用できる

特に今の時期だと白パンツを着用する人も多いだろう

ショーツラインが気になってスキニータイプを着ることが出来ない、という人も、Tバックを着用していれば何も怖くない

実のところ、ショートパンツだってショーツラインを気にしてワンサイズ上のパンツを購入するくらいなら、Tバックを履いて適正サイズを着用したほうがよっぽど尻が小さく見えるんだ

スーツなんて履かない、という女子大生女子高校生も、環境が許すなら是非に履いてみてほしい

特に女子大生 就職活動が始まってパンツスーツを履く機会が増える前に、Tバックには慣れておいて損は無い

就活前にヒールに慣れておくような気分でTバックとも触れ合っておいてほしい


ここから先は更に余談

Tバックを履いてみるっていうのはわかるけど、やっぱり履き心地が気になる」という貴女に、本当に簡単に、アドバイスをしておきたい

まず三点セットなどでついてきたTバックを持っているとしたら、その形状をすこし確かめてみてほしい

尻にあたる布が、本当に紐やレース地なら、それは初心者向けだ 見た目のインパクトは大きいが履き心地はTバック界では優しい

そいつをまず履いてみて、もしもいいかも、と思ったらもう一枚、二枚と買い足していって欲しい

Tバックなんて持っていない、という人にも同様のアドバイスを送ろう

前の面積とかサイドのタンガ(横も紐になってるデザインの事)とかは一旦置いておいて良い いや、タンガの場合食い込んで痛くないサイズっていうのは大事だが

バックの布地の面積が大きければ大きいほど、Tバック難易度は高い

尻に挟まってるブツが大きいほうが違和感があるのは当然なんだ

からたかも「布地も大きめで初心者向けですよ」みたいな顔をして細めの布地でステッチなど入っているデザインTバックは、その実違和感が物凄い

その違和感を楽しめる玄人向けだ 気を付けてほしい


以上で、Tバックについての話を終わる

ちょっとでもTバックを履いてみようという女性がこの世に生まれたらいいなって それだけの話だ

2015-01-19

『おしゃれは、男たちのためじゃなくて、自分の満足や、同性の目を意識して』みたいな時代あったよね

http://anond.hatelabo.jp/20150119093152

2000年初頭はそういう空気あったよなーw オフィスでのパンツルックみたいな。電車の中刷みて、うへぇ、みたいに思ってた。私は男性

いやまぁ、それはそれで良かったんじゃないのかな。 ただそういう人の一部に独身アラフォー、枯れ木みたいな状態で終電に乗るみたいな女性が現れてしまった反動現在があるんじゃないかな、結局、潤いって大事なんじゃない? 心にせよ体にせよ。

2013-07-17

ちんこうざい

ふとした拍子にたったらマジでうざいし、そもそも邪魔だし恥ずかしいし。

その点女ってラクだよな。

股間がモッコリすることを気にする必要がないとかもはや怠慢だよ。

チンポジチェックの煩わしさを味わわせてやりたい。

女も性的興奮したらおっぱい自然と生えてきて上半身おっぱいだらけになって今エロイこと考えてたってバレて恥ずかしい!とかになれよ。

ガンツぬらりひょん並になれ。

せいぜいちょっと股間が濡れるくらいだろ?

乳首がたってもブラしてるしよー

だいたい寒くてもたつだろ?意味ねーよ。

ノーブラにしろよ。

マジちんこじゃまだわ。

女のパンツルックとかジーパンルックみて、すっきりした股間に羨ましさを感じて仕方ない。

くそちんこ死ね

もっこりすんなカスが。

パイプカットって陰茎とるのかと思ったら陰茎の中の重要な管をとるだけなんだよな。

だまされた。

2009-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20090123115812

就活中の女子大生見てると思うんだが、

パンツルックってのはやっぱりスタイルが良くないとグッとこないね。

スカートは平らな体系でも太っててもフーンって感じだけど、

出るとこが出てて締まってるとこは締まってる体系の女性パンツルックだと最高。

2008-03-01

アブソリュートラップ <後編>

TRACK8(INSTRUMENTAL)

 トゥルルル、ガチャ

 電話ベルが鳴った。

 「はい、もしもし。----ですけど」

 「あたし、分かる?」

 「うん。どうしたの?突然に」

 「別にどうもしてないんだけど、忙しい?」

 「いーや。何もしてないよ。暇だったけど」

 「…あのね、さっきテレビで怖いドラマ見ちゃってそしたら電話して言いたくなっちゃった

 「どんなの?」

    ↓

 「別にそんだけ。用はないんだ、じゃぁね」

 ガチャ

TRACK9

 待ち合わせ。と、いう行為は非常に楽しいことであると同時にとてつもない苦行でもある。その日は僕は極小Tシャツにデッドストックのブーツカットジーンズエナメルビルケンサンダルという出で立ちでひたすら彼女を待っていた。風のない日でおまけに正午、じりじりと僕を責めたてるものが太陽でなかったら一体なんだろう。焦燥、字面からしてもう、焦がれている。遅れること20分彼女はやってきた。いつもパンツルック彼女スカートを履いている。吉兆と緊張。

 昼食はでたらめに飛び込んだ店でとった。その割にはまぁ、美味しかったので、良い気分で店を出て電車に乗って移動する。ガタンゴトン。語っとこう、肩の力抜こう、と聞こえる。従い、彼女と語る。

 彼女の話は長いので省略。

 「へー。そうなんだ」

 とりあえずのところそんな風にあいずちを打っておけば問題ない。一応、カタルシス

 「今日スカートなんだね。初めて見た」

 「いつもはね、汚れちゃうからパンツなんだけど。足太いからあんまし履きたくないんだけどさ、今日はね。あたし、デートのときしかスカート履かないんだよ。どう?」

 「いいね」

 色々いい。色も良いし、もっと履いたらいい。

 様々な店がひっきりなしという感で立ち並ぶ雑多な、滅多に歩かない、街の通りを見て歩く。それはもう本当に様々で、古着屋、雑貨屋などをはじめに目に入った順に立ち寄った。僕も彼女も何も買わないし、何か目あての物があったわけではないのだが非常に楽な気分になれた。肩の力が抜けたという感じか、顔を合わせるのが3度目とは思えないほど僕達はリラックスし、それ以上に親近感が2人の周りの空間を包み込んでいた。呑み込んでいた。淀みが飛んでいた。

 夕方になると幾分風が、心地良く吹き始め、人々の頭髪を、柔らかく揺らす。僕の崩れた頭髪も、あっちも、こっちも。いつもおろしっぱなしの髪をバレッタで巻いて揚げた隣の彼女をも。もう。

 「はぁー。疲れたね」

 「うん、生き返った」

 喚き、歩き疲れた僕達はファーストフードの店に入りその体に飲み物をひとしきり流し込んで、そう交す。まるで仕事後のサラリーマン居酒屋でやってるみたいにだ。彼女の話を聞いていた。彼女はとてもおしゃべりな子で、そうそう黙り込むことはなかった。ハンバーガーを食べていた僕の口の周りはもはや壊滅的状況といった装いで、その被害情況は両手、トレイにまで及んだ。僕はハンバーガーだのがうまく食べられたためしがない。だったら食べるのよすのが良いんだけど。

 「もう。汚いなぁ、あたしが食べちゃおうかな」

 と言って大きく口を開けてかじりつくふりをする。ライオンみたい。

 やっとのことで食べ終えた僕は、

 「そういや、何か用事があるんじゃなかったっけか。何時に何処?もうすぐでしょ?」

 と尋ねた。外れない。

 「そうなんだよねー。あーあ、どうしよう」

 「すっぽかすのはまずいでしょ」

 「うん…」

 力なくそう答えてからいつも元気な彼女は次の瞬間しゅんとなって

 「…もっと一緒に居たいな」

 ぽつり。

 ここは駅付近、駅構内へ向かう人出て来る人どちらの人も皆せわしなく歩いている。足音だけが彼等の存在証明、そして僕等も、その存在を立証すべくお互いに優しく注意深く手を振る。彼女はもうすっかり笑ってそのたてがみの様な頭髪をゆさゆさ差し込む陽光で金色に光らせて今もう一度手を振った。もう1度揺すった。

 僕達は一体どうなるんだろう。願望だけが宙に浮いて。振り向いて。

 真夏のライオンキング

TRACK10

 僕と彼との一旦。

 暑い暑い気が触れる寸前の夜、俗にいう熱帯夜。基本的には気が滅入ってヤダ。でも、ちょっと素敵じゃない?

 「夏はまずコロナから始まるよな。コロナ2本、何か食う?」

 「いらないね。酒を飲むときは何もいらないんだ。しいていえばピスタチオくらいあれば申し分ない」

 「そうだった。じゃ、ピスタチオも」

 ウェイターにそう告げると快くカウンターに入っていった。無音で「いい」って言った。えらく少ないオーダーに嫌な顔をする店というのは結構世の中にはたくさんあるものだ。そんな中にあって稀少といってもいい店。だからよく行くお店。

 「最近さ、どうしてんのさ」

 「別に。どうもしないさ」

 「でも呼び出したからには何かあったんでしょ。少なくとも」

 「ただの世話話だよ」

 世話話というのは世間話のことだ。

 少し遡ろう。ちょっと盗聴っぽく。

 「はい?」

 電話に出た僕の耳に聞こえてくるのは紛れもない彼の声だ。

 「あのさ、ちょっと出れない?」

 「いいけどオールとか無理だぜ。君と違って明日も学校があるんだから」

 「あるのは知ってるさ。毎日ある。さらに言うなら君が行かないことも知ってる」

 「わぁったよ」

 「場所は分かってるだろ。何時に来れる?」

 「8時」と、僕。

 「ということは9時だな」

 彼の失礼な言葉電話を終わらせ部屋に戻り飲みかけコーラを飲んでしまうとそのあとでゆっくりとマールボロを吸う。ゆっくりと支度をした。

 「ごめん、遅れた」

 時計は8時45分を指している。

 「いいや時間通りだよ」

 こういうことを分かっている存在だ。ぞんざいか?

 「また夏が終わるよ。1人者の夏が」彼。

 「そうかい。嘆くことでもないと思うけどね」と、僕。

 「まーね、君は顔がいいからね」

 といつも言う口癖を言って5杯目のカクテルを飲み干す。とはいっても彼の飲んでいるのは全てショートカクテルの強いものばかりだ。僕だったらもうストップなのに彼はまだ飲むつもりらしい。積もることでもあるらしい。

 「オーダーいいすか?チャーリーチャップリンスレッジ・ハンマー

 「ああ、俺、結構キいてきたよ」

 「でも飲めるだろ?」

 「俺何か食おうかな。あ、これ頼んで。ナスとミートのオープンオムレツ、これ食いたい」

 「オーケー」

 僕は吸いかけの煙草を灰皿で揉み消し、新しい煙草に火を付ける。僕も彼もはっきりいってチェーン・スモーキングに近いのだ。そして料理を食べる。僕達は当初の予定通り身のない話を山ほどした。見ない未来の話や、なにか、そういう意味では今日ノルマクリアしている、現実的にも比喩的にもお腹一杯だ。だけどどんなに話し合っても分からないことだらけだったし、どんなに飲んでも食べても飢えも渇きも消えなかった。僕はそろそろ答えを欲している。そして、バックグラウンドはレゲェミュージック。ワン・ラブ。笑う。

 「どうだい?」

 「どうだろう?」

 夜はまだまだ終わらない。

 僕たちはまだまだ笑い終えない。

TRACK11(INSTRUMENTAL)

 僕は今まで数多くのものを憎んだけれど、このときのベスト1は美術予備校の講師だ。僕は天秤にかけられ、結果彼女に拒まれた。それだけだ。だけど秤に乗せられる気持ちなんて秤に乗ったことがある人間にしか分からない。僕は偉大なる日々から日常へと帰っていく。

 あるいは僕が憎んだのはこの僕自身だったかもしれない。もう忘れた。

TRACK12

 僕ともうちょっとマシなものとの会話。

 『ほら、言わんこっちゃない』

 「何が?」

 僕は怒っている。

 『分かったろ?』

 「だから何が?」

 『僕が話したいのはそんな君じゃないんだけどな』

 「いいよ、あきらめついたから」

 『そう?』

 「拒絶したい奴はすればいいさ。僕はそれほど何もかもに関心があるわけじゃないんだから」

 『ただの負け惜しみにしか聞こえないけど。未練たっぷり。直視出来ない、まともに見れん』

 「それも1つの見解でしかない」

 『まだ他人がうらやましい?忘れた?あの日、君は道標を見つけたんじゃなかった?なら進めよ。君が今嘆いているのは大前提事実だぜ、うかれて足元すくわれただけだろ。だいたい何をうかれてんだよ。君は何も知らなかった、それだけだろ。大きな勘違い

 「裏切られた気持ちを知らないからだ」

 『なら言ってやる。求めればあたえられるっていうのはナメてんだよ。子供か?何でも向こうからやって来るのを待ってんのか?耳かっぽじれ。求めよ!渇望せよ!そして進め。これが本当だ。この先はない。与えられん』

 「…」

 『泣いたってだめだよ』

 「どうしたらいい?」

 『大丈夫、きっとうまくいくさ』

 その夜、誰も見てないのを確認してから泣いた。

TRACK13(INSTRUMENTAL)

 そらで言える電話番号を押し彼女電話をかける。時の流れと一緒にプレッシャーも流動しているのだ。なぜならもう合格発表の時期だからだ。

 「どうだった?」

 僕と彼女では専攻が違うのでこの聞き方はおかしい。まるで一緒に受けたみたいだ。

 「そっか、俺の方もだめだったよ。今度のはいつ発表?何処?そんときにまたかけるよ。じゃぁね」

 別に彼女恋人でなくともできることはたくさんある。あるいはただ未練がましいだけかも知れない。それはそれでかまわないのだ、僕に重要なことは正しいベクトルであること。これだ。

 ××美大の発表の日、僕はすぐには電話をかけることができず少々ごたついてしまい結局かけることができたのはその何日か後になってしまった。胸を早く打ちながら、受話器があがるところを想像したが電話に出たのは彼女ではなかった。

 「この電話番号は現在使われておりません(繰り返し)」

 後にも先にもこれほど途方に暮れたのはこれっきりである。

TRACK14

 時の流れはきっと冷たいんじゃないかと思う。非情という意味ではなくて体感温度として、ちょっとした心象表現だ。下らないことを言ってみたかっただけ。そして、今だ僕の体もその流れの中にある。聞き流して。

 いや、溶かして。

 ハイ・シエラの谷でとれた水の冷たさで僕の右手はもはや麻痺し、何も描けない。はっきり言って逃げ出したかったけれど一体僕は何処へ逃げたらいいんだ?そんなわけで僕は日常の中で小さな現実逃避を繰り返しては、ぶりかえしては、熱病に執拗に、連れ戻されていた。

 僕には浪人という立場があり、やるべきことがきちんとあったがその答えをまるで別の方向で弾きだそうとするみたいに足掻いた。足掻いて、足掻いて、その跡で凍傷で焼けた赤い手を見て、そして、そのことからまた逃げるように他のことで代償行為としたのだ。言ってみればこの時にひょんなことで出会った娘と何度も、映画を見るための2時間限りのデートを繰り返したのだってその一環でしかなかったかも知れない。

 良く晴れた平日の昼間に近場の公園文庫本を読みながら、溜め息をついた。いまだ、僕の右手はかじかんだままである。

 あがけばあがくほどより深い溝にはまってゆく、それが僕に限った話かどうかは知らないけれど。アリジゴクっていうのがあるけどとても悲惨なネーミングだ。もう、本当に。誰がつけたか興味ないけれど、そんな名前をつける奴こそが深い溝の底で未曾有の苦しみを味わうがいい。

 僕は予備校にまた通い出した。大好きなマイナーなクソ映画もあらかた漁りつくし、しまいには見るものなくてフェリーニまで見た。夜な夜な飲み歩き、好きでもない酒を知らない人間と飲むのももううんざりした。近所の公園なんて僕の縄張りみたいなもんだ。やるべきことをやる時期、そう判断したのだ。ゆらゆらゆらゆらクラゲのように気楽に海水と愛の巣をつくる話は破談した。求愛する相手も無くし、色んな居場所を追われたけれどラッキーなことに僕にはまだやらなければいけないことが残っていた。僕はついてる。

 相変わらず判で押した様に定時に行くことは無理だったけどそれでも少しは救われた。

 ピリピリという擬音が聞こえてきそうなほど押し差し迫った空気の中、僕は浪人2度目の受験を迎える。そんな中に在っても僕はふっきれないまままるでコンクリートプールで泳ぐ気分だった。

 具合が悪くなるくらい考え事をして僕は生まれ変わる夢ばかり見た。1度だけ大学生に生まれ変わる夢を見た。勿論、笑い話だぜ。

TRACK15(INSTRUMENTAL)

 いよいよ試験の日程も押し差し迫るといった最後の前日、友達がお守りをくれた。実際に彼が身につけ、数々の合格をむしりとったラッキーお守りだからといって僕にくれたのだ。

 そして、僕は合格した。拍子抜けした。

TRACK16

 僕は大学生になり、あくせくと大学生をまっとうし、わだかまりとアクセスしたけれどそれが何だっていうのだろう?僕は考えられないほど学校に通い恋をすることもなかった、何事もなかった、暇がなかったわけでもないし余裕がなかったわけでもない。浪人中に比べればさほどの欝没も感じない。歳をとったせいか、はたまたそんな時代なのか知んないけどな。

 ただ僕は絵を描いていた。派手に遊ぶこともなく前から付き合いのある友人と付き合い、本を読み、そして絵を。辛かったことを忘れないように、嬉しかったことをかみしめるように、恥ずかしい自分を戒めるように、何よりも自分自身の僕という存在の力を知りたくて。

 そして、まだ、在りたかった僕になりたくて。

TRACK17

 蟻はただ働き、そしてそういう自らを肯定した。そのおかげでかつての僕を知る人などは変貌ぶりに驚嘆の声など挙げてみたり、またある人は近づき難しと距離をおいた。何も考えない、蟻は死など恐れない。死への行進、日付だけが更新。そんなの怖くなかった。ただ、そのシステムが変わるのが恐ろしかった。何かが変わるのが恐ろしかった。でも、案の定何かが変わる。

 僕はある女の子と出会った。それは特別にマーキングしておかなければとても目立たないような特徴のない毎日に降ってきた、だから僕はその娘が特別だとは少しも思わなかったのだ。

 電話が鳴る。その内容はとても事務的に終始しつつ意図の分からないものだった。予想外の人物、ただの1度以前に引き合わされただけの人物が電話の主とはいえ、特徴のない平穏な毎日の中にある僕はこの出来事の持つある種の特殊性に気付かずにいたのだ。

 そして2度目の電話も鳴る。

 「もしもし 覚えてますか?」

 消え入りそうな声。

 「ええ、覚えてますよ」

 遥か、遥か遠くから語りかける言葉

 そう。堯倖に等しい毎日はとても当たり前の顔をして始まったのだ。キングダム

 実際に会った彼女の中の王国は、かつて様々な人の中に垣間見たような理解の範疇を超えるような代物ではなかったし、逆もまたしかりだったのではないだろうか。

 なんとなく信じられないのは、今こんなふうに生きていること。ただその喜びは宙に浮かんで輪郭もはっきりとすぐ鼻先にあるみたいなのだけれど、蜃気楼みたいに決して届くことはないのかもしれない。物事は現実的であればあるほどそのリアリティを失っていく。誠実であろうと思えば思うほどそれが叶わないようにだ。

 世はなべて。僕は儚む。

 そして、一筋の光明

TRACK18(INSTRUMENTAL)

 最初に体を重ねてから数ケ月経ったある日、僕達は共同作業を終えた。それは本当に思い掛けないぐらい突然にやってきた。僕はこの時やっと誰しもが容易に掴み取ったであろうリアルを手中に収めたのだ。

 彼女は笑った。

 僕も笑った。

 何かが起こりそうな予感がする時は必ず何かが起こる。僕の得た貴重な経験則のひとつだ。

TRACK19

 人は忘れる生き物だから、人は忘れる生き物だから、人は忘れる生き物だから。

 ------

 オーケイ、ドント・スリープ

 男は言った。

 「信じているか?絶対の、完全無欠の、無制限の、無条件の」

TRACK20

 夕方4時頃目が覚めた。

 頬をつたう涙の正体は一向に分からなかったが、多分コンタクトを外さずに寝たせいだろうと解釈した。大学夏休みに入っていて特にすることがないのだが埒のあかないことにいつまでもかかずらっていることはあまり好みではないからだ。さてどうしようと考えて外食しにいく事にした。

 身支度をして部屋のドアを閉める。

 僕は随分と長い間喋り続けた後のような疲労感と、倦怠感、凄絶とも言えるかつてない空腹に襲われていた。そしてあまりに腹が空いて相当笑えてもいた。炎天下の下、こんな体を引きながら繁華街まで出るのはどう考えても億劫だった。駅に行くまでには定食屋だってあったし、それこそラーメン屋や各種飲食店の類は数え上げたら切りがないほど存在したのだけれど、何故か僕の足は駅に辿り着き、そして疲弊しきった体はというと、駅のホームに立ち、新宿行の電車を待とうとしていたのだ。辟易とした。

 平気?いや、平気じゃない。今何故か僕の体は睡眠から覚めたばかりだというのに随分と疲弊していて、風邪をひいたのか何か分からないけれど異常な倦怠感があったのだ。喫煙所でバカスカ煙草を吸いながら、僕は癇癪を起こしそうだった。どんな解釈も無用だった、もう、電車がホームに入ったからだ。どうも僕は乗る気らしいし。

 新宿の街で食べたものはといえば、それが果たして自分の住む近所で食べたこととそうも結果が変わるとも思えないようなメニューを選択してしまったし、それでなくとも、まともに考えればわざわざ新宿電車に乗って飯を食いに来る意味は何なのかと、自分に問うていた。腹が朽ちるとそれも馬鹿馬鹿しくて良い方向に笑えてくる。満腹になった今でいえば、そんなわけの分からない自分が、少し気に入ってきつつもあったのだ。

 大学夏休みに入ってからというもの、怠惰な生活に、対話なき生活に、僕はすっかり馴れてしかも親しんでしまっていた。基本的に自炊で食事を賄う僕としては外出することもなかなかなくなっていた。まぁ、念願叶うといってはおおげさだが、いい機会でもあった。

 ファッションビルの1番上から順に眺める。店舗に入る服屋を物色する。僕は必要に迫られない、狭められない、そんな買い物が好きだった。もう、若い者ではない僕には最先端の流行は必要ではない。購い者でもない。

 ひとしきり人ごみを満喫し、ポケットから煙草を取り出して、目的もなく歩く。人の流れにうまく乗り、集団の中手に、苦なく波に乗り、咥えた煙草に火をつけた。映画の巨大な看板を目にして、胸に何か去来する。僕には何も、分からない。

 信号の青い点灯を待たずに、跨がずに、すぐ手前の白線を踏む。人の織り成す濁流が交差して、甲翳して、ふたつの流れの交わるところで僕は前方から歩いてくる若い女性の姿が目に止まる。歳の頃も同じぐらいで、髪が肩よりも短く、白い開襟のシャツを着ていた女だった。堪らない程多くの人間といっぺんに交錯するようにすれ違う。目を覆うようにして翳した手の甲の影から、急に涙が込み上げて、歩きながら振り返ると個と解けた濁流は散り散りになっていずこへと消えた。

 僕は吸いかけの煙草をもう1度大きく吸ってから、迷うことをやめた。

2007-07-13

ちょwwwどうなっちゃったんだ俺の尻の穴wwwww

http://anond.hatelabo.jp/20070712131453

昨日ウンコをもらした増田なんだが、今日事務所に誰もいないわけだ。今日タイトパンツルックに圧迫されて、音のない屁が出たわけなんだが、ひゅっと!またちょびっとウンコが出ちゃった><慌ててトイレ駆け込んだら満室でやがんの。恐る恐るの猛ダッシュで階下のトイレへ駆け込んで残り出してからパンツ洗いました。つかもう俺の尻コルクの栓でも突っ込んどかなきゃ駄目だ><頼むから俺を事務所にひとりにしないでくれ!!!1

2007-04-11

もったいない

http://anond.hatelabo.jp/20070411112110

スレンダーショートかセミロングなら僕にください!!!

スマートな子のパンツルックってカッコイイと思う

http://anond.hatelabo.jp/20070411111522

多く食べることより、必要な栄養素を取りつつ摂取カロリーを上げてみるとか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん