「ドライマウス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ドライマウスとは

2018-08-16

鼻呼吸って難しくない?

鼻だけで呼吸してたら息苦しくない?

子供の頃から思ってる。ちっちゃな頃から口呼吸。油断するとだらしなく口開けちゃう

進撃の巨人みたいになっちゃう。身長160センチしかないのに巨人なっちゃう。

エレンたちに俺たちが支配者だと思い知らせちゃう

あ〜〜、この世界、生きるの、息苦しくない? 宇宙空間じゃない? 2001年宇宙の旅のようなものじゃない? 真っ赤な宇宙服着せられて。

俺たち抑圧されてるよ。鼻呼吸こそが正しいというこのセカイに。

鼻の空、口の夏だよ。電撃大賞だよ。ラノベで当てて一発逆転ヤットデタマンしたいさ。

口呼吸だったらウイルス感染ドライマウスなどの様々なリスクあるのは承知だよ。

理解してるよ。ガッテンすけすけだよ。3へぇだよ。

でも、酸素供給量って鼻の穴みたいな貧弱な穴じゃちょっと微じゃない? 微くいでしょ。

ガンダムバルカンくらい微でしょ。ドム倒せないでしょ。

俺が他の人間より余計に「酸素喰い」なのが悪いのかな。

O2じゃなくてOが3個くらい必要おっさんからかな。

意識して鼻呼吸だけにしてるとすげー荒くなるんだよ。排気量の高いバイクみたいになるんだよ。

カワサキニンジャだよ。ONE漫画に出てくる一瞬でやられて主人公ルサンチマン募らせるタイプキャラクターみたいになっちゃうんだよ。

ここは集合知の掃き溜めインターネット鼻呼吸の美しく快適な方法を誰か。空へ。

鼻呼吸めんどくさ。

2013-12-30

矯正歯科体験記(1978年生まれ、10歳~16歳頃)

歯の矯正を行い、35歳になった現在体験談を記しておきます

子供の頃に行ったもので取り返しも付きませんし、両親の判断であったとは言え、その後の後遺症と呼べるものに関しては両親には言うことはできません。

これから矯正をしようとしている人、子どもにそれを考えている人にとって有益体験談になればと思います

現在(35歳)になった私が抱えている問題

先に矯正が原因ではない要素もありますが、その関係性を疑わざるを得ない症状に関して、記しておきます

まり子供の頃に矯正を行ったことで以下の様な症状が出る可能性があるということです。

腰痛

慢性的腰痛です。

まり使うと痺れたような感じになるため、あまり労働ができません。

また腰をかばうために他の部位に支障をきたすこともあります

・背痛

厳密にはそのような表現ではないようですが、私の場合は主に背中の中心、背骨筋肉腰痛に似たような痛みがあります

腰痛と相まって長く同じ姿勢を維持していくことができません。

・食いしばり→頭痛ドライマウス口臭の原因)

これは、寝ている間に食いしばることが原因で側頭部に力が掛かり、朝起きた時点で頭痛が発生します。

これに関しては25歳を超えた辺りから発生してきたものだと思います

偏頭痛を疑うような非常に強い痛みで、更に寝れば治ることもあるのですが、その追加の睡眠により更に食いしばりを行い結果治らないと言うダブルパンチも発生します。

ドライマウスは食いしばることで唾液の分泌が減り乾いて口臭が発生するようです。

歯軋りをすると同様のことが起こります

歯軋りをしきりにする人も同様に口臭の原因がそれにあるかもしれません。

・骨隆起

骨が隆起すること。

歯科医に指摘されるまで(後述の自然歯科医以外は指摘なし)、それが変なことだと分かっていませんでしたが、下歯を支える下の骨の内側(舌の左右)に骨が隆起してきています。1cm位は出っ張っているような状態です。これがあることのデメリットは分かりませんが、強烈な食いしばりに耐えるために骨が隆起したそうです。顔の外観に影響があるかもしれませんね。

顎関節症因果関係は不明

21歳の時に突如顎関節症を発症しています就職の時期もあってストレスかと当時思いましたが、そんなに悩んでいたような気もしていません。こちらはマウスピース装着で何ヶ月かで治りました、その後再発無し。

※これらの因果関係は、まず睡眠時の強烈な食いしばりにより、まず直接的に負荷のかかっている頭蓋骨筋肉の披露による頭痛、そして緊張した状態の睡眠時により背痛、腰痛になっていると思われます

※あまり解決策を書くとその宣伝のようになってしまうので、ここでは控えますが、これに関しては当初原因が分からず薬で誤魔化していました。腰痛などの流れから色々調べた結果、歯が疑わしいということで、いわゆる自然療法を行う歯科にかかってところ原因が判明しました。現在は寝る際にマウスピースをすることで頭痛、背痛の発生はほとんど無くなりました。

時系列で、どのような矯正を行ったか記憶にある限りで書こうと思います

5,6年通っていますので、もろもろ含め80万円くらいは使っていると思います

小学5年生頃

母が周りの人に聞いたことで、歯並びというよりは反対咬合(主に下の前歯が上の前歯より前に出ている、或いは出てきそう)に気になる点があった私を札幌市中央区矯正歯科に連れて行く。

かい流れは忘れましたが、歯の裏に金具をつけたり、何度も歯を削ったり、寝ている最中に頭に被って、上歯を前に出し、下歯を押し込む装置、脱着可能な装置(キカイと呼んでいたような)を何年かに渡って行っていました。睡眠中にずっとつけていたものですが、結果思うようになっていないため、これの効果のほどは不明です。

おかげで、歯を削られることには何も感じなくなったものです。

中学2年頃

しかこの頃だと思いますが、あまり効果は得られず(歯科医として?)、とにかく反対咬合がどうにもならないということで、良くある歯の一本一本に金具を付けてワイヤーで動かすものを装着しましょうということになって装着しました。その前に下歯が大きいので、何をするかというと歯を一本抜いて、その隙間を埋めるためにその一本一本につける装置を装着したわけです。これを付けた時は全ての歯が激痛で、食べ物も食べれない状況が何日か続きました。

歯を抜く。

はいっぱいあるので一本くらい大丈夫だろう、と言うようなことがビジネスおいて判断され教えられているような業界であれば、それは大きな問題では無いかと思います

中学高校生の頃

例の一本一本のものはどのくらいつけていたか記憶にありませんが、1年位だったと思います。それが取れた時は嬉しかったものです。ただ変なものをつけているため、虫歯になりやすく、その頃虫歯になった記憶があります

●しめ

私の歯並びは見た目にはきれいです。ただ、機能性には問題があり、強引に動かした下歯は不安定になり、しっかりかめていない部分もあります。上述のように様々トラブルがありますし、今後の老化でどのような問題を引き起こすかも分かりません。

またマウスピースにもどのくらい頼っていかなければいけないのか、睡眠の質の問題、また噛み合わせや歯軋り等の問題から健康上の問題を引き起こすとも言われています

歯科医は、子供の頃の歯の動き易いうちに矯正を行うことが容易で大人になれば難しいと言いますが、それを行って実際にトラブルとして発生しているのもまた事実です。

反対咬合、いわゆる受け口の本当の原因は何か分かりません。それがそのままだと問題になる可能性も含むと言うこともわかりますが、それには原因があるかもしれませんね。そういうことはまだ科学的な究明がされているのかも分かりません。

ただ、歯を削ること(歯軋りの原因になればトラブルは多かれ少なかれ発生すると思います)、歯を抜くこと、物理的に動かすこと、等に関してはとても慎重に行うべきだと思います。今ではセカンドオピニオンと言うことで病気で言われることもありますが、歯科医に関しても同様に慎重に選ぶことが重要だと思います

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん