「スペカ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スペカとは

2019-05-11

まだ雌性配偶子にさえ接触していない自分の雄性配偶子の将来について

そりゃあ結婚して子どもをもうけて仕事やりきって死ぬのが個人としても社会としても理想的人生ひとつだということはわかる。大卒で安定職についており、それなりの外見である以上、それは可能なのかもしれない。

ただこの時代のこの社会に生まれ自分遺伝子が入っている子どものことを思うと、あまり不憫だ。

まず、時代社会についていえば、今後この国に少なくとも50年くらいは素晴らしい成長を見込めない。幸せをもたらすのは恋愛とは限らないという風潮が広がるくらい産業がもれなくニーズを拾ったので、成長余地がないのだ。

また、勝者はますます勝者になる仕組みであるため、格差は開く一方。その流れに乗れれば問題ないのだけど。

更に、未成年の頃はまともな生活にありつくための準備で振り回され、社会に出たら本番はよりしんどいことに気付く。

おまけに、人間欲望個人が抱える最後差別化要因である容姿からなるルッキズムを浮き彫りにしている。容姿はどうしようもない。整形でもしないと。とはいえそれは倫理にもとるけど。

また、個人についていえば、今の職業以外、世間から誉められる要素は何も持ち得ていない。こんな人間次世代を残す意味社会としては納税者消費者が増えるメリットはあるが、生まれ個人としては勝つべきだけど勝てる可能性が低いガチャが多すぎる気がするのだ。人間が身につける好ましい要素は遺伝子でなく環境依存するものもそれなりにあると言われても、その環境すらネット散見するハイスペカップルに勝てるとは思えない。

負ける可能性が高い、そもそも不利と判っているのに、性欲に負けて出産させるのは許可できない。

こうしてxvideosは繁盛するのだ。

2017-06-25

低スペ男と結婚するくらいなら独身の方がマシ

というタイトル記事を見た。

ただ、高スペ男からしたら並~低スペ女と付き合うメリット皆無だよね。高スペ女から見てもまた然りなんだけど。

だって家事だってアウトソーシングできちゃうし、もっと言えば子供ですら代理母アウトソーシングできちゃう

専業主婦飼う意味がないし、高スペだったら共働きする意味もないし。

からといって、高スペ男と高スペ女がくっつきやすいか、と言われたらそうでもなくて(可能性はそれ以下のレベルの女と比べたら高いんだけど)、

からしたら上の理由でくっつく理由がないし、

からしたら家庭に入ってキャリア途絶するメリットもないし

じゃあ並スペカップルが一番割れ鍋に綴じ蓋でいい、はずなんだけど、これが実際くっつかない。

男は大抵がモテいから女からきたら基本拒絶しないんだけど、

女は高スペ男を期限限界以上まで探してるから、適齢期で並スペカップルが成立しにくい。

でもまぁそれも考えてみたら当然で、

医者商社御三家みたいなウルトラエリートの世話になって気楽に生きる、というのは女性からしたら人生の基本戦略と思う。合理性がある。

ただ現実でそれが実現可能かと言われたら、上に述べたようにまず実現しない。

そこで時間一夫多妻制とかあるんだろうけど、でもこれも捨てられない努力を重ねなきゃいけない。

バツがついてるってことは捨てたか捨てられたかって話で、捨てられた男はマウンティングカードになりえないし、捨てたなら人格的に確実に難があるので実際辛いだろうし。

これも茨の道だよね。

結局、婚姻率を上げるには、カードになりうる属性を男が持つしか無くて(これも正直無茶かなぁって思うけど、女性マウンティングテーブルから降りるよりも現実的だよね)

解決策は結局地方の衰退と同じで、「盛り上がる産業起こせ」→「所得倍増しろ」ってことになる。

これが可能かって言われたらまぁ難しいけど、それしかいから、ねぇ?

2015-05-30

低学歴主婦から今ですら少ない社会保障を取り上げれば

ワープア家政婦」としてフルタイム低賃金労働市場に参入せざるを得なくなり

ハイスペカップルは家事を安くアウトソースできるようになる

日本女性どうみても積んでる

2012-08-16

東方少女たちのごっこ遊びな世界観少女たちの遊びだからこそで

そこに野郎が首を突っ込んできたらただの野暮なのだろうなーとは分かっているんだが、

もし仮に野郎がスペカ作ったらどんな弾幕ができるんだろうかというのは少し気になる。

一輪&雲山の攻撃とか見てると、凄い馬鹿馬鹿しいダイナミックな絵面になるんじゃなかろうかとか、そんなん。

2010-04-09

自戒の為のテキスト


東方動画

東方動画で(視聴者サイドとして)

東方動画で(作成者サイドとして)

補足
 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん