「スターリングエンジン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スターリングエンジンとは

2019-03-18

Dr.ストーンで作ってきたものまとめ(98話まで)

文明が滅んだ後の作中時系列順(小説版含む)

石器

チャート石を削って作成

石器を利用して作成

紐を利用した道具で作成

紐を利用した罠で捕まえた鹿の皮で作成

木で作成

ブドウ作成

ブランデー

土器で酒を蒸留して作成

ナイタール液

エタノールブランデー)と硝酸コウモリ排泄物)で作成

保存食燻製肉)

炎(煙)で作成

モルタル

炭酸カルシウム(貝)と砂で作成

石鹸

炭酸カルシウム(貝)で作成

クロスボウ

作成描写なし

六分儀

作成描写なし

黒色火薬

硫黄箱根産)と硝酸カリ(元コウモリ排泄物)と木炭から作成

滑車

火薬と紐と石鹸(潤滑剤として使用)で作成

車(動力なし)

滑車を流用して作成

炎色反応(黄)

炎+塩でクロム作成

炎色反応(青緑)

炎+銅でクロム作成

炎色反応(紫)

炎+硫黄クロム作成

静電気発生機

硫黄を球状に固めてクロム作成

金メッキ

水銀+砂金で作成

方位磁石

水に磁石を浮かべてクロム作成

鉄(砂鉄)

磁石収集

送風機1号

皮で風船状の送風機を作成

ラーメン

猫じゃらしで作成

送風機2号

竹筒でポンピングタイプの送風機を作成

鉄(製鉄版)

送風機を使って炉で作成

銅線

銅を炉で溶かして作成

(強力な)磁石

ウルシで絶縁した鉄棒に銅線を巻き、雷を当てて作成

腕力発電機

銅と強力磁石作成

電気、光

腕力発電で一瞬だけ作成

ガラスレンズ眼鏡

珪砂で作成

科学実験用のガラス製品

ガラスでカセキが作成

釣り道具(釣り糸、ルアー、浮き、糸巻き機

ヤギの腸を釣り糸にして作成

ソーセージ

ヤギの腸で作成

ギター

ヤギの腸で作成チューニングは千空の知識を元に計算して実施

硫化水素検知機

槍を銀メッキして作成

スマスク

炭酸カリウムと灰で作成

硫酸

硫化水素検知機とガスマスクを利用して採取

塩酸

硫酸+塩で作成

ロロ硫酸

湯の花塩酸作成

水酸化ナトリウム

塩水を電気分解して作成(電気腕力発電)

アニリン

石炭燃えカスコールタール塩酸で洗ってから酢酸エチル(酒+酢)をかけて作成

炭酸

から出る二酸化炭素を水に混ぜて作成

氷酢酸

酢と焼いた貝の化合物硫酸をかけて作成

ケテン

鉄と氷酢酸作成

無水酢酸

氷酢酸とケテンで作成

アセトアニリド(解熱鎮痛剤)

無水酢酸アニリン作成

パラアセトアミベンゼンロロスルホン酸

アセトアニリドにクロロ硫酸を混ぜて作成

パラアセトアミベンゼンスルホン酸

パラアセトアミベンゼンロロスルホン酸とアンモニア作成

重曹

炭酸水酸化ナトリウム作成

サルファ

パラアセトアミベンゼンスルホン酸を塩酸で煮て重曹で洗って作成

コーラ

炭酸+パクチー+ライム+ハチミツ作成

鉄で作成

わたあめわたあめ

酒、みりんから作った糖を利用して作成

ギア

改良版わたあめ

電子回路用の導線

動作ギアで均一化した改良版わたあめ機を利用して金の繊維を作成

繊維をこより導線作成

ノコギリ

鉄を使ってカセキが作成

水車

ギアを使ってクロム作成

水力発電

水車で作成

バッテリー

硫酸と鉛で作成

自動製鉄機

水車を動力に送風機を改良して作成

電球

ガラス+金の導線+水銀作成

タングステン(原石)

バッテリー電球洞窟に入って採取

望遠鏡

レンズ作成

ガラス管内部のみを3400度以上に加熱する装置

タングステンフィラメント

加熱装置内部を水素で満たして作成

ヒッグマンポンプ

カセキの技術力で作成作成描写なし)

暖炉

作成描写なし

ホルマリン

木+銅で作成

マンガン電池

亜鉛+マンガン+炭で作成

フェノール樹脂(プラスチック

石炭+水酸化ナトリウム+ホルマリン作成

真空管

ヒッグマンポンプ作成

電波送信

真空管作成

ロッシェル塩

ワイン+海藻作成

マイク

ロッシェル塩+プラスチックメガホンで作成

電話

マイク+電波送信器で作成

レコード再生

骨+ギア+マイク作成

爆弾

水素+酸素+鹿の膀胱作成

マグネシウム

煮た海水から取ったにがり電気分解して作成

閃光玉

マグネシウム+電球作成

ブラックライト

ニッケル+バリウム+電球作成

ぜんまい

銅板で作成

レコード再生機(音楽再生用)

ぜんまい再生速度を制御して作成

回転カッター

水車で作成

首振りエンジン

回転カッターを利用して型を取った鉄の精密機器暖炉作成

首振りエンジン作成

惑星探査用エアレスタイヤ

竹を編んで作成

草を水酸化ナトリウムで煮て作成

カーボン樹脂

紙とプラスチック作成

使い捨て装甲車

車をカーボン樹脂で装甲して作成

漂白

汗を電気分解してクロム作成

血糊

シソカタバミクロム作成

ラプチャーディスク

皮で作成

火炎弾

硫酸+鉄粉作成

音響兵器

爆弾と銅板で作成

混酸

硫酸+硝酸作成

ニトログリセリン

混酸+石鹸作成

ダイナマイト

ニトログリセリン作成

スタンガン

マンガン電池で作成

ロロ酢酸

酢+塩素+硫黄

ロロ酢酸ナトリウム

ロロ酢酸+水酸化ナトリウム

シアンナトリウム

血+

シアノ酢酸

ロロ酢酸ナトリウム+シアンナトリウム

エチルシアノアセテート

シアノ酢酸+酒

医療接着剤

エチルシアノアセテート+ホルムアルデヒド

冷凍庫

エンジンピストン+金の細糸

温度計

ガラス水銀作成

通貨制度

石油需要基準作成

麻で作成

気球

布で作成

地図

気球観測した情報を元に作成

小麦畑

地図を元に小麦を探して作成

パン

小麦作成

ガラス+水酸化ナトリウム+銀+アンモニア+干しブドウ作成

銀塩カメラ

鏡+塩水

石油

気球+カメラ情報収集して油田を探索して発見

ガソリン

作成描写なし

スターリングエンジン

冷凍庫技術転用して作成

モーターボート

作成描写なし

蛍光塗料

亜鉛鉱で作成

ブラウン管

三角フラスコ+蛍光塗料作成

レーダー

ブラウン管+水晶+アンテナ作成

ソナー

ブラウン管+水晶+マイク作成

金属探知機

ブラウン管+水晶+コイルクロム作成

鉱山

金属探知機を使ってクロム発見

レール、トロッコ

作成描写なし

舗装道路アスファルト

廃液と砂利で作成

2018-11-07

anond:20181107135143

エンジン警察です。スターリングエンジンみたいな外燃機関でないかぎり、エンジン自体に火をつけてもエンジンが暖まるだけで可動はしません。火をつけるならガソリンなどの燃料に点火してください。

2018-08-06

anond:20180806142613

火力発電とか与えた熱エネルギー運動エネルギーに変わってる分

総量としては減ってるつまり冷えてると言える。そういうので良ければ諸々あるだろ

そういうのじゃないのはスターリングエンジンの逆サイクルで出来るかも知れないらしい(よく知らない

2015-02-08

使用済み核燃料他

以前、使用済み核燃料の処理のTV番組を見ていて、ガラス固化した後、容器に詰めて冷却し続ける、とかあった。

1本あたり結構な発熱量、具体的に何w位の発熱量かは失念。

ふと思ったんだよね。冷却するだけではもったいないのでは、と。

スターリングエンジンの熱源に利用出来ないのかなーとか。熱電対の熱源に利用出来ないのかなーとか。

エンジンに利用出来るほどの発熱量じゃないのかもしれないけど。

放射線もったいない。確かに危ないし、制御も難しい。

α線ヘリウム原子核で、空気とかで十分遮蔽可能だし、ヘリウムとして分離回収出来ないのかな。

β線γ線中性子線は今のところ思いつかない。

2014-05-12

3Dプリンタの話題に旋盤を持ち出す人と「うちらの世界

3Dプリンタによる銃製造の話題で、旋盤を持ち出す人を見てふと「うちらの世界(あるいは高学歴の世界)」というちょっと前の話題を思い出した。

私は機械学科卒業生で、「旋盤でも銃は作れる」というのは同意するところだ。

実習で作ったスターリングエンジンよりは簡単だと思う。

ただ、それはれっきとした「技能であるという意識がある。

加工をするだけではない。工程表を作り、材料と工具を選定し、図面を引く――この程度、機械出身者であれば誰でもできる、自慢になどなりはしない。

だが、それは教育を受けたことで会得した、れっきとした「技能である

その辺の一般人旋盤を使いこなして拳銃を作るのは無理だ。

ましてやNC工作機械を自前で入手して運用するなんて、夢物語にもほどがある。

旋盤を使いこなせる「技能」を持った人間が、なんらかの事情犯罪を犯すことを決意し、銃を製造する可能性はゼロではない

だがそんな事象が何件起きるというのだろう? 数年に一回でも起きたら仰天するというレベルだろう。

そして、3Dプリンタによる銃の製造を危惧する人が想定する犯罪数は、桁違いという言葉でも足りないだろう。

さて、3Dプリンタは「技能」を必要とするか? 現在では、まだある程度は必要とするかもしれない。

そして、現在では、まだ「普通の人」にまで3Dプリンターはいきわたっていない(だから今回の混乱もあるのかもしれないが)。

だが、3Dプリンタが本格的に『普通の人』にまで浸透した時代を想定すればどうなるか?

何ら「技能」を必要とせずに拳銃くらいは作れるようになるかもしれない。

あえて強引に例えるなら、かまどで美味いご飯を作るには「技能」が要るが、技能がなくてもご飯が炊ける炊飯器が登場したということだ。

料理の「技能」を持った人間にとっては、かまどで炊いた方が美味いから炊飯器存在重要ではないと思うかもしれない。

だが、それでは炊飯器の普及が生み出すパラダイムシフトを見落とすことになる。

「3Dプリンタが普及したところで、旋盤でも銃を作れるのだからことさら危険視する必要はない」というのは、技術者にとっての「うちらの世界」で通用する言葉しかない。

実際にはその外側に、銃を所有する機会を初めて与えられた集団存在すること、その集団の巨大さ、それを意識しても言葉は変わらないだろうか。

旋盤を知りもしない人間が銃を製造できるようになるかもしれないというのは、パラダイムシフトになりかねない。

3Dプリンタと銃の問題には、「うちらの世界」の外側を意識的考慮する必要があるだろう。

おまけとして。「銃は弾丸がなければ無害なのだから、3Dプリンタが容易に銃を製造できる状態で普及しても問題ない」という反論が想定される。

弾丸の方にもパラダイムシフトが起きたらどうするつもりだとは思うが、それ以前にこんな論理世論が納得するかどうか。

これもまた、「うちらの世界」の内部でしか通用しない論理ではないだろうか。

これで世論を納得させる自信があるなら、ご随意にと答えるしかないが。

2010-08-15

[][][][][][][][]

フィンランド EMFIT社 高感度感圧センサー

http://www.europrotech.com/Euro/trade/t_emfit2.html

電磁誘導方式圧力分布シートセンサー

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=149722

http://www.llsensor.com/

タービンを使わない風力発電『Windbelt』

http://wiredvision.jp/news/200710/2007101723.html

http://www.humdingerwind.com/index.php

http://www.humdingerwind.com/index.php#/wi_large/

http://www.kidwind.org/

スターリングエンジン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

はてなブックマーク - カキいかだヒント 海洋発電装置考案 : 広島 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20100822-OYT8T00718.htm

はてなブックマーク - 柔軟性弾性素材による 海洋エネルギー発電技術

http://b.hatena.ne.jp/entry/jstshingi.jp/abst/p/10/1004/hiroshima133.pdf

はてなブックマーク - asahi.com朝日新聞社):圧力センサー1800個、東大スーツ開発 介護研究 - サイエンス

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/science/update/0324/TKY201003230534.html

電気二重層キャパシタ

電気二重層コンデンサ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E4%BA%8C%E9%87%8D%E5%B1%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B5

インクジェット - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

KAIST、無電源無線折りたたみキーボードを発表。電池不要でペラペラ薄型

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.gapsis.jp/2010/07/kaist.html

振動発電装置の試作相次ぐ、環境から微少電力を取得可能 | EE Times Japan

http://eetimes.jp/article/22633

発電床

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E9%9B%BB%E5%BA%8A

株式会社音力発電 : soundpower corporation.

http://www.soundpower.co.jp/

技術】電池いらないリモコンできた ボタン押す振動で発電 NECエレクトロニクス音力発電が開発

http://www.unkar.org/read/tsushima.2ch.net/newsplus/1258422351

振動力発電機

http://d.hatena.ne.jp/hiroki_f/20080429/1209492966

スラッシュドットジャパン | 渋谷駅前に振動力発電パネルが登場

http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/12/09/0756222

首都高全体の振動から、東京23区内の家庭向け電力の4割を発電できる」

http://slashdot.jp/~TarZ/journal/473794

2009-06-28

追記についてコメントについてコメント

http://anond.hatelabo.jp/20090628105322

反応どうも。元増田です。

id:y-mat2006氏でありましょうか? まぁ違う人でもいいですけど。みんなならされ同じに見える、それが増田のいいところ。

過去イノベーション例について成功した例だけ都合よく拾ってきて、過去のこの時点で投資をしていれば… なんて神の視点で語ってもしょうがない。神の視点があれば誰でもそうする。しかし人間には将来の技術動向を確実に予見できる神の視点など持ち得ないのだ。

それはまさにその通り。そこの部分は結果論でしかない。

ただ、私が書いた前の論では、成功する革新的な技術、それこそ最先端技術を探し出して投資せよ、と言う話ではなくて、「産業の転換期とも言える巨大な変化があるとき、二匹目のドジョウを逃がさずにするにはどうすればよいか」と言うことを書いたつもりだ。産業の転換を起こせ!と言っているのではなく、産業の転換期とは、どういう考えで、その時、どう投資行動をするべきかと言うことだ。

産業革命を起こすために蒸気機関を作れ、と言っているのではなくて、蒸気機関ができてしまったときに、工場建設する際、家内手工業でものを作る設計にすると、投資効率が落ちるぞ、それはよくない、と言う話である。

その増田のさらに元記事として取り上げている方の記事は、コンピュータインターネットがもたらした情報通信革命(この表現もずいぶん古くさくなってしまったが…)による、急速な産業の転換で変わっていくものよりも、古い時代のものに投資しようとする考え方に見えたのでそのように書いたのだ。

世界を変える天才になる事などは、運も実力も兼ね備えていなければ無理だし、そんな一握りの人間になることなど無理…とは言わないが、少なくとも私は無理だ。すでに身の丈は知っている。しかし、産業の転換と呼べるような巨大な変化――これが、一生のうち1回あるかないかだが――の時には、少なくとも自分の専門分野では、間違った方向に投資(金銭的な部分だけではなく、時間的、人的な資源も含むあらゆるリソース投資)をせずに、さらにそこに乗っていけるよう、アンテナを巡らしているので、それに乗ることは不可能ではないと思っている。

従って、話がずれているので、その後のレシプロエンジンロータリーエンジンの話について、なんら反応をしてもそれはずれているので意味がないのだが、せっかくなので反応しておこう。

馬が内燃機関に変わる、内燃機関がモータに変わる、と言った大きな変化の中では、目くそのようなものだ。

元増田温故知新の温故を軽んじすぎで、温故と知新のバランスが悪すぎる。過去イノベーション技術の失敗の数の多さを実感できておらず、現在見えているイノベーション技術についてあまりにも楽観的だ。

たとえば、レシプロエンジンロータリーエンジンについてはどう考えているのか? もしマツダが枯れたレシプロエンジン技術を捨て、ロータリーエンジンだけに社運を賭けていたらとっくに倒産していたことは間違いない。

枯れたレシプロ技術は捨てずに保存し技術開発の投資ロータリーエンジンに限った場合、つまり枯れた技術の水平展開の努力を怠った場合でも、レシプロエンジンへの排ガス規制/燃費向上の要求に対応できず市場から撤退せざるを得なくなろうことは想像に難くない。

レシプロエンジンロータリーエンジンになったところで、ほとんど産業の転換と言えるほど効率は変わらない。元増田で追記した部分にも書いたが、それは小さいことなのである。たとえ、ロータリーエンジンが主流になったところで、産業の転換と言えるほど大きな流れになったとは思えない。

個別の製品の話ではないのだ。

巨大な産業の転換、運送手段で言うならば、摩擦運送の時代から回転する車が発明されたときと、家畜など生物が引くものから、エンジンに変わったとき、T型フォード発明され、量産されるようになったとき、そして、今発生している内燃機関の排除の動きである。

これとロータリーエンジンとレシプロエンジンと比較すると、単純にちょっと効率が変わった程度であって、エンジンを使って車を動かすという大枠は変わらない。

この程度を例に出して、「枯れた技術」という話になるとすれば、おそらく議論のフォーカスがずれている。

何度も言うようだが、私は個別の商品に対して投資の可否を行っているのではない。内燃機関発明され、確信がすでに起こり、それが明らかなとき、馬に投資するのは効率が悪すぎると言っているのだ。

そして、コンテンツ産業に起きている産業の転換は、ロータリーエンジン、レシプロエンジン…この程度の小さいものではないだろう。

それを言うならば、スターリングエンジン蒸気機関ぐらいの対比はほしかった。あるいは史上初の自動車と呼べるものは、内燃機関ではなく電気自動車であった点などをである。同じ内燃機関の小さい話をしているのではない。

また、直接関係ないが、ロータリーエンジンは、航空機用ではそれだけを生産して成功している会社がたしかあったはず。また、ロータリーエンジン技術的な可能性としては十分にある技術だ。なので事実認識が間違っていることと「たられば」で話をしても意味がない事を追記しておく。結果論であることを指摘するのならば、そこで結果論を用いるのは自己矛盾があるだろう。

枯れた技術にも新しい技術にも両方にバランスよく投資するのが大事なのだ。

その理屈は平時では正しい。しかし、急速な産業の転換期において、古い技術投資する事は投資の効率を大幅に下げる。それが前の増田記事の趣旨である。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん