「ジャン・ルイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジャン・ルイとは

2019-06-22

https://www.asahi.com/articles/ASM6500VFM64PTFC01H.html

公開中の『海獣の子供』、上記記事でも「よくわからない」とされているジムアングラードと軍人のやってたことについて、3回観たら理解できたのでネタバレ。周りに聞いてもみんな「それはわからなかった」と言うし、でも、命とか宇宙とか星とかの本編のテーマのものとは直接は関係しないので、書いてもいいかなって思って。


そもそもジムアングラードは、海と空が何者なのかを調べていて、この二人が「祭り」のトリガーか、「祭り」の現場への案内人であることまでは突き止めてた。で、空がもう時間切れで死にそうだってことも医学調査で薄々わかってて、ジムは「祭り」を海洋調査だか軍事かに利用したい勢力=「軍人」と「投資家から金をもらって(遊園地がある場所ホテルの一室でジム軍人投資家相手説明をしてる時、両者の間に金が入ったケースが置かれている)、空のことを心配しつつもいつ「祭り」が起きるのかを待ってた。

アングラードも同じようなことを調べてたんだけど(アバン海洋調査の様子とか)、海と琉花と会った夜に海上でデデから「あの子達を守っておやりよ」と言われた直後に、目の前で空が消えてショックを受けてしまった。そこへジムがやってきて(砂浜の場面)、「結局なんにもできなかった」って言われるんだけど、アングラードは「まだなんかできるかも」みたいなことを言う。この段階で、空を失ったジムアングラードは、海(と、たぶん琉花も)を守ろうと決意した。

琉花と海がデデのヨットで「祭り」の現場へ向かっている最中ジムジャン・ルイに「アングラードの船を追えば祭り現場へたどり着く。間違いない」みたいなことを伝えて、その通信を終えると、自分パソコンからデータを全部削除(そのとき、琉花の両親が現れて「琉花のところへ連れてって」と頼んでくる)。ジム提案通り、軍人投資家が率いる船団が自動操縦らしいアングラードの船を追うも、たどり着いたのは「祭り」の現場ではなくて、どっかの海底油田(?)かなんかの廃墟だった。アングラードの船の中を軍人たちが調べてみると、ジムに渡したはずの金とハイビスカスけが残されていて、ここで彼らはジムアングラードに騙されたことが明らかに。つまりジムアングラードは、海と琉花のいる「祭り」を大人立場として守りきったわけ。

以上です!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん