「ジャレド・ダイアモンド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジャレド・ダイアモンドとは

2020-06-17

anond:20200617053135

なぜ1億円稼いでもモテないのか。それは「ハンディキャップがないから」と推測される。「ハンディキャップ」は「障害」のことであるが、ここでは「無用の長物」程度の意味解釈してもらいたい。

 

動物世界に目を向けてみよう。メスを巡ってオス同士が対峙したとき、戦って勝った者がメスを手に入れる動物がいる(ライオンなど)。強い者が勝つ。これはわかりやすい。

 

しかし、モテ方がわかりにくい動物もいる。

例えば、ある種のクジャクは尾が長ければ長いほどモテる。メスを巡ってオス同士が対峙したとき、尾が短いオスは戦わずして退却してしまうそうだ。なぜか。それを解き明かす一説に「ハンディキャップ説」がある。

 

ハンディキャップ説は、長い尾などという何の役にも立たない上に邪魔だし外敵に狙われやすものを持っているにも関わらず今こうして生存しているということは、優秀な遺伝子を持っている=モテると推測する。生存にとって不利なものを持っているのに生きている個体はたくましく優秀だということだ。

 

さて、これを人間に置き換えてみればどうだろう。

 

かなり前の話になるが、彼女を他の男に取られたという増田話題になった。増田名家資産家で黙っていても人生順風満帆に過ごすことができる。しかし、彼は倹約家であり質素暮らしをしていた。

増田彼女はそんな彼を捨てて、高級なものに身を包み、金遣いの荒い成金みたいな男の元へと走ってしまった。

自分と過ごす人生のほうが安泰なのになんでフラれたのだろう。たしかそんな増田だった。

 

これをハンディキャップ説に当てはめると、金遣いが荒いことがハンディキャップとなる。

服なんてユニクロでもいいのにわざわざ高いものを買う。ご飯なんて単なるエネルギー補給しかないのにわざわざ高級な店で食べる。クルマなんて軽でもいいのにわざわざ高級車に乗る。時計も同じ。住む場所も同じ。宝石アクセサリーなんて生きるために本当に何の役にも立たないのに大量に持っている。貯金しておけばいいのに金をじゃんじゃん使う。

 

女性から見て、男が「俺はお金持ちだよ」と言われてもにわかには信じることができないが、身に付けているものが高級であれば「お金持ちなんだ」とはっきりと認識ができる。わざわざ高いものを買って身に付けている=ハンディキャップがある=優秀な遺伝子を持っている=モテるということ。

 

従って、増田がすべきことは、無用の長物に身を包み、夜の街で豪遊することである増田がどのような彼女理想としているかはわからないが、少なくともモテることはできるだろう。

 

参考文献:『人間の性はなぜ奇妙に進化したのか』ジャレド・ダイアモンド草思社文庫

2020-05-02

読書記録

コロナ禍に伴う外出自粛で持て余した時間有益に費やそうと、学生時代ぶりに読書をしようと思い至る。

以前からゲーム時間を奪われてばかりだが、「良質な人生」やら「スキルアップ」やらのため読書をすべきと思ってはいた。

そうした気分と、今回のコロナ禍という状況を鑑みて、前々から気になっていたジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」を読むことにした。

学生時代に同著者の「世界史」を読もうとしてギブアップした苦い記憶があり、今回はしっかりと読み込みたいと思っていたので、こうして読んだあとのことをアウトプットしておきたいと思った。

しかし、数多の名だたる知性人たちが読み漁り語り尽くされた名著を、今更に教養のない者がまとめても誰も得しないので、ただ個人的に気になったところをいくつか己の言葉にする程度にとどめておきたい。

今回は、特に気になった「病原菌」がどのように世界において役割果たしていたのかという所である

病原菌」とは他の生き物の構造感染し、伝播することによって己を増殖し存在拡散していくものと大雑把に理解した。

時に細菌突然変異によってその性質を変えることがある。ネコにだけ感染する菌が、ネコからヒトへ感染するようになり、さらにヒトからヒトへ、という具合である

しかし、この問題は前提に「異種」が接触する範囲存在し、更に突然変異を発生させるだけの試行回数を重ねる環境を要する。

世界では、先んじて家畜と共に暮らす人びとが家畜から細菌接触し、そして(結果的に)その耐性を得て、遺伝子に刻み込んでいった。

逆に、家畜を持たず生きてきた人びとは、こうした機会を得ることはなかった。それだけの理由で、家畜を持った人びとと比べて、免疫という力において圧倒的に不利になる。

その「家畜化の条件」から栽培可能植物」、果ては「大陸の形」に至るまで様々な要件を読み解き、現在世界情勢に至る起源多面的に語り尽くそうとしたのが本書だった。

私は「人やイベント名前を覚えるのが致命的に苦手」で、歴史という学問にあまり興味が沸かない。

それでも、今に至る歴史の流れの中に、ただ条件が悪かったと言うだけで死んでいった者たちで溢れていると思うと、今生きている私が明日を迎えるかどうかすら約束されてはいないという事実に思い当たり、陰鬱とまでは行かなくとも、逃れがたい何かに流されているような、言いようのない浮遊感を覚えてしまう。

2020-01-09

[]2020年1月8日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006510205157.039
01296368219.662
02202075103.864.5
03233223140.144
04204541227.162.5
05219821467.794
06363992110.979
0722217899.062.5
0840367391.837
0954414576.840.5
10108932986.432.5
11131886267.650
122361273053.931
13101546554.130
14120683857.023.5
1511613941120.237
16939778105.141
171451215883.844
181431320692.342
191881255666.834
201841073458.332.5
211601235177.229
2214517835123.037
231631333881.831
1日236320934288.636

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

oytc(6), 鳥嶋(7), ソレイマニ(5), のり弁(13), リコ(4), 司令(12), 値切ら(3), NoSQL(3), 嶋(3), 司令官(7), 自衛隊派遣(3), イラン(21), ゴーン(29), オーストラリア(9), ファクトチェック(8), 国連(8), 被告(6), 移民(12), ミサイル(5), 補足(7), 陰謀(5), 発達障害(25), マ(8), シャワー(9), 診断(14), アルバイト(9), エピソード(11), トランプ(11), クリエイター(6), 戦争(34), 無限(11), コントロール(12), 下がっ(10), 化粧(9), 降り(10), 派遣(10), 支援(12), 一人暮らし(9)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

結婚前なので実家との関係性を考え直したい /20200108145547(18), ■はてな○○○○ーク /20200107222227(15), ■東京東側西側別世界 /20200108175647(14), ■葬儀会社の◯レマがクソだったので、詳しく伝える /20200108055029(13), ■発達障害なんだか病院行ったほうがいいと思う? /20200108200226(9), ■私が化粧しない理由 /20200108040748(8), ■結婚って経済的メリットしかないのに何でやらないの? /20200108230228(8), ■小保方さんの記事を読んで絶望した /20200108224321(7), ■一人暮らしでなんでトイレバス別がいいの? /20200108123633(7), ■男子校出身者にはクズが多い。 /20200108142702(6), ■のり弁に1ついらない要素あるよね /20200108093212(6), ■anond20200108104346 /20200108104802(6), ■間に☆が入るアニメ /20200108195650(6), ■マシリトの言うことを真に受けちゃダメだってばよ! /20200108221802(6), ■やっぱり女ってイージーモードじゃん /20200108114227(5), ■ /20200108145911(5), ■お前らオーストラリア山火事寄付とかすんなよ /20200108155310(5), ■ジャレド・ダイアモンドが指摘する日本問題点 /20200108155551(5), ■投資信託微妙流行っているけど /20200108164448(5), ■ /20200108104200(5), ■これは差別かどうか教えて欲しい /20200107201533(5), ■里帰り出産離婚リスク /20200108040500(5), ■anond20200108211309 /20200108211810(5), ■1より2の方が名作なもの /20200108213931(5), ■日本人はフードをかぶらない /20200107135058(5), ■ガンダムからZガンダムMSの変化ってすごすぎない? /20200108141507(5), ■光回線を安くしないと日本は終わる /20200107095705(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6933035(2327)

2020-01-08

ジャレド・ダイアモンドが指摘する日本問題点

『銃・病原菌・鉄』の著者ジャレド・ダイアモンドが、新著『危機人類』(小川敏子・川上純子訳、日本経済新聞出版社)の下巻第八章で現代日本について語っている。その中で、日本人問題と捉えられていない問題点が三つ指摘されていて、興味深かったのでまとめる。

移民の不在(pp.128-132)

 日本は「移民を歓迎せず、移住を望んでも移住するのは難しいし、移住できた人が日本永住権国籍を得るのはさらに難しい。」「難民庇護を求めた場合スウェーデン92%、ドイツは70%、カナダは48%を受け入れるが、日本が受け入れるのはわずか0.2%である。」日本政府は移民反対の態度を貫いており、その態度は「国民が示した移民に対する否定的意見を反映している。」「日本人の63%は外国人居住者を増やすことに反対であり、72%は移民犯罪率を増加させるという見解同意する。アメリカカナダオーストラリアでは国民の57-75%が移民が新しい考え方をもたらし社会改善すると考えているのに対し、日本人の80%は…否定している。」(「私は移民に対する日本人抵抗は『間違っている』とか変えるべきだといっているのではない」)

 日本は「他国移民によって緩和してきたことが広く知られているいくつもの問題に苦しみながら、移民に頼らずにそれを解決する方法を見つけられずにいる。」「これらのうち最大の問題は…少子化高齢化、その結果として…増え続ける年金生活者の年金医療費を、減り続ける健康若い納税者負担するということだ。」

 日本では「働いていない母親たちをもっと雇用することで労働力不足を解消するという策が取れない」。アメリカでは「移民女性を保育サービス提供者として個人で雇っ」たり、移民が「高齢者介護者や病院看護師スタッフとしてサービス提供し」たりするが、これらは日本では不可能からだ。

 また、日本では「研究開発費の大きさから期待されるほどには画期的イノベーションが生まれていない。」「それは、日本人科学者ノーベル賞受賞者数が相対的に見て少ない点にも表れている。アメリカノーベル賞受賞者の多くは移民第一世代かその子であるしか日本人科学者には移民やその子孫はほとんどいないし、日本全体でもそうだ。外国移民するにせよ高度なイノベーションに取り組むにせよ、進んでリスクを取り、非常に新しいことに挑戦する点が共通するので、移民ノーベル賞に関連性があるのは驚くべきことではない。」

 「もし日本移民を再評価すると決めるなら、カナダ政策がいい手本となるだろう。カナダでは移民申請者を評価する際、自国にとって潜在的価値があるかどうかという基準を重視している。」

(「近年、移民受け入れ拡大を求めた大臣が数人いる。たとえば、地方創生担当大臣だった石破茂は『かつて日本人は、南米に、あるいは北米に多くの人々が移民し、困難な状況の中で、日本人の誇りを持ちながら、そこの国民に溶け込み、役割をはたしてきた。日本人外国に行ってやってきたのに、外国人日本に来るのはだめだというのは、おかしいと思う』と述べた。」)

中国韓国(pp.132-136)

 「第二次世界大戦前と大戦中に、日本アジア諸国、とりわけ中国朝鮮半島に対して非道なおこないをした。」「今日日本ではこれらの虐殺否定する言説が広まっているが、当時の状況は中国人のみならず中国にいた外国人日本人兵士自身撮影した写真にしっかりと記録されている。」

 「その結果、今日中国および韓国には反日感情蔓延している。中国人や韓国から見れば、日本人戦時中の残虐行為について適切に認識することも謝罪することも遺憾の意を表明することもしていない。」「中国北朝鮮韓国はいずれも装備の行き届いた大規模な軍隊保有しているが、日本自衛隊アメリカ押し付け現行憲法今日日本に広がった平和主義のおかげで小規模だ。」「これらの事実を重ね合わせると、長期的には日本にとって大きな危険を招きかねないと私には思える。」

 日本中国韓国とその指導者をよく知る、元シンガポール首相リー・クアンユーは、「ドイツ人と異なり、日本人自分たちシステムの中にある毒を浄化することも取り除くこともしていない。彼らは過去の過ちについて自国若者に教えていない。橋本龍太郎首相は…中国韓国国民日本指導者に臨むような謝罪は行わなかった。…どういうわけか日本人は謝りたがらないのである。…日本人南京大虐殺が起こったことを否定し…満州において…捕虜を生きたまま残酷人体実験に使ったことを否定した。いずれの事例においても、日本人自身の記録から反論余地のない証拠が出てきてようやく、彼らは不承不承ながら事実を認めた。今日日本人の態度は将来の行動を暗示している。もし彼らが過去を恥じるなら、それを繰り返す可能性は低くなるだろう」と評価している。

 「私の日本人学生の数人は、そして多くの日本人が、日本の政治家がこれまで述べた数々の謝罪言葉を挙げ『日本はすでに十分に謝ったのではないか?』という疑問を述べる。短い答えは『ノー』だ。なぜならそれらの謝罪には真実味がなく、日本責任を最小化、あるいは否定する言葉が混ぜられているからだ。」

 「自国最近歴史がもたらしたものへの対応について、…ドイツ手法がかつての敵国をおおむね納得させているのに対して、日本手法は主要な犠牲者である中国韓国を納得させ損ねているのはなぜだろうか」。日本ドイツが実際に行ったように「首相南京を訪れ、中国人が見守る中でひざまずき、戦時中日本軍による虐殺行為への許しを乞うてはどうだろうか。日本児童国内および南京サンダカンバターンなど海外のこうした場所修学旅行遠足で定期的に訪れるようにしてはどうだろうか。あるいは、戦争犠牲者としての日本よりも、戦時中日本の残虐行為犠牲となった非日本人を描くことにもっと力を入れてはどうだろうか」

自然資源管理(pp.136-140)

 森林資源水産資源の縮小は「世界最大の自然資源輸入国である日本にとって喫緊問題だ。資源が「世界中で枯渇すれば、日本は真っ先にその影響を被る国になるだろう。また、日本食糧輸入依存度の高い大国でもある。」となれば「自己利益の追求から世界に先駆けて持続可能資源活用国を目指すはずだと期待する向きもあるだろう。」

 「奇妙なことに、現実は逆である。」「日本海外の持続的な資源政策に対して、指示はもっとも小さく、反対はもっとも大きい先進国であるようだ。」

 「遠洋漁業捕鯨に関するまっとうな規制についても日本は反対勢力の先頭に立っている。」例えば、持続可能クロマグロの漁獲のために「クロマグロワシントン条約対象リストに載せる提案2010年におこなわれたとき日本提案主唱者ではなかった。それどころか、この提案が見送られたとき日本はそれを外交的勝利とみなした」。また、日本は「世界最大かつ強硬捕鯨推進国であ」り、国際捕鯨調査会の割り当て数を大きく超えて捕鯨を行っている。しかも、「鯨肉人間用というよりむしろドッグフード肥料無駄遣いされ」、捕鯨への大きな補助金のために「捕鯨の維持は日本にとって経済的損失」であるにもかかわらずだ。

 「なぜ日本はこのような立場を取るのだろうか?日本人の友人たちが述べる三つの説明は以下の通りだ。第一に、日本人自然調和して暮らしているという自己イメージを大切にしており、伝統的に国内林業漁業においては持続的に管理してきたが、現在搾取している海外森林漁業資源についてはその限りではない。第二に、日本人国民自尊心国際的圧力に屈することを嫌う。とくにグリーンピースシー・シェパード…に屈したと見られたくないのだ。日本捕鯨推進というより『反・反捕鯨』だといえるかもしれない。最後に、日本には国内資源に限りがあるという強い意識があるために、過去百四十年にわたって…世界自然資源を無制限に利用する権利を主張してきた。」

 「日本人ではないが日本を愛する私のような人間にとっては、海外資源の持続可能な利用に反対する日本の態度は悲しく、自己破滅的にみえる。」

 「もし私が日本を憎み、戦争以外の方法破滅させたいと思う国の邪悪独裁者だったなら、いま日本がみずからおこなっているとおりのことをするだろう。つまり日本依存している海外資源破壊するのである。」

2018-08-19

面白い学術読み物教えて

サイモン・シンとか好き。ジャレド・ダイアモンドも。

今『眼の誕生』読んでるけどちょーたのしい。

こういう、非専門家にもわかりやす解説していて、

古今東西知識を集結しつつドラマ読み物としても楽しい本、

あったら教えてください。

個人的には戦史とか全然苦手なので、苦手意識を克服してみたいとも

思うけど全然違う分野でもいいです。

追記

現代知識チートマニュアル

アマゾンレビューとか見ると、ガッツリ読むというよりも暇つぶし雑学本としてぱらぱらめくるのによさそうだね

ゲーデルエッシャーバッハ』『ひとの目、驚異の進化

これは欲しいものリストはいったまんまだったけど、ぽちます。うーん、値が張るので来月。

サピエンス全史』は上巻途中までKindleで読めるようなので手を付けてみます

ありがとう。ほかにもどんどん教えて。

追記2

いつもブコメトラバひとつふたつくらいなのでこんなに伸びててびっくり。ブコメも追い切れないっすみんなありがとう

2018-07-31

anond:20180731115216

ジャレド・ダイアモンドの『人間の性はなぜ奇妙に進化したのか』読め。原題は『Why Is Sex Fun ?(なぜセックス楽しいのか?)』だからそんな増田にピッタリだぞ。実際に読んだがおもしろかったし、セックスは楽しかったぞ。

2018-03-09

名作の書き出しを疑問文にすると間抜けになる

国境の長いトンネルを抜けると雪国でしたか

川端康成雪国』)

 

吾輩は猫ですか?

夏目漱石吾輩は猫である』)

 

恥の多い生涯を送って来ましたか

太宰治人間失格』)

 

長い歳月が流れて銃殺隊の前に立つはめになったとき、恐らくアウレリャノ・ブエンディア大佐は、父のお供をして初めて氷というものを見た、あの遠い日の午後を思い出しまたか

ガルシア・マルケス百年の孤独』)

 

ロリータ

ウラジーミル・ナボコフロリータ』)

 

きょう、ママンが死にましたか

アルベール・カミュ異邦人』)

 

新幹線から在来線への乗換口はすぐにわかりましたか

東野圭吾真夏の方程式』)

 

泰平ムードという言葉がありますか?

澁澤龍彦快楽主義哲学』)

 

本を書く人なら誰でも、読者が自分の本から得た知識をどんな場面で活用するのか、頭の中に思い描いていますか?

ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』)

 

われわれの誰もが知っているように、人類社会歴史世界のさまざまな場所でそれぞれに異なった発展をとげてきましたか

ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』)

 

国語教師平塚静は額に青筋を立てながら、俺の作文を大声で読み上げましたか

渡航やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』)

 

葉、茎あるいは根の中に貯水組織が発達して多肉化した植物総称して多肉植物と呼びますが、園芸界では、同様の特性をもちながらサボテン科に属する約5,000種(含園芸品種)の植物を「サボテン」と呼び、サボテン以外の種類を「多肉植物」と呼んで明確に区別していますか?

平尾博/児玉永吉編『サボテン多肉植物ポケット辞典』)

 

もっと他に間抜けものはありますか?

 

【追記】

 

…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………って何ですか?

夢野久作ドグラ・マグラ』)

 

もう数年前になるが、わたしイタリアを旅してましたか

ベンジャミンコンスタン『アドルフ』)

 

井上さん、お届けもので――すか?

浅野いにおソラニン』)

 

ダンボールの空き箱は、縦、横、それぞれ1メートル、高さ、1メートル30前後のものであれば、どんなものでも構いませんか?

安部公房箱男』)

 

ある灰色にくもった日のことですか?

トーベ・ヤンソン『たのしムーミン一家』)

 

本書を手にとってくださり、ありがとうございますメンタリストDaiGoですか?

メンタリストDaiGo『人を操る禁断の文章術』)

2014-10-29

ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』は過大評価では?

必読書ってことになっているけど、とにかく冗長で時間無駄だと思った。同じことを何度も何度も繰り返し書いてるだけ。速読とか斜め読みするだけならいいかもしれないけど、隅々まで精読するような本じゃないと思う。どうしてみんなこの本をすすめるんだろう。よくわからんのん気にこの本をすすめてる書評ブロガーは信用しないことにしてる。

2014-05-04

http://anond.hatelabo.jp/20140504031807

ジャレド・ダイアモンドの「人間の性は何故奇妙に進化したのか」

って本がその辺解説してて面白かったよ

2013-09-10

個人的に読んでおきたいと思う名著的なものリスト

最近暇なので、ブックオフとかで安く買えそうな所謂古典的名著?的なもの

色々読んでみようかと思った。

んで、「名著」とか「ロングセラー」とかで適当に調べて

なんとなく興味が湧いたやつをピックアップしていった。

適当につらつら書くので、参考にするなりツッコミを入れるなり好きにしてくれ。

あと他にもこれ読んでおけみたいなのがあったら教えて欲しい。

正直ありきたりのラインナップで面白みが無いと言うことは先に言っておく。

学術的?なやつ

一部、古典でも名著でも何でも無いやつが混じっているが、

これはまあ適当Amazon眺めてたら目に入って気にはなっていたので追加した。

「なんちゃら論」的なのは多分挫折しそうだから省いた。

日本小説

そういえば、時代小説とか全然読んだことないなー、と思って

食わず嫌いもあれなのでリストアップしてみた。

あと後半は青空文庫で読めるから金がかからなくてよかった。

外国小説

光文社古典新訳文庫で読みやすい新訳が結構出てるので

それを買ってみようかなと思う。

全部読み終わるのにどれくらいかかるだろうなー

まあ別に義務でもないし期限もないのでのんびり読もうかと思う。

2011-04-22

農業原子力テクノロジー

農業現在人口増加を生み出した最も重要テクノロジーだ。ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』によると、農業現在イラク近辺メソポタミアの肥沃三日月地帯で生まれたとされる。しかメソポタミア人はこの画期的テクノロジーを生み出したにも関わらず、その農業のための行き過ぎた灌漑によって自然破壊し、現在に至るまで作物一つ作れない荒野を生み出してしまった。

現在の私達の豊かな文明はこのメソポタミア人が負った莫大なリスクの上に成り立っている。

私達は常に現在を特別な物として考える。そのために現在が時代の分岐点であり、現在過去に例を見ない最大な危機が迫っていると思いがちだ。しか歴史を見ると人類歴史は常に危機との戦いであり、現在が特別だという訳では無い。私達は数十年どころか何千年にわたり荒野を生み出す自然破壊をすでに犯しておりその上で繁栄を築いた。繁栄は常に犠牲と引き換えにある。

私達の選択のうち何が正しいかは、今の私達が死んで何年も経ってからようやく歴史が示す。原子力も今まで何度も繰り返し私たちに与えられたリスクとチャンスの一つに過ぎない。私達日本人が、短期的な恐怖心に駆られる事なく、長期的視野に立ち子孫のためにテクノロジーとつき合って行く事を願う。

2010-05-04

アクション書評 マクニール「疫病と世界史

 1976年刊。米国を代表する歴史学者ウィリアム・マクニールの主著で、その後のグローバルヒストリー研究にも絶大な影響を与えた。ジャレド・ダイアモンドベストセラー「銃・病原菌・鉄」のタネ本の1つとしても知られる。

 本書で中心となるメッセージは、次の1点に集約される。「疫病の流行が、世界史重要な決定要因でありつづけてきたのにそれが無視されてきた」ということ。昔の人類がいかに疫病に苦しめられてきたか、また疫病が歴史上の事件にいかなる影響をあたえてきたか、医学の発達した現在においてはそれらを実感することは難しい。史料の乏しさも手伝って伝統歴史学ではこの重要な要因が無視されてきたことをマクニールは冒頭、痛烈に批判する。数少ない史料を補完するように、彼は一流の歴史家として培った卓抜な想像力を武器に、議論を展開していく。例えばこんな具合に;

インド地域での諸王国はなぜ、なぜいつも外部から簡単に征服され、その征服王朝も短命だったか。その背景には、高温多湿な気候がはらむ高い厄災リスクが、各王朝の国力(人口)を削いできたからではないか。カースト制度も同様に、病原菌に侵された原住民への隔離意識というものがそもそもの発端にあったのではないか(上巻p160)。

欧州文明の中心が地中海世界から北部へと移動していったのは、長い間くりかえされてきたペストの影響が大きい(上巻p209)。西暦634年から、急速に拡大していったイスラム勢力に対して東ローマなど欧州勢が簡単にやられてしまったのも、542年以降に地中海世界に繰り返し起こっていたペストによってかなりの国力をそがれていたのが一因だ。

・その後、欧州でしばらく活動を休止していたペストは、なぜ14世紀になって思い出したように全ヨーロッパで猛威をふるったのか。それは大モンゴル帝国の影響がある。もともとヒマラヤ山脈を本拠地としていたペストは、モンゴルの同地への征服活動の結果中国に広がり、それが交易路に乗って1348年のヨーロッパに到着し大流行した。実際、1331年にペスト中国流行ユーラシア草原部は1346年を軌に人の流れが止まった。その地にいた人が病気ですっかり死んでしまったからだ(下巻4章)。

・16世紀初頭。スペイン人が新大陸アメリカに侵入してきたとき、アメリカ原住民天然痘などに為す術も無く犯され人口は20―25分の1に激減した。これは無理もない。ユーラシアヨーロッパアフリカ間の広大な土地がもたらす生物多様性の中で、繰りかえしの厄災をくぐり抜けてタフになったヨーロッパ人に比べると、アメリカ原住民はただの無垢なヒトにすぎなかった(下巻5章)。

 そして現在天然痘ペストコレラなどの医学対処法が完成し、新大陸アメリカのように無垢な住民が大量に存在する未開拓エリア存在しない。つまり、私たちは数千年の人類文明史上初めて、疫病による大量死のリスクが消滅した時代に生きている。このことはもっと認識されていい一方、気を抜いてもいけないと著者は警告する。マッドサイエンティストたちが、有毒かつ伝播性の高い病原菌を作りだす危険性もあるし、地球温暖化の進行は我々と病原菌とのバランス(均衡)を崩すかもしれない。また今後起こりうる地球生命体との接触は、我々人類に全く新しい疫病をもたらすかもしれないのだ(下巻6章)。

 強く感じさせられるのは、この難解かつ前人未到だったテーマに果敢に挑んだ著者の気概だ。特に、紀元前のころの疫病の影響については有用なデータがほとんど存在しておらず、事実上推測することしかできていない。普通研究者ならば、こんな局面に直面したとき「やっぱりこのテーマ止めようか」となる。あるいは周囲からそのように諭される。にもかかわらず、これだけ自信をもって堂々と議論を展開している所に、何だか読んでいて勇気すら与えられる。清々しい本。

http://twitter.com/zaway/status/13367034409

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん