「ジェームス三木」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジェームス三木とは

2019-05-08

anond:20190508070410

阿部寛何となく分かるが、ジェームス三木が軽いってどんなんだよ!?

とワクワクしながらリンク踏んだ僕の気持ちを返してほしい

阿部 寛のホームページ( http://abehiroshi.la.coocan.jp/ )が軽いと定期的に話題になるが、
ジェームス三木( http://jeimusumiki.o.oo7.jp// )も軽いな。今年の再放送情報があるから更新もされているようだし。


ほんと、こういうのでいいんだよな。

2011-10-15

円光(買った男より)

たぶん円光歴もかれこれ10年くらい?

今まではそんなに頻繁にやっていたわけではないが、相手に支払った額やホテル代、出会い系サイトの利用料含めればざっと100万はくだらないのではないか

その金があったらもっと有意義なことに使えただろう。

でも、性欲が高まってるときは冷静な判断できない。

支出収入を超えてるわけじゃないし」「貯金が○○円切るまではパーッと使っちゃおう」みたいな思考に囚われてしまう。

ちなみに風俗には数えるほどしか行ったことがない。価格時間制限のバランスがちょっと割高に感じるのが主な理由だ。

 

最初は会うだけでかなり緊張してた。美人局の可能性も考え恐怖もあった。会えたら普通に飯食ったりするだけで、飲食代・カラオケ代+ちょっとしたお小遣い代だけ払ってた。

業者の釣りや冷やかしに会ったことも最初の頃は多かった。

性的なのも、最初は5000円~1万くらいで、おっぱいやお尻触らせてもらったり、手や口でしてもらったりというソフトな注文ばかりだった。いわゆるプチ。本番に対しては何か恐れを抱いていた。そもそもの女性経験ほとんどなかったし、稼ぎも少なかったことも理由だ。

それでも最初はかなり背徳感があった。しかし、それだけに興奮度も高かった。プチの場所がカラオケネカフェだったこともスリルを加速した。

初めて円光で本番したのは誰が相手だっただろうか?思い出せない。ジェームス三木みたいに日記つけとくんだったな。しかし、本番やったときに一線越えたな、という感じはあった。

この頃から(たぶん2005、6年ごろ?)、売り手の方でもどうせ円光するなら単価が高い方がいいからか、プチ希望はぐっと減って本番のみ希望者が圧倒的になったようだ。本気で金が必要な人も増えたせいか、売り手の年齢層が上がった気もする。サイト運営者の工夫もあるのか業者や冷やかしはほとんどいなくなった。純粋に相手の条件とこちらの条件が合うかどうかだけがポイントになったようだ。

 

相手の容姿は、意外と美人の方がプロフ写メを出してたり、リクエストしたら送ってくれる傾向があるような気がする。見られたい願望があるタイプもいるんだろう。あと金欠で切羽詰りすぎてる人もわりと写メくれる。しかし、一般的に警戒して写メを出さないのが多数派か。だから当たり外れは現地に行って初めてわかる。あまりにも好みとかけ離れてたら(ありていにいえばブス)ブッチすることもあったが、そうでなければ据え膳食わぬは何とやらで…。確率的にはかなりの美人にあたることもある(メイクした上での話しだが)。おおむね好みと言えるのは会った中の2割くらいか

 

JK16、JC14と本番したことがあり、JC15とプチしたことがある。それまではやりたく仕方なかったJKJCだが、ある時、円光で逮捕の記事を読んでから急に怖くなり、警察逮捕される可能性を考えると眠れないこともあった。朝、自宅のインターフォンが鳴らされた時は心臓が縮みあがる思いだった。家族職場逮捕が知られたら…と思うと自殺も考えたこともある。おかげさまで(?)無事時効を迎えました。しかし、そもそも出会い系サイトではJKJCなんてまずいないような気がする。一部報道ではグリーモバゲーに流れてるらしいが、それは男が声かけてるんじゃなくて、JKJCの方から募集してるんだろうか?何にしても俺はもう追いかけたりしない。

 

生や中出しもやったことがある。中出しOKの子はもちろんピルを飲んでるんだが、生外の子はわからない。外に出せば大丈夫だと思ってるのだろうか。そして、当の自分性病が怖くなってやった3ヶ月後に保健所HIVSTD検査に行くのであった。今のところはセーフ。いい加減学習しろよと自分でも思うが、やはり性欲の衝動に勝てないのだ。

ちなみに今日は生でアナルに入れてみた。相手も了承済みの上でお互い初アナルだったが、少し痛がったのでピストンはしなかった。そして来年1月にはまた保健所に行くんだろうな、俺。

 

これまでは数ヶ月に一度の性欲の高まりに応じて、サイトで相手を探すという感じだったのだが、今年に入ってからはペースが上がってきた。月に二度、三度という時もある。貯金が目に見えて減って行ってる。

ひょっとすればセックス依存症何かの病気なのかもしれない。いくらなんでも性衝動太刀打ちできなさすぎる。円光以外にも様々な悪さをしているし。このまま人生が破滅するまで続くのだろうか。

2009-05-22

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20090520-02/3.htm

脚本小松江里子さんは、当時はない『平和』や『家族』という言葉をせりふに入れてくる。

何、主義者脚本家に据えちゃったの!?ジェームス三木に頼めよ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん