「サヴァン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サヴァンとは

2020-03-31

https://togetter.com/li/1487492

これはさすがにどうかと思う

ミソジニストなりすましかとおもった

その次にあるはてなーのことをおもいだした

はてなハイクではNGはなかったのだが、ブロックは(がんばれば)できた

あるユーザー最初から自分のことはブロック推奨」とかいていた

その上でものすごく心ないことを書いていた

その後その人は発達障害の診断がついたとかいていた

発達障害の人は最初から多かったのだなと思った

まあでも、当時のギャグはそういうもの男尊女卑昭和社会を前提として笑わせる)だったから、

それを40年くらい経ってギャグを言った本人さえ人格がかわっていっても

昨日のことのように覚えているというのはある意味サヴァンぽさはあるね

今は女性お笑い芸人かばわないで笑わせるネタにつかわせろ、それを仕事として選んだのだから、といえる

※「きちょまん」とか志村本人がいってるソースがあればおしえてくれ

参考にしたい

2019-10-22

音痴な人は語学学習に向いてないと思う

ちなみに自分音痴音痴な人って声が悪いとかではなく、たぶん耳が悪い。聴力が低くて、それを表現できない。

だって聞き取れてないから、理解できない。

自分は、本当に語学学習というものが苦手で、リスニングスピーキングがまるでダメ

一方で、リーディングライティングは人以上にできる。

ずっと疑問だったんだけど、最近、それの違いについて考えていてなんでかを考えていたら、「音痴から」という結論に達した。

正確に言えば、おそらく究極的に耳が悪い。

聴力とかの問題ではなく、そもそもおそらく人より音を聞き分けられないことに気づいた。判別できない。

よくリスニングスピーキング音読だ!何度もフレーズを喋ることが大事だ!

といって自分でしゃべろうとしてもなかなかスラスラといえない。

練習不足といわれたらそれまでかもしれないが、そもそも特定の音が何度やっても出せない、つっかえる

で、いろいろ自分人生を振り返ってみると、やはり文字ベース学習してきたことに原因がある気がする。

というか、教師の話は一切耳に入れようとしても入らず、理解できなかったため、永遠に教科書を読んで、問題集を解いてがんばってきた。

その後、大学で、音ベーストンチンカンで不足だらけのパワポ授業に苦労した。

おそらく、絶望的に耳から情報に疎いのだとおもう。

だってそう。何度も同じ曲を聴いて、声に出しても同じところでつっかえるし、そもそも覚えるのにものすごく時間がかかる。

なんで数回聞いただけでみんなサビのフレーズを口ずさめるの?

サビの雰囲気というか景色はわかるけれど、音やリズム歌詞が全く思い出せない。鼻歌なんてものも無理。

そのかわり文字ベースの暗記は本当に負けないし、瞬間的に景色として覚えられる。

サヴァンってほどではないが、実生活でも便利なくらい役に立っていると思う。

と、まぁ言い訳をツラツラ書いてしまったけれど、外国人友達英語で話したいし、海外で働く夢を叶えたいか今日オンライン英会話がんばるよ。

向いている、向いていないなんて乱暴タイトルつけたけど、本当にそう思うけれど、、やるしかないんだよな。

2019-03-28

anond:20190327031418

精神科患者の言う「困り」がある=自己不全感だよね。

容姿自己不全感に応えるのが美容整形外科

主に能力自己不全感に応えるのが精神科

そういうのを追求して「困り」が出てくるのは当然だし、障害者福祉だと言ったところで、一生解決されることはないから。

一時的自己不全感でおかしくなる年頃があるのはむしろ健全に発育していると言えることだけど

一生その精神状態なのは、「知能の低さ」や「自己愛の問題(抑圧の高さ)」ゆえだよね。一部例外を除いて。

知的障害じゃない人格障害じゃない、発達だサヴァンだって定番の返しには

韓国人顔に整形したブラジル人と、欧米人顔に整形する東洋人と同じ問題なんだと返しておきます

広告業界医療福祉業界を潤わせてくれてありがとう

物の売れない時代でもあるし、政治のせいだ親のせいだってキレられても困るから物語を信じさせるのが大人の知恵というものなんだよ。

子どもは作らないでね。

2018-11-16

anond:20181116211521

エンジニアから見ても、異常に技術力がある人間コミュ力問題抱えてる割合は間違いなく高いと思う

あれはやはりアスペとかサヴァンとか一種発達障害なんだろうな

連中は他人とのコミュニケーション能力を失う代わりに、

異常な記憶力や抽象構造理解力偏執狂的な技術への拘りを得ているんだろう

おかげさまで、技術的にはカスな俺のようなエンジニアにも需要があるわけだが

なかなか何もかも揃ってる人間というのはいないもんで、ある意味世の中ってのは上手くできてるもんだな

2018-10-29

努力しようと思ってもできない理由

起業家努力!」

ワイ「アスペ

医者努力!」

ワイ「サヴァン症」

モデル努力!」

ワイ「遺伝子のおかげ」

アスリート努力!」

ワイ「持って生まれガタイのおかげ」

2018-10-01

anond:20181001164142

サヴァンとかならともかく、それ以外の障碍者特別向いてる職業なんてないでしょ。

欠損部位等を使わない、「向いてないわけではない」職業はあるかもしれないが。

ぶっちゃけ障碍者の生きる道は健常者の慈悲にすがること以外にはない。

プライドがどうこう、人道がどうこういう不遜な奴は忌避されるだけ。

2018-06-06

小学生と関わる仕事してるけどさ

発達障害の診断受けて薬貰ってるような子のほとんどはいじめっ子側、おとなしく真面目に過ごしてる子に迷惑かける側だよ

授業中に大声で騒ぐ、席を立つ、人に暴力をふるう、暴言を吐く

薬飲んでても暴れる時は暴れる

障害児だから頻繁に薬を飲み忘れる

支援学級、いわゆる「ひまわり学級」に行く子もいれば

親が拒否して通常学級に通って毎日クラスメイト迷惑をかける子もいる

の子を通常学級から追い出したいけどひまわり学級にはおとなしいタイプ障害児もいるから一緒のクラスにしたらあの子が可哀相だしどうしようって言われてる子もいる

そのおとなしいタイプ障害だって休憩時間が終わって勉強時間掃除時間が始まってるのに

まだ読み終わってないんだもん!!って頑なに読書を続けて周りに話しかけられてもガン無視したりする

発達障害児に理解を!って

その「理解」を実行したら

いじめっ子暴言吐いてもこの子障害児で可哀相だから~って健常の子我慢を強いたり

健常の子一生懸命雑巾がけしてるのにあの子障害で拘りが強いかしょうがないのよって読書を続けさせたり

そういうことになっちゃうんだよな

才能が~とか言うけど発達障害サヴァンは違うから別に才能ない子も多いよ

飲食店でぎょぴぴぴぴ~って奇声を上げながら走り回ってる子ども咎めない親

あいうのが発達障害者だから

障害児を保護して大人を責めたってかつてのおまえらみたいな子が救われることはないよ

2018-06-04

anond:20180604102646

よく分かってないね。たぶん睡眠中の脳のお掃除が超効率で出来る遺伝的形質をもった人がショートスリーパーになるんだと思うけど。

でもサヴァン症の人とかと同様、何かしら普通の人と違う特徴があるのかもしれん。

2018-02-23

Q.高機能自閉症は「サヴァン」とルビを触れば良い ◯か☓か

一瞬、本当にほんの一瞬だけ迷わなかった?

俺は「高機能自閉症」ってワードを見るたびに一瞬だけ迷うよ。

雲耀の太刀稲妻が発生してから振り落とされるまでにも満たぬほんの一瞬ではあるけどね。

なんでそうなるのかちょっと考えてみたんだ。

それで気づいたんだよ。

この言葉を考えた人間は「自閉症は、知能の劣るクズであり、人格定型発達出来なかったのも知能の低さが原因である」と考えていたんじゃないのかな、とね。

本当に恐ろしいことだ。

一瞬、めまいがして世界が船酔いのピーク時みたいに揺らいだよ。

今度の一瞬は、歯医者さんが「一瞬だけチクっとしますよ」と言って麻酔の針を刺し、針が歯肉に刺さったのを感じた直後に万力で歯を根本から持ち上げられるようなビジョンが浮かぶうな重苦しい感触を口内に味わいながらも最新の治療器具の力によってギリギリ痛みまでは発生しない範囲をヒヤヒヤしながら彷徨った後で歯医者さんに「一瞬チクっとしましたねー」と言われるまでのあの長い長い一瞬だけどね。

障害者について研究して、その病名まで付けている立場人間が「自閉症は、半端じゃないレベルバカだよね。もしその中で『人並みの事が出来る自閉症』がいたら、ソイツは『高機能』だよね。すごーい!あたまいー!」なんて考えやがる高慢ちきだったとは……。

ああ全く、精神科医などやはり信用に値しないのだ。

そう言えば、日本いちばん有名な精神科医松村リカだったではないか

そうだそうだ精神科とはそういう業界なのだ

全く持って、信用できない奴らなのだ

人を見下しながら片手を差しべつつもう片方の手で親族から金をふんだくろうとするメシア症候群貧テックのあわせ技を得意とするヤク中量産をなりわいとした虚業なのだ

そう、どこぞの白いクマのように何から何まで真っ黒で信用できぬのだ。

2017-10-17

才能を紐解く

プロ棋士の中には5手先まで読める人がいるらしい。ラマヌジャン数字を見て瞬時に素因数分解出来たという。カレンダー計算が早いサヴァンの人もいる。

これらの能力努力では身につかないような気もする。気もするけど、筋の良い訓練と強い関心、情熱によりある程度は目覚めるものもあるのではないか?と思った。

というのも、自分場合、ふとした瞬間に曲が頭に浮かんで、頭の中で作曲することがある。音楽が好きで、物心つくかつかないぐらいから、クラシックばかり聴いていた。いや、そういう環境から、好きになったのかも知れない。

友人にこのことを話すと、誰しもがそういうことが出来るわけではないと言う。和音を分解したり、対位法的な旋律自然には組み立てられないらしい。何をやっても続かないダメ自分だと思っていたけど、人とは違う能力カケラ客観的に得られて驚いた。

自分から見れば、獲得パスの見えない他人能力にも、こういう感覚が伴っているのではないか、と思った。つまり、彼らは、自然にそれをやっている (好きだから+苦もなくできるから+いつでも頭の中はそのことを考えている)。

ひよこの雌雄選別の能力は、師匠について2, 3年、その作業を見続けることで涵養されるらしい。

一見自分には無理だ、と思われる目標も、リラックスして、うまく取り組み続けることで、道が見えてくるものなのかも知れないという希望を抱いた (例え幻想であったとしても)。

2017-09-12

定型でもない……知的障害者でもない……お前はそこで乾いてゆけ……!

日本だけじゃなくて世界中がこんな感じだよね。

定型発達にあらずん人間にあらず。

サヴァンやその手前の物凄く天才パターン人間だけは、人類に役立つ存在として許してやるよって扱い。

それか物凄く従順奴隷として生きる覚悟を決めた奴だけ。

もしくは徹底的に重い障害を抱えて見世物小屋ピエロとして感動ポルノ材料として人生差し出すパターン

なにこれ?

奴隷

フィクション亜人種?

そういった「生きることを許してやるよ」と言ってもらえる立場になれなかった適応障害アスペルガー人間は全員が、「自己愛性人格障害わがままゴミクズゲロカス人間」として袋叩きにされるのが今の世の中。

2017-09-01

また発達障害がやりだまですか?

今回のドラムの件

昼ごろある元政治家コメンテーターがいってたけど、

発達障害がどうのアスペルガーサヴァンがどうのって

関係ないだろ

あったとしてもなんで発達障害がまず前面にでるんだよ

あのな、発達障害はむしろ空気が読めないの通り越して一周まわって空気読まないんだよ

まり個を出すかどうかで迷うし静止できるんだよ

ドラムのガキがどうと殴った人がどうとか

そんなのどうでもいいんだよ

ただ発達障害槍玉に挙げるのなんでだよ

発達障害当事者アラフォーより

2017-07-25

googleにもbingにも引っかからないのに過去増田を突き止めてる奴なんなの

サヴァン?それとも増田クローラーでも走らせてんの?

2017-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20170116210001

悪くねぇなー、と思ったよ?w

 なんかパソコン通信時代のやり取りの懐かしさとか、分かる人にだけ分かる偶然の出会いみたいな感じでさ。

ただ、サヴァンだろうがそうでなかろうが元増田ツールを使った方も(比較的大きな?)素数(なんじゃないか若しくはなるんじゃないか)にすぐ気付けるって時点でもしかしたらそういう才能があんのかな、とも思った。

 あっさり種明かししてる辺りもリアル安心できるし、文学的に捉えれば待機児童素数、なんてのも思わせぶりだ。

RSAはもうとっくに破られてるらしいけど、テーブルが見えるんならデータアナリストとか投資とか色々将来開けてそう。

 またなんか面白い話があったら聞かせてくれるとありがたいね

2015-05-04

偏差値が高くなるほど文化人が増える

http://anond.hatelabo.jp/20150504103119

音楽文学映画演劇、世の中には様々な表現行為がある。

偏差値が高い大学ほど文化人を輩出している。

学習と才能は相関関係がある。もちろん「才能=学習」は絶対ではない。

しかし様々な表現行為学問化している。

まり技法を学べば誰でもある程度の作品は作れるようになる。

表現行為で失敗する人は学ぶことが出来ないだけだ。

例外的に中卒死刑囚作家ギターコードすら知らない天才ギタリストが世に現れる。

彼らは"その分野"に関してだけは学習出来ただけだ。

しかし、大概の人の成績は平均的になる。オール5に近い人や、オール3に近い人、ほとんどオール・・・

ほとんど成績はオール1だけど、体育だけが5だったり、数学が5だったりする人もいる。

その人はサヴァンだったりするのだろう。不思議なことにそういう人は才能があると持て囃されたりする。

しかし、世の中には文武両道の上に表現行為でも成功を納める人がいる。wikipediaなどで文化人著名人出身大学を見ると一目瞭然だ。

平均してオール3の人はそれだけの学習能力だし、平均してオール1の人は知的障害の可能性があり、平均してオール5の人は高い学習能力を持つことになる。



余談だが世の中に敷衍している自己表現イメージ自分の好きなことを好き勝手表現し、そして運良く他人に伝わればいいのだろうと。もちろん学問化していることを無視してだ。

"自己"表現であるが故に自己満足を繰り返す。本質学問を学び社会有益な何かを残していくことだと思うのだが多くの表現者はそれが出来ずに死んでいく。

もしくはまんしゅうきつこさんのように学ぶことが出来ても勇気を出せずに死んでいく人も多いのだろう。

2014-09-02

大学教授助教授って頭がおかしい人多いよね。

頭がおかしいっていうか、高機能かつ重度のアスペっていうか、なりそこないのサヴァンっていうか。

博士課程の進化系が助教でそれが更に大学という狭い社会純粋培養されたのが教授なんだから

頭がアレしてる奴がやたら多いのも当然っちゃ当然なんだろうけど

2014-08-25

俺はやっぱニートか墓の下がふさわしい居場所なんじゃないだろうか

小学校の頃からクラスで頭のアレな奴上位3人に入り続けていた。

サヴァン程ではないが頭がアレな分地頭が良かったので少し良い私立中学に行った。

そこには俺みたいな頭がアレな奴らが今までの環境よりも多かったが、

それでも俺はクラスで頭がアレなやつベスト3の地位を維持し続けていた。

そしてその状態のまま人生が続き気づけば就職したり退職したりバイトしたりといろいろしてきたが、

どこに行ってもその空間でとびきり考え方がズレている奴として扱われ続けた。

苦痛を伴いながらも「普通に擬態」する努力をしてもそれは最初の数ヶ月でスタミナ切れを起こした。

自分を偽り続けるのは慢性的ストレスを伴う。

ただでさえ息苦しい「仕事用の仮面」の下に、それ以上に息が詰まる「普通人間仮面」をつけている二重仮面生活は、

俺の貧しいストレス耐性をいつだって半年もかからずに砕いていった。

どこに行っても最後変人扱いをされ、気づけば積極的異端者を排除しようとする人間達に頑張って追い出される。

DQN自身環境浄化作用だと思っているから質が悪い。

俺がいても安心できる場所は家の中しかない。

もしくは墓の下だ。

俺は居場所を見つけた。

問題はその居場所が『間違っている』らしいという事だ。

俺はどうすればいいのだろうか。

2014-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20140511172804

サヴァンっぽい感じやね。

後天的になることもあるっちゃあるらしいし。

脳ミソに器質的に何かおきてる可能性があるよ、脳腫瘍とか静脈瘤とか。

MRI撮って来たら?

2013-01-25

http://anond.hatelabo.jp/20130125084120

俺は彼らから見たら存在犯罪者なんじゃないのかと思う

俺らから見たら、オマエラが犯罪者だが

オマエラから見たら、俺らが、頭のおかしい人=アスペなりサヴァンなり だろ?

できなきゃ、アスペで、できればサヴァンだが・・・大差はない。病人って事だ。 マシな所で非コミュか。

 

そんなもんだよ。いろんな人間がいるんだよ。

俺らはそう思ってる。犯罪者ではないが、なんだろう。彼らが同じ空間存在しているだけで、俺らがつらくなる。ということは確かにある。

確かにあるが、それは、しかたがないことだ。

でも、オマエラは俺らを許さない。それは、悲しいよ。病人扱いだ(w)

2010-07-08

http://anond.hatelabo.jp/20100708191227

いや、サヴァン症候群だけが特定の分野において高い能力を発揮するわけじゃないから。

アスペルガー症候群も、特定の分野において高い能力を発揮するという特徴を持っているから。

サヴァン症候群はその一例でしかない。

こういうこと書き込むなら、まずアスペルガー症候群についてもそれなりにググって調べてからにしろよ。

お前、これまでの書き込みで相当無知を晒し続けてるぞ。

2009-10-20

引いた瞬間、冷めた瞬間 … ハイパーレクシアと徒競争

生活板の該当スレに書こうと思ったけど、ちょっと事情が特殊だから増田に書くよ。

私は自閉。またの名をアスペ。知能は平均程度にはあるから、高機能自閉症という奴だ。行政から障害者手帳はもらっている。

ディスレクシア映画俳優のことを調べているうちに、『ハイパーレクシア』という症状のことを知った。

ディスレクシアとは正反対で、極端に幼いうちから文字を覚えてしまう障害らしい。

実際はかなり違うだろうけど、サヴァン症候群に近いものだと考えれば理解しやすいと思う。

サヴァンと同様、その特性(能力?)自体は治療の対象ではない。他人より優れているものを治療するいわれはないしね。

私は子供の頃から無駄に字が読めて、幼稚園時代に新聞を読んでいたらしい。

自閉的な傾向とあわせて、どうも自分はこのハイパーレクシアに該当するかもしれない。

――ということを、交際するかもしれなかった人物に話した。

当初、私が何を言っているか聞き取れなかったようだが、ディスレクシアの反対と説明したら理解したようだ。

数日後、「ハイパーレクシアって治療の方法ないんだってね」と言ってきた。

……治療できるなら、それは『病気』であって、治療のしようがないから『障害』なんですが。

先述のこともあわせて、「足が速いからって遅くさせようとするようなことってないでしょ」と半ばキレながら返したら。

「そういえば、運動会の徒競争だと手を繋いで並んでゴールするらしいよね!」

あの『俺今面白いこと言った!(キリッ』みたいな顔!いまだに腹立たしい。

文字を読めると他の子に悪いから、読めないふりをしろと。つまりこいつは、認知に問題を持って生きづらい私の数少ない長所去勢するようなことを冗談で言えるわけだ。私の障害のことなど理解する気すらない。

醒めたなんてもんじゃない。こいつの「愛してる」だの何だのという言葉がまったく信じられなくなった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん