「ギンギラギンにさりげなく」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギンギラギンにさりげなくとは

2017-05-01

ゴールドの付く諺増田ウィークーぃ禹だ須磨佐波床筑弗ーゴ(回文

春眠を覚えた後なのに、

私はゴールデンスランバー5月眠いわっ。

サイレントイズゴールドって言う英語の諺、

訳すと、沈黙は金、谷でも金、って意味らしいわ。

それとか、

ハートオブゴールド

金のハートを持つ人は優しいとか。

あと黄金比

今年のゴールデンウィークの平日と休日割合

なんと黄金比理想比率らしいわ。

ゴールドにちなみまくってる今、

なんでゴールドって言うか知ってる?

ゴールデンウィーク

多くの人に焼き肉を食べてもらおうと

宮殿で作られたでお馴染みの晩餐館焼き肉のタレか

エヴァラ的な焼き肉黄金のタレの偉い人が

どっちだったかしら?

まあ、どちらかの偉い人が作った造語和製英語なんだって

当時からある、

黄金のタレか晩餐館焼き肉のタレ、

どっちだったかしらね?

そのどちらかにちなんで

ゴールデンウィークになったんだって

それはともかく、

あの2つのタレ。

混ぜて食べるとめちゃくちゃ美味しいって知ってた?

ギンギラギンにさりげなく

そいつがオレの混ぜかたー、

正に黄金比

なんちゃって

楽しいゴールデンウィークを!

うふふ。


今日朝ご飯

昨日買っておいたチーズタルト

朝頂いたわ。

しっとりとしたチーズ生地パリッとしたパイが最高よ。

ここ最近毎週通ってるわ、

私のお気に入りパン屋さん。

デトックスウォーター

苺パック買ってきたので、

安かったしね。

またまたイチゴウォーラーです。

イチゴウォーラーにつ買った苺は

結構ふやけてあんまりイチゴ味がしないのよね。

まあ、食べれないこともないから、

ヨーグルトとかと一緒に食べてもいいかもしれないわね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!おー!

2017-01-22

進路が決まら大学卒業した女な訳だが[4]

※前回

http://anond.hatelabo.jp/20170121220211

〜これまでのあらすじ〜

転職エージェントには見捨てられた。そう思っていた時期が私にもありました。

でも、違ったんです。

あのエージェントさんはこんな私にもたくさんの仕事を紹介してくれて…

あれ?私、卒業後のアルバイト歴は11ヶ月っていいましたよね?

これ、ココ、実務経験3年以上って書いて…ちょっとちょっと!!「あとはやる気アピールで頑張れ」ってちょっとー!!そりゃないですって。

---------------

家に帰ってひとり。どうぶつの森の一番初期状態の部屋みたいな何もない部屋で、分厚さにして岩波文庫本(薄め)ぐらいある書類の束をパラパラと眺めていた。どれもこれも、私の職務経歴では無理な気がしてならない。

困り果てた私は、担当女性に助けを求めた。しかし、担当さんは「だぁいじょうぶですよ。とりあえず気になったものエントリーするところからはじめましょう」と言う。

私が油なら、彼女は水だ。完全に弾かれてる。私、担当さんの表面を浮いてる。ジョイCMのアレみたいになってる。

そこまでいうなら、エントリーしようじゃないの。

私専用の転職活動マイページには、真っさらグラフ棒人間イラストが表示されていた。何件かエントリーすると棒人間が歩きはじめ、グラフが伸びた。

ほらほら。私応募したぞ。お返事は?

…ほらほら。

あ、きた。

「経歴が弊社の求めるものマッチしないためホニャラララ……」

ほらほらー。ほらー。

こうなるじゃないですかー。何がマッチですか。ギンギラギンにさりげなくお祈りしてきやがってー。そいつが俺のやり方〜ってやつか。

そこから私はなにか吹っ切れた気がした。これは地獄エントリー千本ノック。的な…(最終的に千件もエントリーはしてないけど。)

かのキリストが説いた「右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさい」の如く。右のエントリーが落ちたら、すかさず左のエントリー差し出す日々が続いた。

そんな中、面接まで漕ぎ着ける事ができた会社がやっと出てきた。

ウキウキクワクで会場に赴いたところ、何故か面接官は外国人英語面接を仕掛けてきた。クリアアサヒじゃなくて、肝が冷えてる。

英語が得意なんて一言も私はアピってない。「簡単語学力テスト」があるとは聞いていたが、もしかしてこのことか。

面接官「"هدف مدرسة كيئو" فوكوزاوا يوكيتشي」←よくわからない英語

と、終始こうで、私は完全にパードゥンしか言えない壊れたオモチャ状態だったため、途中から面接官が普通に日本語を喋りはじめた。

やる気アピールなんてこれじゃ無理だ。

もちろん結果は…。

とまぁ、最初面接でかなりブットビだったため、後々の面接はあまり緊張せず臨めたのは良かった点だったが…。

その後も、逆転裁判しか見たことのないような四角形の謎のフォーメーションのおじ様×6に囲まれての超圧迫面接や、やる気のなさすぎる人事の面接と呼んではいけないシロモノを体験したり

キンギョを吐いたり ロウソク消したり

コウモリ吹いたり ペンキで塗ったり

お店のカートで激走

ラヴィ!

でも何となく、そんな中で、自分に求められているのはあってないようなスキルの無理矢理なアピールではなく、今後の展望と今までの自分を照らし合わせてしっかり伝えていく事だと分かりはじめた。私みたいにアルバイター上がりの若者には、ハナからその点を期待して人事も面接をしていない。

そこに気づいてから新卒の時にはなかった落ち着きを持つ事ができた。

最後の方には逆に人事を私がこっそり面接(?)するくらいの余裕まで持てて、つまるところの“モテキ(明朝体・斜体)”である。持て持て。

就活をはじめてからいくつもの面接を語り明かした はちきれるほど My Dream

リクルートバッグひとつだけで 面接会場へIn the sky

みたいな感じで、飛び回っていたら、タイトジーンズねじ込む私という戦うbodyがすこし減量に成功していたり…そんなこんなで上京して2ヶ月が過ぎる頃。

遂に私は最終面接というゴール地点まで到達することに成功した。

次回[5]がおそらく最終回です。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん