「キーシン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キーシンとは

2021-02-01

自分がどのような音に囲まれていたのかを抜き書きしてみる。その5

https://anond.hatelabo.jp/20210128145233

小4の席替えの日。担任に頼んで、初恋の人と隣同士にしてもらった。

そうなる少し前、おそらくは英語の話で盛り上がって、その流れで席替えの話になった。

そうしたら

「ねえ、ショパンエチュードって弾けるわけ?」

もちろん弾けるわけない。

「ねえ、ショパンソナタって弾けるわけ?」

もちろん弾けるわけない。

しかし、もう全国の小学校では、小4で弾ける人物が、すでに複数人いた。あきらかに田舎小学生にはハードルが高かった。

あきらめずに、なんとかショパンワルツスケルツォノクターンプレリュードまでは小学校6年までにたどり着けたが、結局ソナタエチュードまではたどり着けなかった。

たどり着いたばかりのころ。

新人ワレリー・ゲルギエフ読響を振って、ソ連最強作曲家ティホン・フレンニコフを極上の演奏で紹介したのである

その日に収録された録音はFMで流れた。よく覚えている。

ほぼパーフェクトに弾きこなすヴァイオリンレーピン

ピアノキーシンちょっと幼さがあったが、何とか全曲たどり着いた。

オンエアでは録音でフレンニコフ自作協奏曲音源もかかっていて、「この人はピアノも弾けて作曲もできるのか」と深く感動した。

なんとかして、ソ連に行ってみたいと思った。これがなければ、手元にフェイベルクアレクサンドロフ、スロニムスキーティチェンコの楽譜なんかないはずである

そのオンエアから1年以内に、全音からスクリアビンソナタ集の上巻が出版されたので買った。すぐ譜読みしたのを覚えている。

ソナタの1番はオクターブの早すぎる移動が中学生では間に合わずソナタの2番から読み始めたはずである

スクリアビンの話のつづきはその6で。

2019-03-21

anond:20190321091125

現代近未来舞台SFを書いても、それは和風にはならないのではないか

和風……明治よりも前に時間を戻す。そこから西欧化しない歴史時間軸を設定し、SFといえるような科学技術の発達を加える。

明治から西欧化なしに、科学技術が発達する未来を描くのが難しいぞ。

セイバーマリオネット SFである移民船の生き残りの一人が「日本人」そのクローンによって構成される都市国家江戸時代である

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88

22世紀末、人口増加に苦しむ地球から新たな天地を求めて外宇宙に乗り出した宇宙船団の船の一つ恒星移民船「メソポタミア号」が惑星テラツーに不時着し、生き残ったのは徳川家安、ゲルハルト・フォン・ファウストアレクサンドル・キーシンジョイヒューリック、王庸平、ヴィレイ・メディチの6人で、女性がいないために彼らの細胞からクローン技術で子孫を作り、都市国家建設した。

惑星テラツーの都市国家日本江戸時代モデルにした「ジャポネス」、ナチス・ドイツモデルにした「ゲルマニア」(アニメではガルラント)、ロシアモデルにした「ペテルブルグ」、アメリカモデルにした「ニューテキサス」、中国モデルにした「西安」、イタリアモデルにした「ロマーナ」の6か国が存在する。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん