「アニメタイトル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アニメタイトルとは

2019-09-10

anond:20190910180553

修正を読んで追記を書きました。


以下のような可能性は考えられるが、恋愛なんて自由なんだからリスクヘッジ基準も人それぞれ。文句を言う筋合いはないかな。

でも成人男性イナイレ好きってだけで何か言われるのはちょっと嫌。今回の場合デカイ車も重要な要素なんだから、そっちももう少し強調して欲しい。

オチとしてちょうどいい」のはわかるけどね。アニメ好きの一人として、都合のいいオチアニメタイトルが使われるのはいい気分はしない。

【考えられるポジティブ可能性】

普通に本人がイナイレ好きだった

・知り合いがイナイレ好きだった

・見栄張って既婚者の知り合いにデカイ車借りた

追記

とても読みやすく、事実関係もわかりやすい訂正をわざわざありがとう

こんなことでわざわざ、顔も知らない(多いか少ないかもわからない)読み手のためにリソース提供できるのは、なかなかできることじゃない。

とてもしっかりしたネットリテラシーを持った方なんだなと思った。

2019-06-24

2.5次元俳優イベントに行ってなんか違うなと思った


結論を先に言うと

私は疑似恋愛したいわけじゃないし

俳優オモチャにしたいわけでもないことに気付いた

結論、この界隈は私の行き着きたいところではないことに気付いてしまった

私は元々演劇を見るのが大好きだった

でも特別好きな俳優劇団があるとかではなくて

人に誘われたりしたらなんでもホイホイ見に行っているタイプだった

頻度は月に1、2回だろうか

子供の頃からだったのでほとんど習慣と化していた

その中で2.5を見る機会があって、最初は「なんか金はかかってるのに演者レベルが低い」と正直に言うと思った

もっとかけられる予算が少ないけど演じている人の熱意が強い作品もあるじゃないですか?)

でもしばらくした後に映像でその公演を見かけて、その時に彼らは見違えるように成長していた

私は(あ、これが面白いんだ)って気付いて2.5に通い始めた

原作はあまり知らないものが多かったが

演劇を始めたばかりの新人だった子たちが通う度に成長していく様子に楽しさを覚えた

あとみんなめっちゃ美形だから目が幸せだった

この感覚は2.5以外の演劇ではあまり感じられない機会だった(おそらく2.5以外で演劇やってる人達ってその大半が「演劇がやりたい」って強い気持ちでやってるから技術的な不足を感じることが少なかった。2.5の俳優ほとんどは元々は演劇がやりたいという動機でこの世界に入ってないんじゃないだろうか?技術的な不足があることが新鮮で面白かった)

そこからなんやかんやあって1人の俳優が気になりはじめた

彼は真面目で人一倍努力であるように見えた

めきめきと成長をみせる彼にいつも感動させられ、その姿勢人間的に尊敬できると思った

彼は見た目がよく、出身大学も有名な大学だった

でも夢があり就職せずに芸能事務所に入ったと言っていた

そんな彼の個人イベントがひらかれることになった。同じ人が好きなまわりがみんな行くというので行きたいかもしれないと思って行ってみたんだけど

(サラっと行ってみたと書いたがチケットはかなりの争奪戦で、転売から買ったわけではないがなんやかんやでそこそこの金額を払った)

行ったら会場には着飾った若い女の子たちがいっぱいいた

その前から彼の出演する他の劇場には身綺麗にした女の子たちがたくさんいて

それ自体には良い印象を抱いていた

でもその会場にいた女の子たちは「身綺麗」ではなく「華美」で、なんかその着飾り方が下品で安っぽくてアホみたいだった

ロリータ1歩手前のどこで買ったのかわからない3800円くらいで売ってそうな安っぽいワンピース(後述するが服が安っぽいのが悪いんじゃないからそこは誤解しないでほしい)

そんな女子とたちの会話が漏れ聞こえて来た

「たくさん通って推し俳優くんに覚えてもらわなきゃ!」

彼女たちはいわゆる「ガチ恋勢」なのだろう

それを知った時、私はこのアホみたいな女子チケット戦争してたのかと思うとばからしくなってしまった

このアホみたいな着飾り方した女の子俳優と繋がりをもって彼女になりたいと思ってるのかもしれないけど

当たり前だけどすでに彼女はいるだろうし、この中から彼女を探すとは思えない

(とくにその俳優さんは真面目でファン女の子に手を出さなそうタイプだった。実際にもそういう「繋がりをもってくれない」「硬い」「同性の友達でも普段から付き合う人を選んでいる」と“繋がりたい”ファン界隈から噂があった。私はそういう生真面目なところに好感を抱いていたし、魅力を感じていた。絶対ファンに誠実でいて欲しいと思っているわけではないが、たとえ見せかけだけだとしてもそういう姿勢でいてくれることに人として尊敬できると思った。たとえばアルバイト店員に置き換えたら裏で客の悪口を言っていたとしても、表で真面目に接客していたら、私は店員として優秀だと判断する。裏で悪口を言っているのを知っても、店員としての職務を十分に果たしてくれているなら私はそれでかまわない。それと同じだ)

そのためにするのが3800円の下品ワンピースで数万するチケット(何割か、結構割合転売に出されていたのに席は満席だったから何割かは10万近くの金を出していたのだろう)を買うこと??

もうなにもかもズレズレでよくわからない

そして輪をかけたように彼女たちは語り始めた「私たちみたいにオシャレしてきてない人たちなんなの?ダサい。そんなんじゃ認知されない」(お前の方が勘違いダサいわ!

好きな原作アニメタイトルが好きで2.5からその俳優イベントに来た人が言った「オシャレしてないオタクがちらほらいる〜」(お前もたまたま2.5に行き着いただけの元2次元オタクじゃねーか!)

もうみんなバカじゃねーかと思った

いや、バカなんじゃないんだよな

なんか“幼稚”

オタクを脱してオシャレに目覚めたとたん(それも勘違いオシャレ)普通カジュアルな格好の人をdis

女子中学生かよ〜〜!!!

いや彼女たちのファッションをそんなにdisりたいわけじゃない

(正直なところ数万のチケット買ったりグッズを買い漁るならそんな安い服じゃなくて1着5万前後上品で華やかなワンピースくらい買えよ!と思うけどファッションをメインに叩きたいわけじゃないからこの件は終わる)

でも俳優くんがアホな男だったらこの若くて3800円ワンピ女の子簡単に落ちてしまうのかなと思うと

なんかも〜男も女もレベルが低いというか

私はきっとこの子たちとかなり年が離れているせいかそのレベルの遊びに興味示せないというか

その疑似恋愛ごっこには全然興味もてないんだよな〜

ってことに気付いてしまった

(非ガチ恋勢をdisするのも意味わかんない。ガチ恋したいならそういうダサいと感じる人はライバルになり得ず都合のいい存在なのではないか?結局恋に恋しているのだ。推し俳優のために努力する自分が好きなのだ

若手俳優界隈がガチ恋営業だとかそういう話も聞いたけど

あんまりそういうことしなさそうな真面目そうな俳優さんにも、こういうリアコまがいの勘違い女がたくさん沸くことにげんなりしてしまった

の子たちは彼の何が好きで来ているんだろう?

どこに目をつけて見てたら真面目に仕事する彼に、覚えてもらいたいとか繋がりたいとかそういう感情が出てくるんだろう

どこに魅力を感じているのか?

それが判明するのはイベントの後だった(イベント自体は楽しかった。推しくんは今日も頑張っていた)

イベントの後に同じ人が好きな人数人で居酒屋に集まった

イベントの内容を楽しく振り替えるさなか、一人の子が言った

推しくん、まだ○○の夢あきらめてないんだね」

イベントの中で彼が言っていた。2.5俳優ではない別の本来の夢を叶えたいと。

そのことに触れて彼女は言った

「はやくあきらめてほしい」

するとその席にいた私以外の全員が同意し始めたのだ

(え)と私は思った

意味がわからなかった

続けざまに他の子が声を上げた

「ずっと2.5次元俳優だけをやってほしい」

私の違和感は強くなった

私は彼の人間的な部分に感銘を受けて好きになった

彼が望むなら、今は2.5俳優経験を積んで、ゆくゆくは本来の夢が叶えてほしかった

その同調の流れに私は黙り込んだ

それから私は2.5界隈がわからなくなった

2.5の深い部分は、3次元の男を知らない女たちの幼い恋愛ごっこなのか

若手俳優たちに求めるものは、彼の幸せではなく、自分たちのコスプレオモチャでいてくれることなのか

もちろんみんながみんなこうではないと思うけど

なんて残酷なんだろう



私には某有名アイドルグループにハマっていた時代もあったが

2.5の女の子たちより全然ガチ恋勢の男の子も少なかったし

かにアイドルを「人間的に尊敬して推している」人たちが多かった

ましてやアイドルの先にある本当の夢を「あきらめてほしい」なんて言う人はいなかった

あーあ。

しかった2.5が楽しくなくなっちゃった

もう似たようなイベントチケット5,6枚とっちゃったよ

どうしようかな

俳優くん自体は頑張ってるから応援したいけどなあ

2018-11-15

anond:20181115123253

別にエロ厨がいてコンテンツをやりとりしてても

女児男児接触し心に傷を与えるチャンスが皆無ならば問題はないんだぞ。

 

昭和オタク宮崎事件があった分ものすごく気を使ってやりとりしていた。(自由戦士はまだお腹の中だ、残念だったな)

平成だって家族にうっかり見られて~みたいな話もたくさん共有されてた。

死んだら遺族に見られないためにHDD自動発火させようぜ~まで有名な冗談として流通していた。

 

でも今はネットがある。アマゾン書影が乗り、アニメタイトルでググれば一位にでてくる。

女児男児の親は子供スイッチなどの端末をペアレンツ制限かけて手渡すとしても。

どれだ受け取る側が気を使っても書店出版社やなんなら公式ツイッターゾーニングに気を使ってない場合がある。

そういう話だろ。

 

内容が感動できるコンテンツだったらいいだろうってことじゃないよな。

だってそれ以前に表紙の画風(チクビーン)だけで心に傷がついたって話だもんな。

だいたい感動できるような内容の小説は字が小さくふりがながないか女児男児読破すんの無理だし。

なおアニメコミカライズ地上波準拠だしおっぱい服装アニメ側の監修入るはずだ。

アニメで見ていた子が傷つくことは今の基準ならあまりないだろう。

でも監視しておかないといけない。

アニメ地上波放映でついてた湯気を外して普通の本として売ったらやっぱり即座にコラっていうぞ。

2018-01-25

ぶで終わる言葉アニメタイトルっぽい

ちくわぶ

すこんぶ!

どあのぶ!

でぶ!

まっしぶ!

ねがてぃぶ!

ぽじてぃぶ!

おっぱぶ!

きりかぶ

きょくぶ!

てるあびぶ!

ばすろーぶ!

のーすりーぶ!

はてぶ!

2017-12-23

anond:20171223084314

このケースだと「乗っかる」と「疑ってかかる」じゃなくて

実情を知らずにレッテル貼りする奴と実情を知っているので訂正を求める奴になっちゃってるのが……

疑ってかかる、なら「本当に最近アニメって異世界召喚系ばかりなの?統計は?根拠は?今期のアニメタイトルとそのジャンルの一覧表とかある?」みたいになるのだろうか

それはそれでうざい

(って書こうとしたらトラバに既にいた)

2017-07-10

https://anond.hatelabo.jp/20170710144714

世界居酒屋のぶ を検索するつもりで、異世界食堂 と入れてしまう人が少なくないんだろう。

どっちのアニメタイトルも似てるからな。

2017-04-27

ナオト・インティライミ大喜利はいじめじゃない!」と主張する人たちへ

ナオト・インティライミを題材とした大喜利が、この頃大注目を集めている。ナオト・インティライミサイコパスに仕立てる例の奴だ。

最初は「面白い」とだけ言われてきたこのサイコパス大喜利だが、最近は「これはいじめではないか?」との声が大きくなってきた。非常に良いことである

しかし中には「ナオト・インティライミサイコパス大喜利はいじめではない。この笑いを理解できない奴はネットを使うな」などと主張する人たちもいる。

果たして、どちらの言い分が正しいのだろうか。個人的に考えをまとめてみたので一読してもらいたい。

行き過ぎたナオト・インティライミ大喜利


芸能人を題材とした大喜利ネット世界にありふれている。

しかし、今回はそれら普通大喜利とは一線を画してしまった。「殺人」や「サイコパス」といった要素を大喜利に盛り込んでしまったのだ。

もっとも、「サイコパス」ぐらいの要素ならまだ問題なかったであろうが、「子供を殺したナオト・インティライミ」や「両足のない子供サッカーボールをあげるナオト・インティライミ」のような大喜利は、やや行き過ぎているのだ。

正直、これを書いた人は考えが足らない。ここまで発展させてはただの大喜利ではすまない。

まらない"サイコパス大喜利"をつまらない人が作る


最初の方のナオト・インティライミ大喜利純粋面白いものばかりであった。件のような過激ワードはあまり使われていなかったし、笑いの範疇でおさまるものばかりであった。

しかネットナオト・インティライミ大喜利話題になり始めると、様相が一気に変わる。

「これだったら自分でも作れるかも!」と勘違いした"つまらない人たち"が"つまらない大喜利"を作るようになったのだ。

このような人たちは加減を知らない。だから殺人サイコパスを題材とした大喜利がはびこる結果となってしまった。

「これはいじめだ!」と主張する人たち


殺人サイコパスを題材とした大喜利が増えてくると、最初賛同者が多かったネットでも徐々に「これはいじめだ。名誉毀損だぞ」という声が大きくなってきた。

最初は「これがつまらないって、ブームに乗れない可哀想な人たちだね」というようなオーラすらあったが、今では少しずつ今回の大喜利否定する雰囲気が出始めてきたのだ。

正直私個人も、今回のサイコパス大喜利は単なるいじめもっと言えば名誉毀損侮辱であると思っている。

というのも、ネットとある情報拡散した場合、そのソース確認する人は意外と多くない。

まりTwitterで「ナオト・インティライミ サイコパス」というトレンドが出た場合、どうしてそのワードが広がったかすら調べず「へぇナオト・インティライミってサイコパスだったんだ。ちょくちょくテレビで見ていたけど応援するのやめようかな」と思ってしまう人も一定数いるのだ。

これは別におかしいことではない。この情報過多の社会では、むしろこうやって興味のない情報制限しないと生きていくのが辛くなる。

なので、私は今回の一件は「明確な名誉毀損であると思っている。ナオト・インティライミアーティストだ。サイコパスイメージがついてしまっては、今後の活動にも支障が出る。

「これはいじめではない!」と主張する人たち


私はこのように主張する人たちの思考回路が一切理解できない。私とは完全に違う世界で生きており、分かり合うことなど到底不可能だとすら感じる。

ここではその理由について述べていく。

ネットリアルは一緒であるネットから許されることはない。


これはあまり言いたくない話ではあるが、Twitterで「今回のサイコパス大喜利はいじめじゃないでしょ。いじめだと思ってる人はネットを使わない方がいいんじゃない?」と言っている人のプロフィールを見てみると、大抵がアニメオタクだ。

アイコンアニメ美少女を使っているし、プロフィール欄には「ラブライブ」などのアニメタイトルが書かれている。

この事実を知り、私は思った。なるほど、キモオタいじめではないと主張しているのだな、と。

いや、もちろんラブライブアニメに否はない。

だが、このようにTwitterアニメ専用のアカウントを使っている人は、大抵はリアルいじめられっ子だ。リアルで居場所がなく、ネット存在意義を見出そうとしている可哀想人種なのだ

このような人種は、とかく「ネットリアルは違うところである」と主張したがる。もしネットリアルが同じであると認めてしまえば、自分存在意義がなくなると心の何処かで恐れているのだ。

そして「ネットでは何をしてもいい。誹謗中傷、やられる奴が悪い」とやたらと攻撃的な性格になる。悲しい話である

"ネットしか生きられないキモオタたち"は誤解しているが、ネットリアルは全く同じのものだ。リアルの中にネットがあるだけで、ネット独立して存在するわけではない。

ネットの向こうにはリアル人間がいる」のである。これを見失ってはいけない。「リアルで駄目なことはネットでも駄目だし、逆もまた然り」なのだ

まり、「サイコパス大喜利ネットからOKでしょ!」という理屈は一切通用しない。ネットで行われている行為でも、結局はリアルの人が傷つくからだ。

まぁ、「これはいじめではない!」と言っている輩は大抵リアルで居場所のないキモオタだ、と認識しておけば問題ない。

本人は何も言ってないでしょ?外野が騒ぐなよ


「本人は何も言ってないでしょ?だからやってもOKでしょ。外野が騒がないでくれない?」と主張する人もいる。

しかしよく考えて貰いたい。芸能人であるナオト・インティライミが、そう簡単に今回の件を否定することが出来るとお思いですか?

ナオト・インティライミ本人がサイコパス大喜利不快に思っていたとして、名誉毀損罪告訴したいと思っていても、そう簡単に踏み出すことができない。

何故なら、彼は芸能人から。人気が命の商売から

照英さんがコラ画像を認めていただけに、ナオト・インティライミが今回の件に対して「非常に心外です。一部の悪質な方は告訴しようと思います」とでも言ってしまえば、"ネットしか生きられないキモオタたち"は「なんだよ、つまんねぇ。こいつ駄目だわ」と手のひら返しで叩くだろう。

確かにナオト・インティライミ側は何も言っていない。だが「叩かれるのが怖くて黙認しているだけで、本当は不快に思っているのではないか?」とどうして考えられないのか?

きっと、サイコパス大喜利をやって楽しんでいる人の方がサイコパスなのだろう。それなら納得だ。

「ただの遊びでしょ?目くじら立てる方がおかしいよ!」


中には「サイコパス大喜利はただの遊び。叩く方がおかしい」と主張する人たちもいる。こういう人はもう手遅れだ。

人を"殺人鬼"や"サイコパス"呼ばわりすることを"遊び"と言っているのだ。これはもう救いようがない。

そもそも、これは遊びの範疇ではない。立派な犯罪だ。

前述の通り「本当にナオト・インティライミサイコパスだと勘違いしてしまう人」がいる可能性がある以上、名誉毀損である

これを「単なる遊び」だと思っている人がかなり多く、どうしてこの世からいじめがなくならないかが分かった気がした。

要するに、やっている側は自覚がないのだ。何も考えずにただブームからと人を侮辱してしまう様は、なんとも"自分の考え"がない日本人らしい。

ネットの向こうにはリアルの人がいると気付いてほしい


ネットが急速に普及した現代

まだ人々のネットに対する知識が追いついておらず、しばしば誤解や問題が起きてしまう。

しつこいようだが、「ネットの向こうにはリアルの人がいる」と強く認識してほしい。

そして、ネットリアル人格独立して存在しない。ネットからといって人をサイコパス呼ばわりして叩いている人は、いつかリアルでも無自覚に人を傷つけて孤立してしまうだろう。

このことをよく理解して、今後を生きてもらいたい。

2017-04-10

アニメタイトル当てクイズ

両親(40代後半)のうろ覚えタイトルを挙げるので、何のアニメか当ててください。

父は、自分男子高校生)や妹(小学生)が観ているのを横から観るのがほとんどだけど、ロボットヒーローものは好きで積極的に観ているようです。

母も、アニメは横から観ていることが多いですが、どちらかというとマンガの方が好きで子どもの頃から集めたマンガをたくさん持っています。今はスマートフォンで読んでいるようです。



難易度★ (すぐに分かった)

1. 『けも耳フレンド』(母)

2. 『自衛隊のやつ』(父)

3. 『前前前世』(母)

4. 『チェインバー』(父)

5. 『ゾンビのやつ』(父)

難易度★★ (内容を聴いて分かった)

1. 『戦艦のやつ』(父)

2. 『アドレナリン?』(母)

難易度★★★ (今でも分からない)

1. 『プリキュア』(父母)

2. 『死んだら過去に戻るやつ』(父)

3. 『ラブライブ』(母)










答えと解説

1.『けものフレンズ

2.『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

これは長いから仕方がないかなとは思います国会答弁のシーンが好きで何度も見直していました。

3.『君の名は

正解のほうが短くて覚えやすいと思うのだが間違えていました。今はもう正しく言えます

4.『翠星のガルガンティア

鉄腕アトム』『機動戦士ガンダム』みたいに、メインのロボットタイトルじゃないと気がすまないようです。

5.『がっこうぐらし

当時ゾンビといえばこれしかなかったので分かったようなものです。


★★

1.『ハイスクールフリート

とても気に入って毎週見ていたのに。名前だけ知っている『艦隊これくしょん』と区別がついていないようです。

2.『アルドノア・ゼロ

父は大好きで毎週見ていました。正しく言えていました。

母は歌が好きで、よくスマホで聴いていました。

★★★

1. プリキュアシリーズ全て または その他。女子中高生グループが変身して戦うものは全部、プリキュアらしいです。

2. 『僕だけがいない街』または『Re:ゼロから始める異世界生活』のどちらか

『僕だけが~』は死ななくても戻る、と何度説明しても間違えます

タイムリープものでは『シュタインズ・ゲート』は正しく言えます

3. 『響け!ユーフォニアム

高校生音楽やっていれば、『ラブライブ』なのかもしれません。『ラブライブ』は観たことないはずです。



思い出したらまた書きます

2016-10-11

http://anond.hatelabo.jp/20161011095129

アニメアニメの間に改行入れるか、アニメタイトルを太字にしたりレベル上げて書いてくんない?

アニメタイトル

ってやるだけ(*はほんとは小文字)で、めっちゃやすくなるから

せっかく書いてくれたんなら、それを見る人が見やすくなるようにほんの少しだけ工夫してみようよ

2016-07-20

http://anond.hatelabo.jp/20160720143924

昔と違ってアニメタイトルも増えた

作品だけ追っかけ続けてももう時代遅れって言われちゃう

その作品ごとの即売会も多くなった印象

からコミケじゃないとってのが薄れてるのもあるんじゃないか

2014-07-29

平成8年生まれの高校生だけど、文化の衰退が進んでいるような気がする ※追記あり

ネット掲示板を見ると80年代90年代エンターテイメントは良かったとかなり聞く。

TSUTAYA80年代90年代アニメDVDを借りて見る。

タイトル数が豊富しか面白いものが沢山ある。

ナデシコLainマクロス(シリーズによる)、トップを狙え。

有名なアニメ監督80年代90年代から沢山輩出されている。

ゲームを見ても今では聞いたこともないゲーム会社が挑戦的なソフトpsで出している。

ネットオタク専門のもので、運動部所属するDQNリア充のような人間は利用していない非常に中身の濃いものであった。

秋葉原も今とは違いアングラ雰囲気の濃い街だった。

今はどうだろうか。

ゴミみたいなアニメタイトルばかり。

ネットゴミみたいなSNS、糞な商業主義政府による監視だらけ。

課金だらけのゲーム

秋葉原ゴミみたいなニワカアニオタ娼婦などのクソみたいな女が這う街になった。

これからもっと文化は衰退して行くと何となく思う。

もっと早く生まれたかった。

追記

文化は衰退していないと言う人は、栄えているものを教えてください。

あと、自分が考える文化の衰退の主な原因は右傾化不況インターネットの普及だと思います

日本人ネット言葉遣いがステレオタイプ2ch風に殆ど人間がなっている。

ネットは画一化をもたらしてしまった。

更に追記

こんなにブックマークが付いてびっくり。

後世に誇れる文化って言ったら大層だけど、皆が楽しいと思える文化自分が作らなければいけないな ヤバイと思う日々であります

2013-05-20

作画崩壊厨と『鉄腕バーディーDECODE』の思い出

http://anond.hatelabo.jp/20130520105912

作監がクッソ忙しいという話

 作画崩壊厨が増えたから、

 作画監督しわ寄せが来てるらしい

 キャラ似せさえ出来れば、あとはなんでもいいよ!との事

居る!

居るねそういう奴等!

おかげで作画崩壊厨との初遭遇時の思い出がぶり返したのでちょっと語りたい。


それは『鉄腕バーディーDECODE』が放映してた頃だからもう何年も前だ。

このシリーズ原作も決して売れ線ではなく(失礼)、

アニメタイトルとしてあまりキャッチーではなかった。

構成や脚本も頑張ってはいたけど、お話なんかツッコミどころだらけだった。

要するにどんな奴等が見てたかというと…作画厨だ。

立ち上げて間もないA-1 Pictures制作で、作画監督りょーちも

セールスが見込めない作品なりに本当に頑張ってる、作画好きには毎週楽しみにする価値のある作品のひとつだったのだ。

(余談だが増田お布施として円盤を全巻買っている、念のため)


で、地味なセールスまさかの続編が出ての『DECODE2』。

この頃はもう2chでも二次裏でも専用スレには荒らしアンチも全くいなかった。

この手の作品は冷やかしが全く来ないので平和になる傾向があったが、これがある時急に騒がしくなったのだ。

何かと思ったら7話のせいだった。

2chまとめ系のクズサイトでこの7話が「作画崩壊」として一斉に大々的に晒されたのだ。


急にドッとスレに入ってきたのは決して荒らそうという奴等ではなく、

一緒に「作画崩壊」を馬鹿にして楽しもうとワクワクしながらやってきた奴等だった。

作画厨だらけの古参住人は戸惑いながらも新参者達の話を聞き、そして驚く。

「は?7話が作画崩壊!?何言ってんの???」


当然ながらスレではその7話は「意欲的な作画」として面白がられていたのだった。

作画厨しか居ないので顔が似てるかなんてあんまり気にしない。

クソアニメ馬鹿にしようとワクワクしながら入ってきた新参者作画崩壊厨と

突然の人口増加に戸惑う原住作画厨とは

お互いの話を聞くうちについに互いが全く別の価値観の持ち主だと気付いた。


当然ながら作画厨はこの新参者に猛烈に反論し馬鹿にし始める。

「7話のこの絵とただの下手くそ作画の違いもわからんのか」

「何が”作画崩壊”だ、顔が似てるかどうかしかからない癖に」

「くだらねーことの為に見てもなかったアニメスレに入ってくんなカス

「お前等にアニメの作画は必要ねーだろ、メガミマガジンでも買ってろ豚」


もちろんこの予想外の罵倒作画崩壊厨も逆上し、

「こんなのが意図的な作画なわけない」

時間や金が足りなくなって酷いところに投げてこうなったんだ」

と主張し始めた。


しばらく平行線の罵り合いが続いたあと

アニメ雑誌で7話の作画の特集と監督インタビューが載って

作画崩壊厨は急速に意気消沈し去っていった(自分の目と頭で判断できないせいかえらく権威主義だった)。


とにかく、

アニメ見てるのに動きに微塵の興味もなく

面白い作画をしていても何も感じる事がなく

そのくせ「作画崩壊」というバズワードが大好きで

作画なんてキャラの顔がキャラデザに似てるか否かしかからない

そんな作画崩壊厨という人種との初遭遇だった。


ちなみにその後も彼等は散発的にスレに現れては

「あれは意図的なものではない」

「あれは失敗作だった」

と言い張り続けた。


アニメ自分達の理解できない作画意図や演出意図があることを認めたくない、大変不快に思っている、

そいう感じだった。

自分達の知識もレセプターも最弱レベルであるにもかかわらず


要するに

作画崩壊死ね

あいゴミ虫を量産した2chまとめブログ死ね

あいつら対策で製作現場にまで負担がかかってるってマジなんだろうか。


ブコメ

まあ・・・原作がある以上、絵くらい似せてやってくれって願望の話ですよ・・・そういきりたちなさんな。

いや、違うから

2つ違う。

1.まず作画崩壊厨が言ってたことですら「原作と似てない」ではなく「キャラデザと似てない」。

 (悪の華ぐらい前衛的でない限り「原作と似てない」はあんまり言われないよね、それもふしぎっちゃふしぎだが)

2・好みとして「キャラデザの絵柄を墨守しろ」「勝手な色を出すな」って言ってるならまだいいんだよ。

  あんまり趣味は合わないけどね。

  作品によってはキャラデザの顔厳守が最重要ってのもあるよね。

  でもあいつらはそういうんじゃなくて、マジでキャラの顔がキャラデザに似てるか」しか絵について理解できないの。

  そこが似てないと「下手糞なアニメーターなんだ」「時間が足りなくて某国に投げたんだ」「俺でも描けるわこんなの」って真顔で言うの。

  マジでメガミマガジンとかの版権ピンナップだけ眺めてりゃいい奴らなんだよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん