「わからなくなってきました」を含む日記 RSS

はてなキーワード: わからなくなってきましたとは

2019-09-12

オタク仲間ともめた話

同じジャンル内のひととモメて一騒動あったりしたので、誰かの役に立つかもしれないと思ってメモときます

長くなりそうなので先にタメになるかもしれない要点だけまとめると、

DMなどでの個人的なやりとり、実はあぶないか

相手が正しいような気がするときでも、第三者意見は聞いたほうがいいか

自分がただしいと思い込みすぎると痛い目をみるかも

あたりです

ブラック企業的な感じでもご参考になるかもしれませんがどうだろう・・・

もめた相手を仮にAさんとしま

Aさんはそのジャンル内(Xとします)では発言力のある人でした

私はXについて呟いたのがAさんに拾われてそのジャンル入りしたのもあって、特に仲のよい方だったと思います

TLでもおしゃべりしますし、そのうちDMちょっとディープ萌え語りもしたりしだして、私は親しくしているつもりでしたし、他の方からAさんと個人的なやり取りがあったとはうかがってないので、恐らくAさんにとってもそうだったのではないかと思います

あれ?と思い出したのは、DMでのやり取りで、まったく無関係の別ジャンル作品ゴリ押しされるようになったり、他の方の陰口みたいなお話をたびたび振られるようになったころです

もちろん私は仲のよいAさんのお話でしたので、適度に相槌を打ったり、おすすめされた作品を見てみて感想をお伝えしたりしていたのですが、

そのうちちょっとした言い回し普段の態度を窘められるようになっていきました

私は自分でいうのもほんとなんなんですけど、割と調子に乗りやすくて失言が多いタイプです

なのでAさんのいうことはごもっともだと思い、ご指摘をうける度に謝罪感謝をお伝えしていました

しかし、なんど謝罪を繰り返してもまた別のことでお叱りを受け、けれどDM間でのやりとりなので表のTLでは顔に(?)出せず、そういうことが数ヶ月続くと、息苦しくなってもきました

丁度Xではないジャンルに興味が向いたのもあり、同じジャンルに流れていたフォロワーさん(Bさんとします)とも少し仲良くなったりしつつある頃でした

ある夏の日Aさんが、普段DMで送ってこられるお叱りを、もう我慢限界だと仰ってTLで直接アイツはこんなやつだと連投されたのです

既に何度も謝罪した内容でしたが、やはりAさんの指摘はもっともだと思っていたので、DMと変わりなく(寝耳に水だっただろう他のフォロワーさんへの説明もこめてやや丁寧に)謝罪しました

その場ではお許しいただけましたが、やはりDMでのご指摘は激しさを増して続き、日に日にエスカレートしていくそれをもうどうしていいものわからなくなってきました

その段階でもやっぱりAさんが間違ってるとは思わなかったのですが、もはやこれは私のいたらない謝罪では火に油を注ぐだけなのでは?と思い、

夏の一件で心配して「また何かあったら相談してね」とDMをくれていたBさんに、告げ口のようでAさんに申し訳ないと思いつつ、事の次第をご相談して一緒に謝罪文を見ていただくようになりました

やはり私は失言が多いタイプなので、この言い回しはよくないんじゃないかな、などとBさんに教えていただくことでより誠実な謝罪文を作れるようになり、事態収束するんじゃないかと思っていました

甘かったです

Aさんの攻撃(もうここまでくると攻撃の域でした)は寧ろ激しさを増し、その頃はもう毎日毎日謝罪を繰り返す日々でした

一度TLに流したからか、DMでもTLでも攻撃は続き、私はBさんとご相談の上でアカウントを消すことにしました

しかし、別ジャンルでBさんや他の方と交流していた場所にわざわざご登録してまでAさんは追いかけてきて、謝罪要求し続けました

私はもう何に謝っているのかもよくわからず、それでも謝れば許すと仰られるので睡眠時間を削って謝罪し続けましたが、謝っても謝ってもまた別のことを掘り返し攻撃し続けられ、今思い返すとかなり鬱状態だったと思います

結局、Aさんから見える全てのアカウントを消し、Bさんたちとの個人的交流だけするようになりました

オタクはてなブログは長いって本当ですね、すごい読みにくい。でもどうかけばいいのかわからないのでとりあえずまとめていきます

結論からいって、特に夏の一件以降のAさんの行動は、その様子を見ていたBさんやXジャンルで一緒だった人から見てもかなり異常なことと映ったそうです

既に謝罪し続けている個人に謝ってない謝れといい続けてて怖かった、というのは後にある方から聞いた当時の様子です

ということを踏まえて、

なんでそんなに悪化したんだろう?というと、

・私がとにかく謝罪に徹したのが悪かった(Aさんの正しさを裏付け助長させた)

・やりとりがDMだったのも悪かった(かなり悪化するまで他の人が介入しなかった)

・それらを踏まえて、Aさんに自分が正しいと思い込ませてしまった

あたりなのではないかな、と思います

私はもっと普通に仲のよかったときに、対等になれるよう努力すべきでした(それでAさんを逆上させていた可能性も否めませんが)

最初に上げた要点でいうと、

DMなどでの個人的なやりとり、実はあぶないか

→その関係が不健全であっても誰も指摘できないので、助長する可能性が高いです

相手が正しいような気がするときでも、第三者意見は聞いたほうがいいか

もっと早くAさんの攻撃性に気付いていたら、そこまで悪化せずにいたかもしれません

自分がただしいと思い込みすぎると痛い目をみるかも

→これはAさんから見てですが、Aさんが自分の正しさを信じてあの夏の日に糾弾したことにより結果としてAさんの攻撃性が露見して孤立してしまっているためです

 

長くなりましたが、ひょっとしてどこかで同じようにもめてるかもしれない誰かの何かの役に立てばいいなと思います

余談ですが

当時のAさんとのやり取りを、私はスクショで保管しています

これは当時のやりとりを見ていたBさんが、或いは裁判沙汰警察沙汰になるかもしれないからとお勧めいただいたからで、つまりそのくらい悪化していたためです

私はこのスクショを怖すぎて直視できず、めったに使わないフォルダに、サムネでも決して見えないように厳重にマトリョーシカフォルダにして保管していますが、それでもまだ消してはいません

いつか使う日が来る可能性がゼロではないためです

私は未だにDMの通知が怖くて、別ジャンルでの交流シンボルに使われていたある記号も怖くて、引いてはあらゆる通知が怖くてたまりません

もし仮に、私が誰か一人を殺害しなければならないとしたら、Aさんを選ぶだろうなと思います

実は未だにAさんのことは嫌いではないのですが、それでも小中学生のころいじめてきた男子でも、死刑を逃れた許しがたい凶悪犯罪者でも、他の誰でもなくAさんを選びます

Aさんが嫌いではなくても、ただひたすらに怖いからです

Aさんが死んだという確信が得られるまで、この恐怖から逃れる術はないと思っています

勿論仮定の話ですが

そういうわけで、もし貴方自分が正しいという確信を持っていて、間違っている誰かを正したいとお思いであっても、追い詰めすぎないよう注意されたほうがいいと思います

恐怖って、すごく殺意に変わりやす感情なんだな、と身を持って知ってしまったので…

読み返すと大してなんの参考にもならなさそうな気がしてきましたが、せっかくかいたので投稿しま

2019-07-15

双極性障害躁状態は、鬱よりしんどい時がある

なかなかカミングアウトできないけど、双極性障害です。

端的に言えばテンションが極端な病気で、鬱と躁を繰り返します。

働きすぎた後の猛烈な鬱を経験し、双極性障害と診断されました。

躁の時猛烈に働いて評価されるのに、鬱になると全く体が動かなくなります

今は退職して公的セーフティネットのお世話になっていますが、これはこれで申し訳なさで一杯の日々です。

障害者手帳2級です。

躁状態にならない程度に、今は、とあるブログを週1で書いています

おわかりかもしれませんが、ちょっとでも躁状態になると文体テンションおかしくなります

いま、多分躁になりかけているんだと思います

正直、躁状態で書いた/描いた(絵も描きます)ものは、後で見ると恥ずかしくなります

鬱は、ひたすら体を動かせるまで待つしかないので、躁が来ると、目の前がパッと晴れた気分になりますが、その後必ず鬱に逆戻りだし、躁は後で思い返すと「やらかした」感がひどいです。

私の経験から言えば、躁の時の自分が「本当の自分」だと思うのは危険だし、この考えが持続すると苦しくなります

双極性障害自殺が多いのは、このあたりも起因しているのかもしれません(実は、自殺未遂をしたことがあります)。

何が言いたいのかわからなくなってきましたが、とにかく「躁状態をこじらせると鬱より危険」といった感じです。

とりとめがなくなるので、ここまでにします。

今やってるブログには、とても書けない事なので、ここに書きました。

2018-08-02

上手な生き方

今までの人生を振り返ってみて、やはり最初に思うのは「失敗だった」ということです。何が失敗だったか、どこからが失敗だったか。色々と考えてはみますけれど、明確に何が、どこからが、というのはわからず、強いて言うのであれば最初から、何もかもが失敗であったと思います

幼稚園に通っていた頃、私は1人で遊ぶのが好きな子だったそうです。みんなが仲良く遊んでいる中、1人でいたのだと。そのような記憶自分にはありませんが、今考えれば納得はできます。私の社会性の無さというものはその時点で明確に顕れていたのだと思うのです。

小学生の頃の記憶はあまりありません。あったとしても、嫌な思い出ばかりです。途中まではそれなりに、上手くやっていたかもしれません。私の社会性の無さ、性格の歪み、それらを隠すことが出来ていました。しかしそれらが露呈する出来事がいくつかありました。

一つ目は、小学五年生の頃だったかと思います。転校してきた男の子に、何故か好かれました。私も小学生でしたから、好かれていると思うと、相手が気になります。それが恐らくクラス女子の気に障ったのでしょう。色々なことを言われました。一番言われたのは、男好き、ぶりっ子などという言葉です。

私は、クラス女子のように、教室の隅に集まってコソコソと話すのが好きではありませんでした。外に出て、ドッジボールバスケットボールをするのが好きでした。だから男子と遊んでいました。それだけです。そこに男子に好かれたいなどという気持ちは一切無く、ただ自分のしたいようにしていただけなのです。それでもやはり、男好き、ぶりっ子と言われます。ですから言葉遣いを男子のようにしました。今思えば、くだらない反抗心のようなものだと思います。勿論無駄でした。

二つ目も、小学五年生の頃です。クラスに虐められている子がいました。クラス女子ほとんどが加害者でした。ほぼ傍観者であった私と2人を除いて、無視をしていました。その件は、クラス女子全員が、被害者の家へ直接謝りに行くことで収束していきましたが、その時私はとても白けた気持ちになったことを覚えています。私がもしその子だったら(勿論私はその子ではないので勝手な推測でしかありませんが)、自分を虐めてきた相手が家まで押しかけてくる、なんて状況には耐えられません。この人達ドラマか何かの見過ぎなのではないか、この一連の状況を映画のワンシーンだとでも思っているのではないか。この頃から私は、心の底からクラス女子を見下すようになりました。しかし、どんな理由があろうとも、こうやって他人を見下すこと自体性格が歪んでいるのです。それに、最近まで気づくことが出来ませんでした。

中学生になり、女子校に進学しました。勉強をしていなかったため、第1志望中学不合格でしたが。

中学一年生の夏、知り合いの、特に付き合っていない男子に、セックスがしたいと言われました。断ったら嫌われると思い、了承しました。けれど、直前になって怖くなり、何も言わず約束を破りました。嫌われてもいいから、逃げたかったのだと思います。そこまでは良かったのですが、それを母に知られました。私が学校宿泊行事に行っているあいだ、携帯メールを見られたのです。妊娠してるのではないかと泣かれました。あの時のことは、今でも鮮明に思い出せます。もちろん私がすべて悪いのですが、それ以降、なんとなく家族距離を置くようになりました。

もともと小学生の頃、塾での成績が悪く、そもそも勉強していなかったことに対し叩かれたり、怒鳴られたり、やはりそれも私がすべて悪いのですが、そういったことがあったために家族とはそこまで仲がよくありませんでしたし、正直苦手でした。

話が逸れましたが、中学高校はとても楽しかったのです。人生ピークだったように思います。私が私が友人だと思っている相手に友人だと思われているか。そういったことはここでは考えないようにします。中高と、友人に恵まれていました。

ただひとつ失敗があったとすれば、高校二年生のときです。ある人と付き合いました。その理由は、今考えれば、依存できる人間が欲しかった。それだけです。そんな理由ですから、勿論振られました。振られて、精神病みました。私が悪いにもかかわらず。病みたいのは相手の方だったでしょう。そのとき私は死のうと思いました。けれど死ねなかった。ここで死ななかったのが、最大の失敗です。

暫くして大学生になり、新しく異性の友人ができました。その友人と付き合うことになりました。これも今考えれば、依存できる人間が欲しかった。それだけの理由です。何度も喧嘩して、頼み込んで復縁して。それを繰り返していくうちに、本当の終わりが来ました。思いの外すぐに立ち直り、1人でいるのも意外と良いものだと思いました。その過程で、今までの自分がどれだけ他人を傷つけ、苦しめ、依存し、時間を奪っていたのか、自覚しました。もう人と付き合うのはやめよう。そう思っていた矢先、別れた相手から連絡がありました。復縁したいという旨の連絡です。

その頃には私は自分にはなんの価値もないのだということが理解出来ていましたから、断るつもりでした。しかし、断ったことで相手不快にさせていいだけの価値も、私にはありません。ですから曖昧な返事をし、気づけば付き合うことになっていました。

相手のことは好きでした。一緒にいると、幸せでした。

けれど相手にはもっと相応しい相手がいます。私といても幸せになれません。ですから、思い切って別れを切り出しました。

あっさり別れられた時点で、自分価値を再認識しました。

そして、4月から社会人になりました。私は仕事ができません。心も弱いです。他人が耐えられることに、耐えられないのです。

何より辛いのが、無価値自分が、何も出来ない私が会社にいることで、他人迷惑がかかっていることです。

私さえいなければ、上司気持ちよく仕事ができるのに、私がいるせいで、注意をしなければいけない。ヒヤヒヤしなければいけない。余計な時間を使わせてしまう。

ここまで書いて、何を言いたいのかわからなくなってきました

ただただ私は、消えたいだけなのです。こういった場所にこういったことを書けば、じゃあ消えろ、死ねメンヘラと言われることはわかっているのです。全て分かった上で書いています

女に生まれたくなかった。男に生まれたくもなかった。

迷惑をかけるくらいなら、生きていたくない。けれど死ぬのは怖い。

人と付き合いたい。誰かひとりに愛されたい。けれど付き合えば必ず不幸にする。私の心に問題があるから

親孝行をしたい。けれどできない。私は結婚も出来なければ、幸せそうな顔を繕えるほどうまく生きられる人間ではないから。

親孝行もできず、付き合えば相手を不幸にし、働けば他人迷惑をかけ、挙句の果てにはこうやってインターネットにどうしようもない文章を放り込む。

もっと書いてすっきりしたいことはあったはずなのですが、思い出せません。これだけ長々と書いて、言いたいことはこれだけです。

どうすれば、うまく生きられるのですか。

2018-06-27

hagexはいじめを行っていたのかという件

いまブログをやってないのでこちらに書くのですが、

hagex氏がいじめをおこなっていた、あるいはいじめっ子だったという点についてです。

この話題記事ブコメでも書かせていただいたのですが、私は氏の通報記事内には加害者に対する侮辱的な表現を感じました。

低能コール低能アカウント、という表現がそれなのですが、

低能idコールしてくるアカウントなので一見普通な表現の気はするのですが、

この呼び方には2つの意味がある感じがしました。

低能idコールしてくるアカウント」、という意味と「低能アカウント」という意味です。

というよりもともとこのあだ名自体にそういった二つの意味があるんでしょうか。いやそれは発言する人次第かもしませんが。

少なくとも誤解を与えたくなければid名を書けばいいわけですがそれだと読者に伝わらないし、刺激も全然ないです。

たぶん誤解を与えない文章というのは文章で名をあげた方なら(いや本職でしたか)非常にたくみなはずです。

たくみからこそああいう書き方なのかな、とちょっと思いました。全部想像ですが。

ところで私も他の方同様、当然この件は加害者100%完全に悪いと思っていますが、おそらく氏のブログあるいは活動いじめ的側面を感じる方がいる、

というのはこのようにギリギリのいいのがれできる安全ゾーンから他者攻撃し注目を浴びるような手法たくみからなのではないかなと、

そんな感じがしました。いや実際にいじめといわれるような行為を行っていたか全然知りませんが。

また、氏は影響力のあるブロガーであり、そのような方は加害者またはいじめられっ子視点からみると強者であり、

構図的に学校クラスの人気者が弱者ターゲットにしてネタにし、さらに人気を獲得するように見えなくもない気もします。

また、それに同意するブコメはいじめっ子の取り巻きのように見えた可能性はあるんじゃないかなと感じました。

もちろんブコメというのは個人個人意見であって、全然知らない人同士ですし、誹謗中傷コメントを除けばいじめとは本質的に違うものですが、

意見がある方向に偏るとそのように見えてしまう(当人からは)という側面はある気がします。

ちなみに、低能といってくるアカウントから低能アカウントブログに書いてどこが悪い?という気もしますが、

そもそもなんでブログ他人のことを書くんでしょう。

書かなければいいのでは?みずしらずの他人ですから非常に危険です。

どんな相手か分からないし(今回は明らかに危険人物そうでしたが)、どんな反応をするかもまったくわかりませんし。

なぜ書くんでしょう。書かなければいいのでは?それは匿名から安全圏だからでしょうか。

そして一歩そこから踏み出してしまった瞬間を狙われた、そんな感じをうけました。

ところで嫌なことをやるときに「仕事から...」というのはよく聞きますが、もちろん仕事でも個人を扱う時には最新の注意を払ってほしいというのは社会的にごく普通の望みですが、実際には多くの被害者加害者二次被害に遭われていると思います

しかブロガー仕事ですらないし、よくわからないです。ジャーナリズム価値見出している方でしたらそういった仕事につくでしょうし。

リスクしかない気がします。

あるいは注目を浴びたいからとか、名をあげたいかから、とかうまくいけば人気を得てセミナーを開いて副収入を得たいからなんでしょうか。

会社から独立して芸能人のような地位に立ちたいからでしょうか。それとも単純に人気を獲得するゲームのようなものでしょうか。

加害者に対する記事はそんな氏の活動の中のちょっとした記事だったかもしれませんし、全然そんなつもりではなくただの趣味個人日記だったのかもしれません。

でもどんな動機や野望や社会正義であったとしても、それは全部書く側の都合であって記事にされる相手にはそんなこと全然関係ないことだと思うんです。

金をもらえるわけでもないし。

いや、そもそもそれが今回の事件関係したのかもまったくわからないし、相手わずidコールをしていた人物のようなので敵も揉め事もおおかったでしょう。

明らかに不安定精神状態人物なので、たまたま運が悪かったという視点も正しいと思います

無差別殺人を起こしていた可能性もありますし、何事もない日常に戻っていたかもしれません。

なにがいいたいのかあまりよくわからなくなってきましたが、

当然やりたいことをやって名を上げるのはもちろん自由だし、そんな個人努力の中から何かが産まれたり、人が救われることもあるかもしれませんが、逆も当然あります。取り扱う内容にあかの他人が含まれれば、職業であれ趣味であれ、当然リスクはあるということでしょうか。

しかしこれはすべて可能性の話で、確率の話といってもいいかもしれませんが、しか無差別テロとも違う感じは受けました。

はいえ実際は刑務所に行って聞いてみないとわからないことでしょうが

以上でした。

2018-02-05

親が乳がんです。私は旅行に行ってもいいでしょうか。

先日、親の乳がんが発覚しました。不幸中の幸いというのでしょうか、がんの周りに血が固まっているせいで広がってはいないそうです。

本人も普段通り(をつとめているだけかもしれませんが)にしています

そして今月、手術を受けるのですが、私は母にどう接すればいいのかわからなくなってきてしまいました。

乳がんが発覚する前から旅行計画を立てていました。

日程がちょうど入院中の日にちになってしまい、そこはさすがにずらしましたが、旅行に行きたいと思ってしまうのは薄情なのでしょうか。

母のことが嫌いなわけではもちろんありません。が、家にいて娘役を演じる時間夫役を演じている時間に疲れることはたまにあります(うちは母子家庭です。)

私がずっと家にいても母の病気は治りません。

母は人に弱い部分を見せるのが1番苦手です。病人扱いされることを嫌います

そんな母を、私はどう支えれば良いのでしょうか。全然わからなくなってきました

旅行すること自体に母は賛成してくれています

私が母のためにいますべきことはなんなのでしょうか。

ここに書くのが正解だとは思いませんが、周りに心配かけたくないのでこのことはほとんど誰にも言ってません。親友にさえ相談できません。

からここに書きました。

だれかの意見を聞きたいです。

1:48 追記

ちなみにですが、私は今大学3年です。

旅行は手術前にずらしました。

もし乳がん患者の方、そうだった方、距離の近い方がいれば何か意見や思うことを聞きたいです。

そして、反応くれている方ありがとう。本当に感謝します。

2017-08-16

なんかもやもやするはなし

なんか、人の価値観ってそれぞれだけど

学生時代にかかわっていた学生団体の「自由に生きる、なんでも挑戦する」至上主義みたいな人達価値観が苦手だった。

卒業した後も、OBOGとしてかかわる機会はたくさんあるのだけどもどうしても足が遠のく。

なんとなくもやもやするから、整理することも兼ねて書き留めておきます

なんていうか、私は学生時代目標があって、そのためにひたすら勉強をしていたのだけども(その学生団体にも勉強になるかと思って参加していた)

勉強理由団体イベント等を欠席したり、参加している人達と話をするとどうしても「お前はそればっかりでつまら人生を歩んでいるんだな、もっと〇〇をしたらいいのに」とか

もっといろんなことに挑戦するべきだ」とか言われる機会が多かった。その度に、何となくもやもやする。

なんでかなって考えたときに、思ったことがひとつあった。

その団体には、「バックパック一つで世界を旅した」とか「トラウマを克服した」とか結構ドラマチックな人生を歩んでいる人とか、いろんな団体を掛け持ちしている人が多かった。

もちろんそういう人たちばっかりじゃないから、私も含めてそうじゃない人たちもいる。

でも私にそういうエピソードを望まれることもあったし、そういうエピソードがある人が尊敬されて、ない人はそういう人たちよりも下という価値観があった。

なんか、こういうのが苦手だったのかな。

なんていうか、確かにそういう目に見えて凄い経験をしている人たちって本当にすごいし尊敬するけど

からといって、そうじゃない人たちが立派じゃないなんていえるのかなあ。

いろんなことに挑戦して、大きなことを成し遂げるのも立派だし

つのことを黙々と続けていく人たちだって立派だし

学校行ったり、働いたり、生きていくだけでも立派だと思う。

かといって、そうじゃない人が立派じゃないと言ったらそうじゃない。

ただ純粋にこの人、すごいなあ、立派だなあ。って思うだけでいいのに

どうしてそれ以外の人を立派じゃない、とかこの人よりすごくない、この人みたいにこうすればいいのに、とかなっちゃうのかな。

例えば、私がやってみたいことがあって足踏みしているところに

こうしてみればいいのに、とか背中を押してもらえるのはとってもありがたいけど

まったく別の部分で、背中を押されることに抵抗があるのかな。

なんなんだろう。

私が頑固なのか、よくわからなくなってきました

うーん。

長いし、文章稚拙だけども

読んでくれた方がいらっしゃったら、お付き合いいただいてありがとうございます

あなたはどう思いますか。もしよければあなたの話も聞かせていただけませんか。

2017-07-20

年収が2/3で憧れの大企業のヒラか年収維持でITベンチャー管理職

初めまして独身エンジニアです。

最近悩んでるので相談させてください。

表題転職先を後1週間で結論さないといけないので本当に悩んでます。助けてください。

現職はそれなりの大手外資にてヒラで6年頑張ってきました。ラッキーなことにそれなりに評価もされ給料もある程度貰えましたが、如何せん外資なのでそろそろ年齢の肩たたき視野に入ってきました。

そこに元々憧れだった日系の大企業希望職種募集があったので応募してみたら採用だが年収は2/3弱くらいが社内の限界です、と言われました

悩んでいたらスカウトがあって、知ってたIT企業なので面談したら管理職でのスカウト提案していただきました。

管理職ではあるが将来の幹部候補として基本年収が今と同じ金額を維持するといわれました。

どちらも希望職種です。

自分自身憧れの大企業に勤めたい。仕事は金ばかりではないと思うんですが、さすがに年収2/3弱はモチベーションが維持できるかわかりません。

ITベンチャー管理職を選んだら、金なのかってなると思うんですが、元々マネジメント経験はしてみたかったんです。

なので少しだけITベンチャースカウトに心が動いています

でも大学友達や親戚にそのITベンチャー転職すると言うとなんで?とか馬鹿にされたりがっかりされたりするんじゃないかとも考えます

それにこの憧れ企業と一生縁がなくなるかと思うと、痛烈に嫌です。それにベンチャーガツガツやっていくより万年ヒラでもリストラほとんどない大企業にて定年までのんびりやってく方があってるんじゃないか?とも考えます

社風も大企業の方が自身にあってるとも。

現職はまた席が空いてれば帰って来ればいいよとも仰っていただけてるので(出戻り社員過去に事例がある)この際転職しようかと考えてますが、

どうしたらいいでしょうか。

自分自身ではあまりにも多くのことを考えすぎて逆にどちらに行きたいかよくわからなくなってきました

話せる範囲で友人知人にきいて回っていたら転職自体ネガティブな反応でしたが、どちらかと言うとベンチャー意見よりでした。

2017-05-26

イオンモールにて

よくある話です。

アウトプットしないと心の均衡を保てないので、お目汚しになってしまうこと何卒ご容赦ください。

数年前から管理職をやるようになってから会社休みがちになってしまいました。

大きな失敗をしたわけではないのに、新たな仕事をやるのが怖くなり、人に任せて逃げてばかりです。

最初のうちは会社を休んだ後の罪悪感を駆動力にし何とか乗り越えていました。

最近は心が麻痺してきてその手も通用しなくなりました。

メンタルの病かと思い心療内科に行きました。抑圧状態とのことでした。

薬も処方されました。でも帰ってこれなくなる気がして一度も飲みませんでした。

運動瞑想野菜?のうち、運動を試してみました。確かに心が上向いてくるような気がしました。

でもまた会社休みました。

身体おかしくなってきました。

動悸と身体の痺れと吐き気何だかもうよくわかりません。

死にたいとまでは思わないのですが、何もやる気がおきません。

家族を守らないといけないのに、職場のみんなに迷惑をかけてはいけないのに、今日会社休みました。

何が言いたいのかわからなくなってきました

もっと大変な状況の方もいるかと思います自分は何かに甘えてしまっているだけなのでしょう。

こんな心の状況からうまくギアチェンジすることに成功した増田はいますか?

その術を伝授いただけますと助かります

追記:

コメントの返し方が分からすみません。2軒目のイオンモールに移動致しました。

毎日定時に帰って、、様

具体的な方法をご教示いただきありがとうございます。一つずつ実践してみます

ueno_neco様

心理療法という言葉を初めて知りました。次回通院時に聞いてみます。あたたかコメントで心が楽になりました。ありがとうございます

2017-01-19

友達とギクシャクするのがつらい

精神的にまいっていた時。

仲が良い友達LINE

最近まいっている、会いたい」

という旨を伝えたら、

「そういうのは家族恋人に言うことであって、友達に言うことではない。来月会うんだからそれで我慢して欲しい」

と返されました。

人に頼ることが苦手で、家族恋人には言えないけど今回勇気を出して友達に言ってみたので、この返答はショックでした。

友達は私が人に頼れない性格であることは知っています

つらい時に友達に会いたいと思うのはおかしことなのでしょうか。かなり落ち込んだのですが、SOSを出せただけでも良かった、期待した返答は得られなかったがそれは仕方がない。そう思うようにしました。

そこまでは良かったのですが、予定通り次の月に会った時、とてもギクシャクした雰囲気になってしまいました。

お互いそうだったのか、私自身がそうなってしまっていたのかはわかりません。

頼ってしまったことで嫌われたのかと思いましたが、そうではなさそうです。(自信はありません)

あの日以降LINEのやりとりはしていませんが、また顔を合わせる機会があります

どうしたらいいのか、ずっと悩んでいます

また元の仲良い関係に戻りたいと思う反面、この人と友達を続けていたらまた傷つくのではないかと思ってしまう面もあります

こんないい歳になっても人間関係は難しいです。わからなくなってきました

2016-04-04

まだ夜間救急で消耗してるの?

名古屋大学病院救急科医師の半分近い9人が退職した、と先日ニュースになっていました。

増田名古屋大学病院のような3次救急病院で、さら救命救急センター指定されている病院研修をした内科系の臨床医です。

夜間・時間救急に関する話は以前にもドクターブログでいろいろ言っているので、受診する側のモラル問題が多分にあるのですが、

さら病院体制自体にも問題を抱えていることが多いのでその辺お話させてください。

私が働いていた病院は3次救急病院のなかでも救命救急センター指定されている、重症患者を集中的に受け入れる病院でした。

はいえ、包丁で指切った、風邪ひいた、インフルエンザかもしれないか検査してほしいなどの軽症患者ウォークインも多数診察しています

このへんは初期研修医(国家試験合格してから1−2年のほとんど臨床経験がない医師)が診察しても大差ないですし、研修医教育のためにもそのような対応でよいのでしょう。

しかし、私の働いていた病院救急車ほとんどすべて研修医ファーストタッチしていました。

交通外傷や敗血症、痙攣、脳血管障害心筋梗塞に至るまですべての救急車研修医が診る。各科の上級医は研修医から電話を受けて対応する。

しかも診察に不備があると怒られるので、検査時間をかけて行います。そして時間がかかると今度は遅いと怒られていました。

救命救急センター救命救急経験豊富医師(すなわち救急科専門医)が常駐していると世間の方は思っているかもしれませんが、夜間・休日基本的にいません。重症患者救急車がいても基本的には研修医がみます

から、私は名古屋大学の話をきいても、そんなに危機とは思っていないのです。

大学病院には研修医が集まってきますから診療レベルはともかくとして救急車を受け入れる体制はあるはずなのです。

救急車たらいまわし問題となっていますが、受け入れたあとも対応するのは基本臨床経験のない研修医だったりするのが現実

さらウォークインで受診する患者もいますから研修医はてんてこ舞いですが、応援は呼べません。

時間待たされて怒る患者を何度も見てきましたが、正直どうしようもないです。

結局何が言いたいかよくわからなくなってきました

①夜間・時間救急安易受診は本当にやめてほしい

救急には救急科専門医も働いていることもあるが、人数は少ないか時間帯によってはいないことも多い

③臨床経験が少ないので診療レベルは低くなるのは当然。でも研修医は頑張ってると思うよ

2014-11-12

アメリカ大学統計教科書日本人イルカ食の健康リスク問題

アメリカ生活していて、クジライルカ漁について「The Cove見たよ!」などと時々聞かれることがあるのですが、

大学で受講している統計の授業の教科書http://www.amazon.com/dp/1478217200

の例題 (p.226) で、太地町イルカ漁についてやや唐突に取り上げられているのを見つけてしまい、

いろいろ疑問がでてきてしまったので備忘録代わりにメモしておきたいと思います


教科書記述をざっくりまとめると、


* イルカ食物連鎖の頂点にいるので、水銀などの濃縮現象がおきます

* 特にこれは、とき学校給食イルカ提供している日本問題になります

* 19のハナクジラ筋肉サンプルに含まれ水銀量を調査したところ、ハナクジラには、

95%のconfidence intervalにおいて平均3.29-5.51µg/wg (wet gram)の水銀が含まれている、

という結果になりました。

* その日本は0.4µg/wgを規制値にしています


ということが書いてあって、これってアメリカ人から見たら、日本が①イルカを食べているだけでなく、

水銀含有量の多いイルカ給食に出している、③規制をしているにも関わらずそれに反する

イルカ給食に出している、というおかしなことになってしまう?と思いちょっと調べてみたのですが、


どうやら、


* 太地町では給食イルカ肉が提供されていたこともあるが、現在は行われていない

* 追い込み漁が行われている太地町人口日本人口の0.0024%であり (3000/127,000,000)、

  日本全国で漁や給食での提供が行われている(た)かのような記述は誤り

* 日本人は約10000年前からイルカ漁をおこなってきた。捕鯨イルカ含む)は日本古来から文化である

* 太地町で主にとられているのはスジイルカである(例題で扱われているのはハナクジラ統計


ということは言えそうな感じがするのですが、調べているうちにちょっとよくわからなくなってきました


まず、0.4g という例題にあった”政府基準”なのですが、どうやらこちらの魚介類

暫定的規制値(昭和48年厚生省(当時)環境衛生局長通達)←かなり古い

http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/gyokai/g_kenko/busitu/02g_kanri_soti.html

意味しているようで、そこには、総水銀の暫定規制値として0.4µg/gが記載されており

例外としてクロマグロ等の記載はあるものの、クジライルカについての文言はない)、

また「暫定規制値を超える魚を流通させないよう効果的に運用」という文言がありました

(疑問1:この通達がまだ活きているか不明pdf: http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/hyouka/files/report12.pdf )、



一方、愛知県HP によれば、バンドウイルカゴンドウイルカについて、

厚生労働省水銀に関する基準の0.4µg/g をかなりオーバーする20.8 やら7.1やらという数字が並んでいて、

* イルカ等の水銀含有量(http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/3f/gyo_hg2.html



水銀に関する健康基準について言えば、WHO基準で 1.6 µg/kg体重/ weekということのようなので

 (http://jccu.coop/food-safety/qa/qa02_02.html )、体重50kgの人でざっくり 330 µg/month

ということになるところ、 愛知県の先の統計によれば、1ヶ月あたりざっくりバンドウイルカ16.5gまで、

教科書にあるハナゴンドウであれば 60gまではok、という計算になりそうです。

(16.5g/月って、ほぼダメなんじゃ、、)


気になるのが、水銀含有量 0.4µg/g までという当時の厚生省の暫定基準が活きているとすれば、

たとえばバンドウイルカ20.8µg/g という高めの数字が出ているところ、

市場に回っているとすれば(疑問2:実際にイルカ市場にどれくらい出回っているのか)

それは規制との関係でどういうタテツケになっているのか(疑問3)ということ。




そんなことを思っていたら、日本生協連のページにて、クジライルカについては、

表示があまりちゃんとされていないので心配です、みたいなことが書いてあって、

数字を見るに結構割合でちゃんと表示がされてないようなのですが

(どうやって調べているのか分かりませんが、イルカの種類によっては100%不適正な鯨種表示だったりします)、

そんな感じで大丈夫なんでしょうか(疑問4)という更なる疑問がうまれてきてしまいました。


* 不正表示比率について(http://jccu.coop/food-safety/qa/qa02_02.html


漁については日本政府見解のとおり(http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b186038.htm

だと思いますし、食用にすることについても授業で扱わなければ正直調べてみることもなかったと思うのですが、

ごく一部の港でしか水揚げされてないみたいだし流通限定的なので、食べるなら自己責任でどうぞ、

という判断なのか、規制ってどうあるべきなんだろうなぁ、と、授業の合間にふと思ったのでした。

2014-10-10

http://anond.hatelabo.jp/20141010164435

自称慇懃無礼増田です。誰も呼んでくれないので自分で呼びます

このやりとり追って見れるのは自分(と罵詈雑言増田)だけなんですね…。増田慣れしてないので知りませんでした。トラバツリーもわけわからなくなってきました

こういうやりとりって増田ではよくあるんですか?

2014-07-21

コミケット一般参加するときに試してQOL上がったこと

タイトル釣りです。

さてみなさん、そろそろ夏のサークルチェックを始める頃ですね。

コミケ一般参加を続けているうちに、だんだん対策を取って色々試すのが楽しくなってきたので、その辺を書きます

自分について

参加者も色々なのでまず自己紹介自分は常に一般参加のみ、開場前の始発ぐらいに行って入る感じです。最近は可能な限り全日参加、1日目3日目の比較的混みあう島中メインで、2日目は開幕で企業に並んだりする。壁をずっと巡ってる感じではなく、優先順位と条件判断で色んな所を見に行くというスタイルで楽しんでいます。あと、コミケに始発から付き合ってくる知り合いとか居ません。辛いです。これはそんな過酷環境PDCAサイクル回した結果のアウトプットだッ

シザーバッグに小銭を入れる

コミケは列の待機時間との戦いと言えます。列の待機時間とはつまり、列の長さとレジ数と処理時間であり、さら搬入数を加味して重み付けを行い状況に応じて最適なルートを選択するのがコミケ醍醐味と思うのですが、これは3つめの要素の処理時間を上げるため考えた手段です。

シザーバッグ・チョークバック・腰袋というのはベルトの通し穴とかに吊るす小袋で、かばん屋とかアウトドアショップにあったりします。キャラクターグッズでもあったりする。で、それに100円と500円と二つ折りの1,000円を入れ、腰の前にぶら下げて使うのです。これで会計速度が驚くほど早くなる。毎回鞄からサイフ出したりするのと比べたら雲泥の差ですぜ。

しかしこういう工夫はあんまり見ないんですが皆さんどうしてるんだろうか。壁とか企業から問題にならないのか……もっと流行ってくれ!みんなの!ために!!!!!!

あと小銭は当然崩してきているものとして扱いましたが、個人的な感覚ではオンリーイベントは100円単位の決済が多いのに対し、コミケは500円単位の決済が多いです。特にサークルは前述の処理時間を気にしている所が多く、500円単位だと扱う貨幣が少ないので相当採用されています。なので、周る所とかを見越して小銭を調節すればよいかと思います

つーか東京オリンピックのころにはみんなID決済とかになってると良いですね

書きたかった事は書いたので、後は適当

本を入れるのは手提げ(トート)が良い

しまうのに時間がかからなくて良いです。耐久度があるなら紙袋もいいのかも。自分過去頒布された布の袋を使ってます。やはり先人の知恵は大事だと思うのでした。

かなり歩くので靴はしっかりした物を

自分は山歩き用のウォーキングシューズに落ち着きました。あのハイテクスニーカーには意味があったのだ……やはり先人の知恵は大事だと思うのでした。

椅子はあったほうがいい

最初椅子なしで参加してましたが、やっぱり椅子はあったほうが楽に感じます。歳ですかね。自分はコレ。

Amazon.co.jp: キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) パレット スツール ミニ ライトグリーン M-3928: スポーツ&アウトドア

あらお安いのね♪軽いし取り扱いもしやすいので普通に持ち歩けます

首掛けの扇風機はうるさい

便利かと思って導入したけど、うるさい。しかもすごく効果があるかというとまぁ、それなりという感じで。普通に扇いだほうがはええんじゃねぇの。まぁでも便利なのでお好きに。

帽子とか

普通熱中症対策大事

冬はマスクハクキンカイロが良い

マスクはほんといいですね。前回は結構温かったのであんまり効果なかったですが。

あとハクキンカイロ!これが本当に良い。普通カイロは動かないとすぐ冷たくなりますぼっち参加は動かないので入場待ちでは冷たく、開場後に熱くなるという使えない感じになります。その点ハクキンカイロってすげぇよな、最初からたっぷりだもん。ちょっと扱いが面倒ですが、確実にあったか源となるので使わない手がないです。

冬の期間中はあまり暖房を使わない

冬のぼっち参加は便所との戦いといっても過言ではありません。おむつを着けるという最終手段もありますが……いやネタだろあれ。そこまでしなくても取れる対策として、暖房を使わず寒い部屋で過ごすというのがあります。こうする事で血管を収縮させ、結果待機列に近い状態に持ち込んでお手洗いを遠くするという作戦自分はそこから水分を取らず脱水症状に近い状態に持ち込んだけど、さすがにちょっとやり過ぎたと思ってる。

スマホカタログアプリ入れる

UIも好みにあってて便利なアプリがあったんですが、なんかバージョン上がって微妙に……アプリ開発の失敗例みたいなの直に見せつけられ色々と微妙な気分にさせられました。Webカタログへの以降もあるしで目下いろいろ試してる感じ。

これから試したいこと


タブレットカタログアプリ入れる

タブレットカタログアプリ入れて使ってる人も結構ますね。若干かさばりそうですが検討してみようかなと。

ベルトとかにつけるフック

トートは便利なんですが、手がふさがってしまうのが難点なんですよね。肘にかけても取り回しがめんどくさい。ということで、サバゲ系やらアウトドア系で色々探して、ベルトにつけられる懸架器具を調達し、次の夏で試してみることにしました。買い物中はトートはそこに引っ掛ける感じ。本当はチェストリグを用意して吊るすのを考えたんだけど、さすがに不審人物すぎるのでやめておいた。

空冷服

夏は結構いいんじゃないかという気がしてますがどうなんでしょうか。うるさそうな気がするのと、そこまでピーキーな仕上がりだとさすがに不審人物すぎるのでたぶんやらないですが……。

ノック式のマジックペン

追記です。島中巡ってると、突発的に列形成をする事がよくあります。そんな時、即席で最後尾札を作ったりしますが、そういう時にマジックペンあると何かと便利かと思って携行した方が良いかと思ったんですよね。スタッフさんの補助に。あと完売時のお品書きとか。

最近もうコミケで本を買うのが楽しいのかコミケに行くのが楽しいのか、コミケで色々試したり状況判断で動くのか楽しいのかわからなくなってきました

では皆様も良い夏を。

2014-07-04

悲報青二才岡田育に喧嘩を売るが軽くあしらわれ自滅する

岡田育@『ハジの多い人生』 @okadaic

最近、都会の街中で見かける野菜果物の引き売り、調べてみるとマルチっぽい」からの「青果を売った経験から言うと、箱が重いからマルチじゃない」……いろいろ不思議だが全体構造は捉えられた。 / “「疑わしい」というだけで犯罪者呼ばわり…”

三沢文也 @tm2501

物書きなのっておいてそこが要点だと読むなら小学生からやり直せ!バカ! @okadaic 「最近、都会の街中で見かける野菜果物の引き売り、調べてみるとマルチっぽい」からの「青果を売った経験から言うと、箱が重いからマルチじゃない」……

三沢文也 @tm2501

@okadaic 敢えて述べておきますが、僕が筆者です。文句や反論があるならどうぞ僕に言って来てください。根拠の無い荒らしではなくブログ界隈でちゃんと数字出している自信と実績からバカ呼ばわりさせていただきました。プロを名乗ってるならなおさらその読み方は煽ってるようにしか見えません

三沢文也 @tm2501

岡田育さんがここまでレベル低いとは思わなかった。

三沢文也 @tm2501

岡田育さんにかぎらず、僕よりもレベルが低い奴がライターなのってお金もらって仕事するのやめろよ…。だから、僕はブログ数字飛ばせば飛ばすほど虚しくなるんだよ?「逆に、なんで僕みたいな人ぐらい数字飛ばせない人がライター名乗ってるの?面接パンツ見せたの?」とか何とかってかんじでして…

三沢文也 @tm2501

僕が枠持って書いてる人の中で納得してるのは小野ほりでぃさんとフミコフミオさんぐらいで、他で納得したことって殆どないんです。ゴミコネ世界だなぁ…って僕はライター名乗ってる人に思ってるから、いくらブログが伸びてもライターになりたいなんて思ったことはほぼない。必要悪的ならまだしも

三沢文也 @tm2501

失言です。失言ですが、本心です。さすがにバカじゃないかと思いました

三沢文也 @tm2501

もうちょっと安い本ない?泣きじくるまダメ出ししてやりたいんだけど… ハジの多い人生 岡田

三沢文也 @tm2501

プロですと名乗ったりなにか出すのは大いにけっこうなんだけど、チームプレイでちゃんとお金もらってる以上は、書ける人が見たら面白いものじゃないとなんか許せない。もちろん、これは僕が言われたことあるセリフであり、僕が最近他にんに対して思うこと

三沢文也 @tm2501

@internus @okadaic あと、言いたくないけど、はてな-でもない人がああやって人の読み物を誤解するような書き方するのは読解力のないバカか、性悪のどっちか。「岡田育さんはすごいよ」というなら仕事一覧くれよ。古田ラジオさんの時みたいに、全部読んではコメント入れるから

internus @internus

@tm2501 @okadaic 岡田育さんははてなーですよ。ダイヤリーは更新してませんがブクマはまだ継続しているはずです。あとイベントで拝見させてもらいましたが話面白いです

三沢文也 @tm2501

@internus @okadaic 性悪の方なんだ…。それは僕の調べ不足でした。すいません。

三沢文也 @tm2501

@internus @okadaic はてなーだとわかった瞬間に発言の意図がわかったからもういいです。それと「嫁は萌えいるか」は僕も1度ブクマしたことあるので、古田ラジオさんよりは2周りぐらいは技量がありそうなので、やるまでもないと思います。(もう一回キレたらするかも

岡田育@『ハジの多い人生』 @okadaic · 2 時間

@tm2501 @internus ……いや、それとも別の方でしょうか……? ちょっとよくわからなくなってきました、私が同一人物と思ってるだけならひどい勘違いなので先に謝ります。ちなみに私は2002年からはてなユーザですが、青二才さんの存在感に比べたら木っ端みたいなものですよ!

三沢文也 @tm2501

@okadaic いやいや、僕が小学生の時から古参はてな-さんを知らなかったのは完全に僕の盲点です。しかも、一度はブクマしてた記事の筆者をブコメはてな-だと気づかないとは…私の観測不足です。手ぬるいやつが、一丁前な能書きをたれてすいません。

三沢文也 @tm2501

格上に勝てない戦いを挑んで、しかもお会いしたことがあったかもしれないのに忘れていて、古参はてな-なのに僕がブコメで気付かず…なんか一方的自爆しに行ったに等しいほどのミスを連発した。岡田育さんには悪い子としたなぁ…。完全に僕の自爆だし、僕の負け。敗因は全部僕

三沢文也 @tm2501

なんか、今日は書いた記事もそうだし、岡田育さんに絡んだのもそうだけど、ことごとく負け戦を仕掛けて自滅してるよなぁ…。こういう日は珍しい。しかも、それを仕掛けた前後に謎の全能感に溢れて負けフラグを上乗せしちゃうからなおさら酷い感じになる…

三沢文也 @tm2501

@okadaic いやいや、僕が全面的に悪いですからしかもその前後ツイートで失礼通り越して下品なことをつぶやいたのは完全に僕の失敗と負け戦ですから。僕が勝手生き恥晒しただけで岡田育さんは何も悪く無いですから…謹んでお詫び申し上げます

三沢文也 @tm2501

岡田育さんが良い人じゃなかったら、あんな負け戦仕掛けたら死んでたというぐらい酷いこと言ってるからね…本当に。そのぐらい酷いコメント出してる。向こうが悪かったかもしれないけど、僕がキレて口走ってることも相当ダメダメすぎて本人がかしこまった態度取られると頭下げるしかなくなる…

2014-01-25

生まれてきてはいけない存在

私のことです。

はっきり断言します。私は生まれてきてはいけない存在だと思う。

物心ついたときには、既にいじめられっ子

幼稚園記憶といったら、いじめられて体じゅう傷だらけで泣いてばかりで。

小学校中学もいつもいじめられっ子で。

毎日毎日自殺することばかり考えていて。

高校に行ったら、クラスに一人も話ができる人がいなくて。

短大でもいつも一人だから、ずっと勉強ばかりしていて成績だけ良かったけれど。

学校という場所に、友達というものが居たことなんて一度もない。

就職したって同じことでした。

新人の頃は、お局さま達にいびられて

更衣室やトイレに呼び出されては、しょっちゅう叱られていたし

30過ぎた頃からは、20ぐらいの子達に「きもーい」と陰で言われている。

なんで私は生まれてからずっと楽しい記憶がないのだろう?と思っていた。

この年齢になってわかった。私は発達障害アスペルガーADDかぶってる)だった。

障害者手帳交付されて、今は障害者雇用枠で転職活動している。

一般の企業は全く採用されそうもないので、A型事業所への通所を考えている。

普通】の企業職場では、もうやっていけないから

もう無理です。

あともうひとつ

私は最近自分には軽度の知的障害があるのではないかと疑っている。

来月きちんと検査を受けることになっている。

子どもの頃から毎日生きるのがつらくて、よく母に訊いた。

「なんで私を産んだの?」

母はものすごく困った表情で

「えーーなんでかなーー?結婚たからかな」と言う。

私が、「じゃあなんで結婚したの?」と訊くと

もっと困ったような表情で

「えーーーうーーん、なんでかな?

親戚のおじさんにお見合いしろって言われたから」と言う。

本当に、なんで私生まれてしまったんだろう。

なんで私は今ここに生きているのだろう。

友達なんてひとりもいないし、母親さえも私のことに無関心だし。

かと言って、今更「友達つくろう」と考えることもできない。人間がこわいから

最近人間恐怖症がますますひどくなったらしくて

道を歩いても電車に乗っても買い物に行っても、とにかく人がこわくてたまらない。

笑い声はみんな私への嘲笑に聞こえる。

こんな気持ちで面接に受けるからか、行く先々で面接官に嫌な顔をされる。

そして、また更に人間への恐怖がひどくなる。

この悪循環になっているように思う。

私はもう駄目なんです。

人間っぽい姿をしているけれど、実は中身は人間ではないのだろうと思う。

人間たちから嫌われる何か。(例えばゴキブリとかガン細胞とか)

最近、泣いてばかりいて、思考力がひどく落ちているようで、

ここに気持ちを吐き出そうと思って書き始めたけれど、

実はもう、自分が何を書こうと思ったのかもわからなくなってきました

混乱してきてしまったので、もうやめます

変なこと書いてしまって、ごめんなさい。

ごめんなさい。

私なんかが生まれてしまってごめんなさい。

2013-08-19

http://anond.hatelabo.jp/20130819192241

元増田です。ありがとうございます

後出しにはなってしまますが、私なりに、彼のことは愛しているつもりでした。

ダイエットを頑張ったり、メールとかもマメにしたり…

でも、そのTwitter発見してからは、笑顔優しい言葉も嘘なんだと思うようになってしまって。

その程度の愛なの?と言われたらそうなのかもしれません。

今の彼氏についても、そういう意味では本当に愛していないのかも。

人を愛するって、具体的にどんなことでしょうね?

自分愛されたいのに、いまいちよくわからなくなってきました

今まで自分のいいことを愛だと思ってしまっていたのかもしれません。

色々な思いとかを乗り越えることが、愛なのでしょうか?

2013-04-27

Iさんへ

Iさんへ。

君には本当によく助けてもらいました。ありがとう

少し元気ないまのうちに、君にだけは僕が消える経緯を明かしておきます

この間話した通り、僕は今、所謂うつ状態なのです。所謂「大うつ病」というやつです。

休職することになりましたが、仕事のものが原因ではないのです。

飲み会に誘われないという、そんなくだらない理由が引き金なのです。

当然、それは引き金でしかなく、ここ10年ほどの、いろんな鬱屈した思いが積もり積もってのことなのです。

仕事中は、あまり気を遣わせたくないし、自分の不幸自慢みたいになるのは嫌なので、これらの話はあまりしたくなかったのですが、

やっぱり一度くらいは吐き出させてください。

10年前、僕は今と同じようなうつ状態になり、半年休みました。当時の上司が原因です。

当時は周りの理解も少なく、復帰には紆余曲折あり、復帰後も周囲に仕事を認めてもらえるようになるまでとにかく頑張ったつもりです。

その後結婚し、その半年後に今度は父が脳梗塞で倒れて半身不随になり、介護を続けています

続いて祖父が亡くなり、弁護士まで出てくるような相続を父の代わりに対応し、なんとかまとめ上げました。

そして一昨年、早産で子供が生まれ、少し障害があって、その後ミルクの逆流で低酸素脳症になり、先日亡くなりました。

そんなこんなで、自分の中では精一杯頑張ってきたつもりなのです。

いつも僕は飲み会に呼ばれませんでした。

先日の歓送迎会も、その前も、もう数年間、飲み会や遊びの場には呼ばれていません。

から僕は、ずっとみんなに嫌われていると思っていました。

君に相談したとき、びっくりしていましたね。嫌われてなんかいないと。

君が言ったように、確かに僕は嫌われていたわけではないようです。

空気になっていたのです。

誰も声をかけていないことに気づかない。だけどその場にはいいから、いつしか遊びに行かない奴と思われ、ますます孤立感が深まっていったのです。

これだけ人数いながら、誰も気づいていないのです。僕が断ったわけではないのに、君も含めて全員、誰かが声をかけたけど僕が断ったと信じていたのです。

僕が先日の飲みで、急に泣いてしまったのはこれがショックだったのです。

本当は、君やみんなにもっといろんな悩みを打ち明けたりしたかった。

でも、避けられてると思っていた自分には無理でした。

家族のこと、仕事のこと、全部、一切吐き出すことができずにため込んできた結果、今の状態になっていったのです。

つらつらと書いてしまいましたが、そろそろ締めますね。

どうして君に、今こんな日記でこんなことを書いているのか。

たぶんさよならからです。僕はもう復帰できないでしょう。

以前のうつの体験が大きく影響しています

義父母も、今の役員も、わかってくれません。

役員方は僕が以前休んだとき、辞めろと何度も迫ってきた方たちです。

確かに、その後制度も整え、同じ状態で休んでも復帰できる人たちが増えてきました。だから今は考え方も変わっているかもしれませんが、僕には大きな障害に感じます

義父母も、僕が再度うつになったと知れば離婚を迫るでしょう。僕も妻にはこれ以上苦労かけたくありません。

ごめんなさい、何を書いているのかわからなくなってきましたね。

それと、こっちが本題かな。

君の告白への返答ですが、今は疑心暗鬼で、ちゃんと受け止められる自信もないし、自分自身信じられる状態ではないのです。

から少し、今の人間関係と距離を置かせてください。

でも、おかげで少しだけ希望を持てた気がします。嘘だったとしても嬉しかったです。ありがとう

2012-07-18

http://anond.hatelabo.jp/20120718010744

コメントありがとうございます

自分には無い視点で感心しました。確かに現状ではまだ些末な問題かも知れませんね。これからもっと深刻になるかもしれないし、だんだん収まって行くかもしれません。

圧倒的に煙草や飽食のほうがこの国の人間の命を危険晒してる。

というのもその通りでしょう。ですがその人間の命の「数」よりも「質」に着目してみてはどうでしょう

タバコで肺ガンになって死ぬ人は原発死ぬ人の数よりも多いのかもしれません。(まだ数字がでてないので何とも言えないですが。)

ですが、その人たちの人生の質に着目したときどうなるか。

タバコ病気になる人は、自分を恨めば良いでしょう。肥満になる人もそうです。食品会社を恨みながら死ぬ人は決して多くないでしょう。ですが、原発病気になった人やストレスを抱える人たちは、人を恨んだり、争ったりして長い人生を送らなくてはいけないのではないでしょうか。

私たちが生きるのに、わざわざ種の中で憎み合って使うエネルギーを使ってまで生きるのは誰が考えても不合理でしょう。ですが、それ(原子力)を使わないともっと不合理なこと(病人死ぬ)が起きると多くの人は言う。

確かにそうかもしれませんし、そうでないかもしれません。ですが、私たちには原子力という自分たちに制御できないエネルギー以外の物を使って努力する方向もあることを忘れてはいけないし、そちらに努力する方がより難しいでしょうが、単純にこのような問題は解決されるのではと思うのです。自分でも自分の言っていることがよくわからなくなってきましたし、誰もこの意見に賛同しないと思いますが、反応してくれたことに感謝します。

2011-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20111205011434

蒸し返しになりますあなたは非童貞について

どうせ、ゴムとかつけて避妊するか、ヤリ逃げするぐらいの責任しかないと思いますけど。

そういう男の方は。

とおっしゃってますけど、そもそもここに最初の語弊がありそうですよね

私が責任持って厳重に避妊することを「素晴らしい行為」と認めてくださるなら、

重々注意して避妊しさえすれば婚前交渉も特に何の問題もないということになりそうですし。

まあなんかよくわからなくなってきましたすみませんもう寝ます

2010-12-23

いわゆる派遣SEですけど

いろんなとこ行って機密保持契約を結ぶので、いい加減どこからどこまでが自分の知識として扱っていいのかよくわからなくなってきました

2010-07-14

教えてください

男31歳。年齢=彼女いない歴です。

非コミュってほどではないと自分では思ってます。

会社の同僚の女性普通に話しますし。

ただ、プライベートな話をするような仲にはならない感じです。

今までそんな感じで友達止まりな状況でそれ以上はどうすればいいのかわかりません。

で、まぁ、これじゃイカンと、婚活パーティ的なものに参加してきました。

お酒を飲みながら、ある女性普通に話して、多少は仲良くなってきました。

勇気を振り絞って「メールアドレス教えてくれませんか?」と言ったら「いいですよ」で交換。

次の日の昼に、「昨日は楽しかったです。また一緒に飲みたいですね」と送信。

「私も楽しかったです。また飲みましょう」という返信。

これって、社交辞令で、真に受けちゃダメなんですよね?

「じゃ週末どうですか」みたいに話を進めちゃうと、これだから非モテは~ってなってしまうんですよね?

というところで、よくわからなくなってきました

僕はこのメールアドレスを手にして、これからどうすればいいんでしょう。

例えば3週間ぐらい間を置いて、「また飲みに行こうよ」っていう感じで誘うべき?

それとも、「なかなか梅雨が明けませんねー」とか世間話しながら繋げておくべき?

でも、一回会っただけの相手とどうでもいい世間話して問題ないんでしょうか。

逆に相手の情報を取得する方向「休みの日はどんなことしてますか?」みたいなのもあからさま過ぎてどうかなって気がします。

諸先輩方アドバイスをください。

どういう方針で事を進めるべきでしょうか。

2010-05-21

結局、彼女ができないという苦しみの原因とは何なのか

http://anond.hatelabo.jp/20100520011732

元増田です。

そうですね。ご指摘のとおりです。確かに変なことを書いていました。ホモソーシャルと「通常の性欲」を逆接でつなぐのは変ですよね。そこは訂正させてください。その上で、

真に価値があるのは男どうしの付き合い。


という価値観はまさに私の持っているものであります(結婚して家庭を持ちたいというようなことは別とすればの話ですが)。そして、「真に価値があるわけではない」女性との関係がうまくいかないことに悩んでいるわけです。

その理由は、いわゆるミソジニー女性嫌悪女性蔑視)が強すぎるからなのか。そうであるならば、いったいどうすべきなのだろう?私と同じ悩みを持った人っていないのだろうか?

あと思うのは、私が苦しんでいる理由としては、ホモソーシャルとかミソジニーとかそういう概念を持ち出すまでもなく、女性って男性とは考え方が違って話が合わないものなのじゃないかと思ったりするのです。それを「女なんて馬鹿なんだから適当にうまくやればものにできるんだよ」というように表現する男もいる。あるいは「男は論理的にものを考えるが、女は感情で動いている」というのもよく言われることです。それは「女は頭脳レベルが低い」ということと通じる考え方ですよね。こういう書き方をすれば女性から反論・非難が浴びせられるのは目に見えていますが、実際のところはどうなのでしょうか。私と同じような苦しみを抱えている人も多いと推測しますが、それは男女の考え方・感じ方の違いからきているのか。そしてもしそうであるならば、解決方法はあるのか。

まとまりがない文章になって恐縮ですが、苦しみの原因として考えられるものとして最後にもうひとつ提示させてください。

「性」というものから見た男女の違いです。女性は「与える性」であり、男性は「与えられる性」である、ということです。女性は「価値」を持っており、男性はその「価値」を欲しいと思っている。

むしろ大半の女にとってセックス可な対象って、オプトイン形式だと思うのだよね。

デフォルトではみんな不可。妊娠リスクを負ってもいいかもと判断できたら初めて対象になる。

逆に大半の男にとってはセックス可な対象はオプトアウトなんじゃないか。

デフォルトはみんな可だけど、面倒そうな相手だなと思うとこの人は不可と考える。

その性差は妊娠の有無というリスクの違いからくる。

という説明をしてくださった方がおられますが、その考え方に近いものです。ただ私の場合は「リスク」というよりも、「価値」を重視します。男性の方に想像していただきたいのですが、自分女性であって「性的に非常に大きな価値を持った存在」であり、異性である女性がその「価値」を求めて言い寄ってくる。そういう場面を想像してみれば、自分にとって多くのもの(楽しみ?お金?愛??)を与えてくれる一部の男性だけを相手にし、それ以外の男性からは話かけられてもほとんど相手にしない、そういう戦略をとるということがありえるのではないか。異性から言い寄られることで自分自尊心を担保することができるという「恋愛の担保的機能」を重視すれば、価値の低い異性は無視というのが合理的ではないか。担保は一定以上の量は必要ないものですから。そのように考えれば、女性馬鹿だなんてことを言わなくてよくなる。「女性も合理的に行動している」と言える。

書いていて自分でも何がなんだかわからなくなってきました。申し訳ないです。私がそもそもこのトピック(?)を立ち上げた動機は、「私の悩みを聞いてください」ということだけではありません。非モテと呼ばれる問題(「非モテ」の定義についてなどは詳しくないのですが)などで苦しんでいる多くの人たちみんなの役に立つ議論を展開するきっかけを作りたいと考え、投稿させていただきました。「彼女ができない」と一口に言っても人それぞれ抱える問題点は違うのだろうと思いますが、共通する点だってあるだろうと思います。彼女を作るということの本質とは何なのか、なぜ彼女ができないのか。そういったところを深く考えてみたいと思ったのです。

2009-10-23

http://anond.hatelabo.jp/20091022141906

彼女の譲歩案は根底が「赤ちゃんNG。厳粛じゃなくなる。」というこだわりに貫かれており、いっぽう僕は、妻のその考え自体に引っかかっているので、譲歩の余地がないんです。

でもそもそも「式に赤ちゃんNG」っていうのは、割と常識的な最低限のマナーの範囲内だと思うよ。

そういう常識の範囲内の「式に赤ちゃんNG」ということを

家族を一部締め出してまで行う「厳粛な式」がナンボのもんじゃい!と思ってしまいます。

というように「家族の締め出し」と表現してしまう元増田は、他の増田も指摘してたけどかなり潔癖なこだわりの持ち主だね。

そういう常識の範囲内のことでも自分の潔癖なこだわりに反することは許容できなくなってしまうタイプの人は、結婚生活に向かないよ。

ただ僕がこの様な善悪基準を持っている事自体は、しかたないというか、自分ではどうしようもありません。

問題は、妻が、僕の善悪基準でみたら悪に属することを切望している。この時僕は妻の願いをかなえてあげらるのか、という事ですね。

それが今の僕にはできていません。

それを叶えてあげるのが、愛なんでしょうか。

なんだかよくわからなくなってきました

善悪基準は人それぞれ違うものだよ。

どんなに気の合う夫婦でもどんなに気の合う親子でもどんなに気の合う兄妹でもどんなに気の合う親友同士でも、全ての善悪基準が全くピッタリ一致するなんて、絶対に絶対に絶対にないよ。

だから、夫婦で善悪基準に齟齬が生じた場合、常識の範囲内の合理的な案はそれで良しとしないと。

そういう常識の範囲内の合理的な妥協すらもしたくない、自分の善悪基準は絶対に貫き通したい、と思うような人は、結婚生活には向かないよ。

愛とか以前の問題だよ。こんなに強固で潔癖なこだわりがある人は適正がないから結婚なんてするな。

2009-10-22

結婚式

僕には少し前に入籍を済ませた妻がいて、結婚式を計画している。

僕には妹がいて、彼女には1歳前後赤ちゃんがいる。

妹は僕の結婚をとても喜んでくれていて、旦那さんと赤ちゃんと3人で行くからね、式を楽しみにしているよ、と言ってくれた。

これに妻が難色を示している。

彼女の言い分:

ずっと、厳粛で静謐な式を挙げたいという夢があった。

赤ちゃんは突如泣き始めたりするので、それで式の厳粛で静謐な雰囲気が損なわれるのが耐えられない。

なので式の間だけは、ベビーシッターを雇って式場に待機してもらうので、シッターに預けてもらいたい。

もしくは、入り口付近とか、泣いたらすぐに出られる所に座ってもらいたい。

以上を、僕から(僕の)妹に伝えてもらえないだろうか。

もちろん披露宴は、お客様結婚を披露し我々がおもてなしする場なので、赤ちゃん含めゲスト全員に出席していただいて構わない。

ただ、神の前に誓いをたてる、一生に一度の式は、二人のためのものだと思っている。

だから私のこの希望を反映させてほしい。

(ちなみに妻は、赤ちゃん自体は好きだし、妹の赤ちゃんも可愛がってくれている。)

僕の言い分:

厳粛な式というコンセプト自体はわかるけど、

ゲストに釘を刺したり注文をつけたりするということはゲストを信用していないということだし、失礼だ。

来てくださったゲストを「あなたは出席OK、あなたは外にいて」と、主催者側が選別するのは傲慢だ。

傲慢な選別をした上で見かけ上「厳粛」な式を挙げて、何になるのか。

挙式中どこに座るか、赤ちゃんが泣いたらどうするかは、あくまでゲストを信頼してゲストに委ねるべきだ。

もし本当に泣いてしまって、(現実的には考えにくいが)妹がそれを放置する様なことがあれば、

当然式場の担当者に外に誘導してもらう。

それでさえも「厳粛な式が損なわれる」と考える様であれば、ついていけない。

式はクラシックコンサートでも高級レストランでもない。

二人の式にお祝いに駆けつけてくれているゲストを選別したり注文をつけるような事はできない。

歩み寄りの余地は無い。

(ちなみに僕は 1.二人だけで挙式、2.結婚式をやらない という代替案を出したけど、どちらも却下された。)

現状

ということで話は平行線です。

彼女は、「あなたは自分価値観を守ることばかり重要視して、私の気持ちを理解しようともしない、希望を叶えるにはどうすれば良いか考えてくれさえしない。」と言って失望している様子。

僕は僕で、彼女の考え方は傲慢で失礼だという思いから逃れられない。

で、対立が対立を呼び、ついには離婚視野に入ってきてしまっている状況。

お願い

小町あたりで書いたら僕が吊るし上げられるネタだと思うんだけど、ここの皆さんはこの対立をどう思われますか。

解決案、お叱り、励まし、なんでも結構です。

追記1

ちなみに、妻と僕の実家は、僕たち夫婦にまったく口出しをしてこないでいてくれる。

なので、家どうしの対立という要素は皆無で、あくまで妻と僕の間の対立です。

追記2

妹に、妻の希望を伝えるぐらいはしてもいいのではというご意見いただきましたが、

僕としては、お招きしたゲスト(妹)が、夫と子供を連れてくると(好意で)言っている以上、それを歓迎すべきだと考えました。

それに対して妻の希望を伝えるということは、赤ちゃんは連れてこないでねという暗黙のプレッシャーを掛けることになると思っています。

お招きするゲストにそういった「連れてくるなよオーラ」みたいなものを示唆することは、ホスト側として失礼で傲慢だと、どうしても思ってしまいます。

追記3

たくさんのTBありがとうございます。

嫁も「自分価値観を守ることばかり重要視して、夫の気持ちを理解しようともしない」ように見えるのだが。嫁が譲歩しているのはどの点だ。

妻は元々、式・披露宴共に赤ちゃんNGという意見でした。

しかし議論の末、披露宴は譲る、という事になりました。

また、式中は本当は外にいてほしいがそこは譲歩して、泣いたら出て行きやすい席に座ってもらうだけでもいい、

とにかく厳粛な式がやりたくて赤ちゃんが泣いたらぶち壊しになると思っている事を、妹に伝えてほしい、

あとは伝えられた側に任せる、というスタンスです。

で、結局僕が引っかかっているのは、妻が赤ちゃんを少しでもNGと思っていることそのものな気がしてきました。

  • 来てくれるひと、特に家族は、赤ちゃんだろうが急に叫び出しちゃうような人(いないですが)だろうが、誰でも歓迎したらいいじゃんか。
  • 赤ちゃんは泣いたら外に出てくれればいいじゃんか。そのくらいの常識は妹にもある。
  • めでたい席なんだから細かく目くじら立てて「あなたは入ってよし、あなたはNG。」とかやらずに、泣いても「キーッ」とかならずに、寛大に家族みんなに参加して祝ってもらったらいいじゃんか。

という僕の考え方が根底にあり、赤ちゃんNGというのが、凄く偏狭な考え方に思えてしまいます。

当然赤ちゃんが嫌いな他のゲストもいるとは思いますが、妹・その子供・夫については、友達とかではなく、僕の家族なんですよね。

だから、すみません家族は寛大に受けれてほしい、拒否しないでほしい、という思いがあります。

また、妹夫婦は非常に遠方に住んでおり年に一、ニ度会えるか会えないかで、相当な手間をかけて来てくれるので、こちらからの注文は極力つけたくない、という気持ちもあります。

なんつうか、この増田結婚式に出た事があるのだろうか。

それが疑問だ。

結婚式には何回も出席しました。

子供赤ちゃんがいる式も何度もあったし、泣き始めたら必ず母親がすぐ外に連れ出していたし、それで場の空気が悪くなるという場面も見たことがありません。

むしろ、神父さんが誓いの言葉を読んでいる時に赤ちゃんがフギャーとなって、皆がクスクス笑ってほほえましいムードにつつまれる、という様なシチュエーションしか経験したことが無いんですよね。

だから妻から参加NGと言われるまでは、式で赤ちゃんが泣いて眉をひそめるとか、そういう人がホントにいるの?という感じでした。

追記4

さらに多くのTBありがとうございます。

シッターに預けるよう妹に伝えても妹は失礼と思わないのでは?というご指摘をいくつかいただいてますが、その通りです。

妹は無理に赤ちゃんを連れてこようとしているわけではなく、僕が断ったり、式の時は外にいてと頼んだ場合は、その通りにしてくれます。

単純に、遠方で泊まりの旅になるので、置いていきにくいという理由と、兄である僕に赤ちゃんを見せたいという理由で、一緒に行くと言ってきた様です。

なお、僕自身にもし赤ちゃんがいたら、止むを得ない理由が無い限り、人の式には連れて行かないと思います。自分も大変ですしね。

この件は、妻が式への赤ちゃん参加をNGと考えている事自体を僕が認めることができない、という話だという気がします。

増田が譲歩したことはなんなの? 離婚視野に入ってるのは双方?

僕はこの件だけに限定すれば、譲歩はしていません。

彼女の譲歩案は根底が「赤ちゃんNG。厳粛じゃなくなる。」というこだわりに貫かれており、いっぽう僕は、妻のその考え自体に引っかかっているので、譲歩の余地がないんです。

かなりどうしたらいいのかわかりません。

また、離婚視野に入っているのは双方です。

この先、子供が生まれて、赤ん坊が泣くたびに「なんで、こんなにギャーギャー泣くのよ」ってヒステリー起こすの目に見えてるもの。暗い家庭になりそうだ。

僕も同じことを妻に指摘したんですが、赤ちゃんそのものが嫌なわけではないとのこと。

あくまでも、厳粛な式という夢があり、その理想を叶えたいがために大人だけで式を行いたいとのことです。

僕は、夢見た一生に一度の式だからといって、自分家族を、例え赤ちゃんでも、入場お断り扱いにする/もしくは泣いたらいなくなってとあらかじめ釘を刺す、ということができません。(泣いたら/泣きそうになったら出て行くのは当然だとは思います)

厳粛な式が夢だったことはわかるし、だからそれなりの会場を見つけた。

だからといって、家族(の一部)の出席を断るのはやりすぎなんじゃないかと思うんです。

家族を一部締め出してまで行う「厳粛な式」がナンボのもんじゃい!と思ってしまいます。

ちなみに今回、僕の妹の赤ちゃんの話なので僕の家族びいきに見えるかもしれませんが、彼女側の家族赤ちゃんが相手でも、僕は全く同じように感じ反応します。

本当に増田自分は何も間違ってないと信じてて譲る気もないなら追記3を奥さんに面と向かって言えばいい。

これまでに書いてきた話は、ほぼ全て妻には伝えました。

でも結局「なぜ私の夢を無視するの、ゲストのことばっかり言うの。」という話になってしまいます。

夢を無視してるんではなく、夢を実現するには、家族を式から締め出すという(僕にとっては)傲慢な事をやらないといけなくて、それがどうしてもできないんですが、話はまったくまとまりません。

追記5

予想以上に多くのTBをいただき、感謝です。

「神の前」「厳粛」ってんなら普段の信仰心はどうなの? 日曜に教会行ってるとか、そういうところまで含めてつっこんでみたら?

あと神は子供を閉め出すようなことを喜ばないと思うよ、地獄へ行くと思うよ、とかさ。

善/悪 で考えると 子供受け入れ/子供閉め出し だもんな。

これがまさに僕がとらわれている考え方だと思います。

子供閉め出し=悪。で、この悪を行いながら、神に誓いをたてるとか、はりぼての誓いじゃんか。そんなうそ臭い茶番絶対できるかー。。てな風に考えています。(ちなみに二人とも特定の信仰はありません)

自分の善悪基準を人に押し付けようとしている(正確に言えば、自分の善悪基準のために、人の要望を聞き入れられない)わけだから、僕の方が傲慢じゃないかというご意見は、確かにごもっともだと思います。

ただ僕がこの様な善悪基準を持っている事自体は、しかたないというか、自分ではどうしようもありません。

問題は、妻が、僕の善悪基準でみたら悪に属することを切望している。この時僕は妻の願いをかなえてあげらるのか、という事ですね。

それが今の僕にはできていません。

それを叶えてあげるのが、愛なんでしょうか。

なんだかよくわからなくなってきました

追記6

たくさんのTBコメントにびっくりしてます。ありがとうございます。

一点補足です。

上で、神が。。とか地獄が。。とかという話を書いたので、少し誤解を招いた部分があるかもなんですが、

僕自身は、神とか地獄とかいうことを考えているわけではないし、宗教的な素養や意識は、全くないです。

式はキリスト教式でも神前式でも人前式でもなんでもいい、とにかく真剣にこれから一生一緒にいるために宣誓するわけです。

その場を嘘くさいものにしたくないという気持ちが強いんだと思います。

(あくまで僕の価値感ですが、)「子供締め出し=悪いこと」であって、そういう悪いことを裏でやりながら、真面目な顔して「誓います」とか言うのがどうしても、嘘くせー、ウケるわその茶番、あほか、という風に感じられてしまう。

映画アンタッチャブル」に、デ・ニーロ演じるアル・カポネが、人を暗殺しながら、同時にオペラを感動して泣きながら観てる場面があるんだけど、それと同じような「なんだそれ感」というか。。

そういう「嘘くさい」事を「厳粛」と認識し積極的に望む妻に、がっかりしてしまっていました。期待と現実のギャップへの失望。

客観的には、潔癖すぎ、頑なすぎだし、自分価値観を妻に押し付けるな、というご意見も、ごもっともだと思います。

ただ、こういう式を「嘘くせー」と感る自分価値観自体は、これまでの人生で身についてしまっているもので、どうにもならない。

要は

・「嘘くせー茶番」とどこかで感じながらも、「でも妻が幸せならいいや」と思って妻の譲歩案を飲めるかどうか

・かつ、自分が「嘘くせー茶番」と感じるものを「厳粛で静謐」と感じる価値観の妻を、僕が受け入れられるかどうか

だと思います。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん