「ゆふ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゆふとは

2020-05-11

anond:20200510184604

ゆふぐれにマスク女の近づきて我れ見目よきやと子らに問ひけり

口裂け女?!

2020-05-10

暇にあかせてコロナ短歌十九首(説明付き)

さつき立つ世に戯れ歌を上げ潮の苛つこゝろをかき混ぜてみむ

5月に入っても殺気立っているおまいらにざれ歌を献上して、苛立ちが高まっている気持ちをかき混ぜてみるよ)

JKの寄する口唇押しとゞむコロナの春は悩ましきかな

(迫ってくるJKを押しとどめてしまう、悩ましい今日この頃だなあ)

熱あれど思ひ焦がれの果てなれば検査我が身を陰となすらむ

(熱といっても貴方への思いをつのらせての熱なので、PCR検査を受けても陰性と判定されることでしょう)

やすくとも恋路けはしき岩手山おそれうすきになど逢はれざる

(ここ岩手安全ですが、私の恋は難航しています感染のおそれは小さいのに、どうして会えないのですか)

日暮れ時増さるを告ぐる数ほどに君がこゝろのおぼつかなきや

毎日夕方発表される感染者の増加数と同じくらい、貴方の心が気がかりです)

人知れずまなざし交はす昂りのなき勤めこそわびしかるなれ

オフィスラブのスリルが味わえないテレワークなんてつまらん)

けふもまた募る思ひを告げられず誘はむ店の皆閉じたれば

今日告白出来なかった…まあ誘える店みんな閉まってるしな)

武蔵野を見晴らす棲み処あとにして今は浅間のいたゞきをあふぐ

都心のタワマン上層階に住んでるんだけど、今は疎開先の軽井沢暮らしているよ)

ぬかりたり疎開なす身と見破らるジャージ上下に身を固めし

しまった、バレた、地元民らしく装ったのに)

引き籠り人のかほ見ずはや十とせ世の人我をかゞみとなす

(在宅勤務だとかソーシャルディスタンスとかそんなチャチなもんじゃ断じてねえ)

十一

ぼつち席なじみて閑けき身の上もいまこの時に備へしぞかし

最初から準備してたんだからな!)

十二

新聞話題となして久しきに止まぬ流行りぞはて訝しき

流行なんて新聞が取り上げる頃には下火になってるものなのに、この流行がまだ収束しないのはなんで?)

十三

そここゝで悲鳴上ぐると連日のニュース見出しは化け屋敷かも

(「○○業界悲鳴」みたいな見出し連続お化け屋敷状態

十四

ゆふぐれにマスク女の近づきて我れ見目よきやと子らに問ひけり

(…)

十五

おもてうら逆なりしかと爺さんが笑ひてマスク裏返し付く

(そのまんま)

十六

甘海老は病ひ防ぐとドヤ顔園児が言ひて祖母のうなづく

(そのまんま)

十七

流行に緩むきざしのあるとてもなほ注意な怠りそとぞ

(「感染拡大の勢いに低下の傾向が見られますが、まだまだ注意が必要です」ってテレビで言ってたよ)

十八

青き鳥在りてふ我が家にとゞまりてこぼるゝ羽のかけらを探す

青い鳥が結局そこにいたという自宅で、これからのことを考えています

十九

ひとりゆく道に射す陽のやはらぎはこともなき世の春に変はら

(実感)

2020-01-24

あいなし:つまらない

・あからさまなり:(時間的に)ちょっと

・あそび:管弦の演奏

・あたらし:おしい

・あぢきなし:つまらない

あながちなり:強引だ

あやし身分が低い

・あやなし:わけがからない

・あらまし:予定・計画

・あらまほし:理想的

・ありがたし:めったにない

・ありく:移動する

・ありつる:さっきの

・いぎたなし:寝坊

・いそぎ:準備

・いたし:(連用形で)とても

・いたづらなり:役に立たない

・いつしか:早く

・いと:とても

・いときなし:幼い

・いとど:いっそう

・いとほし:かわいそうだ

・いまめかし:現代風だ

・いみじ:(連用形で)とても

・うし:へこむ、つらい

・うしろめたし:気がかりだ

・うしろやすし:安心

・うちつけなり:突然だ

うつくし:かわいらしい

うつつ:現実

おこたる:病気が良くなる

・おどろく:はっと気づく

・おのづからたまたま

・おほかた〜ない:全然〜ない

・おぼつかなし:気がかりだ

おもしろし:(景色などが)美しくて心ひかれる

・かげ:光

かしこし:恐れ多い

・かしづく:大切に育てる

・かたはらいたし:気の毒だ

・かたち:容貌、見た目

・かたみに:お互いに

・かなし:かわいい

・かまへて:気をつけて

・きこゆ:評判になる

・きよらなり:最高に美しい

・くちをし:後悔している

・くやし:残念だ

・けしからず:奇怪な、異様な

・けしき:様子

・けはひ:(聞いたり、嗅いだりした)雰囲気・様子

・こうず:疲れる

・ここら:たくさん

こころにくし:奥ゆかしい

こころもとなし:待ち遠しい

こちたし:大げさだ

・ことごとし:大げさだ

・さうざうし:もの寂しい

・ざえ:学問の才能

・さかし:賢い

・さがなし:意地悪だ

・さすがに:そうは言ってもやはり

さながら:そのまま

・さる:そんな、そのような

・しのぶ:我慢する

・しる:(国を)治める

・すさまじ:興ざめだ

・すずろなり:あてもなく

・すなはち:すぐに

・せうそこ:手紙

・せちなり:切実だ

・せめて:無理に

・そこばく:たくさん

・そのかみ:その時、当時

・そらごと:嘘

・たてまつる:差し上げる

・たのむ:あてにする

・たまはる:いただく

・ついたち:月の初め、月の上旬

・ついで:順序

・つかはす:(人を)おやりになる

・つきづきし:似つかわしい

・つごもり:月の最終日、月の下旬

・つとめて:早朝、翌朝

・つれづれなり:退屈だ、もの寂しい

・つれなし:平気だ、冷淡だ

・ところせし:きゅうくつな

・とし:早い

・としごろ:長年

・とぶらふ:お見舞いする

・なかなか:かえって

10

・ながむ:物思いにふける

・なでふ:なんという

・なつかし:好ましい

・なまめかし:若々しくて美しい

・なめげなり:失礼だ

・なやむ:病気になる

・ならふ:慣れる

・にほふ:美しく輝く

ねんごろなり:熱心

・ねんず:我慢する

11

・のたまふ:おっしゃる

ののしる:大騒ぎする

・はかなし:頼りにならない

・はしたなし:中途半端

・はづかし:素晴らしい

ひねもす:一日中

・ひま:すき間

・びんなし:都合が悪い

・ふみ:手紙

・ほいなし:不本意だ、残念だ

12

・まさなし:みっともない

・まだし:まだ早い

・まねぶ:まねする

・まめなり:真面目だ

まもる:見守る

まらうと:客

みそかなり:密かに

・むくつけし:気持ちが悪い

・むげなり:最悪だ

・むつかし:不快

13

めざまし:気に食わない

・めす:お呼びになる

・めづ:ほめる、愛する

・めづらし:すばらしい

・めでたし:すばらしい

・めやすし:見た感じがいい、見苦しくない

・もとより:以前から

・やうやう:だんだん

・やがて:すぐに

・やさし:優美

14

やすらう:ためらう

・やつる:質素になる、みすぼらしくなる

・やむごとなし:高貴な

・やをら:ゆっくり

・ゆかし:見たい、知りたい

・ゆくすゑ:将来

・ゆくりなし:突然だ

ゆふされば:夕方になると

・ゆめゆめ:絶対〜するな

・ゆゆし:不吉だ

15

・ゆゑ:由緒、風情

・よし:方法

・よしなしごと:つまらないこと

・よもすがら:一晩中

・よろし:悪くない

・らうがはし:乱雑だ

・らうたし:かわいい

・らうらうじ:洗練された

れいならず:病気になる

れいの:いつものように、いつもの

16

・わざと:わざわざ

・わたる:行く、来る

・わづらふ:思い悩む

・わぶ:なげく、困る

・わろし:よくない

・ゐる(率る):連れる

をかし:すてきだ

・をこなり:バカ

・をさをさし:しっかりしている

・をりふし:ちょうどその時

2017-08-25

私は大人気ないのだろうか

いや……実際、大人気ないのかもしれない。しかし、私は黙っていられなかったのだ。

遅くまでの仕事を終え、深夜のスーパーで買い物。ふと目に入ったのが、生さんまが二尾入ったパックだった。さんまと言えば佐藤春夫の『秋刀魚の歌』。

あはれ
秋風よ
情〔こころ〕あらば伝へてよ
――男ありて
今日の夕餉〔ゆふげ〕に ひとり
さんまを食〔くら〕ひて
思ひにふける と。

さんまさんま
そが上に青き蜜柑の酸〔す〕をしたたらせて
さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
そのならひをあやしみてなつかしみて女は
いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。
あはれ、人に捨てられんとする人妻
妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
愛うすき父を持ちし女の児〔こ〕は
小さき箸〔はし〕をあやつりなやみつつ
父ならぬ男にさんまの腸〔はら〕をくれむと言ふにあらずや。

あはれ
秋風よ
汝〔なれ〕こそは見つらめ
世のつねならぬかの団欒〔まどゐ〕を。
いか
秋風よ
いとせめて
証〔あかし〕せよ かの一ときの団欒ゆめに非〔あら〕ずと。

あはれ
秋風よ
情あらば伝へてよ、
夫を失はざりし妻と
父を失はざりし幼児〔おさなご〕とに伝へてよ
――男ありて
今日の夕餉に ひとり
さんまを食ひて
涙をながす と。

さんまさんま
さんまいか塩つぱいか
そが上に熱き涙をしたたらせて
さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
あはれ
げにそは問はまほしくをかし

さんまいか塩つぱいか……と呟きながら、私はそれを籠に入れた。帰宅して、塩焼の腸の苦味を味わう、その楽しさで頭が一杯になっていたのだ。

帰宅して、妻に買い物袋を渡し、私は溜めてしまっていた自分洗濯物(我が家では自分洗濯物は自分で洗うことになっている)を洗濯機に放り込んでいた。この手の食材は、普段自分料理するのだけど、今日は疲労も手伝って、ついつい妻に任せた。これがいけなかったのだ。

手が空いて、台所のガスグリルを覗いてみると、腹のところが不自然に身が割れている。あれ、こんなに鮮度が悪かったのかな……と、それ以外のことは何も考えなかった。それを皿に載せて妻が持ってきて、遅い夕食を食べようと、ふと皿の上の秋刀魚を見て、私は驚愕した。腹の中が空洞になっている!

「……これ、腸、取ったのか?」

「取ったよ」

わず大声が出てしまった。

「はぁ?何考えてるんだ!佐藤春夫の『秋刀魚の歌』も知らないのか?『さんまいか塩つぱいか』だろう?何てことをしてくれるんだ!」

最初は「は?何言ってるの?」と笑っていた妻も、私の落胆した顔を見て、自分のしたことの意味をようやく悟ったらしい。二、三度「ごめんなさい」と言ったが、それに私は返事もしなかった。いや、できなかったのだ。あの腸の苦味に、一日の疲れを癒そうと思っていた、その糸を、笑い顔でぶつりと切られてしまったその哀しみに……

無言の食卓が終わり、妻はトイレに籠ってべそをかいている。私はと言えば、ただただ疲労感に浸って、声も出ずにげんなりしていた。庶民ささやかな楽しみだったんだけど…

こんな私は傲慢なのだろうか?理不尽なのだろうか?私が悪いのだろうか?どうすれば、妻にこの哀しみを理解してもらえるのだろうか。

【後記】ちなみにこれは文学的試行かいものではなく、ただただ頭から尻尾まで実話です。つい2時間程前にあったことをそのまま書いただけ。

2017-04-24

春はあげぽよ

春はあげぽよ

やうやうしるくなりゆくやまきは

むらさきたちたるくものほそくあげぽよ

夏もあげぽよ

きのころはさらなり

やみもなほ

ほたるのおほくとびちがひたる。

また、ただひとつふたつなど、ほのかにうちひかりてゆくもあげぽよ

あめなどふるもあげぽよ

秋はあげぽよ

ゆふひのさしてやまのはいとちかうなりたるに、からすのねどこへゆくとて、みつよつ、ふたつみつなどとびいそぐさへあげぽよ

まいてかりなどのつらねたるが、いとちひさくみゆるは、あげぽよ

ひいりはてて、かぜのね、むしのねなど、はたいふべきにあらず。

冬もあげぽよ

ゆきのふりたるはいふべきにもあらず、しものいとしるきも、またさらでもいとさぶきに、ひなどいそぎおこして、すみもてわたるも、いとつきづきし。

ひるになりて、ぬるくゆるびもていけば、ひおけのひも、しろきはひがちになりてさげぽよ。

2016-04-24

春はあげぽよ

春はあげぽよ

やうやうしるくなりゆくやまきは

むらさきたちたるくものほそくあげぽよ

夏もあげぽよ

きのころはさらなり

やみもなほ

ほたるのおほくとびちがひたる。

また、ただひとつふたつなど、ほのかにうちひかりてゆくもあげぽよ

あめなどふるもあげぽよ

秋はあげぽよ

ゆふひのさしてやまのはいとちかうなりたるに、からすのねどこへゆくとて、みつよつ、ふたつみつなどとびいそぐさへあげぽよ

まいてかりなどのつらねたるが、いとちひさくみゆるは、あげぽよ

ひいりはてて、かぜのね、むしのねなど、はたいふべきにあらず。

冬もあげぽよ

ゆきのふりたるはいふべきにもあらず、しものいとしるきも、またさらでもいとさぶきに、ひなどいそぎおこして、すみもてわたるも、いとあげぽよ

ひるになりて、ぬるくゆるびもていけば、ひおけのひも、しろきはひがちになりてさげぽよ。

2016-03-20

小倉百人一首

ちはやふるに感化されたの巻.

覚える順に書く.

上の句の先頭一文字が「むすめふさほせ」のものは1句ずつしか存在しないそうで.

むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆふぐれ

(村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ)

にわか雨のしずくがまだ乾かずにとどまって輝いている針葉樹(杉や檜)の葉に、霧が谷間から涌き上がってくる秋の夕暮れの光景よ。

寂蓮法師

すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

(住の江の 岸による波 夜さへや 夢の通ひ路 人目よくらむ)

住之江の岸に寄せる波の「寄る」という言葉ではないけれど、夜でさえ、夢の中で私のもとへ通う道でさえ、どうしてあなたはこんなに人目を避けて出てきてくれないのでしょうか。

藤原敏行朝臣

めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかな

(めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半(よは)の月かな)

せっかく久しぶりに逢えたのに、それが貴女だと分かるかどうかのわずかな間にあわただしく帰ってしまわれた。まるで雲間にさっと隠れてしまう夜半の月のように。

紫式部

ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ

(吹くからに 秋の草木(くさき)の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ)

から秋風が吹くと、たちまち秋の草木がしおれはじめる。なるほど、だから山風のことを「嵐(荒らし)」と言うのだなあ

文屋康秀

さびしさに やどをたちいでて ながむれば いづこもおなじ あきのゆふぐれ

(寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば いづこも同じ 秋の夕暮れ)

まりにも寂しさがつのるので、庵から出て辺りを見渡してみると、どこも同じように寂しい、秋の夕暮れがひろがっていた

良暹法師

ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる

(ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明(ありあけ)の 月ぞ残れる)

ホトトギスが鳴いた方を眺めやれば、ホトトギスの姿は見えず、ただ明け方の月が淡く空に残っているばかりだった。

後徳大寺左大臣

せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ

(瀬を早み 岩にせかるる 滝川(たきがは)の われても末に 逢はむとぞ思ふ)

川の瀬の流れが速く、岩にせき止められた急流が2つに分かれる。しかしまた1つになるように、愛しいあの人と今は分かれても、いつかはきっと再会しようと思っている。

崇徳院

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん