「ないちゃー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ないちゃーとは

2019-10-03

沖縄の人って

沖縄観光に来てるんだけど

沖縄の人って、内地(本土)の人のことを、

ないちゃー

て呼ぶらしいね

知らなかった。

何かかっこいいね

2018-06-25

anond:20180625095534

31年間沖縄に住んでて基地反対派に遭遇した事がない、と言うのは相当珍しいが…

年寄りには絶対いるだろ

親がないちゃー移民系とか?

anond:20180625094333

沖縄住んだ事あるし、増田よりは深く関わってるので

どうせ転勤かなんかで数年いた程度だろ?

沖縄の人は、なかなかないちゃーには本音話してくれないよ。

同僚レベルの人が相手なら尚更。

大して仲良くもない相手とする話題として政治が避けられがちなのは内地と同じだし、

沖縄政治問題はどうせないちゃーには理解出来ない、と言う諦めもあるし。

所詮よそ者からね。

2017-02-07

のりこえねっと 辛淑玉(シンスゴ)氏の講演発言書き起こし

ないちゃー作戦!全員集合!!

ソース動画 https://www.youtube.com/watch?v=xFoNoGtJq1E

開催:2016年9月9日

会場:連合会館 2階 大会議室

主催:のりこえねっと

特派員派遣

高江の実態体感し、日本中に発信してくれる私たち市民特派員を以下のような条件で募集します。

・往復の飛行機代相当の5万円を支給します。

・高江到着後、TwitterFacebookなどのSNS、またはツイキャスでの発信をお願いします。

・1,000字程度の報告をお願いします。報告はTwitterFacebook などに掲載させて頂きます

該当部分(ソース動画 44分28から https://youtu.be/xFoNoGtJq1E?t=44m28s

https://twitter.com/surumegesogeso/status/827085153751048192

以下、書き起こし

やんばるの森もいいよ
でもね、あそこに置かれているのは戦争の道具ですよ。
戦争世界最大の環境破壊である。
人を殺すことなのね。
だからそれをなんとかして止めていきたいと思います。

で、その中でカウンターやってたメンバー東京からいってくれた、私は誇りですよ。
ここでいて、あっ沖縄に対してやっていることは差別なんだな、ってことを
多くの人がこの何年間の間に学んだのね。

そして学んで、で、殆どみんな金が無い。
どうやって生きているかからない
でも、何とか生きているというですね。
それを信じてですね、

あたしなんか昔の大本営と一緒です、
送ったらそのまんま知らん顔というね、
で後は勝手にお前はそこで頑張って生きてこいみたいですかね

いいんです、それ日本の文化ですから
私達もやりましょう(聴衆笑い)

ね、向こうもそれでやっているんだったら、うちもやるしかないだろうていう、
こっちはなんかキレイに美しく「補給なんかしましょう」なんてね

補給なんかない!向こう行って食ってこい!
向こう行ってなにしろやってこい!

とかいって、それで頑張って撮ってきた写真は、
これから実は(島崎)ろでぃーさんは沢山の写真を撮る機会を逸しました。
何故ならば現場の人が足りないからです。

現場で彼ら二人が二十何台も(車を)止めた
それでも一日止められるのは15分。

でも、
あと三人行ったら16分止められるのかもしれないのです、
もう一人行ったら20分止められるのかもしれないのです、
だから送りたいんです!

で、そして、私たちは、私もねはっきりいいます、
これから一生懸命稼ぎます!

何故ならば私もう体力がない

あとは若い子に死んでもらう!
ね、いいですか?
「若い子にはお国のために頑張ってもらう」というのは
稲田朋美防衛庁長官)も言っているわけですから(聴衆笑い)
稲田が言うならわたしもいおうじゃない!かと

で、それから爺さん婆さんたちはですね、
向こうに行ったら、ただ座ってとまって
何かしら嫌がらせをしてみんな捕まってください!

でね、70以上がみんな捕まったら、そしたらもう刑務所入れませんから
若い子は次頑張ってくれますので

ですから、なにしろ山城博治はもうボロボロです
申し訳ないですけど、山城博治にいいました

病気死ぬそれから
米兵に殺されるな
日本警察に殺されるな
お前が死ぬときは私が殺してやるから
言ってますからから彼(山城博治)はあそこに今いるだけでいい

2016-03-15

沖縄保育園事情はちょい特殊なんですよ

http://anond.hatelabo.jp/20160314222811

http://b.hatena.ne.jp/zions/20160315#bookmark-282046890

子持ちや待機児童東京金持ち問題だと勘違いしてる人が多いが、平均年収全国最低の沖縄出生率全国最高で、待機児童数は全国2位。人口比を考慮すると、東京より酷い。

ってブコメがあるけど、沖縄特殊から米軍統治時代の名残が残ってるんだよ。

沖縄幼稚園公立デフォ私立は数も少なく教育熱心な金持ちが行く所という認識で、親のないちゃー(県外出身者)率が高い)。

公立幼稚園公立小学校敷地内にあり、学校行事等は小学校と合同でやる事も多い。

んで公立一年保育が長年デフォだった(今は二年保育する所も増えてるけど)。

そしてこの公立幼稚園一年保育ってのは大多数(8割以上)の子供が通う。幼稚園側も二年保育は抽選だが、一年保育は希望者全員受け入れという所が多い。

まりアメリカのKindergardenと同じ。

親が共働き保育園児ですら、大多数が5歳の春(所謂年長)になると保育園辞めて公立幼稚園に行く。

その為年中までしか無かったり、年長は公立幼稚園が終わった後の学童保育学童じゃねーだろと思うがそう呼ばれている)のみ、と言う保育園も多い。

そうなると昔は保育園に入れないと子供一年保育しか受けられないし、今でも二年保育の抽選落ちたらそうなるわけで。

でも5歳までずっと自宅保育は流石に親もキツいし子供教育考えてもどこかに預けたい、となる。

なのでそれ以前に保育園に入れたがる家庭が大多数。

沖縄では保育園=働いている親が入れる所、ではなく幼稚園に入れる前に通わせる所、と言う認識なんだよね。

母親専業主婦でもどこから就労証明調達して(自営の親戚の所で働いている事にするなど)認可保育園に入れる人も多いし、認可外保育園に入れる人もいる。

認可外と言うと、一般的には「ビルの一室使ってやってる狭くて設備悪い少人数制の保育園」なイメージだろうけど

沖縄には傍から見たら幼稚園や認可保育園区別がつかないような広い園舎園庭を持つ、大規模で立派な認可外保育園も多い。

でも認可外入れてても認可の方が安いから、認可に移りたがる人が多いので待機児童が多い。

ちなみに沖縄保育園の充足率(保育園の定員/子供の数)も日本一

でも上記の理由保育園に入れたがる人が他地域よりはるかに多いからそれでも足りないだけ。

恐らく3年制の公立幼稚園を十分に充実させれば保育園需要は多少は下がるだろうけど

長年そういう制度ではなかったので今更そこを変えるのも難しいんだろう。

追記

なんかホッテントリに入っていて驚いた。

よく分かんないと書かれてるけど自分で読み返しても分かりにくい。すまん。朝に勢いで書いたんで。

言いたかったのは「沖縄保育園待機児童がやたら多いのは、米軍統治時代の名残で幼稚園=5歳児の一年だけという風潮があり

幼稚園の3,4歳児の定員が少ない為に、本来幼稚園で十分なはずの家庭の子も4歳以下で保育園に入る事が多いから」で、

巷で予想されるような「貧しい家庭が多く共働きしたがる親が多いから」というだけではない、って話。

つか沖縄共働き率はそう高くなかったはず。仕事が無いのもあるけど。

あと誤解されたかもしれないけど、沖縄にも勿論「認可外は高くて入れないから認可に入りたいけど入れない」待機児童ってのも多いよ。

東京激戦区なんかでよく聞く「裕福な共働き家庭が安い認可に入れられて、貧しい共働き家庭が高い認可外しか選択肢がない問題」だけではなく

「裕福な専業主婦家庭が安い認可に不正入所していて、貧しい共働き家庭が以下同文」と言う構図もある分、ある意味もっと酷いかも。

2015-07-23

http://anond.hatelabo.jp/20150723095910

元増田と思われるけど(ついでに途中から入って来たネトウヨ増田とは別人っぽいが。ネトウヨは逃げた?)

お前さっきから沖縄県民と書いてはいても沖縄人とは書いてないねないちゃー

2011-09-02

沖縄日本ではない

母親沖縄人で父親が内地人。

私自身は本土でずっと生まれ育ち、5年に1度くらいの頻度で母と帰省する。

今年も帰った。

やっぱりここは日本ではない、日本の一部とするにはもったいない、と帰るたびに思う。

言葉食べ物自然信仰も思想も建築様式も芸術も町並みも何もかも日本とは違うのだ。

中国に近いけど中国とも違う。


実家首里城のすぐ近くにある。

母親守礼門に隣接する小学校に通った。

首里城とそれを囲む城壁を何度見ても紫禁城万里の長城に重なる。

赤を基調とするカラフルな配色、豪華絢爛な装飾。

町中あちこちに祭られるシーサーや石敢当は言わずもがな、龍を祭る風習も中国に似ている。

赤塗りの瓦屋根、通路を囲む石垣、路面を覆う石畳も、中国的であり日本的でもあり、両方が合わさって「沖縄らしさ」をかもし出している。

言葉は確かに日本語の一種であり転訛したものだが、日本語との対応関係がわからない語や中国語の残滓らしきものをよく発見する。

食べるものも、豚のあちこちの部位やらヤギ肉やら苦瓜やらピーナッツ味噌汁やらヤドカリやらハブ酒やらグアバやら、

もはや日本料理に分類していいものではない。



沖縄の人は内地人をそれと見分けられる。私もすぐにないちゃーだとばれる。

雰囲気だけでもなんとなくわかるようだし、しゃべったらほぼ確実に見分けられる。

姓を教えれば決定的に判別できる。

沖縄の人は本土姓と沖縄姓を正確に区別できる。

本土から沖縄に移住して3年滞在している友人の通称は「大城」だ。

現地人を装いたいためというが、この沖縄姓を名乗っていても本土人とばれるという。

顔が薄っぺらいからかななどと言っていたが、風格や匂いでわかるものがあるのだろう。

本土のことを「大和ヤマト)」とも言う。



やっぱりここは違う国だ。

比喩的な言い方だが、通っている血が違うのだ。


現在沖縄人で自分日本人ではない、日本から独立したいと考えている人は皆無に等しい。

独立して自分たちだけで琉球国家を運営する能力がないことに関する説明は、あまり自明なのでここでは割愛する。

母親沖縄日本ではないと言ったら怒る。

多分これが標準的な沖縄人の反応だろう。

国民国家」という枠組みに押し込められて成長してきた結果、

明らかに違う属性を持つにもかかわらず、「日本人」としてのアイデンティティけが過剰に発達して、

本来の在り様との間に乖離が生じて、アンバランス立ち位置になっているように思う。



母は、親族東京でたまに食事をしたり東京にいる兄弟に贈り物をするときは、沖縄料理を選ぶ。

本人は「あえて沖縄料理にしよう」と意識していない。

自然と選んでいるのだ。

親族と話すとき自動的に沖縄弁に切り替わる。

また冒頭で「沖縄に帰る」と言ったが、母がいつもそう言うのでいつしか私も、

住んだこともないのに、「帰る」というようになった。

これもまた母は意識せずそう言っている。

帰省して祖母としか会わないこともあるが、

沖縄という土地自体が「家族のいる場所=帰るべき場所」と認識しているようだ。

意識せず自然体で現れるからこそ、自分の拠り所、ルーツなんだろうなあと母を見ていて思う。


国家」という枠組みで個人のアイデンティティを規定することには、本当はいろいろな不都合がある。

母親らにとっての拠り所は「日本」よりももっと狭い、空気のような存在であり意識する必要すらない「沖縄」なのだ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん