「おしどり夫婦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: おしどり夫婦とは

2019-09-30

anond:20190930114647

城島メンバーと対比するなら女の方が金持ち芸能人、って前提になる

ルミ子と賢也みたいな感じ?あれはおしどり夫婦キャラやってたけど結局離婚したけどな

更に年齢差が倍近くて、出来婚になるわけで

女の方が若い男捕まえたくて妊娠した感満載でかなり気持ち悪いし

女の人気はがた落ちだろうな

2017-12-13

藤吉久美子不倫

おしどり夫婦で有名だよね。たぶん不倫を隠し通して、旦那さんと表面上はうまくやっていただろうに。週刊誌にすっぱ抜かれるなんて可哀想だ。

ぶっちゃけ結構割合で世の中不倫してるよね。誰にも話すことができない不道徳を、生きていたら一つや二つ経験する。

いつまでたっても男(女)は捨てられないもんだ。まして顔が整った芸能人ならそういう機会が山ほどある。正義感が相当強くないと、無理無理。不倫ちゃうよ、そりゃあ。理性なんて本能に比べたらちっぽけなものだ。

こんなゴシップが報じられるたびに、有名人夫婦ってかわいそうだなあと思う。有名だからこそ身辺はしっかりしないといけないんだろうけど、週刊誌非情が際だっている。

2017-07-25

どこまで許される?

女子大生不倫した件が話題になっている。

増田不倫は無い。

しかし今の奥さんとは交際から結婚を経て一年間は夜の生活があったが、

あとの10年間は全くない。

でも、仲は良いと思う。世間からおしどり夫婦だと思われていると思う。

しかし、奥さんを女としては見てない。

隠れて、あるK-popグループファンだ。

コンサートにも行ったことがある。

奥さんには全くバレていないと思う。

奥さんは毎夜寝る前にお風呂に入って裸でうろつくが欲情する事は全くない。

これって普通なのか?

2017-07-04

https://anond.hatelabo.jp/20170704163355

夫婦で同じ職場にいるパターン(いずれも40代)を2組観たけど、

特にのろけなくても旦那さんは妻の事めちゃくちゃ可愛いんだろうなーっていうのがわかって

そういうのって凄くいいなーとなごむものだけれどね

おしどり夫婦というもの実在を信じれない人たちなのだろうね

2017-05-22

別れた彼女の夫が幸せそうで憎い

7年つきあった彼女33歳になった時、結婚するか別れるかしてくれ、と言われて別れたことがある。

当時、俺は29歳で彼女とは正直惰性でつきあっていただけだった。もっと若くてかわいい子と出会ったらすぐさま乗り換えようとしていたぐらいで、彼女のことはどこか下に見てたような気がする。年収地位彼女のほうが上だったが、彼女から言われてつきあっていたし、彼女容姿はいいほうではなかったし、三十路を過ぎた女ということで、俺はかなり横柄な付き合い方をしていた。我ながらサイテーだ。

別れ話になった時も、気軽にセックスできなくなるなー、まあもめずに別れられてラッキーか、なんて思っていた。そもそもATMになるのはゴメンだし、結婚なんて自由がなくなるだけと思っていたから。

で、その彼女だが、別れた1年後くらいに結婚したと知った。

実は彼女とある業界ではそれなりに名前が通っていて(Wikipediaに項目があるくらい)、その相手もまたその業界彼女よりも有名人だったから、ビッグカップルとか言われて界隈では結構話題になったのだ。

以降、彼女の夫はことあるごとに結婚生活は素晴らしい嫁は素晴らしいという発言ネット上で繰り返し、すっかりおしどり夫婦として定着している。俺は同じ業界ではないが、隣の業界くらいではあるので嫌でも目に入る。彼女の夫は言うのだ。嫁は料理が上手くて、穏やかに話し合いができて、子供にもめぐまれ、大変ではあるが助け合って幸せに生きていると。

からサイテーなことを言う。サイテーであるのは分かっているが、それを目にするたびに「その女は俺と結婚したがってたんだぞ」という気持ちが湧いて仕方ない。後悔してるのかもしれない。こちとらは彼女と別れて5年、若くてかわいい子とは出会えていない。一瞬つきあった子もいたけれど、やはり彼女ほど1を言えば10通じるような関係にはなれなかった。

彼女の夫がいま手にしている幸せ生活は俺のものだった。こんなことを思ってはいけないのだろうけれど憎い。そんな気持ちを止められない。

このままだと彼女に会いにいってしまいそうだ。

2016-07-02

http://anond.hatelabo.jp/20160702033952

精神科医の出す薬っていうのは風邪薬みたいなもんです。抗生物質ではありません

熱が出て苦しいので薬を飲んで楽になってもウイルス死ぬまでは治りません

脳を検査して血を抜いても、状態がわかるだけで原因なんてわかりませんし

あなた人生にそこまで深入りしてない医者は原因がわかっても助けようがありません

医者は家庭の問題解決してくれないし、積もった仕事もかわりにやったりしてくれません

精神科医が出す薬の効果は「多幸感を持たすか」「脳を一時停止させる」ぐらいのものです

仮に親が毎日喧嘩して病んでるというのなら、飲んでしばらく考えるのをやめてるうちに

仲直りしておしどり夫婦になってくれればやめて幸せですが、離婚やら死ぬまで夫婦喧嘩というなら

一生飲んでやりすごすしか無いでしょう。あまりに長いと臓器を痛めます

楽になりたいなら、薬飲んで現実がボヤけてるうちに問題を全部片付けるか

そのまま逃げ出すかして自己回復を待つか程度しかありません

個人的には逃げるのがおすすめです。まぁ元の生活は滅多に戻ってこないけどまぁまぁ楽しく生きてるんで

ついでに言うとよく車を使う仕事をしているならさっさと休みましょう。薬を飲んでいる間は

軽く酒を飲んでるかそれ以上に判断能力が鈍るので他人人生を奪いかねません

原付だったので大したことありませんでしたが、数人轢きかけました。気をつけましょう

2015-12-05

離婚直後の人に元配偶者話題をふってしまった

 なにかといつも面倒を見てもらっている目上の男性と、つもる話もあり久しぶりにサシ飲みをした。

世間話のつもりで何気なく「奥さんはお元気ですか?」と聞いたら、「ああ、実は離婚したんだ」と返ってきた。彼の声色はいたって平静だった。まるで今日の日付でも聞かれたかのような。

 おしどり夫婦で有名な方々だったので、私は唖然としてしまった。地雷原を歩いていたことに無自覚だった。

 数秒間の間ののちようやく「すすすみません!その、知らなくて」と言うのが、そのときの私には精一杯だった。そうしたら驚きすぎだと笑いながら、「いやいいんだ。もう三ヶ月も経ってるし大丈夫だよ。それに別れたことを隠すつもりもなかったから。心配しないでほしい」と逆に気を使われてしまった。だが一般的に言って、三ヶ月という期間は離婚の傷を癒すのに十分長いとは言えなかった。そのうえ、大丈夫でないときしか大丈夫と言わない強がりな彼の性格を、私は経験上よく知っていた。罪悪感で胸が痛んだ。

 そんな私の心情を察したのか、彼は少し困ったような表情で私の顔を覗き込んできた。まずい、何か言わなくてはと必死に考えたが、何も浮かばなかった。

 幸いなことにちょうど料理が運ばれてきたため、気まずい沈黙は破られた。私は素晴らしくタイミングのいいウェイターに心の中で感謝しながら「美味しそうですね」と彼に言った。

 そのあとずっと、私も彼もその話題に触れることはなかった。

 目上の人から離婚の報告をされた場合、どのような反応をするのがベストなのだろうか。

 どうしてですか、は配慮がなさすぎる。大丈夫ですか、は大丈夫じゃないに決まっている。大変でしたね、を人生経験の少ない私が言うのは違和感がある。今時バツイチなんて珍しくないですよ、と相対化するのも失礼な気がする。力になります、と目下の人間が言うのもおかしい。向こうが詳細を打ち明けてこない以上は自分から水を向け聞くこともできない。励ますために元配偶者の悪口をいうのも心情や理由が判然としない状態では不可能だ。

 はてなの皆さん、特に離婚経験のある方、いいリアクションがあれば教えてください。

2015-11-20

http://anond.hatelabo.jp/20151120191937

まあ有名なおしどり夫婦も妻の方が稼ぎがよくなったら離婚するって法則もあるしな。

二次元幼女でも愛でて部屋から出ないようにしとくがいいさ。

2014-12-31

父と母がもう3ヶ月口をきかないでいる

父と母がもう3ヶ月以上口をきいていない、正確に言えば父が母と口をきかなくなった。

最初些細な喧嘩だった、母が飲みかけにしていた小さなパックのジュースを父が捨てた。

それを母が怒ったら、父が謝りもせず逆ギレして怒鳴りちらして、時間が経って母が話し掛けても父が答えなくなった。

それが始まりだった。

私は知らなかったが、実は去年も同じようなことかあったらしい。

その時は父の実家夫婦帰省した際に母が祖母に軽く笑いながら父と会話していないことを伝えて、祖母が軽くたしなめたらしくその帰りの車中で喋るようになったようだった。

今回喧嘩する前は父と母は週に一度は2人で買い物に行っていた。

おしどり夫婦というわけではないが、毒を吐き合うような、なんともいえない友人のような2人だった。

父は昔から突然キレるところがあり、(母はわかっていたかもしれないが)子供の私は父のキレるタイミング理解できず、父が嫌いだった。

しかし私が高校2年になったあたりから丸くなり、特に私と弟には優しくなった。

今回の喧嘩の原因のジュースを捨てたことも、私が怒ったなら父は逆ギレして怒鳴りちらしたりしなかったと思う。

謝りこそしないが、同じジュースを買って冷蔵庫に入れておいたかもしれない。

この態度の差が私には理解できない、父には21年間養ってもらって本当に感謝しているが、今また父が嫌いになりそうだ。嫌いだ。

なんでいつまでも子供みたいにごめんなさいが言えないんだろう?なんで「その言い方が気に入らない」なんて逆ギレするんだろう?なんで私と弟には優しくて母には厳しいんだろう?

父は母とは口をきかないが私と弟とは以前と同じように話す。

私は表面上は以前と同じように話すが、父が突然キレるんじゃないかと内心怯えている。

だってからないじゃないか、もしかしたら私の言い方が気に入らないとあの恐ろしく大きく怖い声で怒鳴りつけられるかもしれないんだから

私がまだ幼稚園に入るより前、遊ぶのをやめない私を父が怒っておもちゃを床に叩きつけて壊した。

そのとき電気カーペットについた傷を見る度に思い出して怯えた。

家族旅行に行ったとき握りっぺをされたから怒って父の枕を踏みつけたら強く叩かれた、成人男性の力に強く恐怖を抱いた。

小4のとき肩で抱えられて股をワシャワシャと気持ち悪くくすぐられた、既に性的知識があったので本当に嫌で暴れたらまた叩かれた。

どれも父にしたらなんでもないことだろう、読んだ人も?と思うだろう。でも私は今回の事件でそんなことを思いだして、やはり父は怖いと思った。

母はストレスが溜まってきているようだ。

私が泣いて縋りついて頼めば父は絶対仲直りするだろう。

そこまでわかっていてできない。

それは母を想う気持ちよりもし怒鳴られたらという恐怖と、父に頭を下げたくないという小さなプライドのようなものの方が大きいからだろう。

やらないといつか後悔する

それもわかっている

それでもやらない私はどうしようもない親不孝で自分のことが一番大事なお子様で最低の人間だと思う。

ごめんねお母さん。

今日父方の祖母から正月はい帰省するのか電話がきた。

私はずっと前から友人と年越しすることにしていた、

逃げたんだ、私は、と今更気付いた。

これで祖母がまた父をたしなめればもと通りになるのかもしれない。

でも私はまた一つ父に本音を話す機会を逃した。

あの時怖かったとか、母とは仲良くして欲しいとか、そういう話しをするチャンスなのかもしれない。

けど、きっと私はそれをできない、このまま一生できない。

ごめんなさいが言えない父と同じ、ずっと言えないだろう。

2014-03-06

ニューハーフ結婚した話

もうあれは5年も前の話か。

2人で大戦略をしていると、いとこ(雌)が唐突に言った。

「ねえ、結婚する気ない?」

「は?誰と?」

「紹介してあげる」

あははwwwしてくれよ」

一瞬いとこが求婚してきたのかとドキッっとした。

内心にくからず思っていたのだ。

が、どうやら行き遅れかけている俺のために人肌脱いでくれるという話らしい。

始めは軽い冗談だと思っていたのだが、いとこ(雌)は本気のようで、親戚周りに俺が結婚すると触れ回っているようだった。

はぁ、これが外堀を埋めるというやつかと思っていたが、どうも様子がおかしい。

いとこ(雌)の紹介なのだから、きっといい人だと思うし早く会わせて欲しいのだが、一向にその話が進まない。

その上で外堀ばかりが確実に埋まっていく。

両親も口には出さないが俺の結婚を相当焦っていたらしく、2度とない話だと思っている様子。

「で、いい人なのか」

と聞かれても

「お、おお…」

と生返事しかできない。

幸せそうな両親に、まさかまだ会ったことすら無いとは言えない。

そして新婦不在のまま式の日取りが決まり、親戚中に挨拶に周った。

全ていとこ(雌)が強烈なリーダーシップを発揮して実現した。

ついに式の1ヶ月前になり、さすがにおかしいと思った俺はいとこを問い詰めた。

そしたら衝撃の一言

ニューハーフなの」

「は?」

「だから、その子ニューハーフなの」

後ろめたそうに告白してくれた。

ニューハーフって、要するに男だろ?

え、俺、男と結婚すんの?

なにそれやばいやばいやばい

俺は大混乱に陥った。

なにか取り返しの付かないことが進行している……

そして混乱したまま時だけが流れ1ヶ月後、式の5日前になってようやく俺の嫁(男)が我が家にやってきたのだった。

どんな奴がやってくるのか絶望的な気分のまま玄関でうろうろしていると、インターホンも鳴らさずに突然ガチャっと玄関が開いた。

断りもなく入ってきたのは茶髪のサイドテールで、目元にキラキラしたアイメイクつけたギャル

すらっとした足をおしげもなく晒すタイトスカートを履いていた。

声をかける間もなくずかずか人の家の中に入っていって、俺以外誰もいないと見るや、そのまま出て行ってしまった。

うちは農家で、親父たちは今農作業中。

家の裏の畑にいる親父たちに挨拶にいく彼女(?)。

俺もあわてて追いかけると、なにやら和やかに挨拶を済ませた様子。

どうにも親父達は彼女を気に入ったようだ。

初対面をすませて帰ってくる彼女

「ちょ、ちょっと待って」

ガン無視される俺。なぜ?

ちょっと、話し合う必要が」

ここらで家について、靴をぬぐ彼女

ふと靴の中をのぞいたら、中に指が落ちていた。

ギョっとした。

「その方が落ち着くのよ」

ムニムニっと靴を履き直す彼女

どうやら、靴底からウレタンでできた人の指が生えていて、それをゲタの鼻緒みたいに足の指に挟んで履く靴らしい。

なんというか、エキセントリック

俺は不思議と、彼女に好感を持った。

「あの、ちょっと話を」

「んー、フラペチーノモンブランおごってくれるならいいよ」

え、なんで俺が条件出されるの!?

とは思ったが、えてしてこういう場合は男の方が出すもんだ。

「分かった。スタバでいいんでしょ?」

はい田舎なので歩いてすぐというわけにはいかない。

タクシーを呼ばないといけないので電話しようと思うのだが、番号が頭に入ってこない。

電話のすぐ横にタクシー会社電話番号のメモが貼ってあるのだけど、それを見てダイアルする前にどうしても数字が頭のなかから消える。

相当混乱している俺。

かねた彼女

「読む?」

というわけで夫婦の初めての共同作業は密約の会合ために呼ぶタクシー会社へのダイアルとなった。

街に1つしかないスタバで初めてのまともな話し合いを持ったわけだけど、あらためて見るとこいつは本当に女にしか見えない。

男だと分かって見れば、肩幅とか腰回りが男っぽいとは分かるのだけど。

これならいけるんじゃないか?と一瞬頭をよぎったが、いやありえんから

まず、どうして俺と結婚する気になったのか聞いてみると、

どうやら偽装結婚がしたいらしい。

相手は誰でもよかったのだけど、ちょうどいいところに女に縁のなさそうな奴がいるということになったとか。

そんなことで俺を男と結婚させようとしていたのか、いとこ(雌)よ…

が、ここで俺ははたと気づいた。

そうだ、こいつは男なのだ

どんなに女っぽくて、どんなに親戚一同に俺の嫁認識させようとも、戸籍上は男なのだ

男と男では結婚できないから役所受理してくれないはずだ!

まあみろ、ツメが甘いぞいとこ(雌)!

そうと分かればこっちのもんである

卑劣ロビー活動によって外堀どころか内堀も埋まって、もはや退路はない状況だが、どうやっても法律上、こいつとは結婚できないのだ。

ならばどうとでも誤魔化しようはある。

重くのしかかるような責任義務も発生しない、俺の人生ちょっとしたおもしろエピソードが加わるだけだ。

というわけで、偽装結婚を成り立たせるための細かな条文を作った。

いろいろ作ったが重要なのは以下の2つ。

結婚式等の偽装結婚にかかる費用は俺が出すが、彼女側に無利子で貸し付けている形にすること。

偽装結婚の期限は1年で、毎年お互いの合意の元に更新すること。

これなら俺はいつでも関係を終わらせられる。

偽装結婚したいのは向こうの方で、俺が関係継続を望むことはないから、一方的に俺に有利な条文だ。

そうとも知らずに条文にサインするバカな女め。

いや男だけど。

条文は同じものを2つ作ってお互いに保存することにした。

そうして結婚式もつつがなく終わり、本格的に2人の共同生活が始まった。

俺は実家から車で40分ほどの地方都市に居を構えていたのだが、これを気に3LDKちょっといい部屋に引っ越した。

家賃は半分彼女持ちなので負担は変わらないので得した気分だった。

彼女ニューハーフバーに勤めていて夜も遅いが、これだけ部屋があると生活パターンの違いも気にならなかった。

それと、別に結婚に合わせたわけではないだろうが、下の方の工事も済んで、本格的に女になったらしかった。

彼女はいとこ(雌)の友達だけあって、なかなかにカラッとした性格で、一緒にいて悪い気はしない。

というか、男友達からはかなり羨望の眼差しで見られていた。

まったくバカなやつらめ。

まあ、男と新婚生活している俺よりもバカな奴はいないだろうけれど。

2人の共同生活はそこそこうまく行っていた。

家事は分担だが、たまにかわいいエプロンをつけて食事を作ってくれる姿を見ると、なんというか、本当に新婚って感じがして気分が高揚した。

はいえ相手は男なのだから欲情はちっともしないのだけど。

いうならば、仲の良い姉ができたみたいだった。

実の姉とは仲が悪いので、なんというか、不本意ではあるが、ちょっと幸せだった。

そんな生活が2年も続いてすっかり彼女と一緒にいるのが日常になったある日。

仕事から帰ってくると、真っ暗な部屋で彼女が泣いていた。

ただごとではない様子に、何があったのか問い詰めると、どうやら付き合っていた彼氏にひどい振られ方したらしい。

ニューハーフであることを隠して付き合っていて、体の関係になる寸前に告白したら、ゲロを吐くような真似をしながら、汚いとかバイキンとか言われたらしい。

嗚咽を漏らしながら

「私の体、汚いのかな……」

彼女は言った。

彼女はひどく傷ついていた。

そして俺は彼女をにくからず思っていた。

そして俺達は偽装とはい夫婦だった。

というわけで自然と2人は愛しあう形となった。

彼女の体は汚いどころか、とても美しかった。

そんなこんなで俺達は本当に夫婦になった。

もう既に式は済ませてあったわけで、今更何をという話ではあるのだが。

しかしこうなってくると、初めに作った条文が悪い方に効いてくる。

毎年、結婚記念日契約更新を条件としてちょっと高いプレゼントをねだられている。

まったく人生、何が裏目に出るか分かったもんじゃない。

さて、世間的にはすっかりおしどり夫婦な俺達だが、法的には他人同士にすぎない。

海外では男同士でも結婚できる国があるらしいのだが、移住というのもハードルが高い。

これを読んでいる人に何かしてくれというわけではないが、こういう関係が法的に認められるような世の中になればなと思わないこともない。

少し不安はあるが、俺達はこのままやっていくつもりだ。

あと、孫の顔を早く見せろとお袋がうるさいのだが、どうしたものかと思っている。

こうなったのも元はと言えばいとこ(雌)のせいなのだから、こいつに責任取らせようって言ったら、嫁が乗り気になってしまっている。

うーむ。

男と結婚し、いとこに産ませた子供を育てる人生か。

さすがにそれは、取り返しがつかない気がするんだよなぁ……

という夢を見た。

疲れてんのかなぁ。

2013-10-14

人生の9割は親で決まる

http://anond.hatelabo.jp/20131013211454

これを見て自分の両親の事を思って、そう思った。

俺がまだまだ元気な両親から与えられたものはとてつもなく大きい

この2つを身を持って示してくれたことは、自分人生のものだと思ってる


両親は本当におしどり夫婦で、俺ら子供たちの前では一度だって喧嘩をしたこともないし

それどころか映画テレビを見てる時には、お袋が親父の膝の上に乗ったりしてるのを見せられてた

親父は厳しい人ではあったけれど、お袋は優しくて、その頃は経済的には豊かではなかったけれど幸せだった

家族ってこんなものなんだって、それが自分ベースになっている

そんな親父が50を超えた頃、俺が大学に入った頃、会社からリストラされた

リストラされた親父がどうなるのかと思っていたら、昔からの夢だったから、と事業を始めたわけだ

心配して、大丈夫か?と聞く俺にお袋は、

わたしはお父さんを信じてるから。万が一の時にも迷惑はかけないか

なんて笑ってる

そんな寂しいこと言うなよ。万一の時は俺が身を粉にして働くから

と返したけれど、不安はないわけじゃなかった。夏休みには夜警で金を貯め始めたりしていたw

そんな俺の心配他所に、親父は大成功しちまった。

10年弱働いて結構な額の資産を作って引退しようかという時になって俺に、後を継ぐ気はあるか?と聞いてくれたけど

から息子が社長ですなんて言っても誰も納得しない、創業以来の部下に席は譲るべきだと、断った

ていうのは、当時の俺にも夢があったからではある。

進学をしたかったんだよね。社会人だったけれど、工学を学びたくて大学院に改めて行きたかった。

社会人として10年近く経ってて貯金もあったし、なんとかなるわいと思ってたんだけど、結局貯金は使わなかった。

試験にも受かり、会社もやめて新生活を始めていこうとしていたところで

親父が俺が大学時代仕送り貰うのに使っていた講座の通帳を差し出して一言、おめでとう。さすがは俺の子だよ、と、言ってくれたから。

そこには少なくない金額が入ってた。

仕事をしてる間も、ずっと積み立てていたらしく、定期的な入金があった。

けれど、金よりも何よりも、その一言が嬉しかった。

さすがは俺の子だよ

認めてもらえたようで、ほんとに嬉しかった。



仲の良かった両親に育てられた兄弟は、それぞれ中学生の頃から付き合ってきた子と結婚して

それぞれに幸せな家庭を持つことが出来ている。

お袋と親父が基準だったから、やっぱ見る目が違ったんだと思うw

子供人生は親で9割が決まるよ

親父とお袋の子でなければ、俺なんて何者にもなれない半端者で終わる程度の能力しかなかったと思う。

大それた夢をもって挑戦し続けてこれているのは、

夢が叶うことを教えてくれた親父とそれを支える家族の大切さを教えてくれたお袋、二人のおかげなんだよ

今の俺が思うのは

俺も息子にとって自慢の親父になりたい

その背中の大きさで人生の素晴らしさを語れる親で居たい

成長して挫折した時にも暖かさを感じて、やがて立ち直る力を与えてくれる家庭を築きたい

そんなこと

ただまぁ、残念なことに、仕事一辺倒の俺には相手が居ないんだけどwまぁなんとかなるわいw

追記

どうも随分と反響を呼んでしまったようだ。夜中に何の気なく書いた記事だったんだけどね。

しかし、考えてもみて欲しい

コメントしてる皆の両親だって

学費を出してくれたり

運動会では動画撮影したり

旅行へ連れて行ってくれたり

サッカーキャッチボールをしたり

自転車の乗り方を教えてくれたり

誕生日にはケーキを焼いてくれたり

クリスマスにはプレゼントをくれたり

熱を出した時には不眠で看病してくれたり

したのじゃないか

ウチは親父が独立するまではお世辞にも豊かとはいえなかったよ。

貧しくもなかったけれど、私立大学へ行かせてくれなんて言えない家庭だった。

から何もかもが恵まれていたわけではないし、多くの家庭のご両親と何も変わらない親だと思う。

ただ、俺にとっては最愛の、最も尊敬する大人だと言うだけだよ。

子供の頃の事を思い出して、ご両親にありがとうと言ってあげてください

2012-08-20

 先日、私の祖母が亡くなった。85歳だった。

 

 祖母との思い出といえば、私が生まれてから成人するまでのおよそ20年間、元旦に直系の親族一同とともに正月祝いを行っていたことを思い出す。正月祝いと言っても、細田守の「サマーウォーズ」に描かれるがごとき祝祭的な性格のものというよりは、近況報告を兼ねて親族同士で気を使いあう儀礼的な色彩のつよいものであった。

 祖母には一人の息子と三人の娘がおり、息子が一番年長、その下に長女、次女、三女と続く女風上の一家で、この末娘が私の母である。四名とその家族が毎年元旦に祖母のいる実家帰省していたわけだが、態々そのような古臭いまりを続けていた理由は簡単で、いずれの親族実家から車で1時間以内の場所に住んでおり、集合するのが容易だったためである

 長男は、礼儀正しく気の優しい人で、奥方とも仲睦まじいが、子宝には恵まれなかった。長女は結婚してすぐ最初の孫――――私のいとこに当たる娘を産み、次女もまた結婚後すぐに娘を一人もうけたので、祖母からすれば、自身の若いうちから孫を抱いて可愛がる楽しみを得ることが出来た。私が生まれたのは次女の娘よりも5年ほど遅れてのことだったが、あとから母に聞いたところによれば、祖母にとっては初めての男の孫であったから、幼少時の猫可愛がりは尋常ではなかったということだった。現在を見てみれば、いい年をして結婚もせず、祖母の期待に沿う形には成長できなかったのだが。

 私に遅れて妹と弟がそれぞれ誕生したが、正月にはこれらが皆、映画のように広い日本家屋などではなく、昭和のごく平均的な一軒屋に集まるわけだから私たち孫の小さいころの祖母は片付けや食事作りなどにてんやわんやで、忙しそうに家中を動き回っていた。

 

 生前における祖母と祖父のおしどり夫婦ぶりは母や親戚から伝え聞いているが、その足取りは大抵のものではなかった。

 大正生まれの祖父は、呉服屋の息子で自らも商店を営んでおり、利発聡明と専ら評判の若者であったが、当時の男性としては体は丈夫なほうではなかった。そのためかは定かではないが、第二次大戦時もなかなか徴兵されることはなく、結局日本敗戦する直前になって突如として徴兵されることとなったという。

 終戦後、祖父は無事帰還したものの、兵役最中肺結核を患っており、生業である商売もままならず、しばらくは寝たきりの生活を余儀なくされた。戦後結核治療確立から一命はとりとめたものの、後遺症か定かではないが、原因不明の発熱と咳に生涯悩まされることとなり、商店経営にも難渋した。

 祖母は、看護学校卒業していたが(戦中、従軍看護婦になることを希望していたのかもしれない)、卒業後すぐに祖父と結婚したことから看護婦となることはなく、祖父の徴兵後は夫に代わって商店を切り盛りしていた。しかし、祖父の体調不良もあって戦後いよいよ先行きが怪しくなり、結局私の母が生まれて5年後に閉店したという。

 その後の祖母は、しばらく職を転々とした後、昭和42年ごろ、某市の市立病院看護婦となる。祖母にとっては、高校以来の看護業であり苦労は並大抵ではなかったというが、持ち前の剛毅さと天性の快活な性格ナース天職であったようで、中途採用者としては異例の副婦長の地位まで昇進したという。60歳で定年した後も、市内の私立病院嘱託職員として居場所を得、4人の子供を成人させ、病の夫を支え続けた。

 しかし、その祖父も私が5歳のときに癌で帰らぬ人となる。確かではないが、病室で遺族が泣き伏せる中、祖母は一度も涙を見せなかったと幼いころの私は記憶している。

 

 祖母との最後の思い出らしい思い出は、一昨年の夏のものである

 何とか就職が決まり自分の車を手に入れた私は、何を思ったか一人で先祖の墓を参りたいと考え、祖母に親類の墓地場所を尋ねに行った。その前の年、私の父が母と離婚しており、20年続いていた正月の集まりは中止されてしまっていた。祖母の顔を見るのは、同年の冬、祖母が初期の癌を患っていることが判明し、見舞いに訪れた病院以来であったと思う。これは治療により完治し、祖母は実家一人暮らしを再開していた。

 唐突に尋ねてきた孫に、祖母はメロンを振舞ってくれた。墓地場所を教えてもらい、私はひとり車を走らせる。天気は伸びぬけるような快晴であった。セミが絶息の声を漏らして、草だらけの殺風景墓所に風情を齎していた。確か、わざわざ花を携えて行ったと記憶している。

 墓めぐりが終わって、私はもう一度祖母の自宅を訪ねた。最近腰が痛くて食器の片付けに苦労するというので、洗物を手伝い台所の片づけをした。年季の入った炊事場の汚れを見ると、正月に走り回りながらおせち料理を拵えてくれた、祖母の苦労が感じられるようだった。帰り際に、祖父の眠る仏壇へ線香を立てた。

 帰り際、私を何事か心配そうに見つめながら、祖母は言った。

 「私はもう、長くない。私が死んだら、後のことは頼む」

 私は、何を言っているの、おばあちゃんは癌になったって死なない人でしょう、と言った。豪快な祖母のしおらしい一面を見て、私は意外に思いつつ、やや後ろ髪を引かれながら岐路に着いた。

 その2週間後、祖母は脳梗塞で倒れた。


 以後の祖母の容態は、芳しいものではなかった。脳梗塞からただちに生命の危機には至らなかったが、脳の神経が一部破壊されてしまったことから記憶の維持に支障が生じ、軽度のアルツハイマーの様相を呈していた。また、翌年の冬、恐れていた癌の再発が認められた。

 近年の病床の不足から、祖母は短期間の転院を繰り返し、結局地元病院(かつて勤務していた病院ではない)に落ち着いた。最後に会ったのは、今年の5月ごろであったと思う。もう、私の顔はあまりからなくなった様子であったが、お見舞いに来てくれているのはわかっているようで、こちらが手を振ると童子のように身振りで返してくれた。黒かった御髪はすっかり白くなり、顔も痩せて、さながらどこぞの聖人のようでもあった。母は週に一度見舞いに行っていたが、亡くなる前日までは、元気に呼びかけに応えており、当日は眠るように安らかに逝ってしまわれたという。


 通夜には、上述した親族はもちろん、各地に散らばっていた祖母の兄弟の他、長女の娘の息子と次女の娘の娘、つまり祖母にとっては曾孫に当たる二人も参列した。二人とも終始、お経が退屈で帰りたいとぼやいていたが、赤ん坊ときにまだ健全だった祖母に抱かれたことは記憶にないのだろう。

 私にとっては従甥・従姪にあたる二人の相手をしながら、私はかつてこうして祖母の実家で遊んでいた時代のことを思い出していた。辛櫃の前をずいぶん騒がしくしてしまったが、生涯をかけて一家を守ってきた祖母にとっては、たぶんこの光景が一番望んでいたことであったのだろう。


 おばあちゃん、生前は本当にお世話になりました。

 貴方は心から尊敬できる、偉大な女性でした。どうか、天国でも安らかに。

2011-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20110727145454

知人にかなり美人レストランオーナーがいるけど

旦那さんは禿げていてでも優しそうな人(普通中小サラリーマン

子供も4人目でペアルックするほどおしどり夫婦

というのもいた事に気がついたけど…

よく考えてみれば、数人経営やらオーナー女性仕事柄数人

知っているけど…若いツバメや見目の良い相手と歩いていることが多いな…

唯一前者の人だけ例外。

2011-05-24

芸能人離婚オシドリ夫婦

オシドリ夫婦のお二人が突然の離婚!!」

「いやぁ、驚きましたぁ」

「いったい何が原因だったんでしょうねぇ」


芸能人結婚離婚ほど興味の無いものはない。

ど~でもいいってことだ。


来年離婚すると公言して離婚する馬鹿はいないので、突然じゃない離婚なんて聞いたことがない。

会ったこともない奴だし、どんな奴かも知らないので別に驚かない。

よって、原因なんてど~でもいい。


メディアもなんでもかんでも伝えればいいってもんじゃぁないし、伝えなきゃならないことを

あえて伝えないなんてこともしばしば。

それにしても、芸能人ってのはみんなオシドリ夫婦なんだなwww

以上。


おしどり夫婦

オシドリのつがいがいつも一緒にいることからきたもので、仲のよい夫婦のたとえとなっている。

だが、オシドリがいつも一緒にいるというのは誤りで、メスが産卵しヒナが孵るまでの話で、

ヒナが孵るとオシドリのオスはすぐに旅立ち、別のメスと交尾する。

2010-06-14

2ch既婚女性板の「アンチスレ」で槍玉に挙がってそうな有名人調べ

http://anond.hatelabo.jp/20100611200158/ 「2ch既婚女性板の「アンチスレ」調べ」

現在話題沸騰のこれ(ブクマ300超え!)、自分も読んだ。興味深い、興味深すぎる。

そこでフィールドワークですよ。友達・家族に「鬼女アンチスレ立ってそうな人」って誰だと思うか&その理由聞いてみたよ。回答者は男女/既婚未婚混合。鬼女板住人はいない(ハズ。自己申告上はゼロ)。実際アンチスレがあるのを知ってるばあい(「雅子さんてアンチすごいんでしょ、見たことあるよー」とか)、その人以外でありそうな人を答えてもらった。一応複数回等可で。

長いうえに瘴気が渦巻いてるんで、ご了承を。

…ふう。ここまで読んでくれた人乙。超乙。

一応、元増田に敬意を表して(?)簡単な傾向分析を。

男単体(玉置浩二とかキムタクとか辻とか。「吉本芸人」含む。○○夫妻って嫁とペアじゃなく、男だけっていう意味ね)を挙げたのは全員女の人。男のほうが「女の敵は女」て考えてるのかな。ただし朝昇龍を挙げたのは男。あまりのボンクラ回答に飲みの席がザワ・・・となったw

悪妻系(高木広子本田の元嫁・古田の嫁・サッチー田中の元嫁)を挙げたのは全員男。逆に玉の輿とかイケメンとくっついた「だけ」の人(伊東美咲とかイチロー嫁とか稲葉嫁、エビちゃんなど)は女。例外として「カカの嫁」を挙げたのは男で、女の子から「あそこまで完成度高いと嫉妬も何もないんじゃない」て突っ込まれてた。男は職務を果たさない嫁、女はおいしいとこを持ってく同性が嫌い?

ブリッコ系(安めぐみ小林姉妹宮崎美子神田うのらへん。聖子さんも)は、意外と全員男が回答。女が嫌う女といえばブリッコでしょ!と決め打ちしてるきらいがあるようだ。

不倫略奪婚経験者は、男女ともに冷たい目を向けてる模様。まあ当然か。

自分がいちばんなるほどと思ったのは内田春菊かなー。確かに同性にあんなのいたらイヤかもっていう。以上報告おわりっす。

2009-10-22

http://anond.hatelabo.jp/20091022100833

長門裕之は「おしどり夫婦」って言われるのが嫌で

『洋子へ』で「俺はこんなに遊んでるんだ」ってアピールしたけど

南田洋子はぜんぜん気にしないで

「本の中に書いた人たちに手紙を書いて謝りなさい」って言ったんだよな。

自分が何をやっても許してくれた人があのような状態になったら

ああするしかないだろ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん