「うさくん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うさくんとは

2018-10-27

好きなエロ漫画家が、一般紙に行った時の絶望

帰ってこないんだよなあ。

あれだろうか。甘詰留太エロから一般行って、かなり成功たからだろうか。

自分創作意欲と関係ないエロ描写は嫌なんだろうか。

あの、ジャンプご飯漫画のあれのせいだろうか。

それとも、うさくん、か?

  

如月群真川崎直行、、、、

分かる。

それはなんかあるんだろうね、漫画家として、おそらく。

  

もちろんそうだよね。

一般紙のほうが、おそらく普通の人が読んでくれるっていうのはあるんだろうね。

  

でも、僕は、君の『エロ漫画』を愛してたんだよ。

2018-06-29

anond:20180629123232

使える駒を決勝トーナメントに照準合わせて温存したら

得点は難しいと考えるのはしゃーないのかな、という気はする。

じっさいムトうさくん微妙だったし…

後半からトーナメントのことはひとまず忘れて、攻撃的に選手交代したほうが良かったのかしらん

2018-03-30

女向けを女向けだからキモいっていうのはあかんけど

男向けを男向けだからキモいっていうのはポリティカルにコレクトなのな

うさくんくせー

2018-03-05

うさくん著「初恋りりかるえっち」の小学生が犬とセックスするシーンを見るたびに

押井守宮崎駿もこれぐらい仲良くすればいいのになあ、と思います

2017-08-31

[]クール教信者「ぱらのいあけ~じ」1巻

登場人物

黒髪巨乳エロ漫画家と目のみえないソバカスある女アシスタントそれからショタ編集

エロ漫画あるあるとか漫画家あるあるとかそういう話

それにいつもの作者の悪い癖の前世ネタがちらほら

アンスリウムっていうエロ漫画雑誌に載ってるエロじゃない枠、らしい

古賀良一とかうさくん枠な

面白くなくはなかったけど、前世ネタちょっとうざかった

エロ漫画化と女アシが前世では敵対してたみたいなのとか、ピーチボーイのウサギ亜人とかがでてた

2016-03-23

最近出世したエロ漫画家一覧

川崎直孝『しおちゃんの通学路』

三巷文ハーモニー

八十八良『ウワガキ』『不死の猟犬』

道満晴明ニッケルデオン』他多数

紙魚丸『惰性67パーセント

フクダータ『許嫁協定

ぢたま某Kiss×sis

高津高津ケイタ)『おしかツインテール』ほか

kasimir『てるみな』

ちがう!!!

たかみち百万畳ラビリンス』他→道満と違って元々大御所

縁山『だいたいめる子』→連載がエロ漫画

櫻井エネルギー→同上

うさくん→同上


エロ漫画とかあんま読まないピュア増田から抜けた作家たちはエロ増田たちで各自補完してくれ。


補足

最近の傾向なのかもしれないけど、エロときペンネームそのまま使って一般でも書くよね。

逆に真鍋譲治なんかは一般名前のまんまでエロ描いてる。

2015-07-01

うさくん一般紙で稼いで食う飯は美味いか?

コロコロにも描いたらしいな。もうLO卒業したらどうだ?

2014-03-22

私家版サブカル地雷女本棚にありそうな漫画打線

あくまでも「地雷」女な。話してて楽しくできるサブカル女でなく、経験上めんどくせー奴がもってた、あるいは好きだった漫画な。

超偏りあると思うがまぁ。

1中 道満晴明『性本能水爆戦』

2三 丸尾末広ナショナルキッド

3一 kashmir百合星人ナオコサン

4左 沙村広明ハルシオン・ランチ

5捕 瀧波ユカリ臨死!!江古田ちゃん

6右 弐瓶勉バイオメガ

7二 高橋和希遊☆戯☆王

8遊 古屋兎丸ライチ光クラブ

9投 うさくん

2011-08-21

場をつくるということ

ついでにネットゲリラの古い記事あさっていたら、米沢氏の話がでてきた。

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2007/12/post_1352.html

米沢氏のコミケに対する方針というのは徹底していて、とにかく「中身には干渉しない」という姿勢だった。本人は水木しげるマニアで、自分でも漫画を描いたりするんだが、コミケも当初は「創作同人誌」の売買の場として作られたんだが、蓋をあけてみると、1970年代少女漫画80年代アニメそれからロリコンと、目論見とはまったく違ったモノで占領されてしまう。それでもイヤな顔しないで黙々と参加サークルのために開催し続けてきた。

もう語り尽くされていることではあるだろうけど、こうした場をつくるということ(そのために多大なリスクを負いチャレンジするということ)、この倫理観、もう大分議論は収束/終息したのだろうけど、Pixivナントカさんもよく考えた方がいいんじゃないかなー。

町田ひらくうさくんといった、ロリコン雑誌から出てきた(あるいは育てられた)漫画家がのびてきたこともそうだし、あるいは青林工芸社やコミックビーム90年代アングラ感をまるでかんじさせず2000年代はいって目覚ましい成果をあげた。人が何かを表現するそのエネルギーに場を与えるということは、札束に書かれた数字より富んだ意味があると僕は思うけどな。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん