カテゴリー 「MySQL」 RSS

2018-12-18

[][][] phpMyAdminの手動インストール

WebサーバーPHPを5.4から7.2に上げました。

phpMyAdminも入れ替えました。

 

環境CentOSNginxPHP7.2 + MySQL

yumコマンドphpMyAdminをインストールしたら、エラーメッセージが出て、インストールできませんでした。

リポジトリで用意されているパッケージが古いのか?何度かやり直しても、yumインストールできませんでした。

 

手抜きを諦めて、手動でインストールすることにしました。

phpMyAdmin インストール コンパイル Nginx」等のキーワードGoogle検索すると、やり方を解説している記事がたくさんヒットしました。

参考

 

手順

  1. WebサーバーSSHリモートログインする。
  2. phpMyAdminの最新版wgetダウンロードする。
  3. ZIPファイルを展開して、フォルダ名を「phpmyadmin」にリネームする。
  4. /usr/share/phpmyadmin にコピーする。
  5. phpMyAdmin用に、Nginx設定ファイルを追加する。
  6. PHP7のセッションフォルダ確認しておく。
    1. PHP関係設定ファイルphp.ini」や、PHP-FPM設定ファイルwww.conf」の中を確認しておく。
    2. session.save_path = "/var/lib/php/session" という記述有効にする。(コメントアウトされていたら、アンコメントしておく)
  7. Nginx設定ファイルテストして、問題なければ再起動する。
    1. $ service nginx configtest
    2. $ service nginx restart
  8. WebブラウザーでphpMyAdminにアクセスしてみる。
  9. phpMyAdminが無事に開いたら、インストール成功!!!

 

まとめ

phpMyAdminは手動でインストールしても、すごく簡単でした。

将来的にバージョンアップすることも考えると、「/usr/share/phpmyadmin」へ直にコピーするのではなく、他の場所コピーして、「/usr/share/phpmyadmin」はシンボリックリンクにしておけばいいかも。

(今回は面倒なので直接コピーしました。)

[][] Adminer.phpでお手軽にMySQL管理

ちょっとだけGUIMySQLをいじりたいというときに「Adminer」が便利です。

phpMyAdmin」がサーバーに入ってない場合に重宝します。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん