カテゴリー 「デカルト」 RSS

2017-08-29

[][][][][][]

権内 権外 分限自覚 エピクテートス




その日常的なことがらの一つひとつについて熟考するのは面倒なことであり、頭脳時間の浪費でもある。

こういう場合には、最も常識的で最も穏健な意見にしたがうのがよい。どうでもよいことについては中庸の道を選ぶことによって、われわれは自分自身人生大目標に全力を集中し得る。

「辞書は短篇小説集である」 @ James W. Young 『アイデアのつくり方』



小事省事。椎名悦三郎

2008-04-05

[][][]「困難を分割せよ」デカルト

「困難を分割せよ」

1 私が明証的に真理であると認めるものでなければ、いかなる事柄でもこれを真なりとして認めないこと

2 検討しようとする難問をよりよく理解するために、多数の小部分に分割すること

3 もっとも単純なものからもっとも複雑なもの認識へと至り、先後のない事物の間に秩序を仮定すること

4 最後に完全な列挙と、広汎な再検討をすること

方法序説 - Wikipedia デカルト

不可知論(agnosticism)

ブライト運動の推進者でもあるリチャード・ドーキンスは『神は妄想である』の中で、

王立協会の会員へのアンケートの結果から

イギリス知識人集団では97%が無神論不可知

(あるいは家族伝統への忠誠心から宗教的観念否定しない、実質的不可知論)に属すると述べた。


語りえないことについては人は沈黙せねばならない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん