2023-11-22

   門川にソフトというもの発見した経緯や動機が分からない。 志村警察署坂上にあった時代に、バッグに拡声器を入れて叫んでいた時代はあったと思いますが、よく聞こえなかった

  昭和の方がよかったというような叫び声を聞いたというふうに、瀬戸山はつひろの霊が言っていたという記憶はあるが

    通行人からみんななているという言動が多かった。時期柄からして、平成30年の冬だと思うが、11月16日に運動するために出ていたら篠原がいたのでそのまま前野交番まで行ったと

  思うが、その際にそこに、原の霊がいたこと、警官が、こういうバカ時代になったと言いながら目から光線を放ち、そのまま普通に蓮根運動していたのでそのとき荒川にいるはずがない

   ソフト発見の経緯や動機  そもそも写真をみて分かるような店ではない  

    団藤重光のにせもの  姥ケ山自転車保管所に、  令和5年3月頃にいたが、姥なので捨てたといっていた、 驚愕すべき事実

       ↑  団藤重光と、某芸能人電気ショックを与えて佐藤一時的蘇生させただけ  姥ケ山自転車保管所から出てこないので篠原が動いているとき場所が懸隔している

          ので何の役にも立たない

     和光晴生の場合は、  佐藤電気ショックで、 14階のぷちくらと和光晴生を併せて使うことがある

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん