2022-12-08

呪術廻戦の嫌いなところ

呪術廻戦は漫画を全巻買ってて毎週ジャンプで最新話を追っているけど、あと一歩の所で大好きな作品と言い切ることができない。いつも少し引いた目で見てしまい熱を感じる所まで行かない。なんでかというと、呪術廻戦から読者を置いてきぼりにする癖を感じるからだ。以下自分が置いてきぼりにされたと感じたよくわからない部分を書いていくけど、自分は頭が悪くてそのせいで楽しめてない可能性もあるので、むしろ納得いく説明できる人がいたら誰か説明して欲しい。

まず設定に関してなんだけど、呪力周りがよくわからない。なろう系の読者にはRPG世界観が前提として共有されてるからウィンドウが出る理由の細かい説明はいらないみたいな感じで、ハンターハンターの念能力という前例があるからなんとなくで理解できてるけどなんかいまいちピンと来ない。

縛りってなんなんだ?ハンターハンターの硬っていうのは、体中のオーラを一点に集中させることで体の防御が薄くなる代わりに一部の攻防力が著しく上がるっていう、筋が通ってるし直感的にもわかりやすい仕組みだ。手の内を晒すという縛りが能力底上げに繋がるっていうのはどういう理屈なんだ?晒したから何?としか思えない。だれか呪力を生み出した黒幕みたいな存在がいて、その人がルールを決めた的な展開がこの後来るんだろうか。そうでもないと納得できない。まあ同じ事は制約と誓約でも言えるんだけど、オーラ性質を細かく説明してくれてるおかげで一応納得できる。例えばクラピカの鎖なら対象以外に使わないと言うことで、その分普段ためたエネルギーを一気に対象に向けるみたいな感じかな、とか。でも手の内を晒す縛りは本当に意味がわからない。

あと黒閃の2.5乗も訳がわからない。かっこよさで決めたらしいけど違和感が先に来てしまう。乗はやりすぎでしょ。こんな感じのヒロアカの1,000,000%みたいなピンと来ない感が呪術はいっぱいある。

術式なんてもうぜんぜんわからん。念能力能力者の思いや育った環境とか色んな要素が反映されるものという前提が共有されている。術式って基本一子相伝で引き継がれる才能がほぼ全てのものらしいけど、アニメの術式とかコピーの術式とかってどうやって生まれたんだ?後引き継がれる前の最初の術式はどうやって作ったんだ?

 特に渋谷事変あたりからピンと来ない展開が増えた気がする。色々あるけど思ったことをいくつか挙げていく。

1射道の卍蹴り。いや虎杖お前いつそんなの習ったんだ?あまり唐突すぎるしこれが話の引きなのもよくわからん普通にかわして殴って終わりなら別に何も思わなかったけど、虎杖の見せ場に唐突な要素をねじ込んできて真人攻撃を当てられた理由にしてる感じに違和感を覚えた。格闘技好きっぽい作者にとっては卍蹴り格好いいよねという前提があるから迫力ある見せ場になるのかもしれないけど「射道の卍蹴り!!!」でうおおおおおおおお卍蹴りだああああああああってなる読者はどれくらいいるんだろう。いっぱいいたらごめん。

2甚爾のバグ殺戮マシーンと化すバグ、あまりに都合が良すぎる。RTA裏技みたいに物語上都合が良くて便利なバグを一発で引き当てるってどんな確率

3綺羅羅ちゃんの術式。複雑すぎる。あと戦闘中に一発でそれを理解した伏黒は頭が良いとかそういう次元じゃ無くて、考察能力自体を術式にしてもいいレベル。あまりに少ないヒントで術式を把握するに至る道のりが急すぎてご都合感半端ない。あと綺羅羅ちゃんの術式はどんな過程をたどって継承されたらそんなわけわからんことになるの?

 4秤VS鹿紫雲戦。一番ひどい。パチンコ術式って何???これ本当に少年漫画?どうやってその術式を得たの?大当たりで呪力爆増ってどういう理屈現実の機体とかその仕組みが術式に反映されてるのは、明らかに秤の意思によるものだけどそんな自由に決められるもんなの?ハンターハンタ-みたいに能力者の思いによってオーラが形を成す、みたいな説明をしてくれた訳では無くただ一子相伝とか元々体に刻まれてるとかたまに隔世遺伝するとかそんな感じのことしか聞いてないから、そういうのができるならできるって言っといてくれよ!って思う。術式ってそんな可変性あるの?真人に直接脳をイジるようにお願いしてパチンコの術式にして貰ったって言うなら一応納得する。後パチンコと言えば金を溶かすリスクをしょって勝負するものだと思うけど領域展開すればたいしたリスク無しに無限に回せるのってどうなんだろう。秤のザラザラした呪力に関してはいつか詳細が明かされるんだろうか。鹿紫雲の呪力は電気性質を帯びてるらしいけど鹿紫雲の時代電気みたいな概念ってあったのか?現代の術式は現実の物を参考にしてるのが多い(パチンコとか)割に、鹿紫雲だけその時代にはないような概念を使っているのに違和感を感じる。あと電荷分離とか海中で電気放出するとか塩素ガスとか急に科学要素出てきたけど本当に急で置いてかれた感じがある。どこをファンタジーにしてどこを現実にするかって作者次第だけど、なんか都合の良いときだけ現実法則を持ち出されてもいまいち乗り切れない。ご都合というか作者の意思を感じてしまって没入感が阻害される。ファンタジー漫画なんだからもっとシンプル科学じゃなく能力駆け引きして欲しいし勝敗を分かつのファンタジー要素であって欲しい。あとなんで鹿紫雲は大昔の術師なのにそんな科学を使いこなしてるの?あとジャンプターゲット少年パチンコの良さがわからないだろうから自分パチンコをやってないのでわからない)そこでも置いて行かれてる感がある。

 他にも羂索の儀式とか死滅回遊のルールとかよくわからないところが色々ある。こういうのはまあ別にかいこと気にすることは無い、そういう前提があるもんなんだと片付けるべきなんだろう、ファンタジーだし。サカモトデイズなんかハチャメチャな世界観だけど勢いとかキャラの魅力とかアクションシーンの良さでゴリ押されて「なんかすげ~」って楽しめる。ノリでかっこよければ良いよね、みたいな楽しみ方をする漫画かも知れない。でも呪術廻戦はバトルの決着理由を半端に科学とか理屈に寄せてるせいでよくわからない所への疑問が際立ってしまう。都合の良さを感じて物語に乗りきれない。

 読者を納得させるためじゃなくて作者が納得するために設定を練ってる気がして、理屈独りよがり自己完結してるように感じる。設定オタクの悪いところみたいな感じがする。下手に科学とか複雑な設定の術式なんかを持ち出して頭良さそうというか高度な駆け引き感を演出するんじゃ無くて作品で明快に説明された能力内でシンプルに決着して欲しい。ワールドトリガーとかハンターハンタ-とかこのあたりマジで凄いと思う。説明や設定は多いけどスッと頭に入ってくるもん。呪術廻戦の場合は疑問が先立って読む手が止まってしまう。

後度々「これくらいは知ってるよね?」「普通こうだよね?」みたいな感じで前提の説明が不足するのも嫌。先生が虎杖がパチンコ行ってたことの弁解で、「普通お爺ちゃんに育てられた一人っ子パチンコ行ってるから」みたいなこと言ってたけど全然共感できん。ここでも強い作者の意思作品への没入を阻害する。この作者は普通とは感覚が決定的にズレている気がする。藤本タツキとかはネットだと狂人みたいに扱われてるけど作品内でも狂人ちゃん狂人として描くし、狂った世界の中でも女の胸揉みてえみたいな男なら誰でもある普遍的感覚を描くことで入り込みやすくしてくれたり意外と普通の人の感覚バッチリ押さえている。呪術廻戦は作者のズレた感覚のせいでナチュラルに人が狂っていてそれがさも当たり前かのように描かれている。まあ何が普通でどの感覚なら世間とあってるかなんて誰かが決められることじゃないけど自分からすると決定的にズレている。他の漫画と比べてもそう感じる。普通と違うっていうのは創作だと良い要素になったりもするけど、このせいで作品に乗り切れなくなってるのでこれは良くない尖り方だと自分は思う。

 ただ、こんだけ嫌な要素が入ってるのに読むのをやめようとは思わないしずっと先が気になってるっていうのは本当にそれ以外の部分が面白いからだと思う。作者の影を抜きにすればキャラクターは皆デザインがよくて性格も魅力的で、覚悟が決まってて格好いいと思う。自分は野薔薇さんがめっちゃ好き。台詞回しも軽快で煽り合いが見てて楽しいし、ストーリーも展開が読めずハラハラする。だからこそ本当に嫌な要素、納得できない要素が残念でならない。

自分幽遊白書は好きだけどそこまででもなくて、ハンターハンタ-がめっちゃ好きな人間なので芥見先生呪術廻戦を踏まえて二作目を描いて欲しい。ていうか、むしろ自分能力バトル以外の要素にとても良さを感じていて、別にハンターハンターになろうとしなくて良いし整合性も気にしなくて良いかもっとシンプルな良さと勢いのある作品を描いて欲しい。

  • 文句言いながら今月の最新刊読んでんじゃねーよw

  • まぁ女向けだから

    • いい歳してるのにいつまでも少年漫画のスレで〇〇は女向け!とか言ってるタイプのジジイだ

  • いま何のために戦ってるのかが圧倒的にわかりにくい、のが自分的な微妙ポイント。   いまこの敵に負けたらどうなるんだよ。 フレイザードに負けたらパプニカ滅びるぐらいのハッキ...

  • きもちいい瞬間がくるまでの不快感が快感になってるやつやね

  • 頭の悪い奴が必死で設定考えた感があってみててサムい。 好きなものと書けるものを分けて考えた方がいい。

  • まあわかる 物語の展開や都合、作者の意思が作品とキャラに大きく介入してる 尾田先生はルフィは勝手に動くって言ってたけど、呪術のキャラは作者が明確に動かしてる、それもライブ...

  • 呪術って言葉を冠した作品で、説明を尽くして神秘を殺してどうする。納得が欲しければちゃんとサイエンスしてるタイプの古典SFでも読んどけ。

  • 五条先生の能力とか作者も分かってないしなw

  • 存在が呪いのくせにめっちゃ人間に見える奴がいてわかりにくい。ダンダダンの敵のほうがわかりやすい

  • ✕射道 ○躰道 ヤッチくんチャンネル中野先生回ぐらい観てから発言しろ

  • キン肉マンに比べれば、まぁ

  • 能力の開示は相手に能力がバレるデメリットの代わりに威力を上げる制約と契約みたいなもんだと思うけど、 実際は読者に能力説明をするための都合のいい理由って感じが見え透いちゃ...

  • 綺羅羅の術式は作者自ら失敗だったって言ってるから… https://www.jump-mangasho.com/chair/image/shinsekai/akutami_jump_no055/055_01/ 一度パチンコネタやって怒られたのにまたやる(しかも最初に怒られ...

  • 渋谷以降はとっ散らかってる印象が強くて追ってはいるけど好きとも言えない が、それ以上にこの無能な働き者を文体化したような文章が女々しくキショい

  • ジョジョのスタンドもシリーズが続くに従ってそうなったし…。

  • https://anond.hatelabo.jp/20221208001418 自分も呪術廻戦好きだし読み続けるけどマジで領域展開がわけわからん MP?が多い奴は最初から領域展開で無敵モードで敵倒せば良くね?と思ってしまうし...

    • 領域展開の後は術式が使えなくなるから、しとめそこなったり他の敵が現れたりしたらピンチになるから多用しないって理解してる。

    • ハンターハンターみたいなのをやりたかったけど冨樫ほど設定の作り込みとストーリー構成を調和させる能力が無かったという話だから……。 でも十分売れたからビジネス的にはかなり...

  •  長い休載が明けてからコミックスを買わなくなってしまった。  面白い、つまらないを見極める以前に、物語を進める上で致命的な破綻や矛盾がたくさん見えるようになってしまった...

    • そういう作者がちょっと補足すれば何とでもなるような疑問点を鬼の首を取ったように指摘すんのよくわからん。 読者同士がどんなに頑張って論争しても、作者が後付けのちょっとした...

  • 術式は受け継ぐ以外に単純に生まれ持ってる奴もいるってだけだと思う 夏油が分かりやすい例 後まあまあ融通利くらしいのは少年院後の伏黒の影収納から分かる 全体的にガバなのは否...

  • それっぽいことこねくり回して富樫っぽいことしてるだけで、整合性とか数学の解釈とかかなりめちゃくちゃだよ。 自分の周りではとにかく残酷なシチュエーションでキャラを使い潰す...

  • 自分もコミックス買ってるし映画観に行くくらいには好きだけどわかる。 最近作画がどんどん雑になっていってるのも、読者にわかりやすく伝えることを放棄してるように感じてなんか...

  • おもろい評論だった。元増田はジョジョ読んだか? 読んでたらジョジョはどう感じるか教えてくれ。 俺はめちゃめちゃジョジョオタだが、スタンド能力の攻撃・防御も、都合のいい時...

  • これ多分本当に言いたいのは「設定がよく分からない」じゃなくて 読者を納得させるためじゃなくて作者が納得するために設定を練ってる気がして、理屈が独りよがりで自己完結して...

    • ここまでベタな「それってあなたの感想ですよね?」も中々無いな

  • きっしょ ただのタツキ信者じゃねーか

  • 術式と領域展開は型月の魔術刻印と固有結界のパクりやで

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん