2022-08-17

ウタによって世界を変えるということの一端が示されたことによってルフィ冒険の旅の終着点もわかるようになったのあまりにも原作者以外に許されないやつ

ウタの「新時代」は正にワンピ読んでなかった人の世界も変えてしまうほどなんですね

あの歌の圧倒的強さがないとウタというキャラ説得力全然まれませんでしたからね

こればっかりは漫画では難しいですよ

歌のパワーが違うのでやっぱり劇場で見てほしいですよね、フィルムレッド

歌のパワー(Adoちゃんの上手さ)に加えて歌のパワー(物理的な音圧)によりウタの強さに説得力があるので

どうしてウタは(本当は海賊嫌いじゃないのに)ルフィの夢を殊更に否定するのかについて、他人の願いの器になってしまたから、の他に彼女の目にはまさに観客が見たウタのように荒唐無稽な夢の奴隷に映ったか

海賊無辜の人々を苦しめるものだ、海賊なんていなくなれ、大海時代は終わりだという人々の憎悪の器になることを(それに報いることで自らも救われようとすることを)選んだウタにとってルフィの「海賊王になる夢」は絶対に認めてはならない、そしてルフィイメージがフーシャ村で赤髪海賊団を待っていた少年で止まっていたウタにとってその許されない夢を語る彼は「何も知らないまま間違った方向に行こうとしている愚か者」に見えるわけだ。

視聴者、観客、麦わらの一味達にとって彼女はネジが外れてズレた理想郷の夢ばかり語る狂人に映っていたけど、ウタにとってはルフィがそのように見えていた(本当に見えていたかはともかく彼女が設定した文脈の中ではそう見えてしまう)わけで。

それが「背、私より高くなってたんだね」で解けたのがラスト笑顔と涙なんだろうな


FILM REDワンピース「らしくない」映画だったんですが、そもそも私が持つワンピース「らしさ」ってつくづく外部メディア風評によるイメージしかないな…と改めて痛感したというか、らしくないけどちゃんと「ワンピースの映画」だったんですよね。しかちゃん最終章の幕開けとリンクしたテーマ

  • またツイッターからの転載

    • そうなの?

      • 気になって検索したけれど見つからないね

      • 歌のパワーが違うのでやっぱり劇場で見てほしいですよね、フィルムレッド https://twitter.com/46Trial43/status/1556534405480742913?t=LNEWL9rpDJqedTrGPSwUDg&s=19 検索に出てこない分はふせったーから引っ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん