2022-07-01

エロマンガを描いて生きている 3/3

年貢の納め時がきた。次の年だ。

人生で初めて確定申告をした。凄まじい税額に衝撃を受けた。あれだけ必死で描いて稼いだというのに、国が四割近くも持っていくのはおかしいのではないかお上の取り分が多すぎる。ずるい。

クリムゾン先生みたいに法人化すればいいのかもしれない――と、税務署まで確定申告の用紙を出しに行った帰りに考えていた。

二週間ほど経った頃だった。父から台所で声をかけられた。「確定申告したのか?」という、いたくシンプルな問いだった。なんで知ってるんだと思った。カチコチに固まってしまって、しどろもどろに声を出そうとしていたところ、父から助け舟が出た。

税理士から電話があった。うちの確定申告の用紙を税務署に提出したところ、息子さんも確定申告をしているようだと。一世帯でひとつの申告になるから、お前のをこっちにくれ。やっておく」

という事情だった。

そうか、そうだったんだな。一世帯でひとつなんだな(追記扶養家族一定以上のお金を稼いだ場合はこうなるそうです)。父さんはずっと前から工場主で農場主だからな、と頭を真っ白にして……二階に昇って、申告用紙をもう一度プリンタ印刷して、父のところに持って行った。「はい、どうぞ」みたいなノリで手渡した。

それで風呂に入ろうとしたところ、「ちょっと待て、この金額は?」と当然の質問が飛んできた。嘘をつこうとしたが、やめておいた。

漫画を描いてる。売って稼いだ」

それだけ言って風呂場に行った。父の、眉間にシワを寄せた顔が記憶に残っている。

「頼む、これで済んでくれ」と祈りながら風呂に入って、湯冷ましの散歩に行って、また二階に上がってペンタブちょっとの間だけ握って、マットレスで寝た。



翌日だった。家族会議が開かれたのは。父が、母と妹の前で確定申告の用紙を出して、厳しい問いかけを続けた。

「なぜこんなにお金を?」

「どんなものを描いてる」

「どうして言わなかった」

おおよそこんな内容だったと思うが、正直に答えていった。将来が怖かったこと、何をやっているか恥ずかしいから言わなかったこと、でも漫画を描くのが好きなこと。

父は、手元にあった湯飲みを手に取った。グイっと飲み干した後、急に笑顔になって言うのだった。

「一人立ちできたんだな。おめでとう。どんな漫画を作ってるんだ、見せてくれ。父さんな。若い頃に読んだ三浦先生ベルセルクが好きなんだ」

自分作品主人公は、ある意味ベルセルクだ。性的な意味でガッツもある。男らしさはあまりない。催眠アプリを使って、同じクラスのいたいけで可憐女の子セックス漬けにしたりする。

母も期待のまなざしを向けている。滅多に見せない、期待感で高揚している時のあのまなざし気持ちが悪い。

さて。自分電子書籍コンテンツを売っていたのだが、たった1冊だけあった。紙の本が。以前、人生で一度くらいは紙の本を出してみたいなぁと考えていた。それで出版社の依頼を受けて、紙書籍で出させてもらった本があった。

それ(女戦士レイプ凌辱もの)を二階から持って降りて、あとは一番最初DLsiteで出した電子書籍(妹ものライト強姦アンソロジー)を記念碑的に印刷しておいたものを、一緒に台所に持って行った。

「これ、俺が描いた作品!」

台所テーブルの上に置いた瞬間、母と妹がのけ反った。明らかにビクッとなっていた。

そこに置かれた1冊(女戦士レイプ凌辱もの)を手に取った父は、まじまじと表紙を眺めていた。やがて、椅子から立ち上がると、クリップ留めの一綴り(妹ものライト強姦アンソロジー)を何枚か手に取って、また眺めた。首を微かに振っていたかもしれない。

沈黙があった。自分は瞬きをしていた。くしゃ、という音がした。クリップ留めの一綴り(妹もの~)にみしみしと皺が入った音だった。

馬鹿野郎!!」

父の手元にあったはずの湯飲みが額にぶつかって、「やろう」まで聞こえなかった。痛みで聴覚が鈍ったあの感じ。二度と体験したくない。

まりの痛みに膝を崩して、床に崩れ落ちたところで、父の蹴りが飛んできた。また頭に衝撃が走って、それから床の上から何十回も肉体を踏みつけられた。

母も妹も止める様子はなかった。ただずっと、父から暴力を受けていた。痛かった。苦しかった。呼吸ができなかった。息を吸うためのエネルギーを体が回復力に転化しているのだな、と感じた。

なんで、どうして自分あんもの家族に見せたのだろうか。認めてもらえるとでも思ったのだろうか。自分は愚かだ。父がぶっきらぼう台所を出て、工場の方に向かうと、自分は立ち上がって妹の方を見た。母親の泣く声が聞こえたが、見ないことにする。

妹は、放心した様子でクリップが外れた一綴り(妹ものライト強姦アンソロジー)をじっと眺めていた。微動だにしていない。人は、本当に驚くとこうなってしまうらしい。

その場を離れて洗面台に行って自分の顔を見ると、額がパックリと割れて血が出ていた。後ろを向くと、床に血が滴り落ちている。

馬鹿だなー、お前。アホが。ゴミクズのどちらかだな。死ね

タオルで傷を覆って、自分に対する悪口を連ねた。気分は暗かった。鼻水と涙が出てきて、そのまま二階に上がって、傷は痛いままだったけど、マットレスで寝た。



翌日は全くの無言だった。父とも母とも妹とも会話をしなかった。以後もほとんど話さなかった。

自分は、稼いだお金ですぐに引っ越しをした。引っ越ししたことはなかったけど、インターネットとか、出版社の人に電話相談したりしながら、どうにかやり遂げた。

自分実家を出た日のことだ。あの時の二つの漫画を妹の部屋の前に置いていった。なぜかはわからないが、その方がいい気がした。

ワンルーム4.5万円の、都内にあるボロアパート引っ越した。以後数年間、ひたすらに漫画を描いて、描いて、描きまくって、今ではこの界隈で一定地位を築いている。

父とは最近、話ができるまでに関係回復した。前よりも気持ちよく話ができる気がする。心が通じ合っているというか。

母親はまったくだめだ。何を言っても聞いてくれない。正月実家に帰った時、「おせちできてる」「風呂が沸いた」くらいは言ってくれる。

妹には、今年の正月にようやく謝った。あの台所の四角い卓に座って、斜めの角度で一緒に食事をしている時だった。

「ごめんな。あん作品を作ってて。本当にごめん」と謝罪をした後、妹からは、「もういいよ。兄ちゃんお金持ちになれてよかったね。私もごめんね。ずっと辛く当たってた。本当にごめん」と返ってきた。

鼻をすすって、ちょっと涙目になっていた。肩をちょっと撫でてやると、涙が指に零れてきた。

実際、妹は許してくれたのだろうか。そこが気になっている。

あくま想像なのだが、妹はショボい兄が許せなかったのではないか不登校になって、社会的に低層にまで落っこちしまって、それが許せなかったのではないか。その現実を受け入れるために、自分に対してひどい扱いをすることで一貫性を保っていたのではないか

自分実家を出た日、あの時二つの漫画を妹の部屋の前に置いていった理由、それは多分、妹に対する感謝気持ちがあったからだ。

からひどい仕打ちを受けた。通りすがり悪口を言われたり、存在に耐えられない軽さの空気みたいに扱われたり、完全に下の存在として見下されたり。いろいろあった。

しかしだ。ムカつきはしたけど、ああいった体験がなかったとしたら自分は今の立場にはない。あの妹がいたから、あの作品が世に出ることになった。それで読者が喜んだ。

そうでなかったら、今でもフリーターとしてマックかどこかでアルバイトをして、ただ何となく若さを消費するだけの毎日を過ごしていた可能性が高い。父が、母が、特に妹が、自分という存在に手痛い一撃を加えてくれたから目覚めたのだ。

家族には感謝している。あの当時は畜生だと思ったけど、今では感謝の念が強い。最後になるけど、ありがとう自分という存在をここまで高めてくれて。今の自分に暗い怨嗟気持ちはない。午前八時の太陽のような、ほんのりと暖かい気持ちが込み上げている。

昔の自分に伝えたいことがある。諦めないでくれてありがとう

  • 長編作品をDLsiteに投稿した次の日だった。 サイトを眺めたところ、新着のおススメ欄に自分のやつがあった。クリックしてみると……「ランキング 24時間1位」とあった。「ファッ!?」...

    • pixivに初めて投稿したのは約八年前になる。 それから長い時間が経って、今は野良のプロとして漫画を描いている。特定の組織には所属していない。ごく稀にR18雑誌に寄稿したりもする...

      • ひでー家族だなと思ったが その逆境のお陰で増田は創作に情念を注いで成功したのだから今感謝してるのはおかしくないのかな

      • お前はすごい! 掛け値無しに本気でそう思うよ。

      • 「男性はカタログとシチュエーションに萌え、女性は物語と関係性に萌える」のだから。 これはいつものお仕事創作増田ですわ。文体もいつも通り 今日はずいぶん長文書いたね

      • ガンホーに行った子、かわいそう。 普通にセクハラだし悪いとも思ってないあたりが陰湿。 妹に理不尽に扱われたからって妹凌辱もの描くのも普通にドン引きするわ。 自分が不幸だか...

      • エロマンガシングサ・ガ って漫画描けよ

      • 週2しか行かないで済む形でマックのバイト出来るあたりが嘘松ぽいな

      • 文章(レトリック)がお上手ですね。「シーコール」が分かりづらいかな?と思ってちゃんと伏線を張ってたり努力の後が見えるのが面白かったです。 とっても良いお話なんだけど、書...

      • 絵が上手くて、マッサージも上手そうとは、充分才能に溢れてるとおもうよ。

      • 長編増田

      • 気になるタイトルだったけど、冗長すぎて最初の数行を眺めて、その後スクロールして全体の長さに嫌気が差し、結局ほぼ読んでない。 おまえ、そういうところだぞ、と言いたくなる。

        • 星新一のショートショートすら読めなくない?

          • 大御所と無名増田を同次元で比較してて草。 まあ俺は星新一のショートショートすら読まない(読めないではなく)けどさ。 作り話を面白いと思えない。

  • いい話だった シーコールは笑った

  • 最近減ったタイプの独白長文増田ありがたい。 最近は恥をみんな隠して書いてしまうから、愚直に書いてくれて面白かった。

    • 創作(嘘松)増田見てなにが楽しいのかわからん まとめ民マインドか?

      • まとめ民マインドさ!ᕙ( ´ω` )ᕗ

      • 元増田はリアルっぽいと踏んでるがどうだろう。この長文で嘘つくインセンティブなさすぎんか。

        • 嘘つきは意味もなく嘘をつく

          • そうなのか?嘘認定してる人も自分のほうが万が一誤っていた場合、自分が嫌になったりしないのかな?なんか怖い世界だな…

        • だからさぁwwwwwww 嘘松って言われたくないなら証拠出さないとwwwwwww なんでみんな頑なに証拠だしたくないのかなwwwwwwwwww 名前、生年月日、住所、職場とかそういうのwwwwwwwwwww なんでなん...

          • 書き込みをした私は全然第三者で今までの事情を全然知らないのだけど、君たちはこういうバトルを昔から繰り広げているのかい?

          • あっ自分が働いている証拠を出せなくて逃亡したニートだ

            • また君かぁwwwwwww くやしいの?

              • くやしがってるのはお前だろwwwwww 早く働いてる証拠wwwwww ほらほらwwwwwwwww 証拠wwwwwwww

                • いちいち反応してくやしいんだねw

                  • 知らん人が返信して、なんかバトルしてて藁 なんなんだこの人達…こんな界隈が増田にあったのまじで知らんかった

      • 「税金や確定申告にあまり縁がないけど、急いで調べて書きました」感が出まくりだからね。 0.1秒で創作臭いと感じる雑さ。 税金関連は貧乏人や若者が勝手なイメージ先行で書くことが...

  • >正月に実家に帰った時 帰(れ)るんかいっ!!😅

  • よかったね。塞翁が馬だね ところどころ差し込まれる映画タイトルを認識できてちょっと嬉しかった

  • 「あくまで想像なのだが、妹はショボい兄が許せなかったのではないか。」 逆じゃないか?しょぼい兄に救われてたと思うよ。 それがいっぱしに稼いでしまったから、立場なくなって...

  • 妹は「こいつの死後に遺産がはいるかも、縁は切るべきでない」と打算してそうだな。

  • 引きこもりで変わり者の兄が円満でない形で実家を出る際、妹の部屋に自作の妹陵辱を置いて行き尚且つ妹が元々兄に冷たかった場合 復讐のためにレイプされるかもしれないから大人し...

  • NETFLIXでドラマ化したほうがいい。

  • 文体から創作と判定してしまう自分がいるんだけど、実際に創作している人の文だとするとそんなもんかも、という気がするし、よく分からない。

    • なんか世間知らずの中学生~大学生が想像で書きました感がすごいよな

  • 素直にすごいなぁとおもったわ 頑張ったんだなー 偉いよ

  • 妹の存在を都合よく肯定に使ってるの気持ち悪い。 お金が稼げてなかったら、誰からも支持が得られない作品だったら、ただの変態でしょ。 性に誤解を増長するような、犯罪幇助的な作...

  • 一世帯でひとつなんだな(追記:扶養家族が一定以上のお金を稼いだ場合はこうなるそうです) なりません。 脱税など、ごまかす意図でもない限りはね。

  • なんでもいいからペンネームだけ明かしてくれ。 あとはすべて水に流してやる。

    • 誰かほぼ特定できたけど、この投稿が他人の創作だった場合面倒なことになりそうなので書かない。 pixivの投稿内容・デビュー時期・作風からあの作家にしか思えないが、逆にまんま過...

      • あんた偉いな。それがあの人のためやで。 言いたい気持ちもわかるけど、黙っててあげよう。 俺はあの人の作品が好きだから黙ってる。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん