2021-12-02

これから家を建てる人へ耐震等級のすすめ

住宅系のはてブが増える中、耐震の話はなかなか出ないので教えてやろう

耐震等級3を取得しましょう

建築基準法で決まっているのは耐震等級1なので、今建てる建物は最低でも耐震等級1の強度はある

でも耐震等級1っていうのは大地震でも家が壊れない強度ではなく、家の中の人が無事に生還できる強度なのね

まり耐震等級1だと家は壊れちゃいます大地震の後は住めません

耐震等級2だと微妙ライン絶対ではない

耐震等級3だと大地震後も住める可能性がかなり高まる

震度7地震が2回続いた熊本地震で、耐震等級3の倒壊数は0棟なので

耐震等級3には2種類ある

簡易的な計算による耐震等級3と構造計算による耐震等級

詳しく書くと長くなるのでどちらが性能良いかだけ書くと、構造計算による耐震等級3です

でも計算手数料で10〜20万はかかるかも?

耐震等級3は地震保険料が半額

保険に金かけるくらいならそもそも家が頑丈な方がいいよね

高気密高断熱と耐震等級

高気密高断熱の家って結局断熱材と気密シートでくるっと包んでる家なんだよね

から亀裂が入ると断熱材に隙間ができてせっかくの性能が落ちちゃう

気密シートが破れると性能落ちるどころか壁内結露が発生する可能性も出てくる

地震で家が揺らされると少なからず変形するから

見た目は無傷でも断熱材や気密シートがダメージ受ける可能性は高い

地震の揺れでも変形しないようにできるだけ頑丈な(固い)耐震等級3にしておいた方が

高気密高断熱が保たれる可能性が高まる

せっかく高い金かけて高気密高断熱にしたんだからね。合わせて耐震等級3にするのがおすすめです

  • 倒壊しない目安であって地震の後もそのまま住めるは言い過ぎじゃないの そのまま住むためにはある程度改修費かかるイメージ

    • サンプルがまだ少ないのでアレだが、 実際の熊本地震のデータでいうと 耐震等級3の住宅16棟中、14棟が無被害で2棟が軽微小破。 なので大半はそのまま住めてる。

  • 倒壊しない目安であって地震の後もそのまま住めるは言い過ぎじゃないの そのまま住むためにはある程度改修費かかるイメージ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん