2021-11-13

高度な人工知能あなたに適正な職業は……ない!?……です」

20XX年、トラックに轢かれて異世界転生した僕は、新たな世界生活を始めることになった。

その異世界人工知能が発展していて、国民は誰もがその人工知能の定めた職に就く事になっていた。

満十五歳になると誰もが人工知能から職業を告げられる。

だって自分に合った職に就くことが幸福なのだから……。

から僕も異世界に転生し、無事に十五歳になると高度な人工知能の前に呼ばれた。

そして、そこで僕は職業を告げられる。

そのはずだったんだけど――

なんと僕には適切な職業がないのだと、そう言われたのだ!!!

こんなことは前代未聞であり、建国以来、初のこと。

人工知能は未曾有の事態に混乱し、とりあえずはと僕に仕事を与え――

そこで僕に当て付けられた仕事が、これってわけだ。

まり増田に書き込むこと”。

僕が毎日増田に書き込むのにはそういう理由があるんだ。


増田への書き込みを発端に、波乱に満ちた冒険が始まろうとしていた……!

  • >増田への書き込みを発端に、波乱に満ちた冒険が始まろうとしていた……!  これより先のない物語の始まり見たことない

  • 異世界で職業を得られなかった俺、増田の世界でブクマ無双する

  • 自分だけ職業が決まらない〜みたいなの読んだことあるな〜と思ったら『ザ・ギバー 記憶を伝える者』っていう児童向けディストピア小説だったらしい

  • 第一部 完

  • 未来のAIは正直だな。 我々の時代のAIは適職がなかったら「とりあえず芸術系の職業が向いてるんじゃない?」と遠回しな提案をした。

  • (^^)https://www.irasutoya.com/2016/08/ai.html?m=1

  • 給料を出せる仕事はありませんが、給料の出ない仕事ならあります。

  • AI「他の異世界に転生するのはどうでしょう?」

  • 「編入番号021番・紗伊阿九斗。将来の職業、増田!」 ざわざわ…

  • AI「労働者が不足している職種に適合するようにあなたの人格を書き換えます」

  • それってデルポイ神殿とかでアテナイの信託でも受けたいんすか?

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん