2021-10-13

1000万以上のCF 3回目に失敗して4回目に再挑戦している漫画家

追記:長すぎてごめん

子供の頃好きだった漫画家

お気に入り作品同人誌をまとめて単行本商業出版書店流通するけど、昔断筆した作品は1冊につき1000万円以上ないと描けないよ。

支援者更新通知しなかったり、事前の予告なく自費出版書店流通掲載回数減らしたり、リターン返してないのに他作品を描いたりしてたら3回目のCFで失敗したよ。

③再挑戦もサイレント改悪してるしCFやってる事に気付かない=普段の作者の活動をチェックしてない支援者に頼らないと達成できない状況に未来はあるの?

というだけだった。

CFおかわりは1商品複数サイト実施するという別の意味で使う人がいるそうなので改題しました。

追記ここまで

子供の頃好きだった漫画の作者が4度目のクラウドファンディング(以下CF)に挑戦中だ。3回目のCFの時、今まで色々あったけど、過去CFと同様に熱心なファンが締め切り直前にお金を積んで達成させるだろう。そう思っていたが、そんな事はなかった。「仏の顔も三度まで」という事だろうか。その漫画家の話をアウトプットしたい。細かい小ネタは省略する。

 漫画CFって失敗したら再挑戦するものだろうか?CFというものは「どうしてもやりたい事がある人」が「どうしても必要金額を集めるため」に「全力を尽くすもの」だと思っていたので、「再挑戦」という発想が私にはなかった。達成できなかったという事は、目標金額に見合った需要がなかったのではないか

 しかし、やり直すからには読者からの不満を改善するだろう。以前、一生描き続けるとも言っていた。持続可能企画を建てるだろう。そう思っていたが、また悪い意味で期待を裏切られた。見どころは「月イチ更新」を「隔月更新」にサイレント修正したところと、CF再挑戦を発表した時点で支援者に送ったアンケートが未読スルーになっていて(指摘は複数なので数通読飛ばしたわけではない)、指摘されると「スタッフ確認する」と言ったことだろうか。おそらく、漫画家アンケートを読んでいないのだ。

 本当にどうしてこうなった。「誠実に書き続ける」という言葉はどこに行った?

CFをするまで

 漫画家はAというシリーズを連載していた。私は、少ないお小遣いをAの小説ドラマCDに使うくらいにはファンだった。Aの連載中に別の雑誌で新連載Bを開始、Aは隔月連載になった。Aの連載だけでも下書きで掲載されたこともあったし、大丈夫なのかと心配したことを覚えている。やはり無理があったのか漫画家は新連載Bの単行本を発行することな体調不良のため休業に入ってしまった。数年後復帰するも、Aは描けない。Bは描くかもと何故かAだけ絶筆宣言ネットではファンが悲しんでいた。

 漫画家リハビリ短期連載を開始したが、体調不良のためか、絵も話も以前ほどの魅力はなくなっていた。短期連載後、連載Bの出版社で読切Cを発表。アンケート結果は悪かったようだが、作者はこの読切Cがお気に入りで、同人誌で発表後、縁のある出版から単行本を発行するところまでこぎつけた。作品を形にして、連載を獲得しようと思っていたようだ。

 そう、Cに関してはCFに頼らずとも漫画を描けていたのである。(重要

 新作に情熱を傾けるその一方で、漫画家はAを切り売りしていた。グッズやイラスト集を出して同人イベント販売したり、愛蔵版を発行したり、PDF原稿販売したり、新たに画集を発行したり、ファンクラブを作ったりした。おそらくCFまでに売れるものは全て売っただろう。(描くかもと言っていたBは需要がないのかほぼ手つかず。)

 私は、もう描けないと言ったのに、グッズにはするのかと思った。だったら続きを描いてくれればいいのに、と。最初愛蔵版は購入したが、同人イベント対応が悪くて炎上したのをネットで見かけて、なんとなく冷めて続きは買わなかった。その後に買わなくてよかったと思わせる事件があった。Aの愛蔵版の最終巻は、過去単行本未収録分を売りにしていたのに、ほんの2カ月後にAは無料で読めるマンガ図書館掲載されてしまった。思えばこの頃から、この漫画家は「お金を払った読者の気持ち」が考えられないという一面が見えていた。

CF開始

最初CF目標金額マンガを描くためのCFとしては高額だった。でも、「Aを再開するなら」と過去ファン支援し、すぐに目標金額を達成することができた。漫画家は「目標額以上の支援金はクオリティアップやさらに続きを描くために使う」と言った。それを聞いたファンは喜んで目標金額の2倍の支援金をつぎ込んだ。別にストレッチゴールを設定されたわけでもないのに。

2年連載分のお金が集まったけど、連載は駆け足だった。漫画家曰くCF達成後にネームをきってみたら、単行本2冊分の情報量になってしまったが、それを1冊に詰め込まざるをえないらしい。冬のイベント販売する予定なのでしょうがないのだろうか?そう思っていたら冬のイベントではAは販売されなかった。情報が開示されずファンモヤモヤしていたが、春になるとA続編は読切Cのように商業出版された。重版もされたし、印刷代が浮いた上に作者の収入になった。またCFお金も残っているし続編も読める。ファンはそう思っていたらしい。

商業出版の数カ月後、CFの余剰金は自費出版書店流通に消えたらしいということが発覚。炎上してツイッターまとめも作られた。ツイッターまとめはその性質上、作者と支援者の会話まとめでしかないのに、漫画家は誤解だ、違うと言い続けた。(ちなみにそのまとめページ営業妨害になるといけないからと現在非公開にされている。やさしいせかい。)CF資金の使い道に「製本費用」と書いてあるので問題ないのだと。いやいや、後から更新された目標金額達成時のコメントの方が最新の情報だったではないか。そんなにやりたかったのなら最初から自費出版書店流通ストレッチゴールを設定すれば良かっただろう。約束通り同人誌販売すればそれなりに利益が出ていたのではないだろうか?漫画家お気に入りのCはCFをしなくてもアシスタントを雇って同人誌を発行し、Aの続編より分厚い単行本が完成したではないか

金額使用明細を公開して欲しいと漫画家要望があったが、例のCFは「購入型CF」なので、リターンを返せば特に問題とはならないらしい。リターンはどう考えても相場より高い金額で設定されているのに、リターンさえ履行していれば良いというのはちょっと納得しがたいものがある。

CFおかわり

上記の通り炎上したが、なぜか大幅に目標金額が値上げされた2回目のCF成功した。おそらく本屋でAを発見した読者や1回目に間に合わなかったファン支援したと思われる。ただし、余剰金を出さないかのようにラストスパートギリギリ達成した。マンガはつらくて読めないけど支援はするという人もちらほら見受けられた。ネット上で数人観測したので実数もっと多いと思われる。

漫画家ファンボックス運営しているのだが、有料情報として連載の掲載日報告をしていた。 (課金していなくてもタイトルは読めるので報告の有無はわかる。) その後にツイッターで告知をした。掲載当日は読者の感想RTが先。その後だいぶ経ってから当日の告知。

ツイッター支援者つぶやく。「CF活動報告での通知がない。ツイッターをやってない人もいるから通知した方がいい。」つまりCF支援している人に更新日通知が届かずに、ファンボックス支援しただけの人に通知が届くというおかしな状況になっているのであるCF 1回目のリターンにはあった進捗報告のメールCF2回目からは無くなっていた。でも、ファンボックス投稿しているのなら、書いた文章コピペしてCF活動報告に載せれば良いだけではないのか。真のファンは2重に課金しなければならないのだろうか?漫画家はよくエゴサRTをしているし、その支援者感想RTしていたのだから活動報告での通知についてのお願いも読んでいるはずだが、その後もCF活動報告での通知はほとんどなかった。

CF1回目の連載は12回だった。特に記載がなければ、CF2回目も12回の連載だと普通は思うだろう。しかし、CF2回目はリターン短編を含めて9回で終了してしまった。しかもその内1回はコロナのために減ページをしてしまった。1回目と違ってイベントで売る予定でもないのに、時間をかけてページを増やそうとはしなかった。(※この漫画家のなんとか〆切を守ろうという姿勢は他のCF比較して唯一褒められる部分かもしれない。)

CFのページに連載X回と言う記載がないので、今後も掲載回数が減っていく可能性がある。1回のページ数はもちろん増えたりしていない。むしろカラーページも減っている。それでも連載回数については炎上しなかった。やさしいせかい

連載が9回で終わる予兆はあった。連載が終了する2ヶ月前、某イラスト受注サービスが始まったので、漫画家は楽しそうですねと受付を開始してしまった。目安の金額を設定したが、誰もその金額発注しなかったのか、それ以下の1万円で受注していた。その後も条件を変えて受付していたが発注はなかったようだ。だってCF1000万以上の金を集めての連載中なのだ支援金を1年で日割りしても1万円の倍だ。そんな暇があるのなら肝心の連載のクオリティを上げてくれと多くのファンは思っていただろう。

連載終了前に某配信サービスも始まった。製作過程マネタイズできるという某サロンの主張を反映したサービスのようだ。漫画家配信モニターに選ばれたのだろう。サービスを褒め称え、開始日から配信をしていた。元プロなのに、トレス素材を使ってAのキャラを描いていた。そもそも漫画家デジタルには不慣れなので配信悲惨だった。

漫画家は「制作過程マネタイズできる」という思想が大変お気に召したのか、配信を通して新作Dを制作すると発表した。Aの最終話掲載される前で、もちろんリターンの発送もまだだった。しかもDの予定は出せるのにAの今後の予定は未定だという。Aは1000万以上お金が集まらないとネームさえきらないのに、Dは描けるのだ。描くテンションもAとは明らかに違う。楽しそうだ。アシスタントも来る。そのアシスタント代はどこから出ているのか。仮にファンボックス100人登録していたとしても月々10しか入らないはずだ。先出し情報しかないファンボックスにそんなに登録があるだろうか?このあたりで流石にジワジワと炎上し始めた。

配信に来る人達知名度のある人がRTたからか、とても口調が悪い人もいた。漫画家ファンは「病気から復帰したかわいそうな先生」と思っているので優しいが、初見の人は厳しかった。更に上記炎上に関連してファンから絶縁宣言された。

漫画家エゴサなどで多少のスルー能力があると思っていたが、流石に堪えたのか、Dの発表の場をファンボックス支援者限定することにした。配信サービスタイムラプスではない事を褒めていたのに、やっぱりタイムラプスにするのだという。お試しとしてタイムラプスが公開されたが、画面サイズ関係でとても見づらく、解像度も低く、ネームの字も読めない状態であった。見辛いというコメントがついたが、制作過程を見るものなのでラフを眺めるものだと返信がついた。そうじゃないよ、見えないよ。そう考えたであろうファンたちが多かったのか、見辛いというコメントに「いいね」がたくさんついた。すると漫画家はその記事を消してしまった。

CF3杯目

CF2冊目の本はAmazonオンデマンド販売するということだったが、なかなか販売されなかった。どうしてだろうと思っていたが、余った分をCF3回目のリターンにするらしい。なるほど?素人考えだが、2冊目の利益を3冊目作成に充てるという発想はないのだろうか。作者のファンだけど今までのCFを知らなかったというファンは意外と多いらしく、2冊目のリターンはすぐに埋まり、追加の要望も出ていた。1冊目は全国販売して重版したのだから、2冊目も売れるのではないのだろうか?

AのCF直前には新作Dの外伝を描くと言い出した。外伝というが本編もまだ1話しか出来ていないのに。しかもなぜか百合とかBL風味だった。なんでや。セルフ二次創作か?多分99%の読者はついていけてない。「どうしてDは無料で描けるのにAはお金がないと描けないんですか?」というリプも飛んでくる。ごもっとである

漫画家CF募集中コロナ禍の過去最大の感染者数を記録する中、連日外出していた。連載中のコロナ休暇はなんだったのだろうか。宣伝のためにイラストの一つも描けば良いだろうにそれはなかった。

CF「失敗」

 3回目のCFは失敗した。2回目が金銭トラブルの後になんとか達成したから3回目も達成すると私は思っていた。漫画家は焦ったのか、終了前日に高額リターンの追加を行った。これが却って良くなかったんじゃないかと思う。結果的に最終日の追い上げとなる支援はなかった。

 CF募集終了後、漫画家CFを「失敗」と表現し、ツイッターアンケートを取った。「①Aの再挑戦 ②新作D ③まったくの新作。」支援者達は目標金額こそ集まらなかったがAに多額の金が集まっているのに「失敗」と表現されたこと、「失敗」したから新作Dや別の新作を描く可能性を提示した漫画家失望してしまった。ファンは作者がエゴサをしていると知っているか本音をなかなかつぶやかないがこのときばかりは作品名や作者名を出しての批判がたくさん出た。支援者はページ減よりもクオリティ低下よりも、Dへの浮気が嫌なのだろう。

CF再挑戦

 漫画家CF再挑戦のためにやった事

ツイッターアンケート

過去支援者アンケート

・どうして3回目の前にやらなかった?冒頭に書いたとおりスタッフが集計しているらしい。

未読スルーのまま再挑戦を発表。

過去支援者に開始日を告知

・私が支援している別のCFでは実施済みである。どうして3回目の前に(略)CFサイト担当者が一人つくらしいが、その人は何をやっているの?手数料170万円以上だよね?

過去支援者に連絡したところCF開始に気付かなかった人が多数存在したらしい。やはり、支援者ツイッターフォロワーだし、支援者ファン支援者ではないか…。漫画家はこれを自覚して支援者サービスしてあげて欲しい。

④ グッズのリターン追加

・グッズの絵柄はわからない。CF1回目はグッズのための書き下ろしだったけど、2回目以降は連載のカラー扉の流用。それでも金額底上げの役に立っている模様。

⑤ (手数料オフキャンペーン中のため)目標金額を値下げ。

・本当に1000万円必要なのだろうか?

⑥ 連載の隔月化とリターン発想1年延期

・どうして改悪したのだろう。気づいていない支援者多数と思われる。

 ここまでダラダラと書いてきたが私は1度も支援していない。支援者でさえ、クオリティが低くて読めないと言う人がいるのだ。私もツッコミを入れつつ時々ガッカリしながら読んでいる。

 CFは「期間限定お金が集まらないと実現しない」と煽る酷いシステムだと思う。同じ漫画家同人イベントでリターンと同じ金額単行本やグッズを並べてもボッタクリと叩かれて売れないだろう。CFがなければどうだったかを時々考える。もしかしたら、漫画家がAの同人誌を描いてくれて、商業単行本販売されたかもしれない。逆に、CF以前のようにファンクラブでAのイラストを細々と描いて、漫画家は好きな作品だけを描いていたかもしれない。

 ツイッター検索するとエロゲーなどでもCF問題が発生しているようだが、基本的に高額を払うファン相手にしているのであまり問題になっていない印象だ。なんとかならないのかね。

  • あっそ

  • こないだ日曜深夜に第二期第二話を放映してた異世界ものアニメの中の1シーン、ミグルド族とエルフ族が異性愛について会話してるのを共に騎乗中のモンスターの騎手してた同性愛者...

  • 多分書いたの女だろ クソ長くて読む気にならないけど、 何で女ってこういう駄文で無駄に伏せ字にするのかね 読んでほしいならその漫画家が誰なのかくらい最初に書け

  • なっが。もうちょっと短くまとめてくれよ あと誰だよこれ、ここまで詳細に書いたなら名前くらい書け

  • 漫画家 クラウドファンディング Amazonオンデマンド でぐぐったら出てきた

    • 有能~ 俺も知らん~ それでも1000万プロジェクトが二回Successしてるんだな~

  • 夜麻みゆき ほーんドラクエ4コマの人か しらね

  • 三行

  • レヴァリアースだけ読んどけばええやん アレの吐血ギャグ好きだったわ 鋼の錬金術師で吐血ギャグやってるの みてパクリやん!って思ったけど たぶん昔からあるんやろな

  • CFじゃなくてCi-enとかPixivFanboxで集金すりゃいいのにな

  • 数行読んだだけでピンとくるくらい、この人の悪質さは有名。 未完の名作で終わっておけばよかったのに。 ちなみにリターンは早くておよそ3年後。 ★スケジュール(予定) 2022年 春...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん