2021-10-11

実際友達グループのなかでの存在感をグッと増すための手軽な方法として自殺っていうのはわりと強いと思っていて、なぜならおれは急に友達自殺したらかなりずっとそいつのことを考えると思う、考えざるを得ないと思うから

個人的には死そのものはあまり悲しいものだと思っていなくて、そりゃ「追い詰められて自殺をする」って過程は悲しいかもしれないけど、まあそれにしたって生来気質的にどうしようもない場合もあるわけで、そもそも追い詰められてたのかすらわかんないし、無理に止めることじゃないと思う、自殺

しろ本人がやりたいと思って、恐怖だったりやっちゃいけない雰囲気だったりに打ち克って大事を成し遂げたわけで、おめでとー!っていうんでもいいかもしれない

でもやっぱり友達が急に死んだらショックだろうし、死ぬ死ぬぜ〜って予告してから死んでもショックだろうな

・もう話せないのが寂しい

・先に成し遂げられて悔しい

おおまかに言ってこの二つの感情だろう

高校の頃仲良くしてた5人くらいのキモオタクグループ、たとえばあんなかで一人が自殺したみたいな報が入ってきたら、おれはもう、グループのことを思い出すたびにそいつの顔を第一に思い出すしかなくなってしま

そういう意味では、自殺ってのは爪痕を残すのにかなりいいのかもしれないですね

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん