2021-09-19

いろいろ間違っています

国語警察です。増田書き込みはいくつも間違いがあり、看過できません。

1つめ。まずお茶ペットボトルに書いてあったのならそれは川柳ではなくおーいお茶伊藤園主催する俳句大賞です。夕立という季語を入れているので、作者は俳句としての読み取りを求めていると解することができます俳句解釈はいくつかフォーマットがあるので、読み取りにはある程度それを知っておく必要があり、簡単に云々するのは適切ではありません。

2つめ。件の句は大変面白い句です。やや読み口が未熟ではありますが、賞に選ばれるだけの作品だと言えます。以下、少しだけ解説します。

まず、夕立季語として用いているので、季節は夏。象は「夕立」が降る日本でよくいる動物ではありませんから場所動物園とほぼ確定できます。夏の夕方に作者は動物園を訪れているわけです。事情はさまざま、ですが、一般的にいってどんな心境だと想像できるでしょうか。夏休み家族連れ?詠み手子供?親? 確実に言えるのは、詠み手はそう不幸な状況にあるわけではないと考えられるということです。不幸な人は、夏のさ中に動物園に来たりしませんし、夕立の中でぼーっと象を眺めたりもしません。むしろ想像できるのは、それなりに幸福な人で、新鮮な心と驚きをもって周囲に向き合っている人だということです。そこで、そういう心で、目の前の情景に向き合ってみましょう。

何も心配することのない子供のころの心で、夏のさ中に動物園にやってきた状況を想像してみてください。いろいろな動物のむせかえるような匂いに少しへきえきしながらも、非日常感に心躍らせる思いで時間はあっという間に過ぎ、気づけばもくもくと黒雲が辺りを覆っていて、不意に夕立が訪れます。象はいつも動物園の人気上位です。目の前の象の圧倒的な非日常感は、この日一日の中でもとりわけてあなたの心を喜ばせたでしょう。そして、夕立。遮るもののない中で、夕立普段よりもいっそう激しく感じられます。雷もなってあなたは少しひるんだかもしれないし、あるいはワクワクしたかもしれません。ですが、目の前の象はどうでしょう。象舎に入るでもなく、動じるでもなく、まるで心地よいシャワーでも浴びるかのように、何物にも動じません。そんな象の姿は、あなたの心を揺さぶらないでしょうか。それが、象への感動なのか、夕立への感動なのか、二つが混ざった状況は、目の前の柵の存在すら忘れさせて、ふと見たこともない遠いアフリカスコールを浴びる象の野生すら幻視させるかのようです。象が夕立を浴びている風景を、主語を逆転させ、夕立が象を洗っている、と見たのは、夕立に象に劣らぬ存在感や主体性詠み手が感じたことを表しています。そして、夕立というあまりにもありふれた題材が、象という、俳句にはなりにくそうな題材と出会うことで、なんと生き生きと、生々しく荒々しい存在感を生み出していることでしょうか。異質な二つが出会うことで取り合わせの妙が生まれる、つかず、離れず、のこの関係を「不即不離」と言います。上質な俳句に欠かせない、新鮮な感動だけが生み出す言葉マジックです。

最後の「またたく間」もとても素晴らしい。夕立は短いものですが「またたく間」というほどかというと少し誇張なので、このあたりやや詠み手の未熟さ若さと捉えられるかもしれません。しかし、この「またたく間」は、まさに瞬きも忘れるほどこの情景に見入っていたこども心の「またたく間」であり、必ずしも一瞬とは限らないとも言えます。また、ウォッシュされた結果クリーンになるのがまたたく間だった=それほど激しい夕立だった、と取ることもできますし、さらに読みを深めれば、これらの幻視、ひいてはこの日一日の非日常の全てがこの瞬間に込められており、夕立とともに非日常ははかなく消え去っていく、ただし、後に残るのは夕立の後のような爽やかさで、この一言とともに、象と夕立幻視に閉じ込められていた詠み手が再び現世に返り、我々読者もその爽やかな読後感を共有できる…そんな終わり方です。幻は一瞬であり、一瞬であるがゆえに永遠。この句はそんなことまで感じさせてくれます

そんな、まるで壮大な幻を一編の短編映画に仕立てたような幻想を、わず17字に詰め込む、これこそが俳句の妙であり、これはそんな俳句という表現形式の魅力を存分に発揮した作品だと言えるでしょう。実に見事というほかはありません。

3つめ。これは一番勘違い修正いただきたく、返信をしようと思った最大の理由ですが、「分け入っても分け入っても青い山」は、種田山頭火俳句です川柳ではありません。無季自由律であってもそこに俳句スピリットがあればそれは俳句だ、というのが彼らの主張であり、その主張自体をどう取るかは人それぞれの考え方にもよりますが、「あれは俳句ではない」と主張するならまだしも違うジャンル呼び名で呼ぶのは、俳句に対して、川柳に対して、そして山頭火に対して、あまりにも失礼で不当です。この勘違いは、即刻修正していただきたいです。

最後に、俳句川柳面白さはまた違うところにありますが、川柳面白さはもっと言葉の響きや並びの妙といった所にあるので、「情景が浮かばないとダメ」といったような狭い(ある意味俳句的な)縛りの下にあるものではありません。その点も、増田勘違い修正された方がよいと思います俳句世界川柳自由さは、それぞれに面白いものであって、それぞれの特長をきちんと知ることで、それらの作品をより深く味わうことができるようになります。知らないで否定することは簡単ですが、それはあなた世界を狭くしてしまます。分かったつもり、の人生より、世の中にはまだ知らないことがたくさんある、という人生の方が、楽しいと思いませんか。お茶ペットボトルを飲み捨てることなく、そこに書かれた一言に目を向ける精神は素晴らしいと思います。どうかそのように、物事簡単に切って捨てるのでなく、小さなところにも発見のある人生をお送りください。

anond:20210918185654

記事への反応 -
  • マジで意味がわからなかった。 職場の自販機で買ったお茶についてきた川柳だ。 そもそも象を洗うという言葉が分からない。 飼育員による川柳なのだろうか。 だがそうであったとして...

    • 国語警察です。増田の書き込みにはいくつも間違いがあり、看過できません。 1つめ。まずお茶のペットボトルに書いてあったのならそれは川柳ではなくおーいお茶の伊藤園が主催す...

      • 正しく突っ込んでくれる言葉は気持ちいい

      • 故 景山民夫が文学研究なんて「要するに深読みバトルじゃねーか!しょうもな」てイチヌケしたやつだよな

      • アドバイス罪でブロックしました。

      • ・動物園の飼育員が、象を洗ってわーきれいになったとおもったら瞬く間に夕立がきて(象は水たまりで虫をとるために水浴びするので)もとの泥だらけにもどった ・なんなら象の形の...

      • 俳句大賞の俳句をめぐる、増田氏の指摘に、疑問が投げかけられている。俳句の解釈にはいくつかフォーマットがあり、読み取りにはある程度知っておく必要がある。俳句という表現形...

      • 無季自由律でも俳句といえば俳句なんだってもうわけわかんないよな

        • 無季俳句や自由律俳句が成立し得るのに無季自由律俳句が成立し得ない理由がないんだよなぁ 無季自由律は俳句の本質そのものへの挑戦だ

          • 俳句も含めた詩の本質って基本的に形式上の制約があることのはずなのに、日本の国語教育では心情を表現するのが詩ってことになってるのはなんで???

      • はい、答え合わせしよっか https://itoen-shinhaiku.jp/archive/31/ 伊藤園の言う「新俳句」って俳句とはちょっと違うものと言うニュアンスだったりしないの?

      • 「間違ってます」 はいこの一言でお前失格。 そういう世界じゃないんだよな。 俳句も川柳も。

      • どうかそのように、物事を簡単に切って捨てるのでなく、小さなところにも発見のある人生をお送りください。 と他者に講釈垂れてる人間が開口一番で いろいろ間違っています と...

      • anond:20210919002338 藤本タツキへのルックバックへの批判者には統失だ異常者だと誹謗中傷し専門家であり精神疾患領域の臨床医までもリンチしたくせに 17文字でこんなに書いてないことを...

      • たかが俳句でここまで手斧投げれるブクマカやべえな

        • 誰かにとっては「たかが俳句」も別の誰かにとっては「されど俳句」なんだよなぁ。

          • だから俳句を棍棒にして他人をしばくのか?w

            • あの程度の指摘を「しばく」とか言ってるんじゃ世間の荒波に耐えられないんじゃない?

              • 手斧は手斧だろ

                • 棍棒だったり手斧だったりいろいろあんだな。 棍棒はクラブ(1d4)とグレートクラブ(1d8)のどちらなのか気になるところ。 ハンドアックス(1d6)だとグレートクラブよりも期待値低いんだな。...

                  • 最強武器ばかり選んでるとGMに嫌がらせされそう

                    • 多分、服とか鎧とか溶かすスライムが上から振ってくる。当然武器も溶ける。 皮鎧を溶かすやつは肉体にもダメージくらっちゃうかな。

              • 指摘?先の増田に指摘と呼べるほど引用により構成され根拠のある解説はされてなかったじゃん 子供時代?動物園?アフリカ?雷?挙句の果てにはトリップして幻の世界までキメちゃっ...

                • あー、うん、なるほど。 想像の余地(トリップして幻の世界を決める鑑賞手法)というものを認めないならそうなるわな。

                  • 増田はトリップしなければ間違いだと手斧投げてんだろ

                    • トリップの解釈もあるんやで、って言ってるだけでは。 国語警察は、大元の増田が主張する川柳に対する固定的な評価手法を「間違ってる」と言ってると解釈したんだが。

                  • 増田はトリップしなければ間違いだと手斧投げてんだろ

      • しかしこうも主観にまみれた適当な評論を自信満々に語れるのはすごいな。 そしてそれをあっさり信じるはてなの騙されやすさ、頭の悪さよ……。

      • 他人の句が賞をとっていることを利用して「この素晴らしさが分からないなんて。ちなみにこれは『解説に書いてある内容』ということなんだよね」とベラベラ言い出すのはスネ夫っぽ...

      • これもいろいろ間違ってるんだけどな。 だけどそれをここに書いちゃうとはてなーは自分で調べる姿勢を失うことになるから書かない。 ただこれだけは言わせて欲しい。 3つめ。これ...

        • だけどそれをここに書いちゃうとはてなーは自分で調べる姿勢を失うことになるから書かない。 何も根拠ないけど とりあえず自分の方が上で相手が間違ってることにしたいときに言う...

          • 他の何かを批判するための根拠を自分の学びからではなく、誰かが「コイツこのやり方で殴れるぞ」と唆してきたことに委ねてしまっていることへの批判としてはこれで正解では? 結局...

            • 相手を調べないやつだと定義してんのに 「あれ間違ってるよ、根拠は教えないけどね」で相手が調べ出すと思ってんの? マジで思考ヤバイと思う

              • 答えを教えちゃってるから調べない ↓ 答えを教えなかったら調べてくれるかも これがヤバイんだ。 ヤバイね

        • 逃げ腰はよくない

      • 批評家ってなんで何も生み出してないのにいつもこんなに偉そうなんだろうね。

      • 突然の雨音に誘われて窓を見るとそれが夕立であり同時に今が夕方だと気づいた 実際、私は今象印の魔法瓶を洗っていて、それは今日という日が終わりへ差しか返っていることを意味し...

        • 俺はこっちの解釈のほうが好きだけど、先生に聞いたら「不正解です何故なら云々」って説教されて嫌な気持ちになるだけだと思うよ。 こういったものは他の人と共有しようとせず自分...

        • お前は水筒を野ざらしに置いておくんか?

      • もしもこれを描いてるのが釣りの騙りじゃなくてプロだとしたら窮屈で重苦しい世界だな。 この組み合わせがこう来たら必ずこうであるってパターンが決まってるなんて他の表現の世界...

        • はてなーは攻撃性中毒だからな。 あらゆる増田・ブクマが他者を攻撃するのに利用できるかどうかでしか見ていない。 政治関係のブクマを見ればお互いに攻撃し合うことに精一杯だろ?...

        • 書いてないこと勝手に付け加えて腐してる元増田のほうが呼ばれないでしょ

        • 対象の句に文句いいまくっておいて 自分が文句言われる側になると、文句付けるのはおかしい!って言いだすのマジ無様じゃない?

          • 無様なのは誰がこのレスしたのかエスパーしちゃいましたとすぐ言い出すお前のイカレた頭の構造とそれを自白していることに気づいてないところだよ ネットでレスバトルしすぎて完全...

      • 他人の解釈を否定して満足げなお前もまた俳句の伝道者として間違っているというツッコミ待ちってことでいいの?

    • 🐘🚿

    • 一つ言えるのはこの川柳には人の感情を揺さぶる何かはないということだ。 ×人の いつから人類の代表ヅラできるほど偉くなった?

    • あれって作者の年とか職業とかついてなかったっけ そこ見たらヒントがあったかも

      • 象印社員かもしれないし マホービンを洗っている女子マネージャーかもしれない

        • 象→動物園 って発想のジャンプを読み手にノーヒントで要求する所はちょっと無理があるよな。 解説なしでいきなり言われても「?」ってなるのは分かる気がする。 これが犬や猫とか...

          • ノーヒントって、日本で動物園以外で象を見れるところそうそうないやろ

    • 「夕立や熊を洗いてまたたく間」と直した方が良いって、俳句のあの人が言ってた。

      • 「夕立やタマを洗いてまたたく間」の方が 夕立ちをシャワー代わりにしてる風流な情景が思い浮かんで 夏井先生もニッコリだと思う

    • 夕立は季語だから、それは川柳ではなくは俳句。 その夕立は「象を洗う」と表現するほどに激しいものだった。しかし夕立らしく、「またたく間」の出来事だったのだ。動物園でびっく...

    • 元増田仕事で疲れてるんかなと思った。 コロナで行きづらいかもだけどたまには動物園へ象に会いに行ってみるのも良いのでは。

    • 夕立って夏の季語なんだってよ 暑い時期に動物園行って象と一緒に暑がってくるといいかもしれんね そしたら夕立が洗い流したものが何かわかるかもしれん

    • 朝立ちや魔羅を扱いてまたたく間 だったら増田にも情景が浮かんだだろう。 解説すると朝立ちしたあと面倒だったのでそのままシコったらすぐに射精してしまい早漏で悲しいという歌だ

    • 選者は安西篤。平気で韻律を崩し単語どうしのせめぎ合いや唐突な比喩を楽しむ、ただし徹底的に描写の人。時にユーモアさえ帯びた言葉の奥に何かの意味があることもあればないこと...

    • 雨が一瞬で象をびしょびしょに洗っていった、という情景を見てなにも感じるところがないなら、他の俳句読んでも何も感じないのでは?

    • 元増田の想像力が貧困って意見が多いけど、俺はむしろコイツは無駄に豊かな想像力に対してブレーキとハンドルの性能が追いついてないタイプに見えるな。 夕立が強いときでも象を...

    • まじか……まじなのか…… 「どう思えばいいかわからない」 とか、まずそこなのか…… 夕立が、象を洗うかのような強さでさっと降ってあがっていった。この俳句から浮かぶ情景にど...

      • 味わい人だ

      • なんで元増田に伝えようと思ったの? 元増田がこれ読んで、どんな気持ちを抱いて欲しいの?

        • え?むしろ何がだめなの?思ったことを書いただけだが、ここってそういうところじゃないの?なにを伝えたかったかとかそんなの答える必要あんの?? 暴言はいたわけでもないのに、...

    • まず「象を洗ったのは夕立である」ということを読み取る部分で躓くときついな・・・ ほら車って雨が降ったら洗うじゃん・・・

    • リベラルや ああリベラルや リベラルや

    • これに対して「象を洗ったのは夕立に決まってるじゃん」って決めつけちゃうのも読み方が浅いというか、想像力が足りてないのをテンプレに引き篭もることで補っているしょーもなさ...

    • 「や」とか「いて」とか読み方ちゃんと示してるだろ プレバトでも見てろよ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん