2021-08-23

anond:20210823004058

川島雄三幕末太陽伝

幕末品川遊廓舞台に、代金を払えず居残ってるフランキー堺やら遊女左幸子攘夷志士の石原裕次郎たちが右往左往する

落語元ネタにした軽快な喜劇で、時代の変わり目を駆け抜けていくフランキーがかっこいい

 

内田吐夢『血槍富士

酒癖の悪い主人に仕える片岡千恵蔵は川止めにあった宿でいろいろな人たちと出会うが

人生悲喜こもごもを描きつつ社会欺瞞をつく内田吐夢作品は傑作揃い

 

成瀬巳喜男流れる

斜陽柳橋芸者たちを置屋女中視点から描く

日本映画トップ女優たちが火花を散らす女性映画の大傑作

 

山下耕作『博奕打ち 総長賭博

組の代替わりを巡って、義理に縛られた男たちが運命の糸に狂わされていく

三島由紀夫も絶賛の任侠もの最高傑作ひとつ

 

中島貞夫狂った野獣

強盗強盗と出くわしてバス京都暴走する

スピード』の元ネタとされるがこっちはわずかに80分、強盗たち以上に客が狂ってる

 

コメントで上がってなさそうな作品を5つ選んでみたが東映に傾いてしまった。

記事への反応 -
  • 普段そんなに映画を観るタイプではないのだが 友人に勧められた黒澤明監督の『七人の侍』を観てから 40代にして初めて昔の邦画の面白さに気づいてしまった (もっと早く気づいていれ...

    • 川島雄三『幕末太陽伝』 幕末の品川の遊廓を舞台に、代金を払えず居残ってるフランキー堺やら遊女の左幸子や攘夷志士の石原裕次郎たちが右往左往する 落語を元ネタにした軽快な喜劇...

    • 午前十時の映画祭で現在「座頭市物語」上映中(一部劇場では「真昼の決闘」が終わったら「座頭市物語」)

    • 三船敏郎の大忠臣蔵 52話あるのに最初から最後まで面白い 今ならアマプラで見れる

    • 東京物語(監督:小津安二郎)

    • ・さびしんぼう(監督:大林宣彦) 1985年の作品。時は流れるね…。

    • 緒形拳の「鬼畜」と 萩原健一の「誘拐報道」

    • 俺もおっさんになってから昔の邦画めっちゃおもろいって思い始めたからよくわかる 「太陽を盗んだ男」もおススメ あと子供に教えてもきっと良さはわかってもらえない

    • 日本映画は70年代まではけっこう面白いよ。 80年代に入ると急にレベルががくんと落ちる。 90年代になるともっと落ちる。

      • ストーリーに無理が無い・ツッコミどころ少ない というだけで邦画にしては良い出来ってレベルだもんな

      • 80年代はTV、ビデオデッキの時代にうつったからかな 90年代はゲーム、00年代はネットね 10年代はなんやろ?モバイルかな 20年代はう~ん

        • ビデオデッキは80年代に伸びたけど90年時点でも普及率は70%くらいやで

          • ありがとう 70×1憶3000万だとすると9100万人が映画通いから自宅のレンタルビデオにシフトしたわけか

    • わかる 日本映画専門チャンネルは歴史的な視点でみると面白い ハイビジョンで50年前の風景がみれるのがいい ただしフィルムの状態がアメリカ英語と全然違うのが残念

      • ちょっと話題の本流から外れるから先に謝っておく。すまん んで、少し前の2003年の韓国の傑作映画、「殺人の追憶」日本語字幕版を見たんだけど震えるくらい面白かった でも絵が古い...

    • 切腹(1962年) 日本のいちばん長い日(1967年) この辺りは全盛期の黒澤と比肩するね。 どちらも近年にリメイクされているが、 悪い事は言わないのでオリジナル一択。 前者は特に海外からの...

    • 太陽を盗んだ男 昔の日本は元気だったんだなあって思える

    • 「君は憤怒の川を渡るクマ」だったっけ,面白かったよ。

      • 「君よ憤怒の河を渉れ」な。 新宿駅のロータリーの所(今も面影はある)を馬が駆け抜けるのとか、あんな事する意味があったのか?はともかく、凄いよね。

    • 拝啓天皇陛下様

    • 『生きる』ぐらいしかチラ見したことないわ

    • TVドラマだけど、緒形拳の「破獄」はどうかな?

    • やっぱり「〇〇の女」(宮本信子主演、伊丹十三監督)シリーズだろう マルサの女とか最高だ

    • そうなんだけど、昔の邦画ってセリフが聞き取れない(事が多い)。 デジタルリマスター版だと聞きやすくなってる事もあるから、たぶん録音技術が原因なんだろうけど。 (90年代頃の...

    • とりあえず鈴木清順の有名な作品は全部観たほうがいい

    • こういう感じで演歌に聴き入るようになったりするのかな

    • そりゃあ『愛のコリーダ』でしょう。 こんな狂おしい愛の物語なんてない。

    • 伊丹十三作品全般

    • 椿三十郎も見てほしい。

    • 北野武監督 座頭市 アウトレイジ3部作

    • ちょい古いところだと、「独立愚連隊」岡本喜八、「宵待草」神代辰巳、「地獄」中川信夫も神代辰巳もお勧め、「ツィゴイネルワイゼン」鈴木清順とか。

    • 山本薩夫「氷点」「華麗なる一族」、 溝口健二「雨月物語」、 岡本喜八郎「殺人狂時代」、 小栗康平「泥の川」、 黒木和雄「祭りの準備」、 黒沢明は「天国と地獄」、 増村保...

    • 「椿三十郎」と「用心棒」がおススメ。 七人の侍が面白かったのなら絶対楽しめる。   「東京物語」は途中まではたいしたことない。 当時と価値観が違いすぎて感情移入できない映画...

      • お前は八甲田山を見たほうがいいよ

        • マイリストに登録したまま、ずっと放置してたので週末観てみるよ。 おすすめをありがとう。

    • たしかに『生きる』を10代や20代で見ても全然ピンと来ないだろうね。

    • 面白いのは大体出ているな~ あとは・・・ ・斬る(岡本喜八監督、1968年公開) ちょっと新しいけど ・SF サムライ・フィクション(中野裕之監督、1998年公開) ・バトル・ロワイアル...

    • 洋画と邦画のレベルの違いはプロ野球とリトルリーグ以上の開きがあると思ってる。 音楽から構図から何から何までパクる。映画じゃなく全般的にクリエイティブやらしたら日本はまじ...

    • 伊丹十三は面白いけどたいてい濡れ場があるのでお子さんと一緒には見ないのがよい

    • 犬が三毛の一族

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん