2021-08-14

洪水あいそうなときはすぐ避難したほうがいい

令和2年7月豪雨で床上浸水した。想定外のことが起こりまくったので、いままさに大雨にあっている、あいそうな人に向けて避難を推奨する文を書いておく。

8/15追記被災にあってしまった後、何が起こるか、どうしたらいいかを書いた→https://anond.hatelabo.jp/20210815211223

起こったこ

7月3日夜 大雨特別警報がでる

7月4日午前3時か4時頃 スマホの非常アラームにたたき起こされる

7月4日午前7時 隣町で床下浸水(しばしばよくある)

7月4日午前7時30分 家の周囲が5㎝くらいの水深になる(いつもの大雨と違うことを察知)

7月4日午前9時30分 家の周囲が3mくらいの水深になる、床上1.5mの浸水

 ~このあたりからネット回線電話回線がしぬ。停電になる。ガスが止まる。

7月4日午前10時 水深2.5mくらいになる、そのあと徐々に水が引き始める

7月4日午後12時40分 水深1mほどになる

7月5日午後1時 ほぼ水がひく

 ~一度回線生き返るがそのあとすぐしぬ(これを最後に1週間くらい使えなくなる)。電気復活。

そのときの市の様子  https://www.youtube.com/watch?v=la-2FIObzW0


特別警報は信じる。最大限の危機感もつ

洪水になるような地域は正直普段から雨が多い。過去何十年かの間にちょっと近くの地盤低いところが洪水になったこともあると思う。

から大雨警報程度だとたぶん危機感はない。なんならスマホが非常アラームをならしても、まあうちは大丈夫だろうと思うはずだ。

ただ、大雨特別警報線状降水帯は別格だと考えておいたほうがいい。気象庁が緊急会見をするやつだ。これはまじでやばい過去経験はなにもあてにならない。

この警報がでたら速攻で家や町の状況に応じた対応をとることをおすすめする。


避難する場合の注意点

洪水時の避難において、いざとなってからでいいや、とか床下浸水まできたら避難するか、といった悠長な考えは許されない。取り越し苦労になってもいいから、やばいと思ったらすぐ避難が鉄則。

うちの場合2時間3m近く周囲の水深があがっている。めちゃくちゃ単純に計算すると、1時間で1.5m、30分で75cm、10分で25cmだ。

堤防決壊してからの水深の上がり方は半端ではない。まじで一分一秒の勝負である

堤防決壊した場合、穏やかな浸水などではない。すべての道路河川になると想像してもらうのが一番近い。めっちゃ流れがある。泳いでなんとかしようなんて生易しい考えは通用しない。


大抵の場合田舎避難所まで車で10-30分かかることもザラにあると思う。そういうときは無理せず近所の山に登るほうがよい(ただし土砂崩れリスクの高いところは避ける)。

なお車は数十センチ浸水で動かなくなってしまう。避難途中で車が動かなくなり、水圧でドアもあかなくなり、どうしようもなくなってしま場合がある(知り合いに何人かいるくらいの発生率なので、結構な数こういうケースが発生した可能性が高い)。

10分で25cm水深があがったことを踏まえると、避難するか10分迷った場合、その迷った分のタイムロスですでに車では避難できない状況になっている(もしくは避難途中で立ち往生する)。

そこからは徒歩でなんとかするか、ただひたすら水が入ってくる車内で助けがくることを信じて祈るしかない。絶望


やばいな、と思ってからでは遅いかもしれないのでとにかく早めの対応必要

3階以上の高さの建物に住んでいる場合

落ち着いて数日間引きこもれるだけの食料があるかを確認する。非常用食料の場所確認して手元に置いておく。もし近所にスーパーコンビニがあれば買いに行ってもいいが、警報がでる段階だとさすがに閉まっている場合が多いので、買い出しの必要があれば早めに行くほうがよい。

1階にある貴重品や食料はすべて2階以上の高さに運んでおく。2階もやばそうなら3階に運び込む。

3階以上に住んでいても駐車場は大抵の場合1階にあると思う。車は数十センチ水に沈むと機関部がしぬ(可能性が高い)。なので、もし近くにパチ屋立体駐車場があるならば、そこに停めに行くのがよい。もし近くに高台があればそこでもよい。まったくない場合は、洪水が起こらないことを天に祈る。


2階建てに住んでいる場合

グレー。地域によるが、川や用水路が近い場合は早めの避難を推奨する。

2階にとどまることを決めたならば、1階にある貴重品や食料はすべて2階に運び込む。

うちの隣町は2階まで浸水した。親戚は自宅の2階に避難していたが2階まで水がきたため水に浮かびながら鴨井(であってるかわからんけどふすまの上のサッシ的な部分)につかまってなんとか凌いだそうだ。怖い。

なお車は上記の通り。雨がひどくなる前に高台避難させておくのがよい。


1階建てに住んでいる場合

アウト。浸水予想地域なら早めに避難するほうがいい。

水がくると途中で室内にはいれなくなるのでなんとか窓をあけて屋根避難することになる。が、この屋根避難するというのが結構ネックで、川が決壊した場合は水に流れがあるので屋根に上るのは結構難しい。体力や筋力が衰えているお年寄りだとなおさら屋根に上れず流されることもある(そしてそれはほぼしを意味する)。

洪水が始まると水が増えるのはめちゃめちゃ早い。そして周囲の水深が30cm程度になるともうドアはあかなくなる。つまり詰む。だから警報がでたら早めに避難所にいくべき。もし避難所が遠くて避難が間に合わないなら、近くのアパート高台に行くか、ご近所さん(少しでも高い建物に住んでいる人)に頼んで避難をさせてもらう。それしかない。


大きい道路沿いに住んでいる場合、近くに工場や製材所などがある場合

位置関係にもよるけど結構やばい。というのも漂流物めっちゃくる。

乗り捨てられた乗用車やきっと駐車場にとまっていたのであろう車が流れてくる。最初にいったけど、堤防決壊した場合、穏やかな浸水などではなく、すべての道路河川になることを意味する。ので、大きい道路沿いの場合めっちゃいろんなものが流れてくる。最悪なのが製材所があることで、でかい丸太とかが流れてくる。家のガラスかにあたると当然割れる。めっちゃ危ない。

丈夫な家ならいいけど、ちょっと構造不安があるなら2階3階でも逃げたほうがいいと思う。


情報遮断される可能性高いか覚悟しておく

うちだと電話回線ソフトバンクauはしにました。docomoだけかろうじてぎりぎりずっと使えた。

うちは家族そろってソフトバンクユーザーだったのでぶじしんだ。周囲が1メートルほど沈んだ時点で使えなくなり、そのあと正午ごろ復活、そのあとすぐダウンして、1週間近くずっと使えなくなった。

家族でみんな同じキャリア使うとお得になるキャンペーンとかあるけど、災害時のリスク回避という観点だと、ばらばらのキャリア契約するのはアリ。ほんとに。

何が困るって安否確認がまったくとれない。幸いにも停電一時的もので済んだのでテレビ情報を得ることはできたけど。耐えてくれた電柱電線感謝

親戚や遠方の家族はめちゃめちゃ肝が冷えたそうです。ごめんね。。




ただ、停電については、浸水が始まったら速攻でブレーカーを落としておくべき。そして水が引いてもすぐにあげたらだめです。

洪水中と洪水後のこと、特に復帰や給付金申請についてもまとめたいけど、いったん疲れたのでリリースします。また近いうちに書く。

記事への反応 -
  • 津波被害と一緒で、うちは大丈夫が被害を生んでるだけ 馬鹿が死んでるだけよ

    • 津波ほど亡くなる人は多くない。 むしろ自衛隊や消防に救助され、避難所に着の身着のままでやってくる。 大雨で被災したのは気の毒に思うが、事前の準備を怠るとそれは自分や家族に...

  • 以前実習先で浸水被害あったけどほんとだよね 現地来て数日だったから警報にビビって避難したけど大正解だったわ 近所の住民は誰一人避難してなくて、車も台無しになってた 義援金...

    • 居住部分が2階でも1階が浸水したアパートなんざ怖くて住めんわな

  • 避難所でクラスターが起きたときのことだけ説明頼む

  • 洪水にあうことが事前に理解できたら、逃げている定期。

  • 泥棒が入るかもしれないから家を無人にできない 災害時なんて絶対危険だから

    • なんか地下街の浸水で溺死したひとの思考みたいやで…

    • 通帳とか大事なものは旅行カートに詰めてもってけよ pcのデータはクラウドに保存しろ これで全部解決だろ

      • それ丸ごと盗られたら詰むな 貸金庫借りるのがよさげ。ホテル取って貸金庫使わせてもらうのが安いかも

    • 家を空けて泥棒に入られるくらいなら洪水で死んだ方がマシだ、とかいう考え方なのかな?

      • 東日本大震災の時も自警団とか言って泥棒の下見していた地元人じゃないやつが沢山いた

        • なるほど。連中に泥棒に入られるくらいなら洪水で死んだ方がマシってことか。

  • これを読んであらためて思った。洪水の被害を避けるには、そもそも洪水の起こりそうなところには住まないようにすることがやっぱり一番だな。 もちろん、そうしたくても出来ない...

    • ほんとこれ。水没した地域なんてこれからもリスクあるのに住み続ける気が知れん。再建修理の補助金は出ても引っ越しの補助金は出ないのか?

  • どこかで洪水が起きるたびに「油断してた。これからは気をつける」という体験談が見られる。参考になる

  • 治水の良い土地に住んだほうがいい

    • 全員が避難してしまったら泥棒が来るだろ 少なくともそんなのが常識になって周知されたら泥棒と鉢合わせるかもしれない 避難したら下で自宅に帰ったら財産をすべて奪われ放火されて...

      • だから治水の良い土地に住んだほうがいい

      • だから治水の良い土地に住んだ方が良いという話なのではないのかい? 治水の良い土地に住めば、そもそも洪水を避けるための避難をする必要がない。オレの住んでいる場所も標高160m...

      • は? 「治水の良い土地に住んだほうがいい」→「全員が避難してしまったら泥棒が来るだろ」    なんじゃこれ?

        • 住んだ方がいいを避難した方がいいと読み違えたみたいだが どう読むと読み違えるのかよく分からんな

          • なるほど。そういう読み違いか。あわてて早とちりしたかな。

  • 地震は避けられないが、洪水や土砂崩れは回避できる可能性がある。身も蓋も無いが、ハザードマップでリスクが少ない場所に住むしかないな。

  • 昔、七夕豪雨って未曾有の大災害があったのだ 静岡の斜面が土砂崩れで塞がって20人だか30人だか亡くなったことがあるんだよ 高確率で毎年7月になると大雨がきて土砂崩れが起こる 七夕...

    • コロナをただの風邪って考える人がいるように 豪雨の被害もただの長雨って事になるんだろうなぁ

      • 大雨や津波はなまじ普段から雨や波を見てて大したことないと思ってるからそれのスケールが10倍以上になった時のことが想像できんのやろなあ

    • オレの小学校の時の自由研究のテーマが「七夕豪雨の爪あと」だったんよねw 近所で山崩れたところとか、浸水したところとかの写真を撮って模造紙にいっぱい貼って。 なんだか名目は...

  • 住人(特に持ち家をもっている人)にとって、洪水は水がひいてからが真の戦いになる。 うちは避難所ではなく自宅2階に避難した。周囲が3mの水深、床上1.5mの浸水。今回は自宅避難メ...

    • 請求しなかったら保険の期限切れた

    • 洪水対策は自民党を倒す所までが本番

    • なぜこれ程の情報収集能力、分析力、行動力のある人間が浸水する様な土地に居を構えたのか、そっちの方が気になる。

    • 「引っ越す」はないのか?今後10年以内にまた同じことになりそうだが。 水没地域に住み続ける気が知れない

    • うちは利根川のスーパー堤防の南に数キロに住居があるので正直あれが乗り越えられたらお手上げで打つ手がない。 でも平野の真ん中で海からも山からも遠く、線状降雨の甚大被害はな...

    • マンコからの溢れ出る洪水 って文章を期待したのに

    • 爺さん婆さん世代以前の古い写真や日記・紙類は、諦めて捨てずに資料保存のボランティアに託すこと。 ガビガビの泥まみれになった物でも復元してもらえる可能性が高い。 緊急時には...

    • 町内会一切出てこないな 災害時に必要とかいう意見あるけど、結局自分でなんとかするしかないんだったら入らなくてよさそう

  • リンク 2021年度 匿名ダイアリーTOP250 2021年度 匿名ダイアリーTOP251-500 ランキング 順位 ブクマ タイトル 1 2558 当たり屋対策の集合知 2 2336 洪水被害にあったらやる...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん