2021-06-25

精神分裂病における妄想主題時代的変遷について

ちょうどよい事例が昨日から話題なので、再掲しときますね。

精神経学雑誌1978年12月号に、松沢病院藤森英之先生が書いた「精神分裂病における妄想主題時代的変遷について」という論文が載っている。この論文明治大正昭和のそれぞれの時代に、松沢病院とその前身である巣鴨病院入院した2435人の分裂病患者カルテを調べ、妄想主題について調べたという労作。

 この論文によれば、「電波」の妄想明治大正には存在せず、出現したのは昭和初期のこと。「電波」のかわりに明治大正期に多かった表現は「電気」。まあ、明治期にはこういう系統妄想よりも「狐憑き」みたいな憑依妄想が多かったのだけれど。時代が下るにつれて、妄想の内容もどんどん多様化していって、昭和36-40年には、「テレビ」「光線」「X線」「電子頭脳」「超音波」「空中放電」などが登場しているとのこと。テクノロジー進歩露骨に反映してるわけだ。

ってことは、「イリジウムから自分命令する声が降りそそいでくる」とか「インターネット世界中自分の考えが知られる」いう妄想もそのうち出てきそうだなあ。楽しみ楽しみ(不謹慎である)。

サイコドクターあばれ旅 読冊日記98年12月中旬

http://psychodoc.eek.jp/abare/diary9812b.html#19

で、今は5Gとワクチンに至ると。

中身は見れないけど、出典。

藤森 英之, 1978, 精神分裂病における妄想主題時代的変遷について, 精神経学雑誌, 80(12), p669-703, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3358905

ついでに。なんか反ワクチンとかコロナ風邪を主張する集団って、ヒョロガリさんが多いよね。

体重個人差と関係する遺伝子多型と、他の疾患と関係する遺伝子多型が共通するかどうかを検討する研究も進み、精神疾患においては、統合失調症と低い体格指数(BMI:Body Mass Index)値が相関するという知見が報告されています

研究では、日本人データ白人データを用い、BMI精神疾患の遺伝相関性を再解析・統合的に検討し、統合失調症と低いBMI値(生まれ持ったやせ傾向)の遺伝要因が相関することを確認しました。

藤田保健衛生大学 精神疾患と体型. 〜遺伝学的には、生まれ持ったやせ傾向と統合失調症は相関する~

http://www.fujita-hu.ac.jp/~branding/media/2018052-093025-972.pdf

  • 立花孝志は痩せてないぞ?

    • これみたいに例外的な個別事例を書く奴多いけど本当に頭大丈夫か?

      • そういう馬鹿は沢山いるけど、 増田、はてブでは特別多い気がする。

        • 匿名だからじゃね? 実名で増田やる奴いたらクレイジーすぎるw

    • あいつはコロナがただの風邪だと思ってないだろ そう吹聴したほうが儲かるから言ってるだけだろ

    • あれはポピュリストの出来損ないであって統合失調症ではない

      • 一時期は民主主義ハックに成功した新鋭扱いだったのにナー

  • 精神分裂病❌ 多重人格障害者⭕️

    • 精神分裂病は統合失調症の古い名称であって、多重人格とは全く関係ありません。

  • 電波の本場、アメリカ人は痩せてなくね?   と思ったらホワイトハウス襲撃時の体格は結構細マッチョ的なの多かったな ホビット北軍兵とかバッファローマンはあっち基準だと細い方 ...

  • ソ連式と構造が違うから大丈夫だと日本政府が言ってるのにガイガーカウンターもって原発の周囲をうろついて危険だとか言ってた人たちのことか?

  • 陰謀論者がこの手の病的な性質を多少なりと持っている結果陰謀論に走るのだとしたら当人に対する説得は無駄ってことやな。 健常者に対して真に受けないように警告するのがせいぜい...

  • たぶん一番敏感に察知するのは怒りだろうな。 それを我慢するから病気になるんだろう。

  • anond:20210625214508

  • ナポレオン狂(阿刀田高)

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん