2021-06-23

脳の処理速度

遅い。

これにすごく悩んでいる。

一度聞いただけでは何を言っているのかわからなかったり、資料を読み解けなかったりする。(ただ目が文字の上を滑る感じ)

仕事においてはこれが本当に最悪で、その場で理解したくても、頭が回らずにあとで改めて追いかけることになる。

ロジック、というものが苦手で、筋道立てて喋れる人はどれほど頭の中が整理されているのだろうと思ってしまう。

本を読むのも時間がかかる。

自分の書いたメモは捨てられない。この先活用することがないと思っても、一度自分フィルターを通したものは、いつか自分理解の助けや、気づきになるという経験もあり捨てられない。

ブックマーク死ぬほど多い。

スクリーンショットは星の数ほどある。

何かを作る過程の、形跡が捨てられない。資料の草稿や、イラレで作ったアートボードの外の何か。

一言一句取りこぼさず何かをインプットしようとしているのがしんどい

最近よくあるのは、常に脳内で喋っている。口語で。この現象は何?

知識欲や好奇心は強い方で、寝食を忘れるほどの集中力と忍耐力はあるように思うが、

インプットしようとしているものの見極め、またその量と脳の処理速度が見合っておらず、結果として寝食してないだけのような気もする。

完璧主義で、HSP気質。疲れる。

メモしておかないと不安なのもあるが、自分の頭を信用していないのだと思う。

その場で理解できないのを分かっているから、のちの自分のためにといいつつ、その瞬間で理解すること、記憶しようとすることを放棄しているのか?と考えたりもするが、頭が混乱するばかり。

結構お喋りなのに、プレゼンなども苦手。

変なギャグとか、場を和ますための一手、みたいなのは自分でもよく思いつくなと思うくらい瞬発力とかあるのに。

この人今この話してるけど、そういえばそれで思い出したけどこのネタがーみたいなのは尽きない。

でも、文章や人の話(堅い系)は脳が空回りする。

同じミスを何回もするタイプではなく慎重にこなすタイプ。変な瞬発力があるくせに、処理速度がやばい

学生の時も、人一倍時間をかけて努力をしないとついていけない感じだった。

はるか昔、こんなに脳の処理速度が遅いのに国立大学に受かった。(全然すごいとは思っていない。かけれる時間があったということ。)

その頃から何も変わっていない。退化はあれど、進化はない。

生きづらい。ブックマーク残業も多い。

どうせ死ぬのに、やめられない。

  • ①増田が望んでいるレベルが異様に高い可能性がある。 ②文章を構造化して書き、文章の構造を把握しながら読む。その方法と習慣を持っていない。 どちらか、あるいは両方なのかもと...

  • 「文章を読んでいて目が滑る」… ふーむ、障害や病気かもしれないし、気にしすぎな気もするけど、そういうのは俺もよくある。俺がそうなるのは… 寝てないとき 飽きているとき...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん