2021-06-22

anond:20210618122544

竹宮先生が 萩尾先生と決裂に至った経緯が すでに竹宮先生出版されている二冊(少年の名はジルベール/扉は開くいくたびも)では 経緯を含めて説明不足。

若かったとはいえ 竹宮先生に非があるようなのですが もっと謝罪真実を書いてあればよかったと思います。(竹宮先生は本の出版で萩尾先生に歩み寄りたい気持ちはあったようですが…当時大学教授立場上あまりはっきりは書けなかったのでは と思います)

萩尾先生は 周りが騒ぐ(インタビュードラマ化の依頼なども多数あったとか)ので アンサー本として「一度きりの大泉の話」を書かれました。

竹宮先生が はっきり書かれなかった事実(盗作の疑いをかけられた)をたんたんと書いておられます

私は 竹宮先生ファンでありまして あまり知りたくなかった部分もあります。 萩尾先生と竹宮先生ファン層はかなりだぶってますから

お二人の若い頃は少女漫画にはかなりの制約があり 描きたいものをかけなかった だから革命をおこしたかった竹宮先生結果的に 竹宮先生のものすごい努力革命は起きたと思います

でも萩尾先生は 私は 革命なんか 意識してなかったし起こしてないから (竹宮先生と)ひとくくりにまとめられたくないと…… そんな感じです 書評もたくさんでてますから 検索されてみてください 。

私は 当時 小学生~中学生でした。裏にあった 先生方の血の滲む努力あらためて敬意を表したく思います。何があろうとお二人は素晴らしい。

記事への反応 -
  • 萩尾望都と竹宮惠子のたった一度の大泉騒動よくわからない 何が起こったん?

    • 竹宮先生が 萩尾先生と決裂に至った経緯が すでに竹宮先生が出版されている二冊(少年の名はジルベール/扉は開くいくたびも)では 経緯を含めて説明不足。若かったとはいえ 竹宮先生に...

      • 萩尾先生は 周りが騒ぐ(インタビューやドラマ化の依頼なども多数あったとか)ので 確かに、少年の名はジルベールは朝ドラにでもなりそうな感動的で爽やかな本だった記憶がある。 ...

        • 仲違いしてる同士の物語も実写化は可能よ oasisの自伝映画とかそんな感じやった ドロドロ要素あるし木10とかどうだろ

          • なんなら複数の実写化があってもいい。どっちの視点からのがあってもいい

      • それより大地の子の盗作騒動のほうがかなりエグい

        • 知人同士で盗作のイチャモン(デマ)つけられたって話と実際のほぼ盗作だったのを裁判で有耶無耶にしたって話別ジャンルだから比較できない

      • ブコメ ko2inte8cu 萩尾望都は、半世紀前の騒動の当日に記録したメモを持っていることを、示唆している。反論は難しい。 竹宮惠子って反論したりしたがってるのか?

    • 今まで手を取り合って少女漫画を革命したと思われていた2人が、実はお互いのことを認めていないし30年以上会ってすらいないことがわかった。

      • わだかまりあるのは有名じゃなかったか。噂よりも深刻だったかんじ?

        • 横だけど、会ってないのはともかく認め合ってないのは衝撃じゃね

          • 他業界なら普通の話なのに マンガだと大問題になるのはなんでだ

      • てかそれってそんな騒ぐごとなん?

        • そこまでではないからそんなに騒いでないんじゃね。 ファンのあいだではショックだねってだけで。

          •  『一度きりの大泉の話』(河出書房新社)が出てからというもの少女マンガ界隈ではいまだに蜂の巣をつついたような大騒ぎ状態である(多少大ゲサに言ってますが)。  読んでショッ...

        • 騒ぐことだから騒がれているんやで。

      • 萩尾望都って別格だから竹宮惠子と並んで称されると違和感ある 並べるなら山岸涼子とか池田理代子も入れよと思う

      • 心折れるから萩尾望都はもうずっと読んでない、とは山岸涼子も確か言ってたな

        • フィギュアの選手とかも、試合で自分の前の演技は見ないとか言うよね。 やるべきことをやるためにはあえて見ないようにするほうがいいこともあるってことね やりたいことの上位互換...

      • 30年って俺が生まれた頃からじゃん なんかエモ

      • 30年てそれはもう仲悪いとかじゃなくて無関心なのでは?

    • BBAとGGIが局所的に騒いでるだけやん

    • 詳しくないけど性格普通に合わなそう 竹宮惠子ははっちゃけてるイメージ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん